プリコネ 魔法 パ。 【プリコネ】クウカ抜きでは戦えない?魔法パの頼れるタンカー

【プリコネR】アンの評価と専用装備(マナリアコラボ)【プリンセスコネクト】

プリコネ 魔法 パ

「英霊の加護」中であれば味方全体のTP回復が可能な攻撃スキルとなった。 スキル周期的に、 スキルキャンセルしたり敵からの行動阻害を受けない限りTP回復が可能となっている。 「英霊の加護」でないときは自己行動速度バフ 行動阻害などを受け、「英霊の加護」がないときは自身に行動速度中アップのバフを付与する。 「英霊の加護」がないときにもメリットがある点は嬉しいところ。 Point! とはいえ、全体TP回復の方が発動させたい効果。 アンのUB回転率を高められるので、装備の上限解放をする価値はかなり高い装備といえる。 Point! 「英霊の加護」中にUBを打ちやすくなったと考えてよいです。 ありがたいステ強化ですね。 クエストやボス戦で有効な汎用魔法サポーター 継続的な魔法バフとTP支援が魔法パにおいて非常に優秀。 通常の魔法パや正月キャル編成に組み込める要素を持ち、汎用性が高い。 アンと相性の良いキャラ.

次の

【プリコネ】クウカ抜きでは戦えない?魔法パの頼れるタンカー

プリコネ 魔法 パ

低レアリティである星1キャラはステータスが低く比較しにくいので、ある程度才能開花させた状態での評価となる。 Point! Tier4のキャラは性能が低いといった評価ではなく、役割がかぶりやすいので優先度が下がるよ!といった評価です。 気になったキャラや好きなキャラがいればもちろん育成してOKです! アリーナキャラ評価の前提条件• キャラのレベル上げや才能開花が進んでいる• デバフの効果量も高く優秀。 また、デバフ攻撃の頻度も高く魔法防御力を減らした状態で攻撃できることが多い。 単体攻撃で大ダメージを狙える 水着キャルは、ユニオンバーストやスキルで敵に魔法の単体攻撃を行える。 自身の魔防ダウンスキルと相性が良く、効率的にダメージを与えることが可能。 さらに、自身に一定時間「物理攻撃を回避する」状態を付与でき、攻守を兼ね備えた優秀なアタッカーキャラだ。 パーティ編成を物理キャラで固めることで、クランバトルなどのボス戦を攻略しやすい点が優秀。 アタッカーとしても活躍 マコトは、単体攻撃を多く持ちダメージを与える手段もある。 自身の物理防御ダウン付与と合わせて、高いダメージを狙える点も非常に優秀。 自身だけでなく味方全体のUB回転率を上げられるため、アタッカーとしての役割だけでなく支援もこなせる。 自身のTPを大幅に回復可能 アリサは、自身のスキルによってTPを大幅に回復できる。 ユニオンバースト後はTP回復量がさらに増加するため、 高頻度でユニオンバーストを撃つことが可能な継続火力の高いキャラ。 代償として自身のHPを消費するため運用は難しいが、 使いこなせればトップクラスのアタッカー性能となる。 ユニオンバーストで自己回復が可能 イリヤはユニオンバーストによって、自身のHPを大幅に回復することができる。 自身の、HPを消費して攻撃するスキルと相性が良く、TP支援ができるサポートキャラを編成することで持久戦も可能。 また、ユニバには味方の物理攻撃力を上昇させる他、 自身への挑発効果も付与できる。 スタンや回復などのスキルも持っており、支援役としてもスキがなく優秀。 才能開花することでステータスが増強されるのでさらに強力なキャラクターになる。 これは挑発効果も頷ける。 全キャラトップクラスの耐久ステータスに加え、 相手の攻撃を吸収してHPを回復するので驚異の耐久力で敵に立ちはだかる。 アリーナでも壁役として優秀で、相手のユニオンバーストを複数回凌いでくれることも少なくない。 無敵になれるスキルが優秀! ミヤコはスキルで無敵になる事ができる。 一定時間ダメージを受けないので、ユニオンバーストなどの強力な攻撃を受け流すことが可能。 無敵になると解除されるまで攻撃できない点は注意が必要。 Point! ミヤコが幽霊 無敵 になっている時は毒や呪いなど、状態異常のダメージも受けません。 戦闘中ということを忘れてしまうくらい満面の笑み。 ユニオンバーストでは自己回復しつつ自身に魔法吸収バリアを展開できるので、魔法攻撃に対して非常に打たれ強い。 挑発スキルが非常に優秀 クウカは、スキルで敵の攻撃を自身に惹きつける「挑発」の能力を持つ。 タンクを無視できる攻撃などから味方を守ることができるため非常に優秀。 Point! 敵が物理攻撃だけならミヤコ、魔法攻撃だけならクウカなどの方が効果的な場面が多いです。 敵の攻撃が物魔混合の敵に対して使っていきましょう。 星6では火力も出せるタンクに ペコリーヌは星6にすることで、ユニオンバーストの火力が大幅にあがる。 アリーナなどでアタッカーに対して致命傷を与えることができ、突破力も備えたタンクと言える。 アリーナはもちろん、クランバトルなどでも高いダメージを出すために貢献できるキャラといえる。 範囲攻撃持ちの対象を増やすこともできるので、アリーナなどで優秀なスキルといえる。 専用装備作成後は味方全体に物理バリアを展開でき、アリーナでの使い勝手が更に良くなる。 UBは物理バリア展開できる上、範囲を吹き飛ばせるようになり妨害力も高くなっている。 効果量はそこまで大きくないものの、頻度が多く魔防の低い味方のサポートが可能だ。 敵単体を暗闇状態にするスキルも使えるので、強力な攻撃を回避することも出来る。 特に味方の魔法アタッカーを補助出来るので、優秀な魔法キャラと編成したい。 TPが回復するのも頷ける。 パーティを魔法キャラに寄せることで、 敵パーティの強力なタンク役を突破できるようになる。 攻撃スキルでダメージもだせる アカリは、スキルで敵単体に魔法大ダメージを与えることもできる。 自身が持つ魔法防御力ダウンスキルと相性が良く、アカリのみでもある程度ダメージを出せる。 これで頑張れる。 味方全体に物理無効バリアも展開できるので、物理攻撃が多い相手やクエストで活躍できる。 攻守バランスの良いので、クエストからアリーナまで幅広く活躍可能。 さすがお姉ちゃんである。

次の

【プリコネR】アンの評価と専用装備(マナリアコラボ)【プリンセスコネクト】

プリコネ 魔法 パ

クランバトル向け魔法パーティ編成 魔法パーティ編成例1 編成難易度低め 後衛 後衛 後衛 後衛 中衛 耐久力の高いアカリを先頭に配置 アカリは、魔法キャラの中では耐久面のステータスが高くタンクとして使いやすい。 イリヤやアンナなどが先頭配置できない相手の場合はアカリを編成しよう。 魔法パーティ編成例2 正月キャル入り 後衛 後衛 後衛 中衛 中衛 正月キャルのUBを連発させる編成 ユカリやルナのTP支援で正月キャルのUBを連発させる編成。 編成にはいくつかパターンがあるが、基本的には 防御下限を狙えるデバフキャラとTP支援キャラを正月キャルと組ませていく。 ボス次第でどのTP支援持ちも編成される可能性がある TP支援は付与する対象や効果量などがキャラごとに違う。 ボス次第ではクランバトルの適正が低いTP支援持ちも編成される。 キャル編成を組む場合はすべてのTP支援持ちの育成をなるべく進めておきたい。 基本的に通常キョウカ、水着キャル、ネネカは固定で、残り1キャラが自由枠。 UB回転率を伸ばせるルナ、クリチカ、アンが候補になりやすい。 コッコロは高耐久かつ優秀なバフ+回復を付与できるため、かなり適性が高いサポーターだ。 高スコアを狙うためにもコッコロの才能開花を済ませておきたい。 魔法パーティ編成例5 水着サレン 後衛 後衛 後衛 後衛 中衛 持ち越し時間がでる場合にオススメ 水着サレンは開幕のTP回復で、味方全体のUBの初動をグッと上げられるのが強み。 特に「討伐時間を持ち越す戦闘」で優秀で、持ち越しによるスコアの低下を改善できる。 防御力は一定まで下がるとそれ以降下がることはないので、必要以上にデバフキャラを入れないよう注意しよう。 Point! 防御下限に到達したかの判断は、アタッカーのダメージ量で確認するとよいです。 どの敵も防御下限時には与えるダメージは同じになります。 残りの枠にアタッカーを編成 単体火力の出せるキャラを優先に! 必要なデバフキャラを決めたら、残りの枠にアタッカーを編成しよう。 Point! クリスマスチカの妖精に攻撃を受けさせるなども有効です。 ボスの攻撃にあわせて、どのキャラで対策すべきか判断できるとベター。 敵の状態異常が強力な場合 敵の行動阻害などで攻撃頻度が落ち、スコアが下げってしまう場合がある。 その場合はデバフキャラを増やしてみたり、バリアで攻撃を防げるキャラを編成するなどが対策として挙げられる。 Point! ボスのダメージスキルの追加効果で吹き飛ばしなどが発生することが多いですが、 バリアでダメージ部分を0にできれば、追加効果を無効化できる場合があります。 アタッカーがダメージを出せない場合 アタッカーも吹き飛ばしなどの行動阻害によって主力スキルをキャンセルされることがある。 敵の阻害攻撃の種類や範囲、攻撃対象などを調べ、 バリア持ちを入れたり並び順を調整するのが有効な場合が多い。 バリア付与可能なキャラ 5. 魔法パメタのボスである場合 魔法防御力がかなり高かったり、魔法キャラをメタる攻撃をするボスもいる。 物理パで挑むことが推奨されることもあるので、 どうしてもスコアが伸びない場合は魔法パでの挑戦を諦めるのも重要。 できた編成で立ち回りを詰めよう 高スコアを出せるUBタイミングを調べる 編成が完成したら、模擬戦を繰り返して高スコアを出せる立ちまわりを研究しよう。 防御デバフが入りきったときに攻撃UBを発動したり、スキルキャンセルを駆使して1回でも多くUBを打てないか検討しよう。 Point! 終了間際にTPが後少しで溜まりそうな状態で戦闘が終わった場合など、スキルキャンセルを使えばTPを溜め切れる場合があります。 できるだけネネカのUB後に攻撃UBを使おう ネネカは優秀なバフを展開するUBを使える。 最大火力を出すためにも、攻撃UBを持ったアタッカーは極力ネネカのUBの後に打つことを狙おう。 アンのバフとUBを噛み合わせるのも重要 アンを編成する場合はUBを英霊バフ中に発動しないと、追加効果の攻撃バフが付与されずパーティの火力が落ちてしまう。 UBタイミングを調整し、 多少TPが最大の状態が続いても英霊バフ中にUB発動するなども重要だ。 Point! 他のアタッカーのUBも、 アンの英霊バフからのUBを待ってから打つ方が高スコアを狙いやすくなります。 早くUBを打ちたいところをグッとこらえるのも大切です。 魔防の低いタンクがいる編成に有効だ。 ノゾミやモニカは自由枠 テンプレでは、スタンと行動速度バフスキルを持ち、相手の編成に依存せず活躍できるモニカを採用。 慣れてきたら モニカやノゾミなどは相手のパーティに合わせて調整しよう。 魔法パーティ編成例2 イリヤ編成 後衛 中衛 中衛 前衛 前衛 イリヤの範囲攻撃で突破する 強力な魔法アタッカーであるイリヤを軸とした編成。 イリヤは自身のHPを消費してスキル攻撃を行うため、 基本的に支援役が必須となる。 イリヤはUBで自身のHPを回復できるため、TP供給ができるサレンとかなり相性が良い。 クルミのスタン攻撃でクウカなどのタンクも魔法で突破しやすくできる。 魔法パーティ編成例4 物魔混合編成 後衛 中衛 中衛 前衛 前衛 水着ミフユの攻撃を受けずに戦える 編成例ではネネカが水着ミフユの範囲攻撃を受けずに戦える。 ネネカの本領を発揮しやすい上、突破に時間がかかりがちなクウカもリマたちのスタン攻撃で素早く倒しやすい。 魔法パーティ編成例5 カスミ編成1 後衛 後衛 後衛 後衛 前衛 カスミのスタンを最大限活かす編成 カスミのスタンスキルは、発生フレームが非常に早く敵の行動を潰しやすいのが長所。 リマと組み合わせて敵との距離を近くすることで、スタンを巻き込みやすくして、敵のやっかいな初手スキルなどを潰せる。 魔法キャラは組み合わせが重要 防衛には魔法キャラ対策が多め 現在の防衛には魔法に強いクウカや強力な範囲攻撃持ちが多いため、優秀な魔法キャラを持っていても簡単には活躍させてもらえない。 魔法キャラを活躍させるために、相性のよいキャラを覚えておこう。 魔法パでは強力なコンボが狙える 魔法キャラはカスミの防御デバフフィールドを活用するなどして、一気に火力を跳ね上げることを狙いやすい。 コンボ色が強いため、物理パよりもキャラとキャラの組み合わせが重要になりやすい。 Point! 以下に紹介する相性のよい組み合わせを覚えておけば、編成の一部を変えて臨機応変に戦うことができます。 ネネカ ネネカと相性のよい主なキャラと特徴 ・専用装備ありで物理バリアを付与できる ・範囲攻撃の対象を増やせる ・スタンスキルでクウカ突破の手助けも可能 ・パーティ全体のUB発動支援が可能 ・サレン自身のバフUBも優秀 ・最も近いキャラのUB発動支援が可能 ・隊列移動が起きない限り同じキャラにTP付与し続ける ・最もTPが少ないキャラのUB発動支援が可能 ・編成の工夫をしないと狙ったキャラのTPを回復できない ・魔防デバフフィールドが強力 ・妨害スキルも優秀 ・被弾を受けやすい点に注意 ・ユカリや水着サレンなどと組み合わせたい ・範囲魔防デバフスキルを持つ ・範囲魔法攻撃持ちと相性がよい 単体で編成しやすい魔法キャラ ここでは組み合わせやサポートがなくても活躍がしやすいキャラを紹介する。 物理パに1体入れて、ミヤコなどの物理耐性が高いキャラを突破する際などに適性が高いキャラとなっている。 魔法パを使う上で、所持している場合は優先的に編成したい。 魔法キャラの特徴 魔法防御力が低い敵に有効! プリコネRでは基本的に、物理攻撃のキャラは物理防御力が高く、魔法攻撃のキャラは魔法防御力が高い。 そのため、 物理攻撃をしてくる相手に魔法攻撃は有効。 Point! ただし、一部タンク役の中には物理、魔法どちらも高いキャラが存在するので注意。 魔法ダメージは紫色で表示される 物理攻撃のダメージは黄色、魔法攻撃のダメージは紫色で表記される。 ダメージの数値と色で、 相手がダメージを受けやすい攻撃を判断できる。 物理防御力が非常に高く物理ダメージがほぼ通らない「タートルタイラント」が出現してくるため、魔法キャラを育成する必要がでてくる。 メインクエスト7-8 7-8でも、物理攻撃のダメージをカットする「タートルタイラント」が出現。 ここでは、 遠距離攻撃をしてくる「ビッグル」という敵も出現し、対策しておかないと魔法キャラが倒されやすいので注意。 メインクエスト7-9 7-9では、 タートルタイラントと同様に物理防御力のが非常に高い「動く石像」が出現。 ハードクエスト6-3 出現モンスターの一覧には乗っていないが、物理ダメージをカットする「タートルタイラント」が出現する。 ボスや範囲攻撃の強力な雑魚敵など、 タートルタイラント以外にも強力な敵が多数出現する難所。 経験値クエスト 探索 経験値クエストのレベル2からそれ以降まで、物理防御力の高い敵キャラが出現。 後半のレベルになるほど敵のHPも高くなり、高い戦力が求められる。 魔法攻撃が有効な敵一覧.

次の