五等分の花嫁 キス。 【五等分の花嫁】5年後に風太郎の花嫁になるのは誰!?結婚式シーンの疑問?花嫁大予想!!

一花「三玖とキスしたってホント?」 : 五等分の花嫁 SS

五等分の花嫁 キス

『五等分の花嫁』キスは誰とした?鐘が祝福した相手とは? 『五等分の花嫁』のストーリー内で、家族旅行で訪れた旅館から帰ろうとしていたときに、鐘の下で五姉妹の誰かが風太郎とキスをしているシーンがありますね。 五姉妹全員が五月姿でしたので、風太郎とキスした相手は誰なのか?という点が気になります。 なお、キスした際には、2人を祝福するかのように鐘が鳴っていました。 また、 風太郎は花嫁を意識したのはキスシーンのようですので、キスシーンは非常に重要なシーンになってきます。 それでは以下より、5姉妹別に考察をしていきたいと思います。 その直後、鐘の下でキスシーンが描かれていますので、さっそく一花が積極的に動いたという考えですね。 そして、旅館のシーンで四葉とのやりとりもあって、 気持ちが高ぶってキスをしたと考察することができそうですね。 しかしこれには、トランプをして遊んでいた零奈が一花だったからといって、 既に当時から好きだったかまではわからない点や、これをもってキスしたとまでは言いきれないという反論ができそうですね。 キスした子の表情 一花肯定説の3つ目は、キスした子は少し悲しげで、 今までずっと好きな気持ちを我慢してきたような表情をしていた点です。 三玖に気を使って、好きな気持ちをオープンにできなかった一花なら、この表情をしていてもおかしくありません。 一花否定説 展開が早すぎる 一花否定説としては、三玖の応援をしていた一花が、早くもキスしてしまうのは、 展開が早すぎると考えられる点です。 仮に昔から好きだったとしても、キスした時期はまだブラック一花さんになる前ですので、この時点でキスという大胆な行動に出るのは、少し違和感があると考察することができそうですね。 一花がマルオを止めてくれなかったことで、危機感や焦りを感じ、 風太郎への気持ちが爆発してキスにまで至ったと考えられます。 キスした際に、思いつめたような表情をしていたのは、「旅館で会いたかった…」という気持ちが出ていたのかもしれません。 二乃否定説 二乃は五月の姿で行動しても効果が見込めないと思っている 二乃否定説としては、 五月の姿で行動しても効果が見込めないと二乃は思っていたので、五月の姿でキスするとは考えにくい点が挙げられますね。 しかしこれには、五月の姿で行動しても効果が見込めないと思っていたとしても、 それを上回るまでに気持ちが高ぶってキスをしたという肯定説側からの反論ができるかもしれませんね。 キスの相手は三玖 みく ㊌大儀 三玖㊽ — 五等分の花嫁【公式】 5Hanayome 三玖肯定説 見抜いてもらった高揚感のままキス 三玖肯定説の1つ目は、三玖は五月に変装していたときに風太郎に見抜いてもらい、 そのまま気持ちが高ぶってキスに至ったと考えられる点です。 しかしこれには、 否定説1つ目の見解から反論ができそうですので、三玖肯定説の1つ目は少し苦しいような気がします。 三玖の手の動き 三玖肯定説の2つ目は、キスした子の 手の動きが三玖のような動きをしていた点です。 五月に変装しているとはいえ、普段のクセ・動き・しぐさは体に染み付いているため、これがキスシーンでも露呈していたと言えます。 三玖否定説 旅館で見抜いてもらった直後 三玖否定説の1つ目は、 三玖は風太郎に見抜いてもらったばかりなのに、その直後にキスするとは考えにくい点が挙げられます。 風太郎に見抜いてほしかった三玖としては、見事に見抜いてもらえたことで、その気持ちが満たされていると言えます。 キスした子は思いつめるような表情をしていましたので、三玖がこの表情をするとは考えにくい気がします。 キスシーンで風太郎は三玖を見抜いていない 三玖否定説の2つ目は、旅館で風太郎が三玖を見抜いたのに、キスシーンでは見抜いていない点です。 旅館で見抜いたからには、鐘の下でキスしたときも見抜けるはずでは?と考えることもできるかもしれません。 仮にそうだと考えると、 見抜いていないということは、キスの相手は三玖ではないと考察できそうです。 しかしこの点は、旅館では 風太郎が雰囲気で見抜いただけであって、普段も見抜けるとは限らないという反論ができます。 そうすると、「キスの相手を風太郎が見抜いていないから、キスの相手が三玖ではない」とは言いきれず、因果関係が明確でないという反論ができます。 一歩引いている普段の行動 三玖否定説の3つ目は、三玖は積極的かつ情熱的に自分からアタックするというよりも、一歩引いてアピールするようなところがあるので、 キスという大胆な行動を取れるのか?という疑問が挙げられる点です。 しかしこれには、不発に終わりましたが、かつて三玖は風太郎に告白したこともあるほど、 積極的に行動したこともあるという反論ができそうですね。 Advertisement キスの相手は四葉 よつば ㊍頑張った 四葉51 — 五等分の花嫁【公式】 5Hanayome 四葉肯定説 自分も負けていられない 四葉肯定説の1つ目は、四葉は一花に対して「したいことしてほしい」と旅館で言っており、 自分も負けずに行動しようと思ったからキスしたと考えられる点です。 今がチャンス 四葉肯定説の2つ目は、京都で会っていた零奈が四葉だったことから、実は昔から四葉は風太郎のことが好きだったと考えられる点です。 四葉は普段、姉に気を使ってアピールできていない可能性がありますが、全員が五月姿なら風太郎も見抜けないはずと考え、 今がチャンスと考えたのでしょう。 そうして、好機を逃さずにキスしたと考察することができそうですね。 キスした子の表情 四葉肯定説の3つ目は、一花肯定説の3つ目と同じ視点ですが、キスした子は少し悲しげで、 今までずっと好きな気持ちを我慢してきたような表情をしていた点です。 姉に気を使って、好きな気持ちをオープンにできなかった可能性がある四葉なら、この表情をしていてもおかしくありません。 実は四葉は積極的に動ける 四葉肯定説の4つ目は、風太郎のほっぺにキスするシーンや、膝枕をして好きと言ったシーンなどからわかるように、 実は四葉は積極的に動ける人物である点が挙げられます。 しかしこれには、あくまでもほっぺにキスしたことや膝枕をして好きと言ったことがあるだけであって、鐘の下でキスしたとは限らず、 因果関係がないという反論ができますね。 四葉否定説 姉に気を使ったまま 四葉否定説の1つ目は、四葉は積極的にアピールできずに姉に気を使っている印象ですので、キスをしたとは考えにくい点です。 これはたとえ全員が五月姿だとしても 気を使ったままのパターンということになりますね。 四葉が風太郎を好きかわからない段階だった 四葉否定説の2つ目は、 四葉が風太郎を好きかわからない段階ですので、この時点でキスした相手が四葉だとは考えにくい点を挙げていました。 【NEW】その後、 四葉は風太郎を好きだったことが明らかになりましたので、四葉否定説の2つ目は根拠としては消滅したと言えるでしょう。 キスの相手は五月 いつき ㊎月 五月㊱ — 五等分の花嫁【公式】 5Hanayome 五月肯定説 今がチャンス 五月肯定説の1つ目は、 実は五月は風太郎のことが昔からずっと好きで、チャンスを伺っていたパターンです。 仮にそうだとすると、この時点で五月は好きという気持ちをオープンにしていませんので、いきなり行動するのもハードルが高い気がします。 そこで、 他の姉が自分に変装している今がチャンスと考えて、キスしたと考察することができそうですね。 キスしたときの思いつめていた表情は、「今までずっと好きだったんですよ…」という気持ちが出ていたと考えられそうです。 普段素直になれない一面がある五月なら、姉が自分に変装している状況をうまく使ってキスすることもありえそうな気がしてきます。 追加話のため? 五月肯定説の2つ目は、五月が好きな気持ちをオープンにしていないからこそ、先に鐘の下でキスシーンを描いておいて、「実はあのときから好きだったんですよ!」という 追加話をしやすくするためという、メタ的な考察もできるかもしれません。 五月否定説 五月が風太郎を好きかわからない段階 五月否定説としては、 五月が風太郎を好きかわからない段階ですので、この時点でキスした相手が五月だとは考えにくい点ですね。 キスするからには、それなりに気持ちが高ぶっている必要があります。 ところが、その様子が伺えない五月がキスするのは違和感があると考えられます。 しかしこれには、 実は今まで好きな気持ちを隠していただけという反論ができそうですね。 68話で「あったとしても言えないから隠し事」と言っていた五月の言動とも整合性が取れます。 Advertisement 関連する記事• 2020. 27 アニメ「五等分の花嫁」ゲームアプリ化!パズルゲーム『五等分の花嫁 五つ子ちゃんはパズルを五等分できない。 』制作決定! 配信日 リリース日 ・ゲーム内容[…]• 2019. 『進撃の巨[…]• 2019. 20 『五等分の花嫁』の未来の結婚相手 花嫁 は、誰エンドなのか?誰と結婚するのか?という点について、肯定説・否定説に分けた考察ポイントを挙げた上で、投票画[…]• 2019. 21 アニメ『五等分の花嫁』より、アニメ公式ツイッターフォロワー20万人突破記念の第二弾として、描き起こしイラスト企画が登場!五つ子のSDキャラが描き起こさ[…]• 2020. 19 アニメ『五等分の花嫁』2期の制作会社はバイブリーアニメーションスタジオと発表されました。 そこで本稿では、アニメ『五等分の花嫁』2期の制作会社・バイブ[…]• 2019. 2019. 05 『五等分の花嫁』より、五つ子の次女・中野二乃 なかのにの のかわいいシーンや声優などをまとめています。 また、プロフィールや恋の展開なども含めて、二乃[…].

次の

五等分の花嫁の結婚相手が確定!最後の結末を最終回ネタバレとして紹介!|ワンピースネタバレ漫画考察

五等分の花嫁 キス

結婚式、当日 今回はCカラーです。 この画像は卒業式に撮ったものだと思います。 一花は旅行も兼ねての仕事で海外に行っていたようですが、五月の口ぶりから女優としてかなり有名になっているようです。 五月は夢だった先生になったようで、一花の英語のイントネーションの誤りを指摘しています。 二人は二乃と三玖が待っている場所に、そのまま車で向かいます。 看板に「なかの」とあるお店に、一花と五月は入っていきます。 アメリカの気取ったカフェに行っている人の口に合うかしら、と二乃が一花に皮肉を言っていると、三玖は二乃が一花のインスタを見張っている事をバラします。 一花が自分のインスタで二乃と三玖のお店を紹介しようとすると、三玖はもう少しだけ自分たちの力だけでやってみたいと、一花の申し出を断ります。 じっとしていられなくて、うちから自転車で走ってきたと言い、四葉は全身汗だくです。 そして一花、二乃、三玖、四葉はニヤニヤしながら、四葉に母親の形見のピアスを見せて覚悟するように言います。 四葉も覚悟できているようで、その場でピアス用の穴を開けて、肩身のピアスを着けます。 一方で三玖たちは諸々の準備があるそうで、会場に向かいます。 スタッフに新婦の姉妹は来ていないかと尋ねると、早いうちから既に来ていると言われます。 そこに新婦の親族が到着したとスタッフから言われ、五つ子たちがついたのかと風太郎は話しかけますが、ついたのは五つ子たちの父親、マルオでした。 マルオをお父さんと風太郎は呼びますが、相変わらず君にお父さんと呼ばれる筋合いはないと言われてしまいます。 風太郎ははい、と即答し、さらに僕も同じくと二人とも心から喜んでいる事を伝えます。 それを聞いたマルオはワインを風太郎に注いでもらいます。 風太郎の父親の勇也が二乃と三玖に空き店舗を貸したのも、半分は二乃と三玖を助けるため、そして半分は母親の夢を託すためだったかもしれないと、風太郎はマルオに言います。 そして一人の女性を一生かけて愛する、俺は…、そんな男になりたい、二人の父のように、と風太郎は言います。 マルオは父と呼ばれることに慣れていないと言い、照れ隠しにかワインを風太郎が注いでくれたワインを口にします。 その後、一人残されたマルオの所に勇也がきて、俺らも老けたもんだなとマルオに言います。 風太郎は四葉に他の姉妹四人が来ている事を伝えて、何を企んでんだか、恋構成の頃から変わっちゃいねぇ、問題児だらけだ、と言います。 四葉から私も含めてと質問され、風太郎はお前が一番問題児だと返します。 が、その光景を見て、まだ俺は夢を見てるのか?と風太郎は呟きます。 センターカラーで卒業式が描かれて後、お話は五年後の結婚式の当日から始まります。 五人全員が二乃と三玖のお店に集まり、それぞれの近況の話で盛り上がります。 そして、四葉が母親の形見のピアスをつける所で、場面は披露宴会場にかわります。 披露宴会場では風太郎とマルオが、新郎と新婦の父の会話をしつつ、風太郎の母親の夢や、その夢を二乃と三玖が託された形になった事を話します。 そして、最後に風太郎が四葉の所に行くと、五つ子たち五人が集まっていて五つ子ゲーム ファイナルが始まります。 愛があれば見分けられるよね、と五つ子から言われますが、風太郎は四葉を見分けられるでしょうか。 そして、次号は最終回でカラーは特大10ページ、本編も30ページに増量だそうです。 他にも、TVアニメ2期情報や、連載後もまだまだ続くマル秘企画など、超盛りだくさんの新情報があるそうです。 121話 五分の一の確率。 五つ子ゲームファイナル。 遂に来ましたね。 読者からすると予想通りの展開ではありますが、風太郎目線で言えばココでやるのか?!って感じですよね。 最終話では一人ひとり見分けて、最後に四葉の名前呼びそうな予想(四葉当てるのは最早予定調和なので)。 さて、色々なフラグですが、割とサラっと2,3コマで回収していきましたね(ピアスの理由や上杉家の借金問題)。 あとは細かいのだとビンタの件(もう無さそう)と五月への話(零奈の件ならわずかながらありそう)位で、大きいのだと鐘キスと京都の件の答え合わせ辺りでしょうか。 そして応募者全員着せ替えカバー・・・・・・欲しいけど電子書籍で単行本は買ってたからどうしようか迷う・・・・・。 いっそ14巻だけ買うか、落ち着いた頃に全巻本で揃えるか・・・。 最後に、四葉おめでとおおおおおおおおお!(前話までまだ諦めきれなかった) 花嫁姿の五つ子ゲーム、愛があれば見分けられる、ほぼ予想通りでした。 式の最中にやるかと思っていたのが披露宴前の控室だったのは外れましたがwww 来週は四葉を見分けるのに、風太郎がそれまでの四葉との思い出を辿っていく展開となり、その過程でいくつかの伏線が回収されるかもですね。 連載終了後の㊙企画は、これまでの「一花」の場合、みたいに四葉以外の姉妹の高校卒業から結婚式までのスピンアウトをやってほしいです。 エイプリルフール企画だった「マジカルらいは」ならビッグサプライズですがwww 二乃と三玖の店は、美人姉妹のカフェというだけで十分に繁盛しそう。 周りが放っておかないでしょう。 で、三玖は相変わらず一花の影武者をやっている、って芸能界デビューしてるじゃん。 はー、来週で終わりか・・・・.

次の

【五等分の花嫁】104話ネタバレ!風太郎が二乃ともキス!

五等分の花嫁 キス

122話 五等分の花嫁より 今話で鐘キスしたのはだと判明しましたが、併せて鐘キスに至るまでの経緯で次のことが判明しました。 その後は三玖の応援に回る姿勢を見せていたことからも、何か自分の気持ちに区切りを付けるために自発的に動いたとも思ったわけですが、単純に郎が皆から遅れたことがきっかけでした。 その後「おーい」と誓いの鐘が見える場所から叫ぶのだから、らいははそこから動かなかったようです。 躊躇するの背中を押したのは五月だった 「ややこしい」という理由で五月姿のまま郎を迎えに行くことに躊躇する・・その背中を押したのは花嫁スピーチにもあったとおり五月でした。 ここで五月が間に介在したとは思ってもみませんでした。 このやりとりのポイントはがなぜ「見に行って・・」とまで言ったのかだと思います。 少し遅れているぐらいなら遠くから呼べばいいわけなので、その言葉を聞いた五月は「郎と二人きりになりたいのかな」と思ったのかもしれませんね。 だから「気付いてくれるはずです」という言葉を使ったのでしょう。 ちなみに郎が見分けられることを前提に言葉をかけたのは、その前に場を設定し郎が三玖を見分けたことを知っていたからでしょうか。 背中を押した後はさっさと帰り道を急ぐとは考えにくいので、おそらく五月もらいはのそばにいて様子を見ていたんじゃないかなと思います。 もしかしたら一花も!? 最後は郎への恋心に気付いた五月でしたが、この時はを応援したい気持ちが強かったのは間違いなし。 本来の五月に戻る零奈モードではなく母を真似る通常モードだったのでモヤモヤ感もなかったのでしょう。 鐘キスは偶然の事故?それとも故意? 今話を見ると五月の言葉がきっかけとなり「自分と気付いて欲しい」という気持ちが膨らんだのは間違いないでしょう。 何も言葉を発しなかったのはそのため・・そもそも遅れている郎を迎えに行くだけならあそこまで郎に近づく必要はないわけですからね。 そしてすべりやすい場所だったことから足を取られ偶然キスすることになった・・ キスに至ったのは偶然だったのか?それとも故意だったのか?と問われれば偶然の事故だったのでしょう。 ただ郎に目をつぶってあそこまで接近していること、そしてキスした後に驚きの表情を見せていない様子からは「気付いて欲しい」だけではなくキスしたい気持ちも心の中にあったように思えます。 キスしたい理由はこの時一花、二乃、三玖で郎争奪戦の様相を示していたのだから、本心では嫉妬や焦り、建前では姉妹のために郎への気持ちに区切りを付けようとしたなど色々考えられます。 単純に「思い出作り」ということもあるでしょうね。 そして単に「気付いて欲しい」だけではなかったと思うもう一つの理由は「郎が鐘キスをどう捉えていたか」です。 72話「学級長の噂」では鐘キス時の顔を思い浮かべて「あそこまで真剣な気持ちを前ほど馬鹿にする気もおきないな」と語りました。 「あれは事故だった」と断定するのではなくわざわざ「考えている」という言葉を使っているのを見ると本意じゃないがそう考えざるを得ないと整理しているように見えます。 もしかしたらその後の「誰も選ばない」という答えにもつながっているのかもですね。 今話を見る限り、鐘キスはだと確証を得られてはいなかったようで「彼女を特別に感じたのは・・あの瞬間から」は今話でから真相を聞かされた後の言葉と解釈できます。 ただ後付けの言葉だったとしても全く見当がついていなかったのなら「あの瞬間から特別に感じた」なんて思い返すでしょうか!?「やっぱりな」と思っていないとこんな言葉は出てこないでしょう。 最低でも願望を込めて「だったよな」とは思っていたように思います。 好きな人から偶発的にでもキスされたのだから意識するのは当たり前だし、そうであって欲しいという願望もあったと思いますが、72話や102話の郎を見ると、事故とは思えない何か真剣な気持ちを鐘キス後の顔を見て感じたのだと思います。 京都の子については触れられず 122話 五等分の花嫁より 結婚披露宴後の「郎には伝えたいことがもっとたくさんあるんだ」とが切り出した中にそのことも含まれるという事でしょうが、最後まで郎は京都の子が誰か気付いているかについては明確に触れることはありませんでした。 ここは一見読者の想像に任せたようにも見えますが、鐘キスと違い郎が気付く、もしくは気付いていると思われる描写はこれまでたくさんしてきていますので「もうわかるでしょ」というのが先生の本音なのだと思います。 つまり鐘キスと違い京都の子は今更書くまでもないという考えです。 また高校で出会って以降のに惹かれ選んだ訳で過去のことは関係ないから描写は不要だったとの意見もあるでしょうが、よくよく考えると高校で出会って以降のはずっと過去のことに囚われており、そんなを郎は好きになったわけです。 読者は当時、「5人の中から誰を選ぶのだろう」と思って読んでいましたが、その後の描写を見る限り、郎の選択肢は「誰も選ばない」か「を選ぶ」の二択だったわけです。 つまり他の姉妹と接したことは決断に関係していないという事。 学園祭中に休憩所づくりの椅子運びを手伝ってもらっていましたが、そんなので今更決断が変わるわけもなし。 郎が「を選ぶ」に変わったのは竹林さんの登場が大きかったのは間違いないでしょう。 過去の象徴でもある竹林さんとの会話をきっかけには過去の「約束を守れなかった」と吐露したわけで、作中、郎の答えが変わる理由はここしかなかったように思います。 表向きの選んだ理由とは別に過去のことで答えが変わったとまで読み取れるとしたら・・過去のことは関係ないから描写は不要だったというのはあまりにも浅はかな考え方と感じます。 今回、はリボンを捨て零奈母の「あなたたちは一人一人特別です」という言葉を思い浮かべていました。 「大切なのはどこにいるかではなく五人でいることです」の方ではなく「一人一人特別」の方を重視したわけで、リボンをつけるに至った過去にきちんと向き合うことができたということ。 そう思えたのは郎が「どんなにそっくりでも私と気付いてくれる人」と感じ取れたから・・つまり昔京都で出会い約束を交わしたのも自分だと気付いてくれているとは確信しているのでしょう。 京都の子だと明かすシーンはなくとも、分かり合い信じあえる・・お互いに笑いながら確認しあう仲睦まじい二人の姿が目に浮かびました。 kitchan42.

次の