ドロップダウンリスト 削除。 重複しないリストをドロップダウンリストに表示する(入力規則):Excelの基本操作

ドロップダウンリスト コンテンツ コントロールの使い方:Word(ワード)2010基本講座

ドロップダウンリスト 削除

まずはドロップダウンリストを作ること自体はできたね! ドロップダウンリストの選択肢の編集 新しくドロップダウンリストを挿入できたら、リストの選択肢の設定を行います。 ドロップダウンリストを選択した状態で、「開発」タブの「コントロール」にある「プロパティ」をクリックします。 「ドロップダウンリストのプロパティ」の「追加」をクリックしましょう。 「選択肢の追加」が表示されるので、リストに追加したい内容を「表示名」に入力し「OK」ボタンをクリックします。 (値は自動的に同じ内容が設定されます) 入力した内容がプロパティに追加されるので、選択肢となる内容を同じ手順ですべて追加し、「OK」ボタンをクリックしましょう。 挿入したドロップダウンリストの選択肢に設定した内容が反映されます。 また、選択肢を選択した状態で「変更」「削除」「上」「下」をクリックすることで、選択肢の編集が可能です。 マウスが上にくるか、選択するまでは通常の色のままだよ! 選択後にドロップダウンリストを削除する 選択肢を選んだ後、ドロップダウンリストが不要になるのであれば自動的に削除することができます。 その場合は「コンテンツの編集時にコンテンツコントロールを削除する」にチェックをいれればOKです。 設定後、ドロップダウンリストから選択肢を選ぶと、ドロップダウンリストが削除されて、通常の文字として選択肢だけが残ります。 ドロップダウンリストのロックの設定 ドロップダウンリストの設定は、「ロック」にまつわる制御も可能です。 コンテンツ コントールの削除不可:ドロップダウンリストが削除不可に• コンテンツの編集不可:ドロップダウンリストの内容を変更不可に 選択できないとドロップダウンリストの意味がないので、「コンテンツの編集不可」にはチェックを入れない方がよいでしょう。 また、勝手に削除されないよう「コンテンツコントロールの削除不可」にはチェックを入れておくのがおすすめです。

次の

重複しないリストをドロップダウンリストに表示する(入力規則):Excelの基本操作

ドロップダウンリスト 削除

Excelでドロップダウンリストを設定(追加・削除)する それではさっそく、Excelのドロップダウンリストを設定してみましょう! ドロップダウンリストを設定(作成)する まずは、Excelで ドロップダウンリストを設定(作成)してみましょう! ドロップダウンリストに追加したいリストを先に作成します。 別のシート・同じシートの空いているセルなど、どこでもOKです。 ここではsheet1にドロップダウンリストを設定し、「sheet2」のB列に都道府県のリストを作りました。 次に、ドロップダウンリストを設定したいセルを選択します。 複数のセルに適用する場合は、複数セルを選択してください。 ここではsheet1にあるC2セルをドロップダウンリストにします。 「データ」タブにある「データの入力規則」をクリックします。 上図は折りたたまれている状態ですが、全画面表示にすると、「データの入力規則」はこのようなアイコンになります。 「入力値の種類」を「リスト」を選択します。 「元の値」のテキストボックスをクリックしてカーソルをいれます。 ここで事前に作成していたリストの「sheet2」をクリックし、ドロップダウンに設定したいデータのセル範囲をドラッグして選択します。 「元の値」にデータ参照が自動的に表示されます。 最後に「OK」ボタンをおします。 これでドロップダウンリストが設定されました。 sheet1を開き、ドロップダウンリストをクリックすると、事前に設定した都道府県のリスト項目が選択できるようになりましたね。 ドロップダウンリストに項目を追加する ドロップダウンリストを作成したけれど、あとから ドロップダウンリストに項目を追加したい場合もあります。 ドロップダウンリストに項目を追加する場合は、ドロップダウンリストが参照している元データに項目を追加するだけです。 ただし、ちょっとコツがあります。 一番最後の行に追加してもドロップダウンリストには反映されないので、途中にわりこませます。 これがドロップダウンリストが参照している元データですが、ここに項目を追加する場合、途中に1行追加してそこに項目を入力します。 この方法だと、ドロップダウンリストの設定を変更しなくても自動的にドロップダウンリストの参照元が広がって参照できるようになります。 並び順を変えたい場合、このリスト内で並び替えればドロップダウンリストがおかしくなることはありません。 ここでは49行目を切り取って48行目に貼り付けました。 追加した行が最後になりました。 ドロップダウンリストも最後に追加されましたね。 これでドロップダウンリストに項目を追加することができました。 ドロップダウンリストから項目を削除する ドロップダウンリストを作成後に、あとから ドロップダウンリストから項目を削除したい場合もあります。 ドロップダウンリストから項目を削除する場合は、ドロップダウンリストが参照している元データから項目を削除するだけです。 元データから不要な行を削除します。 するとドロップダウンリストから項目が削除されました。 このように、Excelでドロップダウンリストはかんたんに設定できます。 あとから項目を追加したり削除することもできるので、ぜひ使ってみてください! Officeヘルプ: Officeヘルプ: 以上、Excelのドロップダウンリストを設定(追加・削除)する方法でした。

次の

ワードのドロップダウンリストの設定・編集方法

ドロップダウンリスト 削除

ドロップダウンリスト コンテンツ コントロールの使い方:Word ワード 2010基本講座• ドロップダウンリスト コンテンツ コントロールの使い方 スポンサードリンク ドロップダウンリスト コンテンツ コントロールの挿入方法• 開発タブを利用しますので、表示されていない方は をご覧ください。 操作手順• ドロップダウンリスト コンテンツ コントロールを設置したい箇所にカーソルを表示します。 [開発]タブの[コントロール]グループにある[ドロップダウンリスト コンテンツ コントロール]を実行します。 ドロップダウンリスト コンテンツ コントロールが設置されました。 まだ、ドロップダウンリスト内は空ですので、 次項のプロパティで設定が必要です。 デザインを設定する• ドロップダウンリスト コンテンツ コントロールを選択します。 [開発]タブの[コントロール]グループにある[デザインモード]を実行します。 「アイテムを選択してください。 」が選択状態になります。 「年代を選択」とキーボードから入力しました。 デザインモードを解除すると、下図のように変わりました。 プロパティを設定する• 詳細な設定を行います。 ドロップダウンリスト コンテンツ コントロールを選択します。 [開発]タブの[コントロール]グループにある[プロパティ]を実行します。 プロパティ ダイアログでタイトルやタグなどの設定ができます。 「コンテンツ コントロールの削除不可」の設定も可能です• ドロップダウンリストの設定を行います。 「アイテムを選択してください」を選択して、[変更]ボタンをクリックします。 表示名に「20歳未満」 値に「20」と入力し[OK]ボタンをクリックしました。 [追加]ボタンをクリックします。 表示名に「40歳未満」 値に「40」と入力し[OK]ボタンをクリックします。 [追加]ボタンをクリックして、[60歳未満]、[60歳以上]も追加しました。 ドロップダウンリストに登録した表示名と値が設定されました。 ドロップダウンリスト コンテンツ コントロールでドロップダウンリストからの選択ができるようになりました。 なお、ドロップダウンリストはコンボボックスと異なり、リスト以外の文字列を入力することはできません。 コンボボックス コンテンツ コントロールを削除する• プロパティでコンテンツ コントロールの削除不可に設定している時は、この設定を解除します。 タイトル部分をクリックしてコンテンツコントロールを選択し、[Delete]キーで削除します。 または、コンテンツ コントロールを右クリックして、「コンテンツ コントロールの削除」を実行します。 関連ページ• スポンサードリンク |||ドロップダウンリスト コンテンツ コントロールの使い方.

次の