のんびり なかい グッズ。 のんびりなかいのキャンドルカバー・ニュース・グッズが話題

中居正広「誰の許可のもと?」 劇団ひとり、またも勝手に“のんびりグッズ”製作― スポニチ Sponichi Annex 芸能

のんびり なかい グッズ

お笑いタレントの劇団ひとり(43)が23日放送のテレビ朝日「中居正広のニュースな会」(土曜正午)にスタジオ出演。 勝手に製作した、番組MCを務める中居正広(47)が立ち上げた個人事務所「のんびりなかい」の公式キャラクターがテーマパーク構想を明かした。 前週の16日放送で番組MCを務める中居正広(47)が立ち上げた個人事務所「のんびりなかい」の公式キャラクター「ノン・ビリーくん」を勝手に製作し、披露したひとり。 「車のエンブレムを作ってきました」と高級スポーツカーのエンブレムをパクッたことが丸わかりな、黄色地に馬ではなくカピバラをかたどったエンブレムを披露。 アナウンサーからカピバラはネズミの仲間の中で最大の動物であることが紹介されると、中居が「あっ!社長、ねずみ年(1972年生まれ)です」と答えるというやり取りもあり、同社のマスコットキャラクターに何となく採用された。 ただ、思わぬ展開に、制作したひとり本人は「そこまでキャラクターを掘り下げてなかった」と反省。 「今週はキャラクターの世界観を作って来ました。 めちゃめちゃ力入れてきました」とまたも3Dプリンターで製作したグッズを持参。 あまりの出来に、中居も「力作じゃないですか。 いいじゃないですか。 古市さん脚本で劇団さん監修で、絵本とかどうですか?」と意外にもノリノリ。 ひとりも「これがうまくいったらアニメ化とかね。 将来的にはテーマパークとか、『のんびりーランド』。 大きくね、いずれ。 そしたら園長ですから。 社長から園長ですから」と夢を広げた。 この日は社会学者の古市憲寿氏(35)もこっそり「のんびりなかい」グッズを制作。 「僕も地味にグッズ作ったんです。 缶バッチを2パターン作って、製作時間1分です」とアピールすると、ひとりから「来週は何作ってくるのか楽しみだな」とグッズ製作仲間としてけん制し、笑わせた。

次の

劇団ひとり「のんびりなかい」公式キャラでテーマパーク構想 中居もノリノリ?「絵本とか」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

のんびり なかい グッズ

劇団ひとり ひとりは「先週覚えていますか? 『のんびりなかい』のロゴを紹介させていただいたの。 これをけっこう社長が気に入ってくださって」と先週お披露目したロゴを見せ、中居が「社長って言うのやめてもらえますか」と照れ笑い。 そして、ひとりは「今週も新しいグッズを作ってきました。 『のんびりなかい』のiPhoneケース作って参りました。 共演者から「かわいい」「すごい」と称賛の声が上がった。 そんなの持てない。 誰が持つんですか」と指摘すると、ひとりは「誰が持つって社長に決まってるでしょ。 持ってくださいよ! 自分の会社のやつなんだから。 これ作るの13時間かかりましたから」と中居の使用を熱望。 中居は「劇団さんやめてもらえます? スタートもぐにゃぐにゃってスタートしちゃって軌道に乗ってないっていうか、4月から始まったんですけど、4月仕事してないんです。 ちょっとまだイジリは…」と社長イジリに困惑するも、ひとりは「まさかこんなのんびりになると思わなかった。 予想以上にのんびりしてますもんね」と返してさらなる笑いを誘った。 SNS上では、ひとりが制作したiPhoneケースに「iPhoneケースかわゆい~グッズ化希望します」「スマホケースほしい!! 」「中居社長 劇団ひとりさんの3Dグッズ売って下さ~い」「劇団さんスゴイですよ!!!ぜひグッズとして販売して欲しいです!!!」「グッズ販売してくれへんかなぁ」「物販して下さーい!」とグッズ化を希望する声が多数。 また、「のんびりな会の広報は、劇団ひとりで」「劇団ひとりさんは是非のんびりなかいの物販企画部長に就任して頂きたい」「劇団ひとりさん、のんびりなかいに入社して」といった声も上がった。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

のんびりなかいのキャンドルカバー・ニュース・グッズが話題

のんびり なかい グッズ

お笑い芸人の劇団ひとり(43)が9日放送のテレビ朝日「中居正広のニュースな会」(土曜正午)に出演。 外出自粛で仕事が減ったにも関わらず、思わぬ理由で寝不足になっていると明かし、笑わせた。 東京都の緊急事態宣言から1カ月以上が経過し、久々のスタジオ出演となったひとり。 これには、中居も「誰の指示とか、誰の許可のもと、やられているんですか?」と問いかけ。 すると、ひとりは「まあ、社長とのアイコンタクトとか…」と返し、笑いを誘った。 中居はそんなひとりに「イジルのやめてもらえます?」とボヤキ。 そんな中、新作をスタジオでお披露目することに。 ひとりが持参した新作は「のんびりなかいって求めるのは癒し」との理由で製作したキャンドルカバー。 「キャンドルのうえでかぶせるもの。 今回、かなり構造が複雑で、4つ目でやっと成功した。 延べ100時間以上かかった。 めちゃくちゃ大変でした」と続け、「すでに次回作も動いております。 ぜひお楽しみに」と期待をあおった。 これには、中居も「ちゃんとしてる!」と感心するばかりだった。

次の