伊之助 無 一郎。 【鬼滅の刃】時透無一郎は黒死牟の子孫!?明かされた衝撃の事実!命懸けで戦う時透の結末は!?

【鬼滅の刃】霞柱・時透無一郎の全プロフィールと考察【年齢・声優・刀】

伊之助 無 一郎

勢いに任せて書いた物なので誤字脱字や文章を書く事に慣れていないのとスマホでの打ち込みの為大変読みづらいです。 セリフもほとんど無いです気をつけて!! 鬼滅はね、いいよ面白いの。 炭治郎も好きだし禰豆子ちゃん可愛いよ善逸は私の推しだし伊之助は頭をわしゃわしゃしたいし義勇さんはもう幼女だししのぶさんは美しい煉獄さんは涙無しには語れない宇髄さんは嫁さん想いのええ男や無一郎くんは最年少でよう頑張ってる!蜜璃ちゃん本当にキュンキュンしちゃう!不死川さん幸せになって欲しいし伊黒さんは蜜璃ちゃんを幸せにして欲しいし悲鳴嶼さんはかっこいい!! たしかに!! 本編には一切の絡みはないが!! それでも!! 先生が与えてくれた!! ネタに食いつかんでどうする!!!! となった結果ネタが浮かんだので慌てて書きました。 これをきっかけにズンビッパ増えようよズンビッパ• 伊之助の住んでた山と無一郎の住んでた山が一緒だったif 時透一家は木こりの仕事を生業としている。 その為の山の奥深くで生活しており稀に野生の動物に遭遇する事も珍しくない。 なのでまだ幼い双子の兄弟、有一郎と無一郎は自分より大きな獣と遭遇しても声を荒げない自信があった。 山で生活してる以上身を守る為の方法を幼いながらも知っていたからだ。 しかし、さすがに未知の遭遇は許容範囲を超えるらしい。 二人の目の前には頭が猪、身体が人間の生き物。 「「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ!!!! 」」 これが伊之助五つ、時透兄弟四つの頃の出会いであった。 この日有一郎と無一郎は二人で家から少し離れた所で遊んでいた。 両親は忙しそうだったので暇をしていた二人は少手伝いとして森の幸を集めていた。 因みにまだ幼いため母親の目の届く所までと約束させられた。 ただ、それでもまだ幼い二人は集中力が切れた頃に遊び始めてしまった。 母親もそれを見越してか遠出を禁止したのだが。 二人は楽しそうに遊び回っている。 しかしふと遊んでいるうちに家から離れてしまった事に気づいた。 さすがに不味いと家に戻ろうとした時、草むらが音をたてて揺れた。 二人は木こりの家の者だ。 山で暮らす以上獣と遭遇する事も珍しくない。 もし、獣と遭遇した場合の事など父親から厳しく聞かされていた。 揺れる草むらに決して目を背けずに息を潜める。 二人は身を寄せ合いながら緊迫した空気が流れる。 その時草むらから勢いよく影が飛び出した。 どちらからか息を飲む音が聞こえる。 そして草むらから飛び出した生き物と目があった。 猪の頭と人間の身体。 てっきり獣だと思っていた二人は未知の生物に対して 「「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ!!!! 」」 叫んでしまうのは仕方の無いことだった。 ところ変わって時透家。 今この家には母親しかいなかった。 父親は仕事に出ていて、子供達は森の幸をとり終えた後外に遊びに出かけている。 元気なことはいい事だがまだ幼い為遠くに行かないように言い聞かせ母親は家の仕事をこなしていく。 どれほど時間がたったか、家事がキリのいい所まで終わりかけた時、 「「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ!!!! 」」 子供達の悲鳴が聞こえた。 急いで辺り見渡すと子供達の姿が見当たらない。 遊ぶ事に集中して家から離れてしまったようだ。 慌てて飛び出し子供達を探す。 すると遠くから父親の声が聞こえた。 どうやら仕事中の父親にもあの叫び声が聞こえたようだ。 必死に子供達の名前を呼ぶ。 しばらく探し回り出した頃、母親は少し開けた場所を見つけた。 そこには子供の頭が出ていたので急いでその場所に向かった。 「有一郎!無一郎っ!」 大切な子供達に駆け寄ろうとした時、受け入れ難い光景が目に入った。 思わず固まってしまうくらいには謎過ぎた。 遅れて父親もやって来た。 仕事道具の斧を担いで子供達の危機だと息を荒らげて近寄れば、やはり同じく固まってしまった。 大切な子供達は、猪頭の謎の生き物と楽しそうに遊んでいた。 目が点になるのも仕方がない。 そんな両親に気づいた無一郎が 「何してるの?」 時に子供は無情である。 という妄想でした。 増えましょズンビッパ 書きましよズンビッパ ズンビッパはええぞズンビッパ.

次の

「なぜ迎えに来ない」怒鳴った総長 パワハラ理由に解任:朝日新聞デジタル

伊之助 無 一郎

そんな彼もお館様であるの前では、他の「柱」同様に礼節を尽くしており、と一悶着起こして退席しようとしない炭治郎には、「お館様のお話を遮ったら駄目」と指弾術らしき技で玉砂利を浴びせて追い払った。 行動基準は自身の考える優先事項に基づいており、に対しては相手が何者だろうと容赦のない言動を取り、場合によっては実力行使も辞さない。 「一人を守って時間を浪費するよりも、数十人の命を守る方が先」・「責任の重い柱とそれ以外の人間との時間の重さは平等ではない」と言った冷静で合理的な思考をする反面、物言いに遠慮や気遣いが無く、人との接し方に難がある。 炭治郎曰く 「正論だけど配慮に欠けていて残酷」。 ただ、これらの言動はあくまで「の魔の手から人命を守る」という鬼殺隊の理念に則ったうえでのものであり、自己中心的・利己的な性格というわけではなく、匂いで感情を読み取る炭治郎も悪意を一切感じることはなかった。 いささか過激な一面こそあるものの、無辜の民を守る鬼殺隊としての使命感・正義感は強く、 鬼の攻撃から非戦闘員を庇う際には躊躇いなく自身を盾にするなど、幼いながらも鬼殺隊の柱として相応しい人物。 また、お供の鎹鴉によると、 の使い手の末裔であるらしく、その実力は未だに未知数。 一方で、過去に何らかの理由によって となっており、さらに頭に霞がかかったように物事をすぐに忘れてしまう後遺症を負っている。 での炭治郎の処遇についての態度も、どうでもいいからというよりは本当に忘れてしまうためだったと思われる。 そのため 「失った記憶は必ず戻る 心配いらない」と励ましてくれた産屋敷の存在を心の支えにしており、彼が認めてくれた柱としてその責務を果たすという意思がとても強い。 炭治郎との会話のとあるやり取りで一瞬年相応のリアクションを見せ動揺したこともあり、彼の一見すれば冷たい性格は、記憶を失ったことによる副作用かもしれない。 また、これも記憶喪失の影響か一人称が 「僕」と 「俺」で安定せず、時折急に口調が荒々しくなる場面も見受けられる。 能力 華奢な見た目とは裏腹に、柱の称号に相応しく身体は極限まで鍛えぬかれ引き締まっている。 「刀を手にしてから二ヶ月で柱となった」の言葉通り生来の天才肌ではあるが、その才能を十全に活かすための鍛錬は欠かさない秀才。 本人の気性からか無駄を嫌い、鍛錬にしても剣筋にしても効率よく最適な動作で無駄のない行動を好む。 鎹鴉の中では珍しいメスの烏。 名前は 「銀子」(19巻のおまけページにて)。 マツゲが長い。 主人である無一郎に対して のような愛情を向けており「 アノ子ハ天才ナノヨ!!アンタ達トハ次元ガ違ウノヨ ホホホホ!!」と ウチの子自慢を繰り広げ、無一郎が日の呼吸の使い手の子孫であることを炭治郎に明かした。 記憶の遺伝について語る炭治郎を「非現実的ィ」と真っ向から否定したが、 正直言葉を話す烏の方がよっぽど非現実的である。 匂いで感情を読み取れる炭治郎からは「(無一郎と比較した上で) あの烏は全力で悪意あるな…すごい下にみてる俺を」と語られていた。 炭治郎の烏とはすこぶる仲が悪く、 「したっぱ」と罵るのに対し 「まつ毛ブス」と言い返されていた。 過去 希代の天才剣士である無一郎だが、生まれは剣士でも何でもなく、で生計を立てていた。 人里離れた山の中に住むごく平凡な家庭だった。 しかし、無一郎が10歳の時に事故や病で父母が相次いで亡くなってしまう。 11歳にして両親を失ってしまった無一郎は、その後唯一残った肉親である 双子の兄・とともに暮らすことになった。 兄は無一郎と瓜二つの外見をしていたが性格は正反対で、言葉がきつく冷酷だった。 「情けは人のためならず 誰かのために何かしてもろくなことにならない」 「人のためにすることは巡り巡って自分のためになるって意味だよ」 批判する兄を弟が嗜める。 この会話は106話での炭治郎とのやりとりと酷似しており、無一郎の動揺はこの過去に触れたためと思われる(結果的にこの言葉がきっかけで小鉄を救うこととなり、記憶が甦る道筋を作った)。 双子の家をが訪ね、自身の家系を 「始まりの呼吸の子孫」であると伝え鬼殺隊に誘うが、有一郎が追い返す(余談だが、他の隊士達は基本的に自ら志願して鬼殺隊に入隊しており、産屋敷自らが勧誘にくるのは異例)。 無一郎は話に乗りかけるも、有一郎は激高。 双子は次第にすれ違い、口を聞かなくなってしまう。 その後も足繁く通うあまねを有一郎が追い返し続け、ある日、彼女に水を浴びせたことで喧嘩したのが時透兄弟の最後の会話となった。 夏の熱帯夜に戸を開放していた双子の家を鬼が襲撃した。 兄に致命傷を負わせた鬼の 「いてもいなくても変わらないようなつまらない命なんだからよ」の言葉に未だかつてない激しい怒りを覚えた無一郎は我を忘れ恐るべき力で鬼を返り討ちにする。 日が明けるまで応戦した結果、日光により鬼は消滅。 有一郎は今わの際で弟の無事と安寧を神仏に祈り、 「無一郎の無は無限の無」という言葉を残し逝った。 そして無一郎は産屋敷に救護されるまで、 目の前で最愛の兄に蛆が湧き腐っていく様を自分の体にも蛆が湧きながら死の淵で見続けた。 この出来事で心身ともに深いショックを受けた無一郎は記憶喪失となり、更に新しいことを覚えていることもままならない状態となってしまった。 そのまま産屋敷家に保護され、上述したように鬼殺隊に入って僅か二ヶ月という驚異的なスピードで柱となった。 それは天賦の才能に加え記憶を失ってなお煮えたぎる怒りによって、 包帯も取れない重傷の身で血反吐を吐く程自分を鍛えて叩き上げたからである。 記憶を取り戻した無一郎はかつて記憶喪失だった頃の自分を 有一郎に似ていた気がすると語っている。 過去回想の際に初め自分は一人っ子であったと思い込んでいた節があるため、有一郎と自分を同一視していた可能性がある。 本来の彼は、他人のために無限の力を引き出すことができる優しい性格をしており、そういう意味では炭治郎と似た性格であると言える(118話ではそんな彼の過去や本来の性格が明らかになり、覚醒して炭治郎と似たような痣を発現させたため、 まるで主人公のようだという感想が多く散見された)。 記憶を取り戻した後でも無一郎の一人称は「俺」と「僕」で混在しているが、以前のような不安定さは見られず、双子どちらの要素も併せ持つ性格となった。 また、記憶を取り戻した後は瞳にハイライトが描かれるようになっている。 無一郎の父親は炭治郎と同じ 「赤い眼」をしており、外見も似ているため、時透家とには何らかの繋がりがあるのではないかと言われている(ただ、炭治郎の瞳が日輪のような形なのに対して、時透父はのような形をしている)。 ネタバレA 無限城内部での対「」戦。 ネタバレB。 ネタバレA 第165話にて"の壱"・と対峙。 その際、 彼の末裔であることが明かされた。 また、黒死牟()とその弟・(竈門家に神楽と耳飾りの継承を約束させた)は時透兄弟と同じ 双子の兄弟であったことが明らかとなった。 縁壱は子孫を残していないため、 無一郎が日の呼吸の剣士の血を引く最後の一人ということになる。 柱の中で一番才覚に恵まれているであろう無一郎がを発現した状態でも黒死牟には歯が立たず、 左手首を斬り落とされた上に磔にさせられるが、駆け付けた、、により何とか危機を脱する。 しかし、宇髄の様に体格に恵まれていない無一郎ではこのままいくと失血死は確実だったため、玄弥に 「俺が上弦の壱の動きを止めたら俺ごと撃っていい」と頼み捨て身の特攻に臨む。 無一郎が を感知し始め、刀を胴に突き刺し、更ににより黒死牟は動きを封じられ形勢逆転かと思われたその時、黒死牟の全身から刃を出し全方向へ斬撃を飛ばすというまさかの反撃を喰らい、無一郎は 上半身と下半身を切断されてしまう。 本来なら即死でもおかしくなかったが、勝利への執念を燃やす無一郎は意地でも刀から手を離さず、死に瀕した際に発揮される万力によって 赫灼の刃を発現。 黒死牟に致命傷を与える事に成功する。 何とか戦いには勝利したが、その時にはもう無一郎は事切れていた。 そして彼は、兄の有一郎と再会を果たす。 「無駄死にだ こんなんじゃ何の為にお前が生まれたのかわからないじゃないか」 「僕は 幸せになる為に生まれてきたんだ」 19巻にてキメツ学園の設定が兄の有一郎共々明かされた。 中等部2年の銀杏組(有一郎)と里芋組(無一郎)。 将棋部所属(プロ棋士間近としてTVにも出演済み)。 女性人気が飛ぶ鳥を落とす勢い。 2人共自分達の運動神経が良い事には気付いていない様子。 有一郎は頭の回転が速く何でもそつなくこなせるが、驚くと固まるタイプなので突発的に何か起こった時に反応するのは、一見おっとりしている無一郎の方だったりする。 先日もに踵落としを、電車に出たにパンチを喰らわせたとの事。 余談 公式ファンブックの初版では出身地がと同じ大岳山とされていたが、公式Twitterにて、間違いであったことが作者の吾峠呼世晴先生によって謝罪のイラストと共に語られた。 その際に掲載されたは、未だかつて無い程の陽気なノリで絡む2人と「ズンビッパ」という謎の擬音。 誤植よりもそちらの方がインパクトが強く、一部の読者を騒然とさせた。 この擬音から、無一郎と伊之助のコンビをと呼ぶファンが増えた。

次の

ズンビッパ組 (ずんびっぱぐみ)とは【ピクシブ百科事典】

伊之助 無 一郎

勢いに任せて書いた物なので誤字脱字や文章を書く事に慣れていないのとスマホでの打ち込みの為大変読みづらいです。 セリフもほとんど無いです気をつけて!! 鬼滅はね、いいよ面白いの。 炭治郎も好きだし禰豆子ちゃん可愛いよ善逸は私の推しだし伊之助は頭をわしゃわしゃしたいし義勇さんはもう幼女だししのぶさんは美しい煉獄さんは涙無しには語れない宇髄さんは嫁さん想いのええ男や無一郎くんは最年少でよう頑張ってる!蜜璃ちゃん本当にキュンキュンしちゃう!不死川さん幸せになって欲しいし伊黒さんは蜜璃ちゃんを幸せにして欲しいし悲鳴嶼さんはかっこいい!! たしかに!! 本編には一切の絡みはないが!! それでも!! 先生が与えてくれた!! ネタに食いつかんでどうする!!!! となった結果ネタが浮かんだので慌てて書きました。 これをきっかけにズンビッパ増えようよズンビッパ• 伊之助の住んでた山と無一郎の住んでた山が一緒だったif 時透一家は木こりの仕事を生業としている。 その為の山の奥深くで生活しており稀に野生の動物に遭遇する事も珍しくない。 なのでまだ幼い双子の兄弟、有一郎と無一郎は自分より大きな獣と遭遇しても声を荒げない自信があった。 山で生活してる以上身を守る為の方法を幼いながらも知っていたからだ。 しかし、さすがに未知の遭遇は許容範囲を超えるらしい。 二人の目の前には頭が猪、身体が人間の生き物。 「「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ!!!! 」」 これが伊之助五つ、時透兄弟四つの頃の出会いであった。 この日有一郎と無一郎は二人で家から少し離れた所で遊んでいた。 両親は忙しそうだったので暇をしていた二人は少手伝いとして森の幸を集めていた。 因みにまだ幼いため母親の目の届く所までと約束させられた。 ただ、それでもまだ幼い二人は集中力が切れた頃に遊び始めてしまった。 母親もそれを見越してか遠出を禁止したのだが。 二人は楽しそうに遊び回っている。 しかしふと遊んでいるうちに家から離れてしまった事に気づいた。 さすがに不味いと家に戻ろうとした時、草むらが音をたてて揺れた。 二人は木こりの家の者だ。 山で暮らす以上獣と遭遇する事も珍しくない。 もし、獣と遭遇した場合の事など父親から厳しく聞かされていた。 揺れる草むらに決して目を背けずに息を潜める。 二人は身を寄せ合いながら緊迫した空気が流れる。 その時草むらから勢いよく影が飛び出した。 どちらからか息を飲む音が聞こえる。 そして草むらから飛び出した生き物と目があった。 猪の頭と人間の身体。 てっきり獣だと思っていた二人は未知の生物に対して 「「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ!!!! 」」 叫んでしまうのは仕方の無いことだった。 ところ変わって時透家。 今この家には母親しかいなかった。 父親は仕事に出ていて、子供達は森の幸をとり終えた後外に遊びに出かけている。 元気なことはいい事だがまだ幼い為遠くに行かないように言い聞かせ母親は家の仕事をこなしていく。 どれほど時間がたったか、家事がキリのいい所まで終わりかけた時、 「「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ!!!! 」」 子供達の悲鳴が聞こえた。 急いで辺り見渡すと子供達の姿が見当たらない。 遊ぶ事に集中して家から離れてしまったようだ。 慌てて飛び出し子供達を探す。 すると遠くから父親の声が聞こえた。 どうやら仕事中の父親にもあの叫び声が聞こえたようだ。 必死に子供達の名前を呼ぶ。 しばらく探し回り出した頃、母親は少し開けた場所を見つけた。 そこには子供の頭が出ていたので急いでその場所に向かった。 「有一郎!無一郎っ!」 大切な子供達に駆け寄ろうとした時、受け入れ難い光景が目に入った。 思わず固まってしまうくらいには謎過ぎた。 遅れて父親もやって来た。 仕事道具の斧を担いで子供達の危機だと息を荒らげて近寄れば、やはり同じく固まってしまった。 大切な子供達は、猪頭の謎の生き物と楽しそうに遊んでいた。 目が点になるのも仕方がない。 そんな両親に気づいた無一郎が 「何してるの?」 時に子供は無情である。 という妄想でした。 増えましょズンビッパ 書きましよズンビッパ ズンビッパはええぞズンビッパ.

次の