80 年代 ディスコ ソング。 「80年代バブル期!」ディスコでノリノリになれた名曲まとめ

All That DISCO 100「オール・ザット・ディスコ100」

80 年代 ディスコ ソング

【80年代に世の中に溢れたディスコブーム。 当時は驚きも有りましたが、今になってそれらの洋楽も懐かしいですね。 】デッド・オア・アライヴ(Dead or Alive)は、1980年代中盤よりユーロビート系のダンス・ミュージックに音楽性をシフト。 それから、コンスタントに世界的ヒットが生まれ、全世界における総売り上げは2000万枚を超えています。 日本のアイドル歌謡や、J-POPにも大きな影響を与えたグループで、人気の絶頂期以降の1990年代中以降も、日本限定リリースのアルバムが出るほど日本での人気は高いものがありました。 近年においても、度々来日しています。 1970年にカーティスはインプレッションズを抜け、ソロ・アーティストとして活動を始め、マーヴィン・ゲイ、ダニー・ハサウェイ、スティーヴィー・ワンダーらと並んでニュー・ソウルと呼ばれた。 また、1972年に公開のブラックスプロイテーション映画『スーパーフライ』のサウンドトラックアルバム『スーパーフライ』を発表、Billboard 200で1位を獲得する。 結構、日本では、ギャングと言うと、悪いイメージしか思い浮かばないと思いますが、 本国アメリカでは、「ギャング」と言うと、やんちゃな子供と言うような意味です。 ほんとに悪いヤツらは、マフィアとかモブと呼ぶそうです。 そんなちゃめっけたっぷりなネーミングが、彼らの遊び心と、うまくマッチングしていますね? 【80年代に世の中に溢れたディスコブーム。 当時は驚きも有りましたが、今になってそれらの洋楽も懐かしいですね。 】「ロック・ミー・アマデウス」、とってもユニークな曲です。 アップテンポのドラム音、甲高い女性のコーラス、そして、ギターとファルコのラップによるイントロで始まります。 繰り返される「アマデウス!」の後、息も尽かせぬリフがスタートします。 ドイツ語&英語がミックスされたファルコのラップ、キザな感じで、とてもかっこいいんですよね。 ヨーロッパ的な、プライドの高さと倒錯したユーモア感覚を兼ね備えたラップは、アメリカのヒップホップとは、同じラップ系でも全然別物に思えます。 【80年代に世の中に溢れたディスコブーム。 当時は驚きも有りましたが、今になってそれらの洋楽も懐かしいですね。 】ティファニー(Tiffany)は、アメリカのカントリー系の女性歌手です。 1986年MCAと契約後、ポップ・フィールドで勝負の方針となり、もしアルバムを2枚出して売れない場合は、カントリーに戻る話だったそうです。 でも、2曲目の「I Think We're Alone Now」(ふたりの世界)が、いきなりのビルボード1位の大ヒット。 続く「Could've Been」(思い出に抱かれて)も1位をゲットして、トップアイドルとして上り詰めました。 【80年代に世の中に溢れたディスコブーム。 当時は驚きも有りましたが、今になってそれらの洋楽も懐かしいですね。 】「ロックバルーンは99」は、ドイツのポップスグループであるネーナが、1983年に発表した楽曲です。 1984年3月には、ビルボード誌において最高位のチャート2位、世界的なヒット曲となりました。 1984年度のビルボード誌年間ランキングでは第28位。 日本のオリコン洋楽シングルチャートでも1984年4月2日から4週連続1位を獲得しています。 ドイツのアーティストなので、オリジナルの歌詞は当然のドイツ語。 ドイツ語ポップスが世界でヒットしたのは珍しいですね。

次の

80年代ディスコおすすめ曲!懐かしいあの曲たちを一気に聴こう!

80 年代 ディスコ ソング

ディスコミュージックのイメージが強いDead Or Aliveですが、元はゴシックロックというジャンルでした。 ダンスミュージックへ方向転換してからは、世界中でヒットを連発するように。 他にも、『Brand New Lover』や『Lover Come Back To Me 』などが有名です。 ピートの派手なビジュアルが話題になりがちですが、歌の上手さも際立っていましたね。 この曲でリックは、スターダムに駆け上がりました。 まだ21歳という年齢に似つかわしくない 老けているともいう・・ 、渋く深みのある歌声が特徴的でしたね。 彼はルーサー・ヴァンドロスの大ファンなので、歌い方も影響を受けていたのかも。 当時は一発屋だろうと言われたものですが、続く『Together Forever』も大ヒットし、これでスターの地位を確固たるものにしました。 ダンス系のヒットが目立ちますが、彼はダンスミュージック専門ではないのですね。 ポップスやバラードなども幅広く歌いますし、あの声と表現力ですから、素敵な曲がたくさんあります。 1シングルです。 1987年にバナナラマがカバーし、こちらもビルボード1位に輝いています。 多くのアーテイストにカバーされた曲で、日本では長山洋子や荻野目洋子、そして倖田來未も歌っていますね。 自分は基本的にロックしか聴きませんが、たまにジャンル外で当たりが出ると、結構ヘビロテします 笑 ちなみにユニット名の「Pet Shop Boys」は、彼らの友人がペットショップに勤めていたのが理由ということです。 ラジオから人気が急速に広がり、翌87年にはビルボードの1位を獲得しました。 スプリームスはモータウンサウンドでしたが、キムのバージョンはハイエナジーに大きくアレンジされました。 キムは、家族も歌手やプロデューサーという音楽一家。 それと意外なことに、マイケルジャクソンの前座も務めたとか! まとめ 80年代洋楽ディスコソングとして、つい踊りたくなるヒット曲を紹介しました。 若い人はピンとこないかもしれませんが、ディスコは今でいうクラブのようなもので、もっと派手なギラギラした雰囲気でした。

次の

今でもよく耳にする70・80年代のディスコソングランキング

80 年代 ディスコ ソング

ディスコミュージックのイメージが強いDead Or Aliveですが、元はゴシックロックというジャンルでした。 ダンスミュージックへ方向転換してからは、世界中でヒットを連発するように。 他にも、『Brand New Lover』や『Lover Come Back To Me 』などが有名です。 ピートの派手なビジュアルが話題になりがちですが、歌の上手さも際立っていましたね。 この曲でリックは、スターダムに駆け上がりました。 まだ21歳という年齢に似つかわしくない 老けているともいう・・ 、渋く深みのある歌声が特徴的でしたね。 彼はルーサー・ヴァンドロスの大ファンなので、歌い方も影響を受けていたのかも。 当時は一発屋だろうと言われたものですが、続く『Together Forever』も大ヒットし、これでスターの地位を確固たるものにしました。 ダンス系のヒットが目立ちますが、彼はダンスミュージック専門ではないのですね。 ポップスやバラードなども幅広く歌いますし、あの声と表現力ですから、素敵な曲がたくさんあります。 1シングルです。 1987年にバナナラマがカバーし、こちらもビルボード1位に輝いています。 多くのアーテイストにカバーされた曲で、日本では長山洋子や荻野目洋子、そして倖田來未も歌っていますね。 自分は基本的にロックしか聴きませんが、たまにジャンル外で当たりが出ると、結構ヘビロテします 笑 ちなみにユニット名の「Pet Shop Boys」は、彼らの友人がペットショップに勤めていたのが理由ということです。 ラジオから人気が急速に広がり、翌87年にはビルボードの1位を獲得しました。 スプリームスはモータウンサウンドでしたが、キムのバージョンはハイエナジーに大きくアレンジされました。 キムは、家族も歌手やプロデューサーという音楽一家。 それと意外なことに、マイケルジャクソンの前座も務めたとか! まとめ 80年代洋楽ディスコソングとして、つい踊りたくなるヒット曲を紹介しました。 若い人はピンとこないかもしれませんが、ディスコは今でいうクラブのようなもので、もっと派手なギラギラした雰囲気でした。

次の