ソードアートオンライン キリト 復活。 ソードアートオンラインでキリトが死んだのに復活して茅場を倒...

ソードアートオンライン(SAO)シリーズ武器一覧名前まとめ

ソードアートオンライン キリト 復活

茅場晶彦によって開発された次世代VRMMO「ソードアート・オンライン SAO 」はゲーム内での死が現実世界での死を意味するという、命がけのゲーム。 約1万人のプレイヤーはクリアするまでログアウト 脱出 できません。 真っ先にこの真実に気が付いた主人公・キリトは、単独で巨大浮遊城「アインクラッド」の最上階層到達を目指しますが、途中で女流剣士・アスナとの運命的な出会いを果たし、最終的にはゲーム内結婚まですることになります。 平和な現実世界を生きていた者が突如命がけの生活を送ることになった心情が、キリトの視点を通してうまく描かれています。 これから展開されるストーリーの序章でありながら、しっかりと完結された一冊です。 最上階層を目指す「攻略組」のキリトは、いろんな思考や生き方のプレイヤーたちと出会います。 中には、デスバトルの世界にあって、戦いを一切せずにのんびりと暮らすプレイヤーもいました。 「鍛冶屋」のリズベットや「ビーストテイマー」のシリカとの関わり 言い換えるとハーレム があるかと思えば、ユイが人工知能であることがわかったり、サチは死んでしまったり……。 出会いのみならず別れの描写も含めて、キリトと彼女らのエピソードが深くまで掘り下げられています。 2巻では、1巻で描き切れなかったエピソードが外伝的に描かれているため、ファンの間では「SAOを読むなら1巻だけ・1巻と2巻・全巻のどれかにしろ」とまで言われることがあります。 SAO開発者・茅場晶彦との最終決戦に勝利し、無事現実世界に帰還したキリト。 ところが、アスナは未だ現実世界に帰っていないことを知ります。 絶望しつつも手掛かりを集め、アスナがVRMMO「アルヴヘイム・オンライン ALO 」の中に囚われていることを突き止めました。 アスナを救うべくALOの世界に飛び込んだキリトは、SAO以来の仲間・ユイ、剣士のリーファを連れてALOの中心・世界樹を目指して冒険を進めます。 フェアリィ・ダンス編の新ヒロイン・リーファは、2巻でも登場した妹の直葉ですが、兄妹ともどもこのことには気がついていません。 また、3巻は前編でありながらボス戦も存在します。 SAOでの能力を引き継いだ最強の男・キリトにかかれば、余裕の勝利でしたね。 ALOでのアスナ救出を目指すキリトは、妖精種族「サラマンダー」のプレイヤーにより苦戦を強いられます。 しかし、ユイやリーファの強力な援助もあって何とか世界樹までたどり着きました。 ところがそこで、キリトとリーファは互いに兄妹同士であったことに気がつきます。 ゲーム内で新たに恋した男性が、思いを寄せ、何とか距離をとったはずの兄だった……。 こんなことに気が付いてしまったリーファの衝撃と苦悩は、一体どれほどのものだったでしょうか。 とはいえ全体的には、あるいはリーファの心情を無視すれば、ハッピーエンドといえる終わり方になっています。 キリトはアスナの救出に成功し、現実世界での対面も果たします。 必死になって救った家族との対面、言うまでもなくうれしかったことでしょう。 SAOでの一件から1年後の現実世界。 銃と鋼鉄の「ガンゲイル・オンライン」 GGO での変死体事件発生を受け、キリトに対し総務省「仮想課」の菊岡から捜査依頼がなされました。 アバターに銃で打たれたプレイヤーが現実でも死ぬことに疑念を抱きつつ、キリトはGGOの世界に突入します。 さて、この世界でのキリトはなんと 見た目が 女性キャラクターです。 表紙イラストにもなっていますね。 新ヒロインのライフル使い・シノンはそんなことを知らなかったわけですが、ある時更衣室でバレて ? しまいます。 そんなことがありつつも、シノンはキリトの強さを認めていきます。 似たような過去を持っているからこそ、わかり合える部分もあったのかもしれません。 見た目だけ 美少女と化したキリトは、シノンとともにGGOでも健闘し、ガンナーの頂点とされる対人トーナメント「BoB」への参戦を果たします。 ガンナーのトーナメントでありながら、キリトは「光剣」を駆使して勝ち進み、いよいよ「死銃」との決勝に挑みます。 結局、「死銃」はSAO以来、さらに言えばキリトの過去にも密接にかかわる人物でした。 キリトとシノンは、互いに過去のトラウマと向き合いながら戦います。 精神戦ということで、キリトもシノンも追い込まれてしまいますが、結末としてはトラウマを克服することができたと言えます。 6巻は、全体を通してシノンが過去と向き合い、成長する物語でした。 また、ヒロインたちの仲睦まじい姿も素敵ですね。 マザーズ・ロザリオ編は、SAOシリーズ初の一巻完結作品です。 「死銃」との戦いから数週間後、ALOに「黒の剣士」キリトでさえも適わないほどの剣豪が現れます。 その名も「絶剣」。 その情報を聞いたアスナは「絶剣」に勝負を挑みますが、あと一歩のところで負けてしまいます。 その後、アスナは「絶剣」からギルド「スリーピング・ナイツ」に誘われ、参加することになりました。 ところが、「絶剣」もといユウキ、そして「スリーピング・ナイツ」のメンバーにはある悲しい秘密がありました。 彼らはみな重い病気を患っており、余命あとわずかの状況だったのです。 最終的にユウキは亡くなってしまいますが、アスナと母親との関係も含め、この巻では命や人生観にかかわる繊細な話題が多くなっています。 キリトが仮想世界UWで目を覚ましてから2年が経過し、「北セントリア帝立修剣学院」上級修剣士になったキリトとユージオは、人界最強の秩序執行者「整合騎士」を目指して修行します。 ロニエとティーゼを世話役にあてがわれ、4人で充実した学園生活を送っていました。 しかし、ある時ロニエとティーゼが貴族の罠にはめられてしまいます。 ユージオは下劣な貴族に対抗しようとしますが、人工知能である彼は体を動かすことができません。 システムに反する行動はできないのです。 激痛が走る彼の眼には、「SYSTEM ALERT」の文字が。 最終的にはユージオは世界のルールを乗り越え、ロニエとティーゼは無事でした。 人工知能の世界UWにおいてであっても、人工知能の枠を超えたやさしさに触れることができます。 ユージオは、幼いころに整合騎士によってとらえられた幼馴染・アリスとようやく再会します。 しかしアリスに昔のような面影はなく、彼女の目的はこの世界のルール「禁忌目録」を破ったキリトとユージオを捕らえることでした。 公理協会の塔「セントラル・カセドラル」の地下牢に閉じ込められてしまった2人ですが、何とか脱出に成功します。 少女・カーディナルの助けを受けながら、この世界を支配する司祭・アドミニストレータに対抗しアリスを救うため、塔の頂点を目指します。 塔をすごい勢いで登っていく2人。 幼き頃に連れ去られ、ずっと探し続けたアリスと戦うことになります。 はたして、また昔のような関係に戻ることはできるのでしょうか。 決着は次巻に持ち越しです。 塔の途中でアリスと戦うことになったキリトとユージオ。 しかし、「武装完全支配術」の暴走によりキリトとアリスは塔の外に投げ出されてしまいました。 キリトと2人きりになったアリスは次第に心を許すようになり、ついにキリトと共闘して整合騎士に対抗することになります。 一方で1人になったユージオは、2人が無事であることを祈って塔を登りますが、敵に捕まって洗脳を受け整合騎士にされてしまいました。 ここまでずっと2人で一緒に過ごしてきた、親友ともいえる仲間が敵に洗脳されたキリト。 挙句の果てに2人は剣を交え戦うことになります。 大事な戦友との突然の決戦、つらかったに違いありません。 この戦いも、決着は次の巻に持ち越しとなります。 大図書館の賢者・カーディナルの助けを受けながら、「セントラル・カセドラル」の99階にたどり着いたキリト。 そこで、公理協会から洗脳され整合騎士となってしまったユージオとの戦いに挑みます。 結局、キリトたちを助けようとしてカーディナルが命を落とます。 またそれを見たユージオも、洗脳は解けたものの、アドミニストレータを命がけで倒そうとして死んでしまいました。 なんとかアドミニストレータを倒すことには成功したものの、キリトは大切な仲間を失ってしまいました。 この世界においてだからこそ、キリトの罪悪感やショックは計り知れません。 恐らく、これまでで一番厳しい終わり方になっていた14巻。 ここで人界編は完結となります。 アドミニストレータとの決戦を終えたキリトは、ユージオら大切な仲間を失った悲しみから精神喪失の状態に陥ってしまいました。 もはや会話すらまともにできない、つらい状態です。 そんなキリトを見たアリスは、2人での静かな生活を決意します。 そして世界は、現実世界からのアクセスによって誕生した「暗黒神ベクタ」が支配する闇の土地「ダーク・テリトリー」へ移ります。 公理協会の最高司祭とは違い、今回のボスは実在する人物が操るキャラクターになるということですね。 また、キリトを救うべくアスナもUWにダイブすることを決意します。 現実世界のキリトは意識不明の状態ですから、妻としてはなんとしてでも救いたい気持ちがあるに違いありません。 暗黒神ベクタ率いる侵略軍は総勢5万人に対し、人界守備軍には3千人しかいません。 個々人がかなり強い整合騎士たちは、不利な状況でも健闘しますが、やはり圧倒的な兵力差にはかないません。 そこに「創世神ステイシア」が降臨します。 その正体は、スーパーアカウントを使ってログインしたアスナ。 地形を操るなど、最強級の強さで敵を一掃します。 ようやくキリトとも再会することができ、うれしかったことでしょう。 戦いもひと段落付いたところで、キリトを待っていたのは……アスナやアリスたちによる取り合い 要するにハーレム でした。 どれだけ厳しい戦いが繰り広げられようと、ハーレム要素に一切の妥協を許さないのも、SAOの魅力です。 整合騎士たちの奮闘、そしてアスナもといステイシアの登場により戦況が悪化したダークテリトリー軍。 それを見た米軍傭兵が現実世界の人間をだまし、UWに戦力としてログインさせます。 5万人を超える敵の増兵に、人界軍はまたも苦しい戦いを強いられます。 そこに、今度は「太陽神ソルス」と「地母神テラリア」が降臨します。 アスナと同じくスーパーアカウントを使ってログインしたシノンとリーファでした。 2人の登場により人界軍有利になるかと思いきや、今度は中国や韓国を巻き込んでの戦いが展開され、結局戦いは厳しいものになります。 17巻ではベクタが「サトライザー」として登場し、ヴァサゴもしっかり活躍するなど、ボスキャラたちとの熱い戦いが見所です。 最後、キリトがなんとか生気を取り戻しそうなところでこの巻は終わりになりました。 18巻で完結したアリシゼーション編の後日談という位置づけの19巻。 殺人事件などのイベントはあれど、全体としてはUWでのほのぼのとした日常が多く描かれています。 世話役としてキリトの従者をしていたロニエも、例にもれずキリトに恋心を抱いており、その心情がよくわかるようになっています。 とはいえ、彼には妻アスナがいるので、気持ちは前面には押し出しません。 そしてアスナとしても、ロニエの心情は理解しているようです。 もちろんアスナとキリトの夫婦としての一面も描かれており、非常に幸せな、うらやましいまでの雰囲気が漂っています。 キリトたちはここまで戦闘ばかりで精神的にも肉体的にも疲弊しているでしょうから、こういった比較的平和なお話があるのは読んでいる側としてもうれしいですよね。 19巻ではほのぼのとした箇所が多かったとはいえ、殺人事件はまだ解決されていません。 この事件の問題点は、UWに住む住人は「禁忌目録」と「力の掟」によって殺人を起こせるはずがない、という点でした。 キリトたちは、犯人の手掛かりを求めて試行錯誤します。 結局黒幕が誰なのかは判明せず、なんとも釈然としない完結の仕方になっています。 しかし、ティーゼのユージオへの気持ちや、たとえ幽霊の姿であっても会いたいと願う姿が描かれており、その愛情がどれほど強いものなのか伝わってきます。 19・20巻は番外的な物語になっており、その内容は賛否が分かれます。 先が気になる終わり方でもあったので、続きが読めることを期待したいですね。 UWから現実世界に帰還したキリトとアスナ、そしてアリス。 後日ALOにログインした3人ですが、突如地震が発生し、世界はサバイバルゲームの様相を呈します。 さらに、一部を除きほぼすべての能力がリセットされてしまったため、3人はまさに絶体絶命の状況です。 今回はUWのようにログアウト不可でもなく、この世界での死が現実での死に直結することもないので、比較的気楽に読むことができます。 コメディー的な要素も多く、そちらも楽しめますね。 また、キリトとアスナの娘・ユイもキャラクターという立ち位置になり、リーファやシリカなど勢ぞろいでパーティーが構成されているため、キリトのハーレムもさらに加速していました。 サバイバルゲームはまだ始まったばかりですので、今後の展開にも注目です。 ALOから、謎のVRMMOゲーム、「ユナイタル・リング」へと強制コンバートされたキリトたち。 この現象は、GGOにログインしていたシノンにも起こっていました。 キリトたちと同様、レベルがこれまでの10分の1となっていた彼女は、愛銃のへカートを持ち運べず、立ち往生。 身をひそめ、オフラインで連絡を取り合いながら、なんとか合流します。 シノンと共にログハウスへと戻ると、PK集団が家を守っていたアスナたちを襲撃。 熊の魔物も現れて乱戦の中、シリカの機転もあって敵を無事退けました。 一方でこの一件の前、キリトたちの通う帰還者学校に転校生がやってきます。 その転校生とは、かつてアインクラッドで出会ったSAOサバイバー、アルゴでした。 彼女はライターとしても活動しており、今回の転入も「ユナイタル・リング」に関する調査目的だったのです。

次の

サチ(SAO) (さち)とは【ピクシブ百科事典】

ソードアートオンライン キリト 復活

でもちゃっかりアリスに介護されている• 抜け目ない• キリト抜け目ない でもちゃっかりアリスに介護されてる。 抜け目ない。 キリトは抜け目ない。 そう思わざる得ない瞬間だった。 どんな状態であっても。 女の子とのイチャイチャは忘れない。 そんなキリト。 好きなのか嫌いなのか。 どっちかっていえば。 だってそれがキリトだから。 だってそれがキリトのアイデンティティだから。 キリトオブジャスティス。 キリトオブ女の子。 キリトオブアリス。 これは確実なのだ。 やっぱモテる男って。 どこまでいってもモテるんですよね。 どんなに堕ちてもモテる。 まあ今までの苦労があったからとも言えますけど。 でもそれでもキリトは凄い。 そう思わざる得ない瞬間でした。 なんかやっぱモテオーラがあるんでしょうね。 素直に分けてほしい。 剣だけは忘れないキリト• 剣だけは忘れないキリト• 見てて泣けてくる• キリト頑張れ 剣だけは忘れないキリト。 どれだけこだわってるんだよと。 ツッコミたくなりますけど。 でも泣くわ。 普通に泣くわ。 だってどんだけダメになっても。 剣士の誇りは忘れない。 それってすごいことだと思うんですよね。 やっぱキリトはどこまでいってもキリトなんだなと。 思ってしまいました。 やっぱそれでこそキリトだと。 やっぱこれがキリトなんだと。 キリトオブキリト。 キリトオブクオリティ。 キリトオブソード。 もうなにいってるのか分からないけど。 とにかく泣けました。 そして結構心に響きましたね。 いまはとても苦しいけれど。 きっと剣さえ忘れなければ。 また復活の時は来てくれる。 少なくとも私はそういう風に信じています。 とりあえずキリト頑張れ。 こんなキリト見たくなかった• 復活してくれ• もうそれしかない• いつものキリトが見たい 復活してくれキリト。 もう願うのはそれしかない。 だってさあ。 どやってないとキリトじゃないじゃん。 自信満々じゃないとキリトじゃないじゃん。 かっこよくないとキリトじゃないじゃん。 まあ今のままでも。 キリトはキリトなんだろうけどさ。 やっぱなんか違うじゃん。 違うとしか思えないじゃん。 だからさあ。 いつものキリト。 それを早く見せてくれよと。 普通に言いたくなる。 でもこれは長引きそうな感じもして。 若干絶望もしています。 いったいどうなっちゃうんだキリトは。 なんというか長引くなら結構つらくなりそう。 このままのキリトを見ていると。 マジで苦しいんですよね。 キリトも苦しいですけど。 私も苦しいです。 だからキリトには早く復活してもらって。 世界を救ってほしいなと。 素直にそう思う次第ではあります。 まとめ• キリトどうなっちゃうの• 普通に心配• 頑張れキリト というわけでまとめてみました。 まあ普通にキリト心配ですね。 一体どうなっちゃうのか。 滅茶苦茶気になっています。 正直いつものキリトが見たい。 一刻も早く見たい。 だからこそ復活してほしい。 その気持ちが強いんですが。 なかなか難しそうですね。 アリスも結構辛そうでした。 やっぱこの世界を救う。 そうなるとキリトしかいないと思うんですよね。 だからキリトには頑張ってほしい。 今までの100倍くらい頑張ってほしい。 めっちゃ応援してます。 キリト頑張れ。 負けるなキリト。 頑張れキリト。 というわけで次回も正座して待っています。 カテゴリー• 179• 1,040• 868• 113• 201• 110• 2 アーカイブ•

次の

SAO(ソードアートオンライン)の最新刊(25巻)の発売日はいつ?内容やネタバレを予想してみた

ソードアートオンライン キリト 復活

4クールものボリュームによって描かれるそのアニメ版がついにクライマックスということで、本稿ではこれまでのストーリーをおさらい。 アリシゼーション編を重点的に掘り下げつつも、シリーズ全体の概要にも触れているので、これさえ読めば過去シリーズ未視聴の方でも最終章から楽しめる……かもしれません。 テレビアニメにして87話にも及ぶ物語のあらすじをまとめようとした結果、おもいのほか長文になってしまいました(笑)。 過去シリーズをこれから視聴しようと考えている方にはネタバレになりますのでご注意ください! 『ソードアート・オンライン』シリーズとは? 『ソードアート・オンライン』(以下、『 SAO』)シリーズの原作は、川原礫氏によるライトノベル。 本編は電撃文庫より既刊24巻が刊行中。 なお原作者以外の著者によるスピンオフ作品に時雨沢恵一氏の『 ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』、渡瀬草一郎氏の『 ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット』などがあります。 本作はVR MMORPG内がおもな舞台となっており、ゲームが題材のシリーズだけあって、ゲーム化も盛ん。 これまで家庭用ゲーム機向けに発売された作品を見ると……• 『』(PSP/2013年発売)• 『』(PS Vita/2014年発売)• 『』(PS4/2015年発売)• 『』(PS Vita、PS4/2015年)• 『』(PS Vita、PS4、Switch/2016年)• 『』(PS4、Xbox One、Switch/2018年) ……と、多くの作品があり、最新作『』(PS4)も2020年7月9日に発売されたばかりです。 開発者である茅場晶彦(声:山寺宏一)の手によりSAOは、誰かにクリアーされるまでログアウト不可、ゲーム内でHPがゼロになると、現実世界のプレイヤーも死亡してしまうという恐ろしいデスゲームへと変貌します。 ゲーム世界の中でキリトとともに冒険し、やがて(アニメ第11話あたりで)恋人どうしとなったアスナ(声:戸松遥)や、クライン(声:平田広明)、エギル(声:安元洋貴)、シリカ(声:日高里菜)、リズベット(声:高垣彩陽)といった仲間たちの協力もあり、キリトは2年の歳月をかけてなんとかこのゲームをクリアーします。 そのたびに、異なる世界、異なるシステムのゲームが舞台となり、新たな物語が展開されていくのも本作が長い人気を誇る理由のひとつでしょう。 ALOでは和人の妹・直葉が扮するリーファ(声:竹達彩奈)、GGOでは凄腕のスナイパーとして活躍していたシノン(声:沢城みゆき)といった、魅力的な女性キャラクターが仲間に加わることも。 主要キャラクターの集合画像。 左下から時計回りに、キリト、リーファ、リズベット、クライン、シリカ、シノン、アスナ(画像はアーケードゲーム『ソードアート・オンライン アーケード ディープ・エクスプローラー』キービジュアル) ここまでがテレビアニメ『ソードアート・オンライン』(第1期)、『 ソードアート・オンラインII』(第2期)までのおおまかなお話。 未見でお時間がある方は、こちらもぜひご視聴ください。 キリトは中心人物としてこの事件を解決した。 そこで彼はユージオ(声:島崎信長)という温厚で心やさしい少年に出会います。 「この世界はVRゲームの中かもしれない」と考えたものの、プログラミングされたNPCとは考えづらいほどの人間らしい心配りを見せるユージオに、戸惑いを覚える和人。 少なくとも、自分が知るゲーム世界とはまったく別の何かである可能性に思い当たります。 この世界はゲームなのか? 現実なのか? それとも……和人は再びキリトを名乗り、この世界の正体を知るために行動を開始します。 一方、ラースの研究施設を突き止めたアスナは、菊岡からアンダーワールドがどんな世界で、何のためにつくられたものなのか知らされることに。 その目的から、現実世界の5000倍の速度で時間が流れるように設定されているアンダーワールド。 ここでキリトとユージオは、2年間のときをともに過ごします。 キリトはもとの世界に戻る手がかりを見つけるために。 ユージオは幼いころに禁忌を破ったとして連れ去られた、幼馴染のアリス(声:茅野愛衣)と再会するために。 充実した修練の日々を送るキリトとユージオ。 しかしある日、後輩であるふたりの女子を貴族出身の同期学生に辱められたキリトとユージオは、彼らに剣を向け、そのうちのひとりを殺害してしまいます。 翌日、禁忌を破ったふたりを連行するために現れた人物を見て、驚愕するユージオ。 せっかく出会えたものの、どうやら、ユージオといっしょだったころの記憶を失っている様子のアリス。 ここから脱獄したふたりは、カーディナル(声:丹下桜)と名乗る少女と出会い、アリスが記憶を失っている理由を知ることに。 アリスを含む整合騎士たちは、公理教会の最高司祭であるアドミニストレータ(声:坂本真綾)へと絶対の忠誠を誓わせるため、彼女の手で整合騎士になる前の記憶を消されているというのです。 さらに多くのことをカーディナルから学ぶキリト。 アンダーワールドの成り立ち、アドミニストレータが他者を蹴落とすことを顧みない利己心から、不老不死となってこの世界の頂点に立ったこと。 アリスのためにも、ダークテリトリーとの戦いをなんとかするためにも、キリトはカーディナルに協力してアドミニストレータを倒し、彼女の独裁に終止符を打つことを決意します。 強敵ぞろいの整合騎士たちを退けながら、アドミニストレータの待つセントラル・カセドラルの最上階を目指すキリトとユージオ。 80階ではついにアリスとも戦うことに。 ここでキリトは、アリスにこの世界の真実を告げます。 教会に歯向かうキリトの言うことを信じていいのか葛藤するアリスでしたが、最終的にはキリトを信じ、アドミニストレータの呪縛を打ち破ることに。 そしてキリト、ユージオ、アリスの3人は、ついにアドミニストレータのもとへとたどり着きます。 しかし、カーディナルは戦いの中で命を落とし、そしてユージオもまたすべての力を使い果たし、キリトに想いを託して光となって消えてゆくのでした。 最上階にあったコンソールで、現実世界へと連絡を試みるキリト。 けれど、ラースの研究施設に繋がったはずの音声出力から聞こえるのは銃声。 研究施設は、謎の組織からの襲撃を受けていたのです。 連絡に気づいた菊岡はキリトに告げます。 しかし、襲撃によってソウル・トランスレーターの電源を一時的に切断されたキリトは、さらに重篤なダメージを受けてしまうのでした。 配信サイト:、ほか 『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』あらすじ アドミニストレータとの戦いから半年。 生まれ故郷のルーリッドに戻ったアリスは、言葉を失い、身体もほとんど動かせなくなってしまったキリトの世話をしながら暮らしていました。 一度は整合騎士団長・ベルクーリ(声:諏訪部順一)のもとで騎士団再建に助力しようとしていたアリス。 しかし、事情を知らない団員からのキリトへの風当たりは強く、彼の身の安全を考え、騎士団を抜ける決心をしたのでした。 アリスの故郷での記憶は失われたまま。 かつて禁忌を破った身であることもあり、じつの父親にも歓迎されません。 そんな中、ついにダークテリトリーによる人界への襲撃が始まります。 ゴブリンたちによって真っ先に狙われたルーリッドの村。 圧倒的な力でこれを退けるアリスですが、このままではいられないことを悟り、キリトを連れて整合騎士たちのもとへ戻ります。 一方の現実世界では、ラースと襲撃者の研究施設内での攻防が続いていました。 メインコントロール・ルームを襲撃者に明け渡し、安全なサブコントロール・ルームへと退避した菊岡やアスナたち。 菊岡は、襲撃者の目的がアリシゼーション計画の成果物であるAIだろうと推察します。 ですが、ラースも襲撃者も、アリスのAIを現実世界側から入手することは装置の構造上不可能だと知ります。 アリスのAIを手に入れるには、アンダーワールド側の協力者が、アリスをダークテリトリーの最果てにあるワールドエンド・オールターまで連れていく必要があります。 人界に全面戦争を仕掛け、これに乗じてアリスを拉致する計画を立てます。 同じころ、キリトを助けたいアスナもまた、人界側のスーパーアカウントを用いたアンダーワールドへのログインを決意したのでした。 かくして始まった人界軍とダークテリトリー軍の全面戦争。 人界軍の戦力は3000人、対してダークテリトリー軍はゴブリンやオークに獣人、暗黒術師や拳闘士といった人族によるギルドとさまざまな種族を合わせて50000。 人界側には圧倒的に分の悪い戦いとなるも、一騎当千の戦闘力を誇るアリスたち整合騎士の活躍もあって序盤のうちはなんとか善戦します。 しかしアンダーワールドの住人をゲームの駒程度にしか思っていないガブリエルは、自軍の兵士を生け贄にし、強力な魔術を発動するなど、非道な手を尽くして人界軍を追い詰めます。 ベルクーリやアリスたちに、現実世界とアンダーワールドとの関係や、この戦いの鍵を握るのがアリス自身であることを伝えます。 戦いはさらなる混迷を極めていきます。 ガブリエルたちはアンダーワールドをハッキング、「過激なオンラインゲームが遊べる」と偽って、米国のゲームプレイヤーを誘導することに成功。 数万人のプレイヤーを暗黒騎士としてダークテリトリー軍に加勢させます。 大勢を得たガブリエルたちは混乱に乗じてアリスを捕らえ、彼女を連れてワールドエンド・オールターへと向かいます。 それを追うアスナ。 シノンとリーファもスーパーアカウントを使って人界軍に加勢。 米国のプレイヤーたちに対抗するため、リズベットたちもまた、ALOのプレイヤーたちにこの戦いに加勢してくれるよう働きかけます。 ……と、物語は非常に複雑な情勢を描いているのですが、図にしてまとめてみました。 『SAO』の集大成となる、壮大な戦いの結末を見届けよう! ここまでかなり駆け足で『ソードアート・オンライン』シリーズのあらすじを振り返ってきました。 しかし、大河ドラマ顔負けの壮大なボリュームで描かれる近未来SFである本作の魅力は、まだまだ伝え切れていません。 戦闘シーンの鬼気迫る描写にも定評がある作品なので、文字で読むのと実際に観るのとてで印象はまったく異なるはず。 これを機にさらに本作の魅力に気づく方が増えたらうれしいです! 『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』最終章(2ndクール) 2020年7月11日(土)24:00よりTOKYO MX・ABEMAほかにて放送・配信開始! 放送情報• TOKYO MX:2020年7月11日(土)より 毎週土曜24:00~• BS11:2020年7月11日(土)より 毎週土曜24:00~• とちぎテレビ:2020年7月11日(土)より 毎週土曜24:00~• 群馬テレビ:2020年7月11日(土)より 毎週土曜24:00~• MBS:2020年7月11日(土)より 毎週土曜26:08~• テレビ愛知:2020年7月11日(土)より 毎週火曜25:35~• dアニメストア/niconico(ニコニコ生放送/ニコニコチャンネル)/Amazon/NETFLIX/PlayStation Videoほかで配信予定.

次の