夢小説 川村壱馬。 川村壱馬(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)

エッセイパートでは恋愛観も告白|Real Sound|リアルサウンド ブック

夢小説 川村壱馬

THE RAMPAGEの顔役として ーーエッセイで、改めて自分の人生を振り返ってみていかがでしたか? 川村:こんな風に、事細かに自分の人生を振り返る機会はあまりないので、自分のことを客観視する良いきっかけになりました。 「自分はこういう人間だったな」と思い出すことができましたし、改めて両親をはじめ、多くの人に支えられてきたことを感じました。 ライターさんにインタビューをしていただいて、それをまとめていただくという形だったのですが、初稿を読んだときは涙が出そうでした。 ーーお母さんが芸能活動にまったく反対しないで、むしろドンと背中を押してくれたとのエピソードは感動的でした。 また、お父さんがロック好きで、その影響も少なからずあると。 川村:母の存在はかなり大きかったです。 もし母が応援してくれなかったら、違った人生になっていたかもしれません。 父は昔のロックが好きで、特にレッド・ツェッペリンのドラマーのジョン・ボーナムに大きな影響を受けたそうです。 他にはディープ・パープルやボストンなどを、幼少の頃から聴かせてもらっていました。 僕自身、ジミー・ペイジに憧れてギターを買ってもらったこともあります。 ーー川村さんの根底にハードロックがあるというのは、意外ですが納得感もあります。 一方で、EXILEの『願いの塔』にも大きな影響を受けたと書いていました。 川村:EXILEさんのメジャーな楽曲は、昔からなんとなく知っていましたが、友達からアルバム『願いの塔』を借りて聴いたときに、その表現の核心のようなものに触れて、尊敬や憧れの念を抱くようになりました。 ATSUSHIさんやTAKAHIROさんが歌で伝えようとしているメッセージがすごく刺さって、勇気をもらいましたし、アーティストになるという夢を抱くようになりました。 歌の評価には、例えば音程が合っているとか、リズム感が優れているとか、いろんな要素があると思うんですけれど、それ以上に気持ちをしっかり伝えられるかどうか、説得力があるか否かが重要だと考えています。 力強いメッセージを伝えることができれば、誰かを救う可能性さえあるのが音楽の素晴らしいところで、僕もそういうことができるアーティストになりたいです。 ーーTHE RAMPAGEにおける自身の位置付けについても語っています。 川村:THE RAMPAGEの活動は、いろんなメディアで取り上げていただいていますが、すべてが記録されているわけではないので、今回の本では僕の視点から見た、これまであまり語ってこなかったTHE RAMPAGEの話をしています。 ここ数年、僕はTHE RAMPAGEの顔役であるとの自覚を強く持つようになりました。 LIKIYAさん、陣さんという二人のリーダーが大黒柱で、僕たちを導いてくれる立場ですが、僕もまた顔役として先頭に立っていろんなことを発信していかなければいけません。 もちろん、目立つポジションなので良い反響だけがあるわけではないですが、臆することなく誠実に発信することで、世の中にポジティブなメッセージを伝えていくとともに、グループに還元することができればと思っています。 今はどんどん突き進んで行きたいです。 ーーTHE RAMPAGEの活動はデビュー当初からずっと見てきましたが、昨今はさらに勢いを増している印象です。 武者修行中に抱いていたグループの理想像に近づけたと思いますか。 川村:僕らが未熟だった頃に抱いていた理想には近づけているかもしれませんが、当時抱いていたビジョンと今抱いているビジョンはまた別物で、さらに進化する未来を思い描いているので、まだ先は長いと思っています。 できることが増えたからこそ、むしろやりたいことが増えてしまったというか。 過去の自分たちよりは確実に成長できている実感はありますが、僕らはこの先も見据えているので、さらに期待していただけると嬉しいです。 ーー最後に、恋愛観についても教えてください。 「付き合うなら結婚する人」という項目で語られていた一途な価値観も川村さんらしいと思いました。 川村:「付き合うなら結婚する人」というのも、僕にとってすごく大事な価値観です。 THE RAMPAGEとして活動していく以上、立場や責任を考えると今の僕にとって恋愛は必要ないと思うし、もし恋愛をするとしても結婚を前提とした真面目な交際しか考えられません。 芸の肥やしになるという考え方もあると思いますが、結婚したいと思うくらい本気じゃなければ、相手の方にとっても失礼だと僕は感じてしまいます。 でも、好きになったら本気で好きになるタイプだと思うので、もしそういう人が現れたら、お付き合いするのかもしれません。 正直、今はよくわからないです(笑)。 当選者の方には、リアルサウンドTwitterアカウントよりDMをお送りさせていただきます。 個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。 リアルサウンドブック <応募締切> 2020年7月7日(火)まで• 2 current.

次の

THE RAMPAGE川村壱馬「言葉に覚悟を」赤裸々に語った初のフォトエッセイ秘話に迫る

夢小説 川村壱馬

2020. 27 [出版情報] 2020. 28 [出版情報] 2020. 28 [出版情報] 2020. 26 [出版情報] 2020. 09 [出版情報] 2020. 25 [出版情報] 2020. 25 [出版情報] 2020. 24 [その他] 2020. 27 [出版情報] 2020. 25 [出版情報] 2020. 24 [出版情報] 2020. 27 [出版情報] 2020. 26 [お詫び・訂正] 2020. 28 [出版情報] 2020. 24 [出版情報] 2020. 22 [出版情報] 2019. 20 [出版情報] 2019. 16 [その他] 2019. 09 [出版情報] 2019. 22 [出版情報] 2019. 22 [出版情報] 2019. 20 [出版情報] 2019. 18 [出版情報] 2019. 25 [出版情報] 2019. 24 [出版情報] 2019. 19 [出版情報] 2019. 19 [出版情報] 2019. 11 [出版情報] 2019. 08 [イベント情報] 2019. 05 [イベント情報] 2019. 25 [出版情報] 2019. 23 [お詫び・訂正] 2019. 22 [出版情報] 2019. 27 [イベント情報] 2019. 24 [コーポレートリリース] 2019. 16 [出版情報] 2019. 03 [コーポレートリリース] 2019. 03 [コーポレートリリース] 2019. 26 [出版情報] 2019. 26 [出版情報] 2019. 11 [その他] 2019. 07 [出版情報] 2019. 21 [出版情報] 2019. 20 [出版情報] 2019. 26 [お詫び・訂正] 2019. 23 [出版情報] 2019. 18 [出版情報] 2018. 19 [出版情報] 2018. 07 [出版情報] 2018. 29 [出版情報] 2018. 23 [出版情報] 2018. 22 [その他] 2018. 10 [出版情報] 2018. 20 [出版情報] 2018. 12 [イベント情報] 2018. 28 [お詫び・訂正] 2018. 26 [イベント情報] 2018. 19 [出版情報] 2018. 12 [出版情報] 2018. 10 [出版情報] 2018. 30 [出版情報] 2018. 15 [出版情報] 2018. 17 [出版情報] 2018. 03 [出版情報] 2018. 01 [出版情報] 2018. 15 [出版情報] 2018. 23 [出版情報] 2018. 23 [出版情報] 2018. 24 [出版情報] 2018. 01 [コーポレートリリース] 2018. 23 [出版情報] 2018. 15 [お詫び・訂正] 2017. 27 [コーポレートリリース] 2017. 29 [お詫び・訂正] 2017. 02 [イベント情報] 2017. 23 [イベント情報] 2017. 18 [イベント情報] 2017. 16 [メディア紹介情報] 2017. 10 [その他] 2017. 28 [お詫び・訂正] 2017. 24 [イベント情報] 2017. 31 [その他] 2017. 10 [コーポレートリリース] 2017. 30 [コーポレートリリース] 2017. 28 [出版情報] 2017. 09 [出版情報] 2017. 19 [出版情報] 2017. 16 [イベント情報] 2016. 25 [コーポレートリリース] 2016. 04 [イベント情報] 2016. 27 [出版情報] 2016. 25 [イベント情報] 2016. 05 [イベント情報] 2016. 27 [イベント情報] 2016. 23 [イベント情報] 2016. 16 [電子書籍] 2016. 14 [出版情報] 2016. 13 [イベント情報] 2016. 22 [出版情報] 2016. 10 [イベント情報] 2016. 27 [イベント情報] 2016. 06 [出版情報] 2016. 05 [イベント情報] 2016. 06 [出版情報] 2016. 01 [イベント情報] 2016. 26 [イベント情報] 2016. 08 [イベント情報] 2016. 05 [イベント情報] 2016. 05 [イベント情報] 2016. 17 [出版情報] 2016. 15 [イベント情報] 2016. 08 [採用情報] 2016. 08 [イベント情報] 2016. 29 [募集中] 2016. 17 [イベント情報] 2016. 10 [出版情報] 2015. 08 [コーポレートリリース] 2015. 20 [イベント情報] 2015. 02 [その他] 2015. 05 [イベント情報] 2015. 18 [イベント情報] 2015. 11 [お詫び・訂正] 2015. 08 [イベント情報] 2015. 01 [コーポレートリリース] 2015. 26 [イベント情報] 2015. 24 [イベント情報] 2015. 24 [お詫び・訂正] 2015. 05 [その他] 2015. 05 [イベント情報] 2015. 04 [イベント情報] 2015. 23 [メディア紹介情報] 2015. 02 [イベント情報] 2015. 20 [イベント情報] 2015. 13 [イベント情報] 2015. 08 [お詫び・訂正] 2015. 03 [お詫び・訂正] 2015. 27 [イベント情報] 2015. 16 [採用情報] 2015. 27 [お詫び・訂正] 2015. 25 [お詫び・訂正] 2015. 25 [イベント情報] 2015. 06 [イベント情報] 2015. 23 [イベント情報] 2015. 17 [イベント情報] 2015. 12 [お詫び・訂正] 2015. 29 [イベント情報] 2015. 28 [イベント情報] 2015. 27 [イベント情報] 2015. 21 [メディア紹介情報] 2015. 17 [イベント情報] 2015. 15 [イベント情報] 2014. 12 [イベント情報] 2014. 07 [コーポレートリリース] 2014. 08 [イベント情報] 2014. 07 [メディア紹介情報] 2014. 07 [イベント情報] 2014. 03 [コーポレートリリース] 2014. 29 [出版情報] 2014. 12 [出版情報] 2014. 09 [イベント情報] 2014. 18 [出版情報] 2014. 08 [イベント情報] 2014. 08 [コーポレートリリース] 2014. 05 [イベント情報] 2014. 18 [出版情報] 2014. 20 [出版情報] 2014. 19 [イベント情報] 2014. 13 [イベント情報] 2014. 25 [コーポレートリリース] 2014. 24 [出版情報] 2014. 24 [コーポレートリリース] 2014. 16 [出版情報] 2014. 04 [メディア紹介情報] 2014. 27 [イベント情報] 2014. 21 [イベント情報] 2014. 17 [イベント情報] 2014. 12 [出版情報] 2014. 06 [出版情報] 2014. 06 [メディア紹介情報] 2014. 14 [イベント情報] 2014. 06 [その他] 2014. 03 [メディア紹介情報] 2014. 01 [イベント情報] 2014. 01 [募集中] 2014. 29 [イベント情報] 2014. 24 [イベント情報] 2014. 22 [出版情報] 2014. 17 [コーポレートリリース] 2014. 16 [出版情報] 2014. 15 [イベント情報] 2013. 09 [出版情報] 2013. 21 [イベント情報] 2013. 14 [出版情報] 2013. 12 [コーポレートリリース] 2013. 03 [出版情報] 2013. 01 [出版情報] 2013. 01 [出版情報] 2013. 16 [コーポレートリリース] 2013. 21 [募集中] 2013. 19 [イベント情報] 2013. 19 [イベント情報] 2013. 19 [メディア紹介情報] 2013. 12 [募集中] 2013. 10 [イベント情報] 2013. 04 [イベント情報] 2013. 20 [イベント情報] 2013. 16 [その他] 2013. 01 [出版情報] 2013. 22 [イベント情報] 2013. 19 [イベント情報] 2013. 06 [イベント情報] 2013. 27 [出版情報] 2013. 21 [イベント情報] 2013. 21 [イベント情報] 2013. 20 [イベント情報] 2013. 19 [イベント情報] 2013. 11 [イベント情報] 2013. 10 [出版情報] 2013. 05 [出版情報] 2013. 31 [出版情報] 2013. 31 [イベント情報] 2013. 17 [イベント情報] 2013. 26 [出版情報] 2013. 19 [出版情報] 2013. 19 [イベント情報] 2013. 10 [出版情報] 2013. 10 [出版情報] 2013. 10 [イベント情報] 2013. 28 [出版情報] 2013. 27 [お詫び・訂正] 2013. 22 [メディア紹介情報] 2013. 08 [出版情報] 2013. 07 [イベント情報] 2013. 01 [出版情報] 2013. 28 [出版情報] 2013. 22 [出版情報] 2013. 22 [出版情報] 2013. 22 [イベント情報] 2013. 22 [コーポレートリリース] 2013. 20 [出版情報] 2013. 15 [イベント情報] 2013. 14 [イベント情報] 2013. 07 [出版情報] 2013. 05 [出版情報] 2013. 04 [メディア紹介情報] 2013. 01 [メディア紹介情報] 2013. 01 [出版情報] 2013. 29 [出版情報] 2013. 28 [出版情報] 2012. 28 [イベント情報] 2012. 28 [出版情報] 2012. 26 [イベント情報] 2012. 26 [出版情報] 2012. 20 [コーポレートリリース] 2012. 18 [イベント情報] 2012. 30 [出版情報] 2012. 28 [イベント情報] 2012. 22 [イベント情報] 2012. 22 [出版情報] 2012. 19 [イベント情報] 2012. 16 [出版情報] 2012. 15 [イベント情報] 2012. 11 [出版情報] 2012. 02 [イベント情報] 2012. 26 [出版情報] 2012. 18 [イベント情報] 2012. 05 [出版情報] 2012. 04 [お詫び・訂正] 2012. 29 [イベント情報] 2012. 10 [イベント情報] 2012. 04 [コーポレートリリース] 2012. 28 [出版情報] 2012. 10 [お詫び・訂正] 2012. 28 [出版情報] 2012. 27 [出版情報] 2012. 26 [イベント情報] 2012. 06 [イベント情報] 2012. 01 [コーポレートリリース] 2012. 21 [コーポレートリリース] 2012. 27 [出版情報] 2012. 24 [イベント情報] 2012. 20 [イベント情報] 2012. 16 [イベント情報] 2012. 11 [お詫び・訂正] 2012. 02 [イベント情報] 2012. 30 [その他] 2012. 29 [イベント情報] 2012. 19 [イベント情報] 2012. 13 [メディア紹介情報] 2012. 09 [イベント情報] 2012. 09 [その他] 2012. 08 [イベント情報] 2012. 28 [出版情報].

次の

【最新号・10.14配布開始】川村壱馬×吉野北人“頂点”目指す!

夢小説 川村壱馬

JJで何度も魅力をお伝えしてきたTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE。 ファン待望の 2020 年第 2 弾シングルは、デビュー以来 11 作目にして初めてバラードの表題曲。 以前よりもぐっと大人っぽく、男らしくなった 彼ら に、新曲のオススメポイントを聞いてきました!第四回は、 浦川翔平さん、 川村壱馬さん、 岩谷翔吾さん、 吉野北人さん の4人にインタビュー。 【THE RAMPAGE from EXILE TRIBE】 2017年デビューのダンス&ボーカルグループ。 グループ名の通り、ステージ上で「暴れまわる」ような激しいパフォーマンスと、思わず推しを作りたくなるような個性あるキャラクターも魅力。 メンバーのおさらいはこちらから 浦川翔平&川村壱馬 【左】浦川翔平 パフォーマー。 長崎県出身、1997年5月23日生まれ。 【右】川村壱馬 ヴォーカル担当。 大阪府出身、1997年1月7日生まれ。 女性と絡むシーンは最初は恥ずかしくて 笑 ダンス重視のパフォーマンスでいこうと思っていたんですが、監督直々に「顎クイ」の指示が入って…これもまた恥ずかしかったんですが、後で見るとその方が全体の世界観にはまっていたので、トライしてよかったです。 今回はダンスでも、繊細さを大事にしていたので、椅子でのパフォーマンスの膝の閉じ具合、足先、手足の先までいつも以上に意識してました。 繊細さがありながら、ダイナミックさもあるようなパフォーマンスに是非注目して欲しいです。 A メロ B メロという括りはあるけれど、その区別が分からなくなるくらいの作りで全て新鮮に聞けるし、ストーリー的にも展開があるので物語のように聞けると思います。 手の届かない人にシンプルに恋をしていて、自分の感情が渦巻き、最後の方には壊れるくらい猟奇的な愛に変わってくストーリーで人間らしさを感じたので、歌い方でも MV での演技でも、その部分は大事に表現しました。 クライマックスに連れて感情がむき出しになる歌詞に合わせて、ー曲を通して強弱を意識しながら歌っているので、そこにも注目して欲しいです。 個人的には EXILE さんの「 Ti amo」 みたいに聞いてもらえたらいいな、というのは自分の中にありました。 学生でも大人世代でも、ご自身が経験した恋や失恋と照らし合わせてもらって、この楽曲でなかなか表に出せない感情を外に出してもらったり、失恋したときに聞いて浸ってもらえたら。 気持ちを整理や感情を昂らせる時に聞いて欲しいです。 川村壱馬さんその他の記事はこちら 岩谷翔吾&吉野北人 【左】岩谷翔吾 パフォーマー。 大阪府出身、1997年3月11日生まれ。 【右】吉野北人 ヴォーカル担当。 宮崎県出身、1997年3月6日生まれ。 今まではガツガツした曲が多かったですが、大人になって、恋愛に対しての、叶わない切ない恋心も等身大で伝えられるようになりました。 色っぽさは、ダンスの部分では自信持って出せたな と思っています。 今回のイメージ衣装は黒スーツ。 全員で黒スーツを着る、というのは先輩であるEXILEさんっぽくてずっと夢だったので、嬉しかったですね。 当選者にはダイレクトメッセージで5月下旬までにご連絡させていただきます。 また発送は日本国内のみとなりますのでご了承ください。

次の