リンデロンvg軟膏 添付文書。 リンデロンVG軟膏は、大人ニキビに効く?効果に納得して使おう!

リンデロン-VG軟膏0.12%の添付文書

リンデロンvg軟膏 添付文書

ゲンタマイシン耐性菌又は非感性菌による皮膚感染のある場合[皮膚感染が増悪するおそれがある。 ] 真菌・スピロヘータ・ウイルス皮膚感染症及び動物性皮膚疾患(疥癬,けじらみ等)[これらの疾患が増悪するおそれがある。 ] 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者 鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎[穿孔部位の治癒の遅延及び感染のおそれがある。 ] 潰瘍(ベーチェット病は除く),第2度深在性以上の熱傷・凍傷[皮膚の再生が抑制され,治癒が遅延するおそれがある。 ] ストレプトマイシン,カナマイシン,ゲンタマイシン,フラジオマイシン等のアミノグリコシド系抗生物質又はバシトラシンに対し過敏症の既往歴のある患者 効能・効果及び用法・用量 0. 1〜5%未満 頻度不明 過敏症 注1 皮膚の刺激感,接触性皮膚炎,発疹 眼 (ベタメタゾン吉草酸エステルによる) 中心性漿液性網脈絡膜症 注1 皮膚 (ベタメタゾン吉草酸エステルによる) 魚鱗癬様皮膚変化 皮膚の感染症 注2 ゲンタマイシン耐性菌又は非感性菌による感染症,真菌症(カンジダ症,白癬等),ウイルス感染症 その他の皮膚症状 (ベタメタゾン吉草酸エステルによる) 注3 ざ瘡様発疹,酒さ様皮膚炎・口囲皮膚炎(ほほ,口囲等に潮紅,丘疹,膿疱,毛細血管拡張),ステロイド皮膚(皮膚萎縮,毛細血管拡張,紫斑),多毛,色素脱失 下垂体・副腎皮質系 (ベタメタゾン吉草酸エステルによる) 下垂体・副腎皮質系機能の抑制 注4 長期連用 (ゲンタマイシン硫酸塩による) 注5 腎障害,難聴 注1:このような症状があらわれた場合には使用を中止すること。 注2:このような症状があらわれた場合には,本剤の使用を中止し,適切な抗菌剤,抗真菌剤等に切り替えること。 〔密封法(ODT)の場合に起こりやすい。 〕注3:長期連用により,このような症状があらわれた場合にはその使用を差し控え,副腎皮質ホルモンを含有しない薬剤に切り替えること。 注4:大量又は長期にわたる広範囲の使用,密封法(ODT)により発現した事象。 投与中止により急性副腎皮質機能不全に陥る危険性があるため,投与を中止する際は患者の状態を観察しながら徐々に減量すること。 注5:長期連用を避けること。 高齢者への使用 ヒト腋窩皮膚に0. 15%3H-標識ベタメタゾン吉草酸エステルクリームを30分,1時間,2時間,4時間,8時間密封法(ODT)により塗布後,薬剤を除去し,オートラジオグラム法により経表皮吸収及び経皮付属器官吸収を検討した結果,共に吸収が良好であった。 クロロホルムに溶けやすく,エタノール(95)にやや溶けやすく,メタノールにやや溶けにくく,ジエチルエーテルに溶けにくく,水にほとんど溶けない。 60 C 2=463. 57 C 1a=449. 54 性状 白色〜淡黄白色の粉末である。 水に極めて溶けやすく,エタノール(99. 5)にほとんど溶けない。 吸湿性である。 KEGG DRUG 取扱い上の注意. 斉藤忠夫:皮膚科の臨床,1969,11(2),114〔196900102〕を含む計10文献. Zugerman,C. et al. , Arch. Dermatol. , 112 9 , 1326, 1976. Vermeer,B. et al. , Dermatologica, 149 5 , 299, 1974. 久木田淳ほか, 西日本皮膚科, 33 2 , 129, 1971. Butler,J. et al. , Br. Dermatol. , 78 12 , 665, 1966. 笹川正二, 皮膚科紀要, 65 1 , 39, 1970. 小堀辰治ほか, 皮膚科紀要, 63 2 , 181, 1968. 中井悠斉, 皮膚科紀要, 64 1 , 25, 1969. McKenzie,A. et al. , Arch. Dermatol. , 89, 741, 1964 作業情報.

次の

医療用医薬品 : リンデロン

リンデロンvg軟膏 添付文書

ルリクールVG軟膏のステロイドの強さとリンデロンとの違い ルリクールはステロイドの成分であるベタメタゾン吉草酸エステルと抗菌作用のあるゲンタマイシン硫酸塩が含まれる軟膏の薬です。 ステロイドの中でも中程度の強さであり、抗菌成分も含まれる点がルリクールVG軟膏の特徴と言えます。 ルリクールVG軟膏と同じ成分を含む薬剤の代表的な製品としてリンデロンVG軟膏があります。 ルリクールはリンデロンのジェネリック医薬品であり、 ルリクールとリンデロンの違いはジェネリック医薬品であるかどうかという点になり、効 果などには基本的に違いはありません。 ルリクールVG軟膏はジェネリック医薬品であるため、リンデロンよりも安価に入手することができます。 ルリクールVG軟膏の薬価は1gあたり9. 5円であるのに対し、リンデロンVG軟膏は1gあたり27. 2円となっており、ルリクールの方が半額以下で入手できます。 ジェネリック医薬品を希望する場合は、薬局でその旨を申し出ましょう。 ただし、ルリクールは軟膏のみの販売となっており、リンデロンにあるクリームやローションといった剤型は販売されていない点は注意が必要となります。 ルリクールVG軟膏の効能効果|あせも、やけど、ヘルペス、とびひなどへの効果は? ルリクールは湿疹や皮膚炎など皮膚の疾患に対して使用される薬です。 ルリクールVG軟膏の効能効果の詳細は以下の通りです。 ・湿潤、びらん、結痂を伴うか、又は二次感染を併発している次の疾患:湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症、脂漏性皮膚炎を含む)、乾癬、掌蹠膿疱症 ・外傷・熱傷及び手術創等の二次感染 ルリクールVG軟膏0. 12% 添付文書 あせも、 とびひなどに関しては厳密には効能効果に記載がありませんが、 あせもは汗が皮膚の中にたまってしまい炎症などが起きることがあるため、ルリクールVG軟膏でも効果が期待できるケースがあります。 とびひに関しても原因菌に効果が期待でき、ステロイド成分で炎症を抑えることで効果が期待出来るケースがあります。 ただし、これらに関しても自己判断では使用せず、必ず医師の診断もと、処方された場合に使用するようにしましょう。 特にとびひに関してはケースによっては逆に悪化してしまう可能性もあり、患部の状況を見分けて適切な薬を選ぶ必要があります。 また、効能効果に熱傷の記載もあり、 やけどに使用されるケースもあります。 特にルリクールVG軟膏は抗生物質が含まれるステロイドであるため、やけど後の感染を防ぐ意味では非常に重要な薬となります。 なお、 ヘルペスに対して軟膏を使用したくなるケースもあるかもしれませんが、基本的にヘルペスにはルリクールは効果が期待できません。 その理由はヘルペスの原因はウイルスの感染であり、ルリクールに含まれる抗生物質ではウイルスに対して効果がありません。 また、ステロイド全般に言えることですが、感染が原因で間違ったステロイドの使用した場合、免疫が低下して逆に悪化するようなケースもあります。 自己判断でヘルペスにルリクールを使用するようなことは避けましょう。 ルリクールVG軟膏の市販での販売状況 ルリクールVG軟膏は処方薬であり、基本的に処方箋がなと入手できません。 しかし、 ルリクールVG軟膏と似た成分を含む市販薬は販売されており、その代表的な製品が ベトネベートN軟膏ASです。 ベトネベートN軟膏ASはルリクールと同じステロイドの成分であるベタメタゾン吉草酸エステルと、抗生物質としてフラジオマイシン硫酸塩を含んでおり、ルリクールVG軟膏に近い役割を持った市販薬と言えます。 ルリクールとは含まれる抗生物質の種類が違うという点がありますが、効果としては大きくは変わりないと考えられます。 ベトネベートN軟膏ASの効能効果は以下の通りであり、ルリクールと近い使い方ができます。 化膿を伴う次の諸症:湿疹,皮膚炎,あせも,かぶれ,しもやけ,虫さされ,じんましん 化膿性皮膚疾患(とびひ,めんちょう,毛のう炎) ベトネベートN軟膏AS 添付文書 薬を使用する際には必ず薬の説明書や添付文書を確認し、医師や薬剤師から指示された用法・用量で使用してください。 また、違和感や副作用と思われる兆候を感じた場合は医師・薬剤師に相談してください。 今回紹介した内容はあくまで一例であり、必ずしも当てはまらないケースがあります。 予めご承知ください。

次の

リンデロンVG軟膏の効能一覧

リンデロンvg軟膏 添付文書

1.リンデロンVG軟膏とは? まずは、リンデロンVG軟膏の基本的な知識を解説します。 1-1. リンデロンVG軟膏の成分と作用 リンデロンVG軟膏は、細菌の感染の可能性がある、又はそのおそれのある湿疹、皮膚炎、乾癬(かんせん)などの治療に使用します。 リンデロンVG軟膏の主な成分は2つあります。 湿疹、皮膚炎、かぶれ、虫刺されなど、様々な皮膚疾患に対して、幅広く使用されます。 ただし、明らかな感染症があるときは、別途感染症に対する治療も必要です。 医師とよく相談しましょう。 最も強い(Strongest) 2. とても強い(Very Strong) 3. 強い(Strong) 4. 普通(Medium) 5. 弱い(Weak) 皮膚の炎症の重症度によって、ステロイドの強さを選びます。 炎症がひどいほど、強いタイプのステロイド塗り薬が候補に挙がります。 しかし、全く同じような症状でも、本人の年齢・体質などの背景によって、適したお薬は変わります。 また、使用する場所によっても、どのステロイドの塗り薬が適しているかは変わります。 この数値が高いほど、お薬の作用が強いとされ、作用の強さを示すひとつの指標となります。 1-2. リンデロンVG軟膏の使い方 リンデロンVG軟膏は、伸びがよく、ほとんど匂いもないため、塗りやすいお薬です。 症状に応じて、医師から適量や塗る回数などの指示があると思いますので、医師の指示を守って、患部を清潔にしてから塗るようにしましょう。 万が一、指示されている時間帯に塗り忘れたことに気づいた場合には、気づいたときに塗って問題ありませんが、その場合には、次に塗るタイミングをずらすようにしましょう。 塗り薬は、局所的に作用をするため、副作用の心配はほとんどありません。 しかし、長期にわたって使用したり、広範囲にわたり使用を続けたりすると副作用のリスクが高まるため、必ず医師と都度相談しながら使用するようにしましょう。 顔面、頸、わきの下、陰股部は皮膚がうすく、副作用が出やすいので、効果の弱いステロイドを用いるか、塗る回数を工夫することが必要です。 また、本来、医師に指示されている場所以外で使用すると、塗布できる場所に適していない場合があり、副作用を引き起こす可能性があります。 必ず、医師の指示どおりに使用するようにしましょう。 2.その他のリンデロンシリーズとの違いと使い分け リンデロンと名前がつく塗り薬として、リンデロンVG軟膏の他に、リンデロンV、リンデロンDP、リンデロンAの塗り薬があります。 名前の最後のアルファベットに違いがあり、含まれている成分やステロイドの強さが違ってきます。 また、軟膏の他にも、クリーム、ローションのタイプもあるため、その使い分けも解説します。 2-1. 抗炎症作用のみを期待したい:リンデロンV リンデロンVの主な成分は、ステロイド成分のみです。 疾患・症状によっては、比較的皮膚が薄い部分(顔まわりや外陰部など)にも使用することがあります。 2-2. より高めの抗炎症作用を期待したい:リンデロンDP リンデロンDPの主な成分は、ステロイド成分のみにです。 ステロイド成分のみになるので、抗炎症作用を期待して、湿疹、皮膚炎、かぶれ、虫刺されなど、様々な皮膚疾患に対して使用されます。 一般的には、やや強めのタイプですので、皮膚が薄い部分(顔まわりや外陰部など)には使用せず、手足や体幹など皮膚の厚い部分に使用します。 2-3. 目や耳、鼻などに使用する:リンデロンA リンデロンAの主な成分は、2つあります。 眼・耳科用の軟膏、点眼・点鼻用の液のタイプがあります。 2-4. 軟膏・クリーム・ローションの使い分け 主に、軟膏、クリーム、ローションのタイプがあります。 それぞれの特徴について説明します。 また刺激性が少ないのも特徴です。 その反面、べたつき感やテカテカ感があります。 潰瘍やびらんなどジュクジュクしている患部から、アトピーやかさぶたなど乾燥している患部まで、幅広く使用することができます。 伸びがよく、軟膏ほどべたつきが少ないため、広範囲に塗りやすいです。 また、皮膚への浸透性が良いことも特徴です。 その反面、刺激性があり、潰瘍やびらんなどジュクジュクしている患部には適していません。 使用感が良いため、露出のある肌に塗る場合に好まれたり、足のかかとなど皮膚が硬い患部に使用することがあります。 即効性はある一方で、持続力がありません。 軟膏やクリームでは対処しづらい、頭部などの毛が多い部位に対してよく使用されます。 3.リンデロンVG軟膏の副作用と注意点 3-1. リンデロンVG軟膏の副作用 塗り薬は、 局所的に作用をするため、広範囲への使用や長期にわたって大量に使用せず、短期間で正しく使用する分には、副作用の心配はほとんどありません。 但し、稀に次のようなステロイド特有の副作用症状が出ることもあります。 詳しくは、添付文書を確認していただくか、医師や薬剤師に確認するようにしましょう。 乳幼児では効果が成人に比べてつよく出やすいので、成人より1つランクの低い弱いステロイドをすすめられることもあります。 代表的な副作用症状(一部) ・毛細血管拡張・・・血管が浮き出てみえる ・皮膚萎縮・・・皮膚が薄くなる ・皮膚に赤みがでる ・にきび ・皮膚感染症 ・過敏症、接触性皮膚炎・・・発疹・発赤、かぶれ など 又、稀に、まぶた周辺に使用したときや、大量又は長期にわたって広範囲に使用すると下記のような副作用が出ることもあります。 ・眼圧亢進、緑内障、後嚢白内障 目が見えにくい、目がかすむ、目の痛み、まぶしいなど、目に異常を感じた際は、早めに医療機関を受診しましょう。 通常は、その塗り薬の使用を中止することや使用方法を変更したりなど行うことで症状は回復します。 万が一、このような症状がみられた場合には、直ぐに医療機関を受診し、医師の判断を仰ぐようにしましょう。 その一方で、皮膚の症状が改善したら、塗る回数を減らしたり、ステロイドの強さを弱くしたりすることがありますが、やめるときも、自分で勝手に急に使用を中止すると皮膚の炎症が再燃する可能性もあるので注意しましょう。 またそのため、症状の変化を見逃さないように定期的に医療機関を受診することも大切です。 3-2. 使用上の注意点 自己判断で勝手に使用すると、思いもよらない副作用を引き起こす可能性があるため、必ず医師や薬剤師の指示を仰ぐようにしましょう。 というのも、今回の説明のとおり、リンデロンと名がつくお薬だけでも、種類によって、作用の強さや適した患部などには特徴があります。 そのため、同じリンデロンだから良いかと自己判断で使用した場合、思いもよらない副作用を引き起こしてしまう可能性があります。 家に余った塗り薬があったとしても、必ずその処方元の医師や薬剤師にまずは相談するようにしてください。 また、 お薬には、使用期限があります。 一般的に塗り薬の場合、パッケージ(軟膏の場合は、チューブの端の部分)を確認していただくと、使用期限の記載があります。 高温になるような場所で保管をしておらず、未開封のものであれば、その期限を参考にしてもらって大丈夫です。 しかし、開封してしまっている場合や、混合された塗り薬などで別の容器に移されてもらっている場合には、早めに使いきるようにしましょう。 古いものは、正しい効果が期待できないことや、悪影響を与える可能性もあるため、使用せずに破棄するようにしましょう。 4. リンデロンVG軟膏は市販で購入できる? リンデロンVG軟膏と全く同じ2つの成分ではありませんが、同じステロイド成分を含んだ市販薬が販売されています。 購入を希望される際には、店頭にて相談するようにしましょう。 5.おわりに 今回は、リンデロンVG軟膏について効果・副作用を解説するとともに、リンデロンシリーズの使い分けや市販で購入することができるのか?に関してもあわせて説明しました。 リンデロンVG軟膏は、ステロイド成分と抗生物質を含み、様々な皮膚疾患に対して使用されるお薬です。 また、同じリンデロンとつく名前のお薬でもアルファベットによって、含まれている成分やステロイドの強さが変わってきます。 市販でも、リンデロンVG軟膏と全く同じものはありませんが、似たような塗り薬は購入することが可能です。 ぜひ、本記事を参考に正しいお薬の知識を深め、安心安全に使用するようにしましょう。

次の