連想 類語 辞典。 辞典の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

すべての創作者のための類語辞典シリーズ(公式)

連想 類語 辞典

自分で考えたことを吟味し、わかりやすい言葉にすることで具体的なアイデアとなります。 それを今度はより想いに沿った言葉で表すことで、他の方から共感が得られたり、理解されます。 その両方を実践するには豊かな表現力、語彙力が必要です。 角川類語新辞典でアイデアをまとめる 「角川類語新辞典 for ATOK」は入力作業中に、最適な表現を探し、そのまま入力できます。 とりあえず文書を作ってからまとめる、考えてから文書を作る、どちらの方法でも一つの言葉から、ぴったりな表現が選び取れたり、表示された候補から新たなアイデアを想起できます。 「角川類語新辞典 for ATOK」は、文書作成時に要所で想いに合った言葉を選ぶお手伝いをします。 以前よりも通る企画書、わかりやすい報告書の作成にぴったりです。 ATOKに標準搭載された連想変換辞書と組み合わせて、連想される言葉の数が格段に飛躍します。 ATOK標準搭載の「日本語使いさばき辞典」などのデータと組み合わせて活用でき、文章表現がより豊かになります。 語源・出典・故事・比喩的表現・語義などを解説しているので、それぞれの言葉の微妙な違いもわかります。 各語の差異、特に使われ方の区別を重視した語釈を提示するので、最適な言葉を選ぶことができます。 ATOK標準搭載の「日本語使いさばき辞典」などのデータと組み合わせて活用できます。 ATOK 2015で、連想変換は「類語ファインダー」として生まれ変わりました。 ニュアンスの異なることばの解説を見比べられるので、頭の中にあるイメージに、 より近いことばが簡単に見つけられます。 解説を非表示にして、より多くの候補を一覧することもできます。

次の

成長の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

連想 類語 辞典

Webで偶然見つけたのですが「 連想類語辞典」がかなり面白いのです。 これまでは、普通の類語辞典を使っていました。 しかし、この「連想類語辞典」の方が、自由で、想像力を刺激してくれるので、楽しいのです。 「 日本語シソーラス 連想類語辞典」が正式名称です。 そもそも、表現力とは何か? 表現力の一つとして欠かせないのは、表現を他の表現に置き換える能力です。 この置き換え力が乏しいと、表現が貧しくなってしまいます。 そうした置き換え能力を高めてくれるのが、この「連想類語辞典」に他なりません。 例えば「彼女が死んだ」という一文を、どのように書き換えるか? 彼女が死んだ。 彼女は安らかな永遠の眠りについた。 彼女は最後の瞬間、美しい幼子に戻った。 彼女の魂は静かに昇天して行った。 彼女の人生の幕がついに下りた。 いかがでしょうか? まさに連想によって、表現が広がってゆきますね。 「連想類語辞典」を「ライターの7つ道具」にちゅうちょなく加えました。 今週の人気記事ランキング• 180件のビュー• 110件のビュー• 95件のビュー• 94件のビュー• 74件のビュー• 67件のビュー• 64件のビュー• 55件のビュー• 54件のビュー• 53件のビュー• 48件のビュー• 44件のビュー• 41件のビュー• 41件のビュー• 40件のビュー• 40件のビュー• 38件のビュー• 38件のビュー• 33件のビュー• 33件のビュー• 31件のビュー• 28件のビュー• 28件のビュー• 27件のビュー• 26件のビュー• 23件のビュー• 21件のビュー• 21件のビュー• 21件のビュー• 20件のビュー.

次の

索引「あ」

連想 類語 辞典

自分で考えたことを吟味し、わかりやすい言葉にすることで具体的なアイデアとなります。 それを今度はより想いに沿った言葉で表すことで、他の方から共感が得られたり、理解されます。 その両方を実践するには豊かな表現力、語彙力が必要です。 角川類語新辞典でアイデアをまとめる 「角川類語新辞典 for ATOK」は入力作業中に、最適な表現を探し、そのまま入力できます。 とりあえず文書を作ってからまとめる、考えてから文書を作る、どちらの方法でも一つの言葉から、ぴったりな表現が選び取れたり、表示された候補から新たなアイデアを想起できます。 「角川類語新辞典 for ATOK」は、文書作成時に要所で想いに合った言葉を選ぶお手伝いをします。 以前よりも通る企画書、わかりやすい報告書の作成にぴったりです。 ATOKに標準搭載された連想変換辞書と組み合わせて、連想される言葉の数が格段に飛躍します。 ATOK標準搭載の「日本語使いさばき辞典」などのデータと組み合わせて活用でき、文章表現がより豊かになります。 語源・出典・故事・比喩的表現・語義などを解説しているので、それぞれの言葉の微妙な違いもわかります。 各語の差異、特に使われ方の区別を重視した語釈を提示するので、最適な言葉を選ぶことができます。 ATOK標準搭載の「日本語使いさばき辞典」などのデータと組み合わせて活用できます。 ATOK 2015で、連想変換は「類語ファインダー」として生まれ変わりました。 ニュアンスの異なることばの解説を見比べられるので、頭の中にあるイメージに、 より近いことばが簡単に見つけられます。 解説を非表示にして、より多くの候補を一覧することもできます。

次の