コロナ 志村 けん。 大竹まこと、志村けんは「どこで感染したの、キャバクラ?」

新型コロナ:志村けんさんの死、大きな影響 「怖」ツイート3倍に (写真=共同) :日本経済新聞

コロナ 志村 けん

多くの人々に愛された志村けんのあまりにあっけない死。 死後に遺体が近親者が触れることもできないまま袋づめされて荼毘に付されたことは改めて新型コロナウイルスの怖さを思い知らせることになった。 志村けんの死で新型コロナウイルスがどのようにして肺に炎症を起こしていくのかが注目されている。 各テレビ局の情報番組などでは3月31日の放送でそのプロセスをくわしく説明していたが、 喫煙の習慣との新型コロナ重症化の関係が注目された。 以下、主な番組でこの点についてどのような説明があったのかを見てみよう。 ヘビースモーカーだった一面を指摘したフジテレビ『とくダネ!』 番組では52歳当時の志村けんのインタビュー(2002年4月23日『とくダネ!』)映像を放送。 そのなかで志村がインタビューの最中にタバコをくゆらせる場面もあったのが印象的だ。 志村けんの兄・知之さんは「4年前に肺炎になってからお酒もだいぶ減らしてタバコも1日3箱吸っていたのが全然吸わなくなった」と話していた。 スタジオに出演した二木芳人・昭和大学特任教授は志村けんも受けた人工心肺装置のECMO(エクモ)の治療について説明しつつ次のように解説した。 (伊藤アナ) 「確かに持病というのは言われるところで 志村けんさんは2016年に禁煙をされてということですが、 由紀さん、相当、おタバコは吸われていたようですね?」 (由紀さおり) 「そうですね。 (『8時だョ!全員集合』『ドリフ大爆笑』などで) 一つのネタを作るのもすごく時間がかかって・・・ 稽古をするからって、私たち(共演者が)呼ばれて待っているんですけれども 結局そこで何をどうやるかというのが決まらなくて 『ごめんね・・・』ということになって 私の場合はいかりや長介さんが口立てで 『こういうことでこういうことでこういうふうに持っていこうと思う』と。 『後でちゃんと台本を明日来たら渡せるようにするから』と言って 3、4時間待っても(ドリフの)ネタが固まらなくて、私たちは帰されるということがよくあったんです。 その考えている間、ずっとタバコをくゆらせているというか そういう情景というのはいかりやさんも志村さんも本当に同じだった」 この後で伊藤アナがECMOに話題を移したので番組でのタバコの話はここで終わった。 このため、視聴者からみれば志村けんの新型コロナの重症化とタバコの関係についてはあまり明確に伝わらなかった。 一方、志村けんの死とタバコの関係を深掘りして放送したのがTBS『ひるおび!』だった。 タバコが新型コロナを重症化させた可能性を指摘したTBS『ひるおび!』 『ひるおび!』が伝えたことは明快だった。 ヘビーな喫煙によって人間の肺が炎症を起こして穴だらけになってしまうこと。 加えて喫煙者は新型コロナウイルスで感染しやすく重症化しやすくなることだ。 そして志村のように禁煙生活を4年続けていても大丈夫とはならないということも一般の人にとっては想定外の指摘だった。 ゲストの倉持仁医師(インターパーク倉持呼吸器内科院長)は新型コロナ肺炎について次のように解説した。 本人に自覚がなくても急速に悪化する」 肺は右肺が上葉・中葉・下葉、左肺が上葉・下葉の5つに分かれている。 倉持医師によると通常の肺炎は5つある中の1か所で炎症を起こすもので多くても2か所だという。 ところが 新型コロナ肺炎は5か所すべてで炎症を起こし、その外側が一気に炎症を起こすのだという。 番組では長年志村と親交があった歌手の由紀さおりが出演。 ''志村けんが多いときには1日60本を吸うチェーンスモーカーだったこと''を明かした。 2016年に肺炎で入院した後には禁煙を続けていたという志村。 禁煙した後にも強く残ってしまうタバコの害に焦点を当てて、番組では専門家にも話を聞いた。 (恵俊彰キャスター) 「タバコってこれ、倉持先生、どうなんですか?」 (倉持仁医師) 「 タバコの中にはいろいろな発ガン物質が含まれていたり、いろいろな物質が肺の奥まで入っていくんですけども、 そうしますと 肺の中でいろいろな炎症が起こる。 炎症が起こるというのはどういうことかというと、 肺の中にたくさん傷ができますから ウイルスにとっては非常に入りやすいですし、 増殖しやすいですし、 コロナウイルスもそういう性質を持つようですが、 他の細菌でも 喫煙者の方は一般的に重症化しやすい。 あるいは 治りにくい。 (恵俊彰キャスター) 「禁煙するのって、タバコを吸っていた人からするとものすごいこと(努力)じゃないですか」 (大谷コメンテーター) 「そうですね」 (恵俊彰キャスター) 「ものすごくがんばって止めているわけじゃないですか。 だから止めたから、よかったと(こちらは)思ってますけど、 僕もそうなんですけど、 そういう問題じゃないということなんですか?」 (大谷コメンテーター) 「お医者さんがどれだけタバコを嫌うか。 私が手術していたときのお医者さんは 『タバコを吸うぐらいだったら、我々が治療をする意味がありません』とおっしゃっていた。 いま先生方の話を聞いていると、ああ、そういうことなんだと改めて思いますね」 (由紀さおり) 「本当ねえ。 志村けんさんは特にやっぱり、本当に突き詰めて突き詰めて、何が面白いのか、ずっと考えていらしたときはほとんどもうこうやって(指にタバコをはさむふりをして) 煙をくゆらしている感じ。 チェーンスモーカーみたいになって、だから1日60本ということだったんじゃないかなあと」 一時期、1日60本のタバコを吸っていたという志村けん。 そうしたヘビースモーカーぶりは4年前から禁煙を続けていても、肺に空いた穴ボコはそのまま空いたままで新型コロナウイルスで炎症を起こしやすく、重症化しやすい状態だったと思われる。 『ひるおび!』はそのことをかなりの時間をさいて伝えていた。 テレビではタバコの害について言及することは長くタブーだった! タバコについてはガンや心臓疾患や脳梗塞など様々な疾病の要因だと医師から指摘されてきたが、 「世界禁煙デー」という年に1度のイベントをめぐるニュースを除いては事実上「タブー」のように扱われてきた理由は JT=日本たばこ産業株式会社が大手スポンサーだからだ。 かつての民放ではタバコの健康への害を伝えようとしたドキュメンタリー番組を放送するかどうかをめぐって社内で上層部から介入があって大きな論義になったこともある。 現在では受動喫煙の被害などがいわば「社会常識」になってきているので、かつてほど無理なことはないはずだが、それでもJTが大スポンサーであることに変わりはない。 ではNHKならばタバコの健康被害について積極的に放送できるのかというとそうでもない。 JTは前身は日本専売公社という半官半民の組織で旧大蔵省(現財務省)と深いつながりがある。 日本でタバコの問題を放送することはこうした政府組織の存在を意識しないわけにはいかないからだ。 そうした事情を身をもって知っている筆者からすれば、志村けんの死とタバコの問題が情報番組の中で語られるという状況はいささか驚きだった。 志村けんという国民的大スターの死は、それだけで大きなニュースである。 このニュースをどう料理するのかは様々なやり方がある。 タバコの問題にまったく触れなかった局や番組も数多かった一方、フジ『とくダネ!』のように軽く触れた程度の番組、TBS『ひるおび!』のようにこの問題を深掘りする番組もあるなど、温度差がかなりあった。 志村けんの突然の死と新型コロナウイルス肺炎の重症化の背景にタバコがどの程度かかわった可能性があったのか、なかったのか。 新型コロナの問題はいま国民全体に迫っている最重要の課題である。 喫煙者が禁煙したとしても非喫煙者よりもリスクが高いのなら、注意喚起をしなければならない大問題のはずだ。

次の

志村けんがコロナに感染して、濃厚接触者達の検査もしたってニュースで見...

コロナ 志村 けん

新型コロナウイルス感染症に伴う肺炎で3月29日に死去した、お笑いタレントの志村けんさん(当時70)の所属事務所は18日、人気テレビ番組「志村けんのだいじょうぶだぁ」を編集し、動画をインターネット上で無料公開すると発表した。 動画の広告収益は全額、日本赤十字社に寄付するという。 コント番組「だいじょうぶだぁ」は1987~96年に、フジテレビ系で放映された。 所属事務所「イザワオフィス」によると、諸事情で再放送などができなくなっていた。 全173回分の映像素材の中から「変なおじさん」や「じいさんばあさん」など人気キャラクターの作品を選び、計10本、各30分程度の動画に再編集。 18日から、動画投稿サイト「ユーチューブ」の同社の公式チャンネルで順次公開する。 公開期間は来年4月17日まで。 所属事務所は「全盛期の作品が、再び世に出ることなく、葬り去られることに大きな葛藤があった。 笑顔が大好きな人だった。 少しでも世界各地のご家庭を明るくし、志村もお世話になった最前線で働く医療従事者の支援ができれば」と話している。

次の

志村けんがコロナに感染して、濃厚接触者達の検査もしたってニュースで見...

コロナ 志村 けん

【志村けん病歴まとめ】• 肝硬変• 胃のポリープ内視鏡手術 【持病】• 肝硬変• 肝臓の数値が悪い 志村けんさんは芸能界でもきってのお酒好きと知られています。 過去には、肝硬変と診断され 『このままだとガンになる恐れがある』と宣告されたこともあるそうです。 その際志村けんさんは自身のブログでも、健康状態を報告しており、本人によると 肝臓数値が回復と悪化を繰り返しているとコメントしています。 また、2016年には座長を務める舞台『志村魂』の終了後に体調不良を訴え、診断の結果、 肺炎で緊急入院する事態にも見舞われています。 昨年2019年には、 胃のポリープの内視鏡手術をしています。 スポンサーリンク ネットの反応 ネット上では志村けんさんが入院したことを受けて心配する声が挙がって挙がっています。 全員集合時代から志村動物園まで見ております。 高齢ですし、早く良くなるよう祈ってます🙏 — 杉山洋介 夢リスト100 ihJpQH2raftVuTB まとめ 今回の記事では志村けんさんの病歴・持病・コロナとの関連をまとめてみました。 志村けんさんの病歴は肺炎・肝硬変がありました。 直接の原因ではないかもしれませんが、 高齢、病歴あり、長年にわたる喫煙、相変わらずの酒好きという重症化になりやすい条件がそろっていたと言えます。 志村けんさんの容態の回復を心よりお祈りしたいと思います。

次の