デロイト 年収。 コンサル業界の年収ランキング、2位はデロイトトーマツ 1位は……

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの中途採用事情~年収、就労環境など~

デロイト 年収

ヒューマンデザイン研究所では、大手企業の実態について迫る調査を実施している。 今回のテーマは外資会計系コンサルティングファームのデロイトトーマツコンサルティング合同会社(Deloitte Tohmatsu Consulting:DTC)である。 今回は、デロイトトーマツコンサルティング DTC 元社員3名に個別にヒアリングを行い、個々の意見を箇条書きにしてまとめている。 転職希望者や新卒の就職活動生に役立つ情報提供となれば幸いである。 自分の周りでは平均で22時前後の退社であったように感じる。 そのため、平日に趣味に割く時間などなく、仕事に消えると思っておいた方が良い。 朝の10時~夜の22時の平日12時間+週末の持ち帰り仕事が標準。 というか、デロイトトーマツコンサルティングに勤務していた数年間において、気が休まる期間はインターバル期間のみであったといっても過言ではない。 土日も仕事の持ち帰り、翌週の準備が多く、完全に仕事を忘れられることは基本的にない。 これらを勤務期間でざっくり平均を取ると退社時間が22時くらいかといった印象。 更に厳しい時には、 ほぼ徹夜を4日連続のときもあった。 コンサルティングというビジネスモデル上、クライアントファーストであるため、なかなかバランスを調整することは難しい。 お金がもらえる修行の場として捉えなければ精神的にやってられない。 シニアコンサルタント以上からは業務量が増える分、週末を潰すことも増える。 もちろん給料も上がるが人間的生活を送りたいと何度も思ってしまう。 30歳で年収1,000万円に到達できれば十分勝ち組。 逆に、到達できなければ、数年後に退職を検討すべきという社風。 しかし、コンサルタントに昇格すると残業代はでないのでモチベーションが下がる。 戦略系コンサルティングファームよりは低く、その他のファームよりは高いといった感じ。 同じ会計系のPwCやKPMGよりも年収は低いが、EYよりは高いと思う。 また、 年収を総労働時間で割ると、非常に小額な時給となるため、絶対計算してはいけない。 同業他社との差別化が難しく、また大量採用しているためアウトプットの質が下がっていると強く感じる。 価格競争が激しくなれば、高給を維持することは難しいであろう。 デジタルソリューション、人事、M&Aアドバイザリー、ファイナンシャルアドバイザリー、法律相談までと非常に幅広い。 ビッグデータやAI、RPA、人事にしてもHRテックなどなど。 常にソリューションを変えていく経営体制が強み(人の入れ替わりが激しい企業ということでもあるが・・・)。 (SIerが提供するソリューションとの違いが無くなってきており、システム系プロジェクトへのアサインを嫌がる人も多く、経営コンサルティングファームとして入社することが妥当とは言えない)。 それが今では規模が拡大し、元デロイトというブランドにキャリア上の希少価値はほとんどない。 急速に規模を拡大するために、大量採用を行った結果、論理的思考力のない語学馬鹿や口だけ達者な若手が増えた印象。 このような人材の集まりで、クライアントから高い料金を貰っていることが情けなくなることもしばしばあった。 元デロイト社員が転職市場に溢れかえっており、元アクセンチュア社員に貴重価値がないのと同じような状態に陥っている。 つまり、特に飛びぬけた強みがないということ。 戦略系の案件も戦略系ファームに取られ、システム開発系はSIerのアウトプットに比べぱっとしない。 逆に考えてば、その立ち位置が強みとも考えられるが、働く側からするとキャリア形成上つまらない。 デロイトトーマツのブランド力が落ちているとも感じる。 評価にも不透明であり、優秀な社員が辞めていっている印象がある。 急な休日出勤で旅行の予定が何度も潰れたときには、自分は何のために働いているのだろうと考えてしまった。 そして、自分もその一人。 定年が65歳まで伸びる中、30代で精神を壊してはいけないと思い、退社を決意した。 やはり、コンサルティングファームとは、短期間勤める修行の場。 30代後半、40代で勤められる会社ではない。 そして、一度システムの色がキャリアに付くと、またシステム案件にアサインされる悪循環が続く。 ここにギャップを感じて辞めていく人が中途・新卒共に多い。 プールという制度があり、様々な領域のコンサルティングに触れることができるが、会社都合で人材不足のユニットに多くの人材を突っ込める都合のよい制度である(主にシステム開発やRPAとった経営コンサルティングとはほど遠いユニットへの配属が多い)。 長年に渡り、業績に貢献してきたビジネスマンでも企業から簡単に切り捨てられる時代であり、30代、40代、50代と高齢になるほど転職市場価値は下がる一方です。 本ヒューマンデザイン総合研究所では、 を作成しました。 結論から伝えると、リーマンショックや東日本大震災、コロナショックといった大恐慌でも、業績が悪化しにくい企業のリスト。 言い換えれば、です。 「あなた自身の幸せ」や「あなたの大切な家族の幸せ」を守れる人はあなたしかいないのです。 企業リストの詳細情報は、上記画像からご確認下さい。

次の

デロイト トーマツ コンサルティング(経営コンサルタント職)の年収・初任給・給与制度

デロイト 年収

2005年慶應義塾大学 経済学部 卒業 慶応義塾大学経済学部を2005年に卒業していました。 斎藤祐馬さんと言えば 公認会計士の資格をお持ちです。 当時、公認会計士の合格者数が一番多いのが、慶應の経済学部でしたが、公認会計士は学校の授業だけでは難しく、 普通はダブルスクールで専門学校にも通うそうです。 それを知った斎藤祐馬さんはお母様に相談。 「うちの家計じゃとても無理」と言われてしまったそうです。 当時の斎藤祐馬さんのご家庭は、お父様が旅行会社を興して数年だったため、それほど家計に余裕はありませんでした。 しかし、斎藤祐馬さんは諦めきれずに調べ、 奨学金制度を発見。 将来は公認会計士になってベンチャー支援をしたいとプレゼンテーションして、なんとか奨学金をもらえることになったそうです!! この時からプレゼンの才能を発揮していたんですね! 斎藤祐馬さんが公認会計士の資格を取るまでの道のり 公認会計士の試験は難しく、当時の合格率は8%前後でした。 ただ、この公認会計士という資格、資格試験にたどりつくまでが大変だそう。 慶應義塾大学の学生さんはTACという専門学校でダブルスクールする人が多いのですが、2年間脱落せずに願書を出すところまでたどり着けるのはなんと約半分!! つまり、 志望者全体でいうと、公認会計士になれるのは 4%の世界! 斎藤祐馬さんは3年生のときから受け始めて、 3年、4年と不合格。 1年浪人しても、それでも不合格だったそうです… 公認会計士になるのって何と狭き門なのでしょうか… 奨学金も3回目までで終わってしまい、斎藤祐馬さんの中もやりきったというか、もうこれ以上勉強したくないという思いがあったようです。 …そりゃそうですよね><めげる気持ちもわかります… また、ご両親と3回で受からなければ諦めるという約束をしていたので、就職活動を開始したそうです。 公認会計士を諦め就職活動へシフト 公認会計士の試験に3回落ち、就職活動にシフトした斎藤祐馬さん。 順調に就職活動を進め、コンサルティング会社をはじめいくつか内定をいただいていたそうです。 そんなある日、お母様から呼ばれて預金通帳を渡されます。 なんと、 お母様が新聞配達で貯めたへそくりを渡してくれて、 もう1年頑張ってみればと後押ししてくれたそうです!! めちゃめちゃ素敵なご家族…!! お母様の想いを受けて、斎藤祐馬さんは 「あと1年だけ真剣にやってみよう」と決意します。 それまでも1日に最低10時間勉強していたのですが、最後の年はトイレ、ご飯、お風呂と睡眠を除けばすべて勉強! 食事も本を片手に暗記しながら食べるというくらいに勉強漬けの日々を送ったそうです。 4度目の挑戦で公認会計士の試験に合格 試験を受けた後は、また落ちたと思い、発表を見に行く足も重たかったようです。 前年までは待ちきれなくて朝9時に発表を見に行ったのですが、4年目は自信がなかったので、11時前にやっと家を出て駅に向かったそう。 すると、知らない番号から電話が突然かかってきて「斎藤さんですか。 合格おめでとうございます」と言われたそうです! 話を聞いてみると、なんと監査法人からのリクルーティングの電話でした。 斎藤祐馬さんはこの電話で自身の合格を知り、事態を呑み込めた瞬間、ホームで泣き崩れたそうです。 そりゃ泣くわな… お母様の想いに応えることができ、最大の親孝行ができたのではないでしょうか。 斎藤祐馬の年収は? 見事、公認会計士の試験に合格した斎藤祐馬さんは、現在、デロイトトーマツベンチャーサポート株式会社の代表取締役社長を務めています。 気になる年収は、一体いくらくらいなのでしょうか。 中途採用の在籍3~5年で年収800万円以上は固いよう。 細かい金額まではわかりませんでしたが、 代表取締役社長ともなれば、1,000万円は確実に超えるのではないでしょうか。 斎藤祐馬の経歴 ここまで、斎藤祐馬さん学歴と年収について見てきました。 今に至るまで、どのような 経歴を持っているのか、また、 公認会計士になるきっかけはそもそも何だったのかも気になります。 ここからは、斎藤祐馬さんの経歴と、公認会計士を目指すことになったきっかけ、デロイトトーマツベンチャーサポート代表取締役社長に就任するまでの経緯を書いていきます! 斎藤祐馬さんのが大学卒業から経歴がこちら。 2005年 慶應義塾大学経済学部卒業 2006年 監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人トーマツ)入社 2010年 トーマツ ベンチャーサポート株式会社(現 デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社)の事業立ち上げに参画 2011年 公認会計士登録 2012年 トーマツ ベンチャーサポート株式会社 事業開発部長 2015年 トーマツ ベンチャーサポート株式会社 事業統括本部長 2019年 デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社 代表取締役社長 トーマツ一筋で勤めてこられた方でした。 いろんな会社を転々とするより、初志貫徹の人柄なのかなと感じますね。 ここからは、斎藤祐馬さんが公認会計士を目指したきっかけを見ていきましょう。 斎藤祐馬が公認会計士を目指したきっかけ 斎藤祐馬さんは 中学生の時、お父様が脱サラして旅行会社を起業しています。 お父様が事業を軌道に乗せるのに苦労している姿を見て、もし事業が失敗すれば、「自分は学校に行けなくなるんじゃないか」と お金の不安を感じたそう。 仕事自体は苦労が多かったようですが、勤めていた頃と違って、生き生きとした表情のお父様の様子を見た斎藤祐馬少年。 やりたいことがある人がやりたいことを仕事にして、きちんと生きていける世の中になればいいのになと思うようになり、ベンチャーの「参謀」になりたいという気持ちが膨らんだそうです。 つまり、お父様のような 起業家を助ける仕事をしたいと思ったわけです。 起業家を助けたい=公認会計士となった経緯 当時の斎藤祐馬さんはキャリア志向が強く、いい学校に入って大企業に就職しようと思っていました。 しかし、 高校受験に失敗。 すべり止めの高校に行くことになり、ふてくされていたそう。 入学時はトップテンに入っていた成績がみるみるうちに落ちていき、400番台になってしまいます。 さすがに将来が心配になってきて、図書館にいって職業に関する本を片っ端から読んでいく中で、 公認会計士の本と出会い、ベンチャー経営者をサポートして世の中を変えていく人の話が載っていたそうです。 それが中学生のころに感じていたこととつながって、 「そうか、公認会計士か!!」と心に決めました。 斎藤祐馬さんは、自分が前に出て目立ちたいというより、周りの人を喜ばせたい性格の持ち主。 参謀役が自分にはぴったりだ!と感じたのでしょうね。 斎藤祐馬さんが監査法人トーマツに入ってから経緯 なぜ斎藤祐馬さんは、数ある監査法人の中からトーマツを選んだのでしょうか。 もちろん、監査法人の業界でベンチャーといえばトーマツですが、最大の理由は、「ベンチャー企業が株式公開するときの支援で圧倒的にトップだったから」です。 入社してからの仕事は2つ。 1つは、会計士としての仕事。 そしてもう1つは、 リクルーティングの現場責任者。 前年の採用でトーマツがあまり人気がなかったらしく、今年は若いやつに任せてみようということで大抜擢されました。 大企業なのに、1年目から責任者をやらせてもらえたことに驚いたのですが、斎藤祐馬さん曰く、 大企業だとやりたいことができないという話をよく聞きますが、そんなことはありません。 ベンチャー経営者がプレゼンをして投資家からお金を投資してもらうのと同じで、サラリーマンも上司にプレゼンをして納得させればいい。 上司は、起業家にとっての株主と同じ。 やりたいことができないのは、自分のプレゼンのレベルが低いからだと考えなければいけません。 入社1年目にしてこの考え方はすごいですよね。 普通だったら、先輩にサポートしてもらいながら仕事を覚えるタイミングだと思うのですが、やはり、上に上がっていく人っていうのは、ベースの考え方の時点で頭一個上にあるのではないでしょうか。 もともとやりたかったベンチャー支援はできたのか 起業家を助ける仕事がしたいという志で、トーマツに入社した斎藤祐馬さんでしたが、こちらの仕事はいきなりはできなかったそうです。 というのも、監査法人がベンチャー企業をサポートするのは事業が軌道に乗って、2年後くらいに株式公開しますという時期から。 一方、斎藤祐馬さんがやりたかったのは、ベンチャーの立ち上げ当初もっとも苦しい時期。 会社からしたら、利益を出すために事業だから当たり前と言えば当たり前ですよね。 上司にプレゼンしても無理だったそう。 そこで最初は 本業と別に、平日の夜や週末を使ってベンチャーの経営者と個人的に会うところから始めました。 最初はどこにベンチャーの経営者がいるのかもわからなかったので異業種交流会に申し込みいろんな人に片っ端から会ったそうです。 また、個別にゆっくり時間は取れなかったので、 飲み会やイベントを主催。 若手経営者にフットサル愛好家が多いと聞いて、フットサル大会を開催し、出会いの輪を広げていきます。 本業以外の活動に精を出していて、会社から睨まれないのか心配なところですが、幸い当時の斎藤祐馬さんのボスが理解のある方だったそう。 2010年トーマツベンチャーサポート(TVS)立ち上げ TVSの立ち上げまでの4年半、色々といじめられながらも活動を続けてきたおかげで、社内で 「ベンチャーのネットワーク=斎藤祐馬」という社内でのブランドが確立し、立ち上げに参画します。 TVSではベンチャー経営者と大企業とのマッチングの場を提供。 それが、現在起業家の登竜門と呼ばれている 「モーニングピッチ」というイベントです。 モーニングピッチは、ベンチャーが大企業に対してプレゼンするイベントで、いいプレゼンができれば、大企業と提携したり、メディアに取り上げられたり、お金が集まったりします。 2013年4月から始まったこのイベントは現在も続いていて、大企業も150社が参加するようなイベントになりました。 これまでに登壇したベンチャーは約800社。 その中から10数社が株式公開を果たしています。 TVSを立ち上げて2年後の2012年、大手新聞に取り上げられてから、社内の人も「認めて応援しよう」という空気になり、当初は斎藤祐馬さん一人だったメンバーはこの頃から増え始め、現在は150人になりました。 斎藤祐馬の年齢 写真で拝見する限り、とてもお若いように見える斎藤祐馬さんですが、年齢は一体いくつなのでしょうか。 調査の結果、1983年生まれで、年齢は2020年で 36歳でした。 ということは、 モーニングピッチを立ち上げた2010年は26歳!! 36歳でも十分すごいですが、26歳にしてイベントを立ち上げ、きちんと結果を出している。 大企業内30代社長300人創出計画を掲げ、 2017年日経ビジネス次代を創る100人に選出されています。 斎藤祐馬は結婚している? 斎藤祐馬さんは 結婚しており、お子さんもいらっしゃいます。 平社員の頃は、30万円の月収の半分を、ベンチャー起業家と出会うための費用に充てていたため家計に余裕が無く、結婚後もしばらく夫婦2人で1Kの家に住んでいたとのこと。 お子さんが生まれてからお引越しされたそうです。 斎藤祐馬のTwitter 斎藤祐馬さんはTwitterのアカウント( jashleeyum)をお持ちです。 人を4つのタイプに分けると、 どうにも響かない不燃型、周りにインスパイアされて動く可燃型、自ら動けるが周りを巻き込むのが弱い自燃型、そして、周りを巻き込める着火型。 起業家やリーダーは着火型。 Willで周りのCanを集めることで社会を変えていく。 — 斎藤祐馬 jashleeyum 起業家や経営者に向けた、熱いツイートがたくさん。 有益な情報をシェアしていただけるので、フォローすることをおススメします! 斎藤祐馬の本 斎藤祐馬さんは「一生を賭ける仕事の見つけ方」という本を書かれています。 一生をかけるが「賭ける」になっているのが味噌ですね。 「一生を賭ける仕事の見つけ方」の内容 一体どんな内容が書かれているのでしょうか。 「今の自分は、なりたかった自分なのか」 20代。 仲間もカネも実績もなし。 それでもたった1人、逆風のなか始めた「ベンチャー支援」を、100人超の仲間と数千社を巻き込む日本一のプラットフォームに! 起業家の登竜門「モーニングピッチ」発起人が初めて明かす「思い」と「仕事」をつなぐ5つのステップとは。 自分の人生を、「本気」で生きる。 そのための究極の方法が、ここにある。 キャリア形成に悩んでいる方や、ベンチャーの起業を志す人のみならず、大企業で新規事業を手掛けている方々や人生何をやっていくか迷っている学生さんなど自分の使命感や熱量から仕事をしたいと強く願っている人たち全般に有益な良書です。 まとめ 若くしてデロイトトーマツベンチャーサポート代表取締役社長まで登り詰めた斎藤祐馬さん。 特別に秀でた才能の持ち主というより、ひたすら地道に積み上げる努力の人だということが分かりました。 今後の活躍も目が離せません!.

次の

モニターデロイトへの転職【プロが口コミ・年収などを徹底調査】

デロイト 年収

給与制度の特徴として、基本給に年2回の賞与が付きます。 初任給は600万円弱と初年度から全国平均の約1. 初任給は高水準であることが分かりますが、ファームによって年次毎の年収上昇率は異なるため、初任給の差がそのまま平均年収の差に繋がるわけではありません。 なお10年次以降の年収に関しては、昇進のスピードやパフォーマンスによって大きく異なるため参考値として上記のグラフに載せています。 そのため、社員教育にも力を入れており実際のプロジェクトを通じたOJTの他に、研修等のOFF-JTを豊富に揃えており教育制度は非常に充実しています。 各種社会保険完備• 企業年金• 退職金• 出張日当• 通勤手当• 総合福祉団体定期保険• 財形貯蓄制度• 定期健康診断• 保養施設利用補助• そのため、転職を繰り返して職位を上げていくうちに70%程度の方は、 30歳程度でいずれかのファームで年収1000万に到達するようです。 マネージャー以降は、更に評価が厳しくなるためコンサルティングファームから事業会社へ転職する方も増えてきます。 デロイト トーマツ コンサルティング(経営コンサルタント職)について、更に詳しく デロイト トーマツ コンサルティングや他の総合系コンサルティングファームについてさらに研究したい方は、こちらも是非参考にしてみてください。 【関連企業の年収・初任給・給与制度】• 【関連コミュニティ】• 【関連コラム】• 【選考体験記】• デロイトトーマツコンサルティングの研究• このカテゴリーに関する他の記事•

次の