サガン 鳥栖 マスク。 鳥栖ユニホームマスク寄付、経営危機も地域貢献継続

赤字20億円のサガン鳥栖さん、クラウドファンディングと牛乳販売に活路か!

サガン 鳥栖 マスク

サガン鳥栖のウィントス 写真提供:GettyImages 10日、サガン鳥栖は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、洗えるマスクを販売することを発表した。 鳥栖の発表によると、洗えるマスクは3種類でマスコット500枚、ターコイズ700枚、ホワイトが300枚だという。 マスクは12日の11時に同クラブオンラインショップで販売し、価格は500円とのこと。 そして、販売と加え、ファン・サポーターがマスクを作る「歴代記念配布ユニフォームでマスクをつくろう企画を実施するようだ。 クラブが申込者にユニフォーム素材と作成手順例を送り、ファン・サポーター自身でマスクを作る企画だという。 鳥栖は企画の実施にあたり、公式サイトで以下のコメントを掲載している。 サガン鳥栖 「いつも熱いご声援ありがとうございます。 いま、新型コロナウイルス COVID-19 の影響により、世界中がこれまで経験したことのない困難と闘っています。 日本国内での感染者数が増え、鳥栖市、佐賀県、九州におきましても非常に緊張した日々が続いています。 サガン鳥栖は、サッカーを通して皆様に元気や勇気をお届け出来ないもどかしさを日々感じておりますが、こういう時だからこそ皆様と一緒になってこの困難に打ち克つために出来る事を実施していきます。 まず、はじめに「歴代記念配布ユニフォームでマスクをつくろう」企画を実施いたします。 これまで駅前不動産スタジアムで着用した歴代の記念ユニフォームを再利用し、皆様に手作りマスクを作成し、是非ご活用いただきたいと思っております。 また、「サガン鳥栖洗えるマスク」につきましては販売とさせていただきます。 サガン鳥栖は、今後の状況を踏まえつつ「人づくり、まちづくり、夢づくり」という理念のもとに皆様と前進し続けます。 We will never walk alone. またスタジアムで会える日は必ず来ます。 共に乗り越えましょう。 」 新型コロナウイルスの影響で明治安田生命Jリーグは5月27日までの全ての試合を延期し、再開は未定となっている。 一刻も早い終息を願うばかりだ。

次の

【鳥栖】サポーター3000人、歴代記念配布ユニホームでマスク 佐賀未来創造基金に贈呈(佐賀新聞)

サガン 鳥栖 マスク

サッカー・J1サガン鳥栖は12日、全国のサポーター3千人が、歴代の記念配布ユニホームで作ったマスク約5500枚を佐賀市の公益財団法人「佐賀未来創造基金」に贈った。 未来創造基金が子どもの居場所やマスク不足の地域・団体に寄付する。 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、サガン鳥栖が保管していた17種類の記念配布ユニホームを再利用し、役立ててもらおうと企画した。 4月初旬に参加者を募って、ユニホームと作成手順を配布。 各家庭や県内の企業が手作りし、サガン鳥栖に送り返した。 届いたマスクは、チームのエンブレムを口元に配したデザインや、大人用・子ども用など丁寧に作られており、「子どもと一緒にマスク作りを楽しみました」などのメッセージが添えられたものもあった。 佐賀市唐人の「まちなかオフィスTOJIN館」であった贈呈式で、運営会社サガン・ドリームスの竹原稔社長は「ソーシャルディスタンスがいわれている中、いろんな人の優しさがつながり、気持ちが一つになれた。 マスクが必要な人に役立ててほしい」と話した。 受け取った未来創造基金の山田健一郎代表理事は「カラフルなデザインで、着用すれば明るい気分になれる。 子どもたちや必要な方に届けます」と約束した。

次の

鳥栖が歴代ユニホーム生地でマスク作り 寄付も可能

サガン 鳥栖 マスク

新型コロナウイルスの影響でJリーグが中断に入り、まもなく2カ月がたつ。 入場料収入という大きな柱を失い、厳しい財務状況と向き合いながらも、各クラブは「今できること」を模索し、実行に移している。 サガン鳥栖の「歴代ユニホームでマスク製作」、湘南ベルマーレの「オンラインスカウト活動」など、SNSの普及もあり、各クラブがオリジナリティーある施策に取り組む。 試合どころか、練習もできない逆境の中、サポーターのため、地域のため、医療従事者のため、今もJクラブは必死に活動している。 ホームの記念試合で来場者に配布してきた、歴代の特別仕様ユニホーム(15種類)の生地を再利用してオリジナルマスクを作るという試みで、公式サイトを通じ「私たちに今できること。 みんなで『愛する人を守るために』行動しましょう」と呼びかけている。 申し込むと、ユニホームと作成手順例が同封で送られてくる。 26日の締め切りで、すでに約500件の申し込みがあった。 また、今回の手作りマスクは寄付も可能で、鳥栖が引き取った上で、公益財団法人「佐賀未来創造基金」を通じて、子ども食堂や学童保育施設、マスク不足の地域や団体などに届けられるという。 クラブの事業部担当者は「コロナの影響で大変になっている中、マスク不足もありますし、役に立てることが何かないかと考えている時に、ユニホームの在庫がありましたので。 こういう困難な時期に使っていただこうと思った」と、企画意図を説明した。 【菊川光一】• photo• サッカー 横浜天野に第1子誕生「感謝。 子育て頑張ります!」 []• J1 [6月25日 12:42]• サッカー [6月25日 10:10]• サッカー [6月25日 9:00]• コラム [6月25日 8:56]• サッカー [6月25日 8:56]• J3 [6月25日 8:56]• J2 [6月24日 23:51]• J1 [6月24日 20:38]• J1 [6月24日 18:52]• サッカー [6月24日 18:45]• 日本代表 「やる価値はある」女子W杯招致の再立候補にも意欲 []• 日本代表 [6月22日 20:20]• 日本代表 [6月22日 20:13]• 日本代表 [6月22日 20:06]• 日本代表 [6月18日 19:33]• 日本代表 [6月18日 19:25]• 日本代表 [6月18日 6:30]• 日本代表 [6月16日 20:38]• 日本代表 [6月13日 18:47]• 日本代表 [6月10日 16:00]• 日本代表 [6月6日 16:00]• J1 横浜天野に第1子誕生「感謝。 子育て頑張ります!」 []• J1 [6月25日 12:42]• サッカー [6月25日 9:00]• J1 [6月24日 20:38]• J1 [6月24日 18:52]• J1 [6月24日 18:44]• J1 [6月24日 18:12]• J1 [6月24日 17:51]• J1 [6月24日 17:24]• J1 [6月24日 15:54]• J1 [6月24日 13:43]• J2 日向坂46影山優佳「いよいよ」Jリーグ再開語った []• サッカー [6月25日 9:00]• J2 [6月24日 23:51]• J2 [6月24日 18:28]• J2 [6月24日 17:58]• J2 [6月24日 11:13]• J2 [6月21日 16:30]• J2 [6月21日 13:35]• J2 [6月21日 10:00]• J2 [6月20日 21:34]• J2 [6月20日 18:32]• サッカー [6月25日 9:00]• J3 [6月25日 8:56]• J3 [6月23日 14:04]• J3 [6月20日 18:33]• J3 [6月19日 17:36]• J3 [6月16日 13:07]• J3 [6月16日 13:07]• J1 [6月13日 19:19]• J3 [6月12日 17:47]• サッカー [6月9日 20:45]•

次の