スロー ジギング リール。 スロージギング情報ブログ|スロジギJP

最新スロージギングリールを紹介!入門〜最強のおすすめモデルはどれ?

スロー ジギング リール

ジギングの中には、いろいろな釣り方があります。 特殊な釣り方から、スロージギングという新たなジャンルの釣りが確立しつつあります。 ここでは、スロージングがどのような釣り方で、どのような仕掛けを使って、どのように釣るのかをご紹介します。 スポンサーリンク スロージギングとは スロージギングとは、どのような釣り方なのでしょうか? ジギングと言えば、高速で巻き上げるなど、激しく誘って釣るというイメージが強いです。 スロージギングには、さまざまな釣り方があります。 そのため、女性でも気軽に行えると、最近どんどん人気が高まっています。 しかし、 必ずしもゆっくり巻いて誘うだけではないということにも注意してください。 意外と激しく誘うこともあります。 青物は、ゆっくりと誘っても喰ってくれません。 対象魚によって誘い方が変わります。 ジグを生きた小魚のようにアクションさせなければ、対象魚は喰ってくれません。 普通、小魚は元気に泳ぎ回っていますので、当然誘う際にはロッドを激しく動かさなければ釣れないのではと思ってしまいます。 もちろん、この考え方は間違いではありません。 ただ、いつもそのような誘い方が有効とは限らないのです。 速巻きで激しく誘ってもまったく釣れず、ゆっくり巻いている時にしか当たりが出ないこともあるのです。 このようなことから、スロージギングという釣り方が確立されてきたのです。 しかも、 対象魚は限定されず、青物から根魚までさまざまな魚が釣れます。 このことも、人気が高まっている大きな要因となっています。 人気の高まりとともに、どんどんスロージギングを行うエリアが拡大されています。 スロージギングは、 瀬戸内海の明石海峡が発祥と言われていますが、今では山陰や太平洋側でも行われるようになりました。 そして、驚くことに 水深250~500mの深海釣りでも行われているというのです。 今後、ますますスロージギングが普及していきそうです。 スポンサーリンク スロージギングのタックル スロージギングのタックルについてご紹介します。 タックルは、ジギングとそれほど変わらないようにみえます。 しかし、ロッドやリール、ジグには大きな相違点が見られます。 その相違点について説明します。 スロージギングのタックルは、次のとおりです。 スロージギングで使うロッドのおすすめ ロッドは、 ベイトリール用のものを使います。 その理由は、リールのところで説明します。 激しく誘いまくる釣りではないとは言え、あまりにも柔らかいロッドはこの釣りには向きません。 うまくジグを操作できないためです。 ある程度の 張りのあるロッドを使うと非常に釣りやすいです。 長さは、 6~7フィートがおすすめです。 長すぎると、釣りにくくて疲れます。 スロージギングで使うリールのおすすめ リールは、 ベイトリールを使います。 ベイトリールの方が、 沈めやすく、着底がわかりやすいです。 フォールでの当たりを 的確に取ることができ、 素早く合わせることができます。 スロージギングは、フォールを多用する釣り方なので、このことは非常に重要です。 サイズは、中型でよいです。 必要なラインを200~300m巻けるぐらいのキャパがあれば十分です。 ただ、小型ではパワー不足です。 スロージギングで使うライン・リーダーのおすすめ ラインは、ジギングの定番であるPEを使います。 スロージギングでも同様です。 伸びないので当たりを取りやすく、ジグの操作性に優れているという大きなメリットがあります。 号数は、 1. 5~2号を使います。 ラインにPEを使用する場合、リーダーが必要です。 フロロカーボンの5~12号を 5mほどセットしておきます。 スロージギングで使うジグのおすすめ ジグは、どれを選ぶかで釣果が変わることがあるくらい重要です。 まず、形状ですが、 スロージギング専用のものがあります。 少し平べったい丸みのある形をしています。 カラーは、 ゴールド系やシルバー系、グロー系などがおすすめです。 重さは、 80~150gをメインに使います。 その日の状況に応じて選択します。 - 2019年 8月月3日午前5時45分PDT スロージギングの釣り方(アクション) スロージギングの釣り方(アクション)についてご紹介します。 スロージギングの誘い方は、普通のジギングとはまったく異なります。 上でも述べましたが、 スローという言葉が付いていても、必ずしも スローなアクションで誘うわけではありません。 多くの人が、スローなアクションで釣るものだと思い込んでいます。 ここでは、たくさんある誘い方の中で、主な2つについてご説明します。 1つ目は、 スローピッチジャークです。 まず、仕掛けを着底させ、 軽くジャークします。 この時、スロージギング用のジグは横に跳ねます。 そのまま何もせずに、 ゆっくりとジグをフォールさせます。 そして、ジグをフォールさせて、またシャクリを入れます。 この繰り返しになります。 基本敵には、 底から10mを探ります。 底から10mまで上がれば、また着底させます。 1回シャクッてはフォールさせますので、10mの中で何度も誘いを入れられます。 この誘い方の中で重要なのは、 ゆっくりとフォールさせることです。 もう1つの誘い方は、 大きなフォールで食わせる誘い方です。 スローピッチジャークよりも、 大きくシャクリあげてフォールさせます。 魚は、フォールしてくるものに強い関心を持ちます。 その習性を利用して喰わせるというものです。 まず、仕掛けを着底させます。 その後、大きくシャクリ上げて、フォールさせます。 大きくシャクリ上げた分、長めにフォールさせてもよいです。 フォールは、 テンションフォール(ラインを張った状態で沈める)でも、 フリーフォール(ラインを張らずに沈める)でも構いません。 シャクリ上げる距離やフォールさせる距離を、いろいろと変えてみるとよいです。 後は、この繰り返しです。 上の2つの誘い方を組み合わせてもよいです。 ただ、対象魚などによって誘い方は変わってくるので、これらの誘い方が必ずしもよいとは言えません。 まずは、船長の指示に従いましょう。 その後、いろいろと自分なりにアレンジしてみるとよいです。 参考動画.

次の

ブリジギングを始めよう!初心者必見!ロッド、リール、ジグ、タックルの選び方を徹底解説!

スロー ジギング リール

アイキャッチ画像提供:tsuki スロージギングに適したリールとは スロージギング(スローピッチジャーク)とは、リールの巻き取りとロッドの反発によってジグをスライドさせ、スライド後のフォールで喰わせる釣り方です。 タックル面に注目すると、高反発な胴調子の専用ロッドとベイトリールを使うことが特徴。 本記事では、元釣具屋の筆者がスロージギングに適したリールの選び方を解説し、おすすめ機種を紹介します。 スロージギングリールの選び方1. 糸巻き量(サイズ・番手) スロージギングと一括りにいっても、近海の青物・根魚狙いから、水深300m以深での30kgオーバーのカンパチ・巨大根魚狙いまで、釣り方は多岐に渡ります。 そのため、適したリールのサイズは釣り場・対象魚によって異なるのです。 ここではスロージギングを3つのカテゴリーに分け、それぞれに適したサイズを解説します。 近海の青物・根魚狙い 近海の青物や根魚狙い(水深100m前後が目安)では、シマノの1000〜2000番サイズ、ダイワの10〜15番サイズが適切です。 5号〜2号のPEラインを300m以上巻けるベイトリールを選びましょう。 中深海 中深海のアカムツやキンメダイ狙い(水深300m前後が目安)では、シマノの1500〜2000番サイズ、ダイワの15番サイズが適切です。 PE1. 5号を600mほど巻ける糸巻き量を目安にしてください。 深海の大型魚狙い 大型カンパチやアブラボウズ狙いでは、PE3号を600mほど巻けるリールを用意しましょう。 (シマノ3000番、オーシャンマーク50番など) また、水深が600m以上になる場合は、PE3号が1200mほど巻けるサイズの検討も必要です。 (シマノ4000番、オーシャンマーク120番など) スロージギングリールの選び方2. ギア比 ギア比はハンドル1回転あたりの巻き取り量が多い、ハイギアのものを選びましょう。 スローピッチジャークはリールの巻き取りでジグを動かすため、速い初速を得られるハイギアモデルを選択するのがセオリーです。 深場からのジグの回収もスピーディーに行えて手返しも速くなるため、実釣時間が増え、釣果にも繋がります。 スロージギングリールの選び方3. 電動リールは使える? 必要な糸巻き量を満たしていれば、電動リールを使うこともできます。 糸巻き量で考えれば、シマノの600番サイズ、ダイワの200番サイズ以上からが選択肢となるでしょう。 深場からのジグの回収をスピーディーかつ楽に行えるため、手返しが向上することが最大のメリットです。 やりとりをする場合は、速いスピードで巻き取ると鈎穴が広がってバレるため、巻き取り速度は抑えめにするのが電動リールを使うコツです。 ただし、手巻きのリールと比較すると重いのでロッド操作性はやや劣ります。 元釣具屋厳選!スロージギングにおすすめのリール 手巻きのベイトリールの中から、スロージギングに対応するモデルを集めました。 リール選びにお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。 トリウム 1500HG(シマノ) リーズナブルながら本格的な大型ジギング用リールです。 PE2号を500m巻けるため、近海から中深海のスロージギングまで幅広く使えます。 剛性が高い金属製のボディで巻き上げ力が強く、防水性も高いので長期間の使用でも安心。 スロージギング入門には最適なモデルです。

次の

ブリジギングを始めよう!初心者必見!ロッド、リール、ジグ、タックルの選び方を徹底解説!

スロー ジギング リール

スロージギングリールの選び方 まず狙うターゲットとその水深を確認し、それに合うメインライン(PEライン)の太さと長さを決めます。 そして、そのメインラインがすべて収まる糸巻量のリールをいくつかピックアップします。 あとはそのリールの中から、ドラグ力、巻上長、ハンドル長、ベアリング数、スプール寸法、自重、ギア比(ハイギヤ・パワーギヤ等)といった要素がその釣り方の特性に合っているリールを選択すればOKです。 以上がスロージギングにおけるリールの選び方とその流れです。 スロージギングのリールはスピニング?ベイト? スロージギングはバーチカル(垂直方向)でフォール主体の釣りですから、クラッチを切るだけで容易にフォールさせることができるベイトリールが適しています。 また200メートルを超えるような深海のディープジギングも視野に入るスロージギングにおいては、これもまた巻き上げ力の強いベイトリールが適しています。 青物のドテラ流しのようにキャスティングもするようなジギングであれば、たしかにスピニングリールにも優位性があります。 しかしバーチカルでフォール主体、スパンカーで船をたてたりするようなスロージギングにおいては、ベイトリールが圧倒的に有利なのは間違いありません。 最近のベイトリールは技術の進化でドラグも非常に高性能で、スピニングリールのそれと遜色ない仕上がりですから、ベイトリールになじみのない方も一度手にしてみて下さい。 きっとその釣り味の良さに浸っていただけると思います。 スロージギングで使用できるベイトリールは複数のメーカーからリリースされており、スペックも価格帯も多種多様です。 そんな様々なベイトリールの中から、当ブログで厳選した人気機種をランキングでご紹介します。 スロージギングおすすめリールランキング|最適な人気機種を厳選! 前項で解説した通りスロージギングにおいてリールはターゲットと水深、釣り方に合わせるのが基本です。 したがっておすすめリールもターゲットと水深、釣り方によって多様に変化します。 ターゲットと水深、釣り方による推奨リールは別ページで解説させていただき、ここでは総合的な評価としてのスロージギングおすすめリールをご紹介します。 スロージギングおすすめリール1位|シマノ オシアジガー シマノを代表するオフショアジギングリール・オシアジガーはジギングリールの先駆け的存在。 堅牢なボディ、力強く滑らかな巻き、そして酷使に耐えるタフネス、を謳うシマノのジギングリールの代名詞がオシアジガーです。 回転抵抗を最大約60%排除し、軽快にしてパワフルな巻き上げを実現させた新機構インフィニティドライブを搭載。 高剛性HAGANEボディとXプロテクトの高い防水性能による完璧な内部構造。 ・・・などなど、この辺りのスペックの部分は公式サイトで詳細に解説されていますが、とにかく最高の素材と最新の技術が詰まりに詰まった最強のリールです。 近海から中深海までカバーする豊富なバリエーションがあり、オシアジガーのみで大半のスロージギングをカバーすることができます。 自分自身、スロージギングで使用しているリールの半分以上がオシアジガーで、水深やターゲットや釣り方に合わせて使用する番手を変えています。 中でも1500 1501 という品番のオシアジガーは、近海から中深海まで様々な場面で使える番手でヘビーローテーション必須なので、最初の一台目に購入するスロージギング用のリールとして自信を持っておすすめします。 スロージギングおすすめリール2位|シマノ オシアコンクエスト シマノのオフショア用両軸リールのフラッグシップモデルであるオシアコンクエストです。 高剛性のHAGANEボディ、高耐久クラッチやドライブギアといった強靭な内部パーツ、ひたすら滑らかでシルキーな回転性能のマイクロモジュールギア・・・その性能を語れば一筆では書き切れないほどですので、こちらもスペックの詳細はシマノのHPをご覧になってください。 前述のオシアジガーと決定的に違うところ、それは使用するラインの細さといえます。 オシアコンクエストはより細いライトラインを扱うのに適したサイズ感であり、オシアジガーにはないレベルワインダーも搭載しています。 繊細なスロージギングに適した仕様ですので、対象魚や釣り方に合わせて番手を選ばれてみて下さい。 ちなみに私が最も多用するのが300HGという番手です。 (当方左巻きなので厳密には301HGです) この300番台のオシアコンクエストは、近海のサクラマスジギングから中深海のアカムツジギングまで幅広く使用させてもらってます。 PE0. 8号~1. 2号くらいまでのラインをその状況に合わせて使い分けていますが、非常に使用感が良く、オシアコンクエスト無しには釣りを成立させにくい日もあるほどです。 オシアジガー同様、かなり出番の多いリールになるので、ライトラインを使った繊細なスロージギングをよくされるという方はぜひ使ってみてください。 スロージギングおすすめリール3位|スタジオオーシャンマーク ブルーヘブン ジギングファンなら一度は手にしてみたい・・・そんな憧れのリールのひとつでもあるスタジオオーシャンマークのブルーヘブンシリーズ。 近海フィールドにおけるスタンダードモデルBHL50、そこからギヤーサイズ、フレーム強度軸受け強度をアップしたBHL30、パワフルを追求したBHL120、そして更にパワーと耐久性を向上させた最強のジギングベイトリールBHL120。 ブルーヘブンシリーズは本気のジガーが求めるデザイン、タフネス、ドラグ、メンテナンスだけでなく、ジギングにおいて重要な要素である高感度も追及しています。 このような特徴を持つブルーヘブンシリーズは他社のリールとは一線を画している部分があり、その虜になるヘビーユーザーも少なくありません。 私の釣り仲間内にはそれまで使っていた他社のリールをすべて手放し、ブルーヘブンに乗り換えてしまったという信者と言えるほどハマってしまった人もいます。 ブルーヘブンでのスロージギングは普段とれないようなアタリやノイズをとらえることができ、その高感度の恩恵を強く感じます。 普段から感度を必要とするターゲットをスローピッチジャークで狙っている方は、一度このブルーヘブンシリーズを触ってみてください。 特に感度という要素において、今までにない新しい感覚に出逢うことができるかもしれません。 スロージギングおすすめリール4位|エバーグリーン オケアノス スロージャーカーでもお馴染みのエバーグリーンからリリースされた、スローピッチジャークに最適なジギングリールがオケアノスです。 大きな特徴は3つ。 トラブルレスなオリジナルラインガード、スローピッチジャークに最適なハイギア仕様、ライトラインに対応するスムーズドラグ、です。 近海ジギングを快適に楽しむためのエッセンスがふんだんに盛り込まれたオケアノスは、操作性に優れたロッド、細く強いライン、よく動くジグ、多彩なフックなど、進化するジギングタックルを最大限に生かすことのできるリールといえるでしょう。 また、オケアノスの特別仕様としてドラグフォール釣法に対応し、海中感知性能を向上させたオケアノス ワイド。 あの佐藤統洋氏が近海ジギングで求めるリールの性能をとことん突き詰めそのこだわりを具現化させた特別モデルです。 フォール中のジグにレバードラグ式リールを作用させ適度なドラグ力をかけ、スピードやアクションを自在にコントロールするという繊細で画期的な釣法を可能にしています。 より細かい巧みな操作ができるこのオケアノスワイドもまた、進化するジギングタックルの性能のシナジーを極限まで高めるリールといえるでしょう。 その他おすすめリール• アルファタックル マーフィックス 高強度ステンレスマシンカットギア&屈強なアルミワンピースフレーム搭載。 スムーズなドラグ機能を有するレバードラグと大口径コルク製ドラグワッシャー採用で安心のやり取りが可能。 大型魚のマグロ・マーリン、強烈な引きのカンパチ・ヒラマサなどとスタンディングで真っ向勝負できるリール。• ダイワ ソルティガ ベイトキャスティングモデル 耐久性の高いハイパーデジギヤをメインギヤに採用。 精密でパワフルなオールマシンカットアルミボディ、ピニオン部にはこれまた高い耐久性のマグシールドボールベアリングを搭載。 大型魚にも余裕をもって対応できる堅牢ジギングベイトリールです。• ラインキャパは豊富なバリエーションで近海ハードジギングから中深海ジギングまで可能。 深場のジギングも快適なレベルワインド搭載。• リアルメソッド REALMETHOD GINEGA 100RH 剛性、軽量性をアルミボディによって向上させたソルトウォーター仕様の丸型両軸リール。 防錆シールドベアリングとしてステンレス製ベアリングを採用し、スムーズな回転と優れた耐腐食性を実現。• アキュレートジャパン ボスエクストリーム 強く小さく美しいアルミ削り出しボディを謳うアキュレートリール。 強靱なウルトラパワーギアと世界最高峰のツインドラグシステムを採用。 カジキやマグロと真っ向勝負してもギア飛びしない頑丈なオフショアリールです。

次の