デレク ショー ヴィン。 第1級殺人罪、第2級殺人罪、第3級殺人罪の意味と違い

全米抗議デモ、ついにトランプは「宗教保守」からも見放され始めた(井上 弘貴)

デレク ショー ヴィン

ジョージ・フロイド氏、死後の検査で「新型コロナウイルス」陽性 5月25日に米ミネソタ州ミネアポリスの商店で偽造紙幣を使用した疑いで通報され、駆けつけた白人警官デレク・ショーヴィンにより首元を膝で8分46秒間抑えられたことが原因で窒息したジョージ・フロイド氏(享年46歳)。 フロイド氏の最後の瞬間を通行人が撮影した動画がSNSで拡散されたことが引き金となり、ミネアポリスで発生した黒人コミュニティや人種差別に反対する人々による抗議デモ「 Black Lives Matter(ブラック・ライヴズ・マター/黒人の命も価値がある)」は、全米各地や世界各国の都市にも広まり、事件から10日以上が経った今も、連日、抗議運動が繰り広げられている。 そんななか、フロイド氏が生前、世界中で猛威を振るい続ける新型コロナウイルスに感染していた可能性が高いことが、フロイド氏の検死を担当したミネソタ州へネピン郡の検死局の報告により明らかになった。 同局の報告書によると、フロイド氏は4月3日に受けた新型コロナウイルス検査で陽性と判定されており、5月25日に死亡した後、検死の際に行った鼻腔内の検査でも陽性と判定されたという。 同局のアンドリュー・ベイカー検死局長は、フロイド氏の新型コロナウイルスの症状に関して「無症状だったが、長引いていた可能性がある」と分析している。 報告書には、新型コロナウイルスへの感染がフロイド氏の死に関係があるとは記載されていない。 2度の検死、死因に相違 フロイド氏の検死は、これまでに2回、遺族が依頼した医師とへネピン郡検死局により行なわれており、双方の報告には相違がある。 遺族が独自に依頼した医師は、解剖の結果、死因は「首や背中を持続的に圧迫されたことによる窒息」と判断。 殺人だったという見解を明らかにした。 代理人は「頸動脈への圧迫で脳への血流が阻害され、背中への圧迫で呼吸が制限されたことによる窒息死」と詳細を説明しており、死亡につながる基礎疾患は確認できなかったと報告している。 一方で、その後に発表されたへネピン郡検視局の監察医による司法解剖の結果では、死因は「警察による制圧や拘束中の首への圧迫の組み合わせによる心肺停止」と報告。 殺人だったと推定しているが、フロイド氏が心疾患を患っていた可能性や医療用麻薬などの使用が影響した可能性も指摘した。 フロイド氏の葬儀は6月4日に地元ミネアポリスで行なわれ、追悼式の模様がテレビ中継されたほか、6日には生まれ故郷であるノース・カロライナ州レイフォード、8日には以前暮らしていたテキサス州ヒューストンでも追悼式が開催される。 (フロントロウ編集部).

次の

ミネアポリス暴動(ライオット)2020|Soul Searcher|note

デレク ショー ヴィン

約19年の勤務中に寄せられた苦情は19件 デレク・ショーヴィン元警察官は ミネアポリス警察に19年近く勤務していました。 その間、実に18件もの苦情が寄せられています。 現在、詳細が明らかになっているのは、 2007年に女性から申し立てられたもので、 スピード違反の際、自分の車から引っ張り出され、 取り調べを受け、パトカーの後部座席に押し込められたというもの。 「デレク・ショーヴィン元警察官は 女性を車の外に引っ張り出す必要はなく、 またパトカーの後部座席ではなく車外で取り調べを行うべきであった」 と捜査官による報告がされています。 またレポートによると、本来オンになっているべき デレク・ショーヴィン元警察官の車内の 音声やカメラはすべてオフになっていました。 勇気ある行動でメダル候補者に デレク・ショーヴィン元警察官の職歴は? デレク・ショーヴィン元警察官が警察官を志望した際、 米軍での軍警察のメンバーとして勤務経験があることや セキュリティ・サービスの会社において、 ボディ・ガードとして働いた経験があることを述べていました。 また1990年代半ばには、マクドナルドやその他のレストランでの 勤務経験があることもレポートには記されています。 2001年1月にデレク・ショーヴィン元警察官は 当初、警察官の補佐的な任務でミネアポリス警察に雇われましたが、 8カ月後に警察官に昇進しています。 デレク・ショーヴィン元警察官と保釈金については J. Alexander Kueng(J. アレクサンダー・クェン)元警察官 少年矯正官および保護観察官として勤務 トーマス・レーン元警察官は2019年2月に士官候補生として、 ミネアポリス警察に入署しています。 これまでトーマス・レーン元警察官に対する苦情は 寄せられたことはありませんでした。 2016年にミネソタ大学にて犯罪学の学士を取得後は、 ヘネピンで少年矯正官および保護観察官として働いていました。 それ以前は、バーテンダーや給仕として、 いくつかのバーやレストランでの勤務経験があり、 Home Depotという住宅リフォーム・建設資材の小売店では 販売員をしていたとのこと。 ボランティア経験から、シダー=リバーサイド近郊において ソマリアの若者に対し、彼らの理科や数学の宿題を教えていたそうです。 Tou Thao(トウ・タオ)元警察官.

次の

亡くなったジョージ・フロイドさんはどんな人だったのか《黒人男性死亡事件》

デレク ショー ヴィン

米アマゾンがこっそりと出品されていた「殺人の瞬間」がプリントされたTシャツの販売を取り下げ。 アマゾン従業員のタレコミにより発覚した、不適切極まりないTシャツに唖然…。 (フロントロウ編集部) アマゾンに「とんでもない商品」が出品 もはや現代人の生活には欠かせない存在となっている通販サイト、アマゾン(Amazon)。 サードパーティーセラーとなっている販売事業者は、大手ブランドから小規模なスタートアップ企業までさまざま。 実際、アマゾンの商品ラインナップの大半が、これらの販売事業者によって販売されていると公式ページでも解説されている。 誰もが販売事業者となり、ビジネスチャンスを得られる自由さが好評を得ている一方で、時には、ひっそりと、とんでもないアイテムが出品されてしまうケースもある。 米アマゾンの従業員が英BBCを通じて告発したことにより判明したのは、ある「殺人の瞬間」を写した画像がプリントされたTシャツが販売されているという事実だった。 これが引き金となり、長いあいだ虐げられ続けてきた、現地および全米の黒人コミュニティの怒りが爆発。 黒人に対する人種差別の撲滅を訴え、警察の過剰な暴力の行使に抗議するムーブメント「 Black Lives Matter(ブラック・ライヴズ・マター/黒人の命も価値がある)」が、アメリカ国内だけでなく世界各地でも活性化することに繋がった。 当時クォーターバックとして活躍していたサンフランシスコ・フォーティナイナーズのチームメイトと一緒にひざまずくコリン・キャパニック選手(中央)。 そのほかにも、フロイド氏殺害の瞬間の画像のみを大きくプリントしたTシャツが出品されているのもBBCにより確認された。 Tシャツには「だから、警察の暴力行使を認める法律には反対だ」と、デモに賛同するメッセージがプリントされていたが、通報者のアマゾン従業員はフロイド氏の死の瞬間を食い物にしたこの商品は「あまりにも不適切なのではないか」とBBCに相談を持ち掛けたという。 ちなみに、合成により作られた着用画像には、白人の少年モデルが起用されていた。 米Insiderは、フロイド氏の最後の瞬間をプリントしたアイテムを販売するサードパーティーセラーは、ほかにも複数存在していると伝えている。 アマゾンが販売取り下げ、調査を開始 この報道を受け、米アマゾンは、サードパーティーセラーによるこれらのTシャツの出品を即刻取り下げ。 BBCに出した声明では、出品者に関して「調査を行なっている」と回答した。 アマゾンの販売ガイドラインでは、犯行現場が写った写真が表示されている商品の販売は禁じるとされている。 出品者の本来の意図は何であれ、フロイド氏の死の瞬間をプリントしたTシャツは、不適切と判断できる。 Black Lives Matterの拡大を受けて、グローバルマーケットプレイスでは同デモに関連したアイテムが多く販売。 問題のTシャツもこれに紛れて出品されたものとみられる。 BBCの報道で指摘されたTシャツの販売元は、すでにアカウントごと削除されている。 (フロントロウ編集部).

次の