身に覚えのないdアカウントのセキュリティコード通知。 ドコモ、「身に覚えのないdアカウントのセキュリティコードの通知」で注意呼び掛け

ドコモの回線をお持ちでないお客様向けのdアカウント再発行について

身に覚えのないdアカウントのセキュリティコード通知

【補足項目】2段階認証とは? 最初に2段階認証についてお話しておきます(不要な方は次項へお進み下さい)。 2段階認証とは従来のIDとパスワードによる認証に加えて、信頼できる端末での認証を加えたものになります。 といってもよく分からないですよね。 dアカウントの場合、信頼できる端末とは「契約した回線を使ってのログイン」ということになります。 つまりiPhoneをドコモと契約していた場合、Wi-Fi経由ではなくドコモ回線からのログインが確認できれば信頼できる端末だと確認できるというわけですね。 ところがPCのブラウザからのログインの場合や、そもそもdアカウントではなくApple IDなどのログインの場合には、その確認をすることができません。 そこで予め「これが信頼できる端末ですよ」ということで、携帯電話の電話番号を使ったSMS(ショートメール)を利用することが多いんですよね。 携帯のSMSならば携帯にしか届きません。 なので安全性が増す、という仕組みです。 dアカウントの2段階認証が未設定の場合は、ログインIDとパスワードが漏れてしまうと誰でもログインできてしまいます。 2段階認証を設定しておくと、「今まで使ったことがない端末からのログイン」があった場合にSMSにセキュリティコードが届きます(使ったことがある端末でも届くことはあります)。 正式なログインであればセキュリティコードを入力することで本人確認ができログインすることができますが、例えばIDとパスワードを知っただけの第三者の場合には、セキュリティコードを知ることができないためログインすることができません。 これが2段階認証の仕組みになります。 dアカウントの2段階認証を設定する 今回のようにSMSでの通知が来れば「不正にログインされようとしている」のが分かるのですが、2段階認証をしていない場合には本人の知らないところで勝手にログインされてしまうことになり、不正利用される可能性が出てきます。 2段階認証を設定する場合にはいくつかの方法があるのですが、私がおすすめするのは「dアカウント設定App」からの設定です。 「dアカウント設定App」「My docomo App」はたくさんのドコモアプリの中でも、ぜひともiPhoneに入れておきたいものになります。 なぜかというと、ブラウザからのアクセスの場合、不正なURLを踏んでしまいそもそも正しいログイン画面ではない可能性があるからです。 なので「ドコモへのアクセスをアプリ経由にする」という習慣をつけることで、不正なURLを経由する確率を下げることができるようになります。 まぁあとは簡単だから、というのもありますが(笑)。 どうしてもブラウザから行いたい方は、Safariを立ち上げブックマークから「My docomo(お客様サポート」をタップ。 Wi-Fiを切った状態で左上のハンバーガーメニュー(横三本線のアイコン)から「2段階認証について」をタップすると、以下の説明に似た画面にいくことができそこから設定を行うことができます。 というわけで今回は「dアカウント設定App」を使って説明していきますね。 dアカウント設定Appをインストールしていない方は、App Storeからダウンロードして設定しておいて下さい。 同アプリはdアカウントログインの生体認証(Touch IDやFace ID)にも対応しているのでなかなか優秀なアプリです。 dアカウント設定Appを立ち上げると次の画面になります。 2番目のセキュリティをタップしてみましょう。 dアカウントのログイン画面の後、セキュリティのページになりますので「2段階認証の設定・変更」をタップしましょう。 「2段階認証設定」をタップします。 この画面で2段階認証の設定を行うことが可能です。 「2段階認証の設定」は強と弱の2種類が選択できますが、強にしておく方がよさそうです。 「2段階認証の確認方法」はアプリ操作でOKです。 ただしブラウザなどを経由した場合は、セキュリティコードの入力が求められます。 設定ができたら「上記内容に変更する」をタップして終了しましょう。 これで2段階認証の設定は完了です。 dアカウントのログイン履歴を確認する 2段階認証の設定ができていて冒頭に書いたように「見覚えのないログインでセキュリティコードが届いた」ときの対処方法としては• ログイン履歴を確認する• ID・パスワードを変更する のふたつを行う必要があります。 まずはログイン履歴を見ていきましょう。 dアカウント設定Appのトップから「セキュリティ」>「利用履歴の確認」へと進みましょう。 直近のdアカウントの利用履歴が表示されます。 利用履歴にはキャリアメールなども含まれていますが、こちらはある程度まとまって表示されます。 「ドコモメール」をタップすることで詳細を確認することもできます。 dアカウントのパスワードの変更を行う 今度はID・パスワードの変更を行います。 今回はパスワードの設定を見ていきましょう(IDの変更も基本的には同じです)。 dアカウント設定Appのトップ画面から「dアカウント設定」をタップします。 続いて「パスワードの変更」をタップしましょう。 すると画面のような注意事項が表示されます。 これはID・パスワードを変更した場合にはメールのプロファイルを再インストールが必要になるということを言っています。 ドコモさんに尋ねたのですがこれはどうしようもないことらしいので、どうしても消えたら困るものは転送処理などして保存しておくといいですね(私の場合は消えませんでしたが)。 OKを押して次の画面に移ります。 現在のパスワードと新しいパスワードを入力します。 パスワードは英字、数字などを組み合わせて複雑なものにしておきましょうね。 ただし忘れてしまうと困るので、必ずメモを取っておきましょう。 終わったら画面下の「設定する」をタップします。 次の画面が表示されると変更が完了となります。 メールでパスワードの変更通知が送られてきますので、こちらも確認しておきます。 逆にいえば変更した覚えがないのに、このメールが届いたときはかなり危険だといえそうです。 ドコモメールのプロファイルを再インストールする 最後にドコモメールのプロファイルの再インストールを行います。 当然ですがキャリアメールを利用していない方は必要ありません。 プロファイルは上書きではなく「削除>インストール」の手順がよいそうです。 私はうっかり上書きしてしまいましたが、ドコモさんによるとゴミが残る可能性があるそうなのでちゃんとさくじょしてから行いましょう。 削除するには設定Appから「一般>プロファイル」へ進みます。 「iPhone利用設定ver. xxx」という項目がありますのでタップし「プロファイルを削除」をタップするとプロファイルの削除ができます。 ここからはWi-Fiを切りドコモ回線にしておくことでログインしなくてもOKになります。 My docomoのページから「設定(メール等)」をタップします。 次の画面を下にスクロールしていくと「iPhoneドコモメール利用設定」という項目があります。 タップすると項目が開きますので「ドコモメール利用設定サイト」をタップします。 ネットワーク暗証番号(ドコモと契約するときに設定したものです)を入れ「次へ進む」をタップするとプロファイルのダウンロードが行えます。 プロファイルのダウンロードが終わったら、インストールに移ります。 設定Appを開くとトップに「プロファイルがダウンロードされました」と表示があります。 それをタップしましょう。 プロファイルの詳細が表示されますので右上の「インストール」をタップすると、プロファイルののインストールが完了します。 念のため「送信元:ドコモメール、送信先:ドコモメール」でメールを送ってみて送受信の確認をしておきましょう。 ちゃんと届けば完了です。 いらないものは消しておいてOKです。 まとめ 2段階認証をしておくことで、不正アクセスのほとんどは防ぐことができます。 ですが、もし見覚えのないログインの通知がきた場合には、必ずID、パスワードの変更をしておくことをおすすめします。 dアカウントに限らず2段階認証ができるものは、全て設定しておくといざというときでも安心ですね。

次の

身に覚えのないdアカウントのセキュリティコード通知に注意

身に覚えのないdアカウントのセキュリティコード通知

カテゴリがわからないため、間違っていましたら申し訳ございません。 3ヶ月前に下記のようなメールが送られてきました。 また、コード通知の送信に使われている電話番号は全て違うものです。 SMSが送られて来る電話番号はログイン用の電話番号として使用していましたが現在は解除しています。 ログインIDとしては使えないはずなのに上記のようなSMS・電話があり気味が悪いです。 身に覚えのないセキュリティコードが届いた段階でパスワードの変更・強化・2段階認証などはしております。 どのような状態の時にSMSが送られて来るのでしょうか。 1回だけであれば無視したのですが、複数回ですのでとても心配です。 通知をこなくするような方法がございましたらご教授ください。 よろしくお願いいたします。 二段階認証が無効であれば、セキュリティーコードが求められるのは Microsoft アカウントのプライバシー情報やセキュリティー情報、支払い方法の確認・変更をしようとした場合ですね。 なので自分でそのようなことを行っていないのであれば、パスワード認証は突破されている可能性があります。 パスワードを変更しても同様に身に覚えのないセキュリティー コードの送信が続くのであれば、PC 自体にバックドアがあるなどしてパスワードを継続的に盗み取られている可能性もありますね。 PC をネットワークから隔離した上で、初期化(再インストール、リカバリー)した方が良いかもしれません。 またルーターなどのセキュリティー設定(管理者パスワードなど)も見直しましょう。

次の

ドコモから身に覚えのないセキュリティコードが届く

身に覚えのないdアカウントのセキュリティコード通知

身に覚えがない「dアカウントでログインした方に送信しています」とか「セキュリティコード」などのログイン通知メッセージを受け取った方はいませんか? 2018年の秋。 愚かにもdアカウントのパスワードを使い回していたデジタルキーパー株式会社の代表は、不正アクセスされたあげく 不正ログインされましたが、二段階認証のおかげで助かりました。 セブンペイの事故も二段階認証を導入していれば防げたと言われています。 その経緯を代表の恐い体験談と共に詳しく解説します。 となります。 「二段階認証」まだ未設定の方はすぐに設定しましょう。 当ブログでは二段階認証の仕組みや方法についても詳しく解説しています。 「二段階認証のおかげで助かった! ~当社代表者の「恥ずかしく怖い体験」~ 1. 2018年夏「ドコモオンラインショップの不正購入事件」の後、ドコモが「緊急対策」を発信しました 当ブログの運営者のデジタルキーパー株式会社を起業をした代表者自ら「恥をしのんで」皆さまのご参考のために失敗談をお話しします。 2018年の夏、「 ドコモのdアカウントが不正に使用されて、ドコモオンラインショップのコンビニ受け取りを悪用した不正購入事件」が大きく報道されました。 その直後ドコモは 大急ぎで二段階認証の認証方法を整備し、ユーザーに強く設定するよう告知をしました。 私のところにも以下のメッセージが来ました ドコモからのお知らせ 不正なアクセス対策としての「2段階認証」ご利用のお願い2018年8月14日 平素は弊社商品・サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。 外部からの不正なログインにより、お客様のdアカウントが使用され、不正に取得したdアカウントを使い、ドコモオンラインショップにて商品を購入する事象が確認されております。 ドコモでは、お客様のdアカウントを不正に利用できないよう「2段階認証」をご用意しており、この認証機能を利用することで第三者による不正ログインを防止することができます。 是非、「2段階認証」をご利用いただきますよう、お願い申し上げます。 【2段階認証とは?】 2段階認証とは「dアカウント/パスワード」による認証に加え、お客様ご自身の端末に送信されるセキュリティコードによる認証が追加となります。 これにより、セキュリティコードが届かない第三者による不正ログインを防止することができます。 【適切なパスワードの設定と管理のお願い】 ・他社サービスとは違うパスワードを設定する。 ・パスワードは定期的に変更し、過去に使用したものは極力使用しない。 ・第三者が容易に推測できるパスワードを使用しない。 ・パスワードを適切に管理し、第三者に見られないようにする。 弊社は今後もお客さまへの一層のサービス向上に取り組んでまいりますので、何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 賢明にも、私はすぐに二段階認証を設定した。 しかし、、、 私はドコモからの告知を見て、不正アクセス対策としてすぐにdアカウントに二段階認証を設定しました。 これが後になって 「たいへん賢明」だったとわかりました。 もしもこれをやっていなかったら、大きな被害を受けているところでした。 ところが、せっかくすぐに対応したのに、 「dアカウントのパスワードは、外出先でも使うから、新しいパスワードを覚えるのはめんどうだ」 と変更せず、 今まで使っていたパスワードを使い続けてしまいました。 まさに魔が差したとしかいいようがありません。 しかも、今となってはあきれてしまいますが、うっかり のです。 完全に私の初歩的なミスでした。 「」 という私の致命的なミスにより不正アクセスと不正ログインを許しておきながら「 二段階認証のおかげで救われた」 のです。 まとめ: 二段階認証さえしておけば不正ログインは完全に防げます! 二段階認証とは究極の安全策、本当に重要です。 対応しているサイトは必ず設定しておきましょう 以上の私の体験談の通り、二段階認証とは、 仮に「IDとパスワード」が流出しても、不正利用 アカウントの乗っ取りによる不正ログイン を避けることができる究極の認証方法です。 たったこれだけのことで、損害や余計な手続から救われます。 また大切なアカウントを継承する「デジタル終活~デジタル遺産とデジタル遺品の確実な継承」ためにも大切なアカウントは必ず二段階認証で守りましょう。 これであなたも継承する方にとってもデジタル資産が不正使用から守られるのです。 事実、Googleをはじめとする重要なサービスを提供している事業者は次々と二段階認証を採用しています。 また2019年7月5日にトップニュースとなったセブンペイの事故は、システムが二段階認証に対応していれば防げたはずです。 逆を言えば「 大切な情報や資産決済を扱うサービスにもかかわらず二段階認証を採用していないものは使うべきではない」と言いきっても良いと思います。 月々わずか167円 年会費2000円 で、一般的な終活だけでなく、「どなたにも今すぐ必要なデジタル終活」もできてしまう、新しいオンラインサービスです。 Digital Keeperでまず「大切なスマホやパソコンのデジタル終活」を5分で実現しましょう。 そしてDigital Keeperがお届けする情報を参考にご自身にあった終活や「デジタルキーピング~デジタルの安全と安心」を進めましょう。 詳細は下記バナーからどうぞ! 新しいウィンドウでご覧いただけます。

次の