ジャガイモ ナス 科。 【緊急】アレルギー体質の人がトマト・ピーマン・ナスを食べないほうが良い理由判明! | バズプラスニュース

野菜の科・属別一覧

ジャガイモ ナス 科

スポンサーリンク 植物は大きくいくつかの「科」に分類されます。 野菜はナス科、アブラナ科、ウリ科などが多くあり、 「科」によって特性が似ていたり、 かかりやすい病害虫が共通しています。 ナスはもちろんナス科です。 ナス科の野菜は他にもトマト、ピーマン、ジャガイモがあります。 ナスはインド原産で、強い太陽光と高温を好む野菜です。 一年中暑い熱帯では、季節を選ばず花をつけます。 ナス科植物は一定の葉の数ごとに花を咲かせ、 実をつける性質を備えています。 日本のように四季のあるようなところでは 暑い時期に実がなるようなタイミングで、 苗を作り、樹を大きく育てなければ、うまく実がつきません。 日本で春に植え付ける野菜にナス科野菜が多いのはこのためです。 また、ナス科野菜の共通の病気に 青枯病という土壌伝染性病害があります。 収穫目前にして、急激にしおれ、枯れてしまう厄介な病気です。 いったん青枯病が発生すると、 しばらくその土では、 ナスはもちろんナス科野菜も作れません。

次の

乾癬とジャガイモ

ジャガイモ ナス 科

ニジュウヤホシテントウ(テントウムシダマシ)の被害 浅草のほおずき市で買ったほおずき、順調に大きくなってきたなーと見ていたら、一部の葉に虫食いらしい跡が…。 網の目状に葉が食べられています。 葉脈だけ残されていますね。 この時点で虫の姿は確認できなかったのですが、葉を触ってみるとニジュウヤホシテントウがポロっと落ちてきました。 なんじゃこりゃ!!背中の黒斑は全部で28個あります。 ニジュウヤホシテントウはテントウムシダマシと呼ばれていますが、普通にナナホシテントウとは見分けがつきますよね。 それに、テントウムシ科の昆虫なので、「ダマシ」という名が付くのもなんだか違うような気もします…。 ナナホシテントウなどは肉食。 アブラムシやハダニなど園芸植物・野菜にとって有害な虫を食べてくれるので益虫です。 対して、 ニジュウヤホシテントウは草食。 ナス科植物の葉を食べるので、害虫とされています。 ニジュウヤホシテントウに食べられた葉の裏はこんな感じです。 今回は1匹だけだったのと、早期発見できたので被害は大したことありませんでした。 多発すると葉の光合成を阻害して、植物に大きなダメージを与えそうです。 ニジュウヤホシテントウ(テントウムシダマシ)の卵 ニジュウヤホシテントウを捕殺したあと、一応周辺の葉を調べてみたら卵がありました。 まず間違いなくニジュウヤホシテントウの卵だと思われます。 ほおずきには元気に育ってほしいので、卵も駆除しました。 ニジュウヤホシテントウ(テントウムシダマシ)の駆除・対策 ニジュウヤホシテントウは大発生してしまうと、植物に大きなダメージを与えます。 そのため、 1 匹でも発見し次第速やかに駆除するのをおすすめします。 成虫を見つけたら、周辺に卵がないかもチェックしましょう。 今のところ、他の病害虫の被害は出ていません。 普段の病害虫対策は、自作の酢スプレーのみです。 酢スプレーの作り方や効果はこちら。 これだけでアブラムシやハダニなどはほぼほぼ防げています。 話をニジュウヤホシテントウに戻します。 今回のように被害規模が小さい場合は、手で捕殺するのが一番簡単で適切な方法だと思います。 ただし、大発生してしまった場合一つひとつ取り除くわけにはいきませんよね。 こちらの本、病害虫の写真や情報量が豊富でとってもわかりやすいんです!病害虫対策の本はたくさん販売されていますが、私が見た中では一番わかりやすいです。 ニジュウヤホシテントウの幼虫の写真も載っているので、気になる方はぜひ。 画像をクリックするとAmazonに飛べます。 まず、ナスやジャガイモに効果的なのは「ベニカベジフル乳剤」。 トマトに向いているのは「スミチオン乳剤」。 もっと気軽に対策したい人は、スプレータイプのこちらの薬剤もおすすめです。 全てAmazonで購入できます。 まとめ ナス科の厄介な害虫、ニジュウヤホシテントウ。 網目状になっている葉を発見したら、やつの存在を疑いましょう。 付近を探せば、成虫や幼虫、はたまた卵があるかもしれません。

次の

次のうち、ピーマンの仲間、ナス科はどれ?ジャガイモ,ニンジン,レンコン【お天気検定】 答え 依田司

ジャガイモ ナス 科

連作障害の出やすい野菜は、あけるべき期間が長くなります。 例えば、トマトやナス、ピーマスなどのナス科の野菜に関して言えば、 5年以上、同じ土地で栽培しないほうが良いとされています。 連作障害が出るものの、それほど出やすくはない、ネギやレタス、 ほうれん草などに関しては、1年間は同じ土地で栽培しないほうが良いとされます。 この目安のことを輪作年限といいますが、同じ科の野菜であっても、 輪作年限が異なる場合もあるため、充分に注意して管理する必要があります。 例えば、ウリ科の野菜を例にとって説明すると、 カボチャは、連作障害が極めて少ないと言われる野菜であるものの、 キュウリや、スイカに関しては連作障害が出やすいとされています。 スポンサーリンク 同じウリ科の野菜ではありますが、キュウリの場合には2年間、 スイカの場合は、5年以上の期間を開けなければ、同じ土地で栽培ができません。 輪作年限の目安は、連作障害が少ないもの、1年はあけるべきもの、 2年はあけるべきもの、3年はあけるべきもの、5年以上あけるべきもの に大きく区分されます。 さまざまな野菜の輪作年限を知った上で、家庭菜園の土地を分割化し、 組み合わせて行くと良いかと思います。 特に、家庭に並べやすいレタスや、トマトなどの野菜、 輪作年限の長い、ナスやピーマンなどの野菜など、毎年作りたいもの、 作るのに制限のかかるものより、畑を埋めていくと、管理がしやすいです。 また、これからの計画は先に5年分ほどを準備しておき、 それをメモとして残し、それに沿った栽培をしてみてください。

次の