ロスト ディケイド パーティー。 【ロストディケイド】運営チームと3本勝負!(キャロライン編)|ゲームエイト

先行プレイとβテストトッププレイヤーの声から見る『ロストディケイド』のプレイ最適解! [ファミ通App]

ロスト ディケイド パーティー

ロストディケイド|ロスディケのゲームシステム・魅力 スマホアプリ『ロストディケイド』ってどんなゲーム? ブシロードが放つ、世界を一つにするRPG『ロストディケイド』は、放置系のスマホアプリゲームだ。 登場するSDキャラクターも可愛く、やり込み要素も豊富なので飽きがこない仕上がりとなっている。 情報を集めると放置RPGじゃなくなる バトル・ゲームシステムは大きく分けると2種類存在する『ロストディケイド』 1つは一般的な放置系のゲームと同様、放置しておくとお金やら経験値が貯まり、ボスに勝利すると次のステージに進むというもの。 一方、もう1つのモードがかなり新しいシステムとなっており、『ロストディケイド』の魅力の一つとなっている。 ちょっと違うかもしれないが、 『風来のシレン』のようなイメージのダンジョン探索が行えるのだ! とはいえ、ローグライクではないので、マップがランダムではなく決まっていたりはする。 クエストをクリア後に探索などができるので、パーセンテージによって追加報酬などを獲得できるのだ。 ロストディケイドの装備やルーンシステム キャラクターは武器などを装備することで、キャラステータスを強化することができる。 なお、使わなくなった装備は分解すると、魔法の砂を獲得できるのでさらにやり込み要素がプラスされる。 魔法の砂をルーン錬成に投入することによって、 一定確率でルーンを生成することができるのだ。 ルーンは装備に装着させて、さらに装備を強化…ひいてはキャラを強くすることができるので、育成RPGが好きな人にはたまらない機能だ。 ちなみに、ルーン生成は一定確率と前述したが、ルーン錬成は失敗することもある。 精錬レベルが上がればルーン生成の成功率や上級ルーンなどを作れるようになるので、コツコツとルーン生成をしていくのが大事だ。 ロストディケイド|ロスディケの攻略 全てを同時進行でこなしていく 『ロストディケイド』は非常に豊富なコンテンツが存在する。 地図や競技場、クエストなどのバトルシステムやルーン聖殿、キャラ強化などの育成システム。 本作はほぼ全てのコンテンツを同時に行えるので、攻略のコツとしては とことん効率良くコンテンツを回していくことだ。 地図・闘技場でオートバトルを行いながら、手動でクエストをこなしつつ、手が空いたらルーン合成やキャラ育成をしていこう。 レベル上限を上げていく キャラのパーティーは3人まで編成することができ、自分の好きなキャラクターを組み合わせて最強パーティーを作り上げていく。 と、ここまでは一般的なRPGと同じシステムだが、『ロストディケイド』のキャラレベル上限は 序盤は全キャラ10レベルまでと決められている。 なお、レベルを最大まで上げると、お金を消費してさらにキャラクターレベル上限を突破することができるシステムだ。 キャラクターを突破させると、他にもメリットがある。 新しいスキルを覚えるのはもちろん、スキルの順番などを変えることもできるのだ。 キャラの欠片で覚醒しよう 『ロストディケイド』のガチャシステムは、酒場にはキャラクター本体や欠片などを当てることができる。 ちなみに、キャラの欠片は酒場だけでなく、ショップでも購入することができるので覚えておこう。 なお、キャラの欠片を消費すると 覚醒でステータス強化などを行うこともできる。 よって、必ずしも星3キャラが最強とは言えないところも面白い。 課金するのか、無課金でプレイするのか、それによって育成していくキャラも決まってくる。 自分にあったキャラを育成していくことで、よりゲーム攻略がしやすくなるだろう。 ロストディケイド|ロスディケのリセマラおすすめキャラ紹介 ロストディケイドのイザベラ イザベラがリセマラ大当たりとなっているのは、サポートキャラとして非常に優秀だからだ。 リセマラで1点狙いをする場合、かなり確率は厳しいが、もしも当たったらリセマラ即終了で良いだろう。 キャラ突破後に覚えるスキル• 天使への請願:敵全体にダメージ 自分・味方が同時に神聖系スキルを使用している場合、 1個 ロストディケイドのエリオット エリオットがおすすめ理由としては、ずばりタンクキャラということ。 なお、星3キャラ唯一のタンクとなっているので、リセマラ即終了クラスだ! 『ロストディケイド』は放置系のRPGなので、盾役は重要なのは言うまでもない。 エリオット単体では少々攻略しずらいかもしれないが、リセマラ当てておいて損はないだろう。 キャラ突破後に覚えるスキル.

次の

【ロストディケイド】リセマラガチャ最強当たりキャラランキング

ロスト ディケイド パーティー

『ロストディケイド』は仲間を集めて自分だけのパーティーを編成し、放置した分経験値やアイテムがたくさん獲得できる放置型RPGです。 ブルースタックスを使って『ロストディケイド』をプレイするメリット ブルースタックスは最新のテクノロジーを駆使して開発された高機能Androidアプリプレイヤーとなっており、ほぼすべてのAndroidアプリをPC上で立ち上げることができます。 PCの大画面でお気に入りのアプリを高画質でプレイできるのはもちろん、スマホより高いパフォーマンス、操作性、便利な機能の数々を手に入れることができます。 また、最近のスマホアプリはクオリティの高さからバッテリーの消耗が非常に激しく、充電切れやバッテリーへの負担、高負荷による突然のアプリの停止などといった問題が懸念されますが、ブルースタックスを使うことにより、それらの悩みから解放された完全ストレスフリーのゲームプレイ体験が実現可能です。 『ロストディケイド』はバトルシーンはSDキャラで進行することもあり、スマホではあまり重くない分類のゲームです。 「放置型」ということもありPCで遊ぶブルースタックスとの相性はどうなのか気になるユーザーもいるとは思いますが、他の作業をしながら起動して放置といった遊び方もできるため、息抜きとしてゲームを遊びたいというユーザーにおすすめのゲームとなっています。 ブルースタックスで『ロストディケイド』をダウンロード&インストール 初めてブルースタックスをご利用される方は、の公式サイトからブルースタックスの最新版をダウンロードし、インストールを行ってください。 また、過去のバージョンをお使いの場合は、最新版へのアップデートを行ってください。 ブルースタックスを起動後、検索バーに『 ロストディケイド』と入力するか、のストアよりゲームをダウンロード、インストールしてください。 放置した分だけ強くなる!サクサクプレイでゲームを進めていこう ロストディケイドは「放置型RPG」となっており、ゲームを起動していない間も経験値・お金・装備をゲットすることができます。 仲間となる団員の装備を整えたりスキルのレベルを上げたりといった作業は必要ですが、戦闘は全て オートプレイ。 編成したキャラクターは自由にスキルを使ってどんどん敵を倒していきます。 こちらが指示をする必要がなく、味方は自動で敵と戦う ゲームを閉じている間は起動時に獲得した報酬などを確認できる 設定していた戦場によっては、装備品を獲得できる場合もあります。 ただし、場所によっては装備品がどんどん溜まってカバンがすぐにいっぱいになってしまうため気を付けましょう。 キャラクター画面からは獲得した装備を仲間に装備させたり、仲間のレベルアップが可能です。 今持っているものより強い装備を獲得できたら、仲間に装備させ戦力を強化していきましょう。 プレイヤーのレベルが上がれば一括装備の機能も開放される 『ロストディケイド』は放置している間に経験値を獲得でき、プレイヤーのランクはすぐに上がりますが、キャラクターのレベルは経験値アイテムを使うことで上げることができます。 経験値アイテムは戦闘をしていればどんどん溜まっていくので、仲間のレベルアップも忘れずに行っていきましょう。 先に進むほど敵も強くなり、戦闘力が足りないことも そんな時は仲間のレベルを上げていこう クエストをこなして冒険者レベルを上げよう お金や装備品は戦闘でのドロップの他に、クエストを達成することでもゲットできます。 クエストで消費する 「情報値」は戦闘中に溜まっていきますが上限があるため、なるべく消費してクエストをこなしてみましょう。 左上の冒険者レベルが上がっていくと、難易度の高い依頼も受けられるようになる クエストはその場ですぐに終わるものもあれば、ダンジョンに行き目的のモンスターを狩る、目的のアイテムを手に入れるといった内容のものもあります。 フィールドには宝箱が落ちていたり、強い装備を守っているモンスターがいたりなど、寄り道要素もあります。 ミッションをクリアすればすぐ街に戻れますが、時間がある時は寄り道をしてアイテムや装備を探してみるのもおすすめです。 探索をすれば思わぬお宝があるかも? 探索では普段は操作できない「団長」を操作して進んでいく 先が気になるストーリーはコミックで表現! 冒険を進めていくとシナリオが開放されますが、シナリオは 佐藤夕子先生による漫画で表現されています。 ブルースタックスでは他の操作と同じくマウスを使って簡単に読めるため、電子書籍で漫画を読んでいるような感覚で進めていくことができます。 どのように物語が広がっていくか気になる展開となっている 基本操作は全てマウスでできることもあり、ちょっとゲームをしたい時に、他の作業と並行しながらゲームを開いたりなど、放置型ゲームではあるものの『ロストディケイド』はブルースタックスで遊びやすいゲームとなっています。 ぜひ、ブルースタックスを通じて『ロストディケイド』の世界を攻略してみてください!.

次の

【ロストディケイド】おすすめパーティ編成【ロスディケ】

ロスト ディケイド パーティー

キャラにはタイプの他に属性が存在し『武勇(赤)』『技巧(緑)』『才知(青)』『聖業(黄)』『冥闇(紫)』の五属性が存在します。 武勇・技巧・才知は三すくみになっており、武勇は技巧に強く、技巧は才知に強く、才知は武勇に強いという特性を持っています。 聖業と冥闇は『同属性の場合はダメージ減少、異属性の場合はダメージ増加』という相互関係となっています。 キャラには武器・鎧・靴・アクセサリーの四つの装備を付けることが可能で、攻撃力・HP・防御力が上昇します。 武器は攻撃力に、鎧と靴は防御力とHPに、アクセサリーは三つ全てに大きな上昇効果があります。 これらの装備には『ルーン』と呼ばれる装飾品を二つまで装着することが可能で、装備ほどではありませんが各能力を上昇させる効果があります。 ルーンには様々な種類があり、合計8つのスロットに装着する種類によって『セット』と呼ばれる特殊な効果が二つまで発生します。 セットには『汎用』と呼ばれる全てのキャラに共通する組み合わせと、『特殊』と呼ばれるキャラ固有の効果を発揮する組み合わせが存在します。 これらキャラ・装備・ルーンを組み合わせて、オートで行われる戦闘を優位に進めるのがロストディケイドの戦闘システムです。 ストーリーは コミック形式になっており、大都市メサイアに設立された冒険者協会を中心として、プレイヤーの分身である『団長』の視点から物語が展開されていきます。 ストーリーはコミック形式で読み進められる このゲーム内の世界観設定を唯一、垣間見ることができるコンテンツであり、読むことでゲーム内の用語や、キャラのバックストーリーなどを知ることができます。 これらは『紀元物語』という名称となっており、ロストディケイドをプレイしていくと順次解放されていく仕組みとなっています。 ロスディケの魅力について ロストディケイドの魅力は俗にいう『放置ゲー』と『戦略性の高い戦闘システム』にあります。 このゲームは様々な媒体で放置ゲーであると宣伝されていますが、 実際には『放置をしないと、基本レベルを上げる経験値やクエストを受ける為の情報値が回復しない』仕様となっています。 基本レベルはキャラの上限解放やコンテンツの解放条件であるので、プレイをしていなくても勝手にそれらのコンテンツを解放してくれるという点が魅力的です。 レベルに応じて様々なコンテンツが解放されます また『地図』と呼ばれるマップの20ヵ所に存在する『地点』に居るボスを順に倒していくメインコンテンツをプレイすることでも上昇します。 地点のクリア時に少量の経験値と情報値が入る他、地点をクリアしていくことで放置で手に入る経験値・情報値・資金が上昇していきます。 また、放置ゲーのジャンルにしては、非常に戦略性の高い戦闘システムも、ロストディケイドを語る上では欠かせない要素です。 序盤であれば適当にキャラや装備、ルーンを強化していけば楽に進んでいくのですが、一定レベルを超えた辺りからタイプや属性を考慮しないと先に進めなくなります。 戦闘システム自体は、キャラ毎に設定されている3つのスキルをターン毎に発動するだけなのですが、これらに装備や属性が絡むことでシミュレーションゲームの様な戦略性を要求されます。 改善してほしい点 改善して欲しい点は、コンテンツが多過ぎる上に説明が少ない為、それらのチュートリアルが欲しいこと。 また、紀元物語が少なく、せっかくの壮大な世界観がイマイチわかりにくいといったところです。 特にコンテンツの説明不足はかなり不便であり、最初は秘境の間やイベントクエストなど、多くのコンテンツの遊び方が分かりませんでした。 今後、こういった要素の説明をもう少し詳しく行うように改善するべきだと考えます。 無課金でも楽しめる? 課金は現在していませんが、ガチャシステムが良心的なので欲しいキャラが実装された場合は課金しようと考えています。 イベントなどで10連ガチャ券を配ることも多いので、現状そこまで課金を気にしなくてもキャラを入手できる良心的なシステムとなっています。 お気に入りのキャラ 私の個人的な推しキャラは 『パンドラ』です。 パンドラ SDキャラver 攻撃力の高く、全体攻撃持ちな上に、味方の前衛がダメージを受けると『冥府の怨嗟』と呼ばれる効果を自身に付与します。 これは最大20回まで付与することが可能で、3ターン目に発動する『亡者のワルツ』を使用することで冥府の怨嗟を全て消費。 消費した数と同じだけの紫色の光弾が、敵に向かって弾幕の如く発射され、ランダムな対象に20回ダメージを与えます。 ダメージ量もそうですが、20個の光弾が敵に向かってばらまかれ、敵が倒れていく様は、何とも言い難い迫力と美しさがあります。 また、声優がかの有名な 『悠木碧』さんであることも、推している理由の一つです。 これから始める初心者さんへのアドバイス これからロストディケイドを始める人へのアドバイスですが『リセマラの恩恵が薄いので、早く始めること』です。 ロストディケイドはどのキャラも最高レアリティにすることができるので、 リセマラは必要ありません。 その他に、ロストディケイドには『覚醒』と『突破』という2つのキャラを強化する方法があることも、リセマラをお勧めしない理由の一つです。 『覚醒』は他のソシャゲと同じように、ガチャのハズレや、キャラをダブらせることで入手可能なキャラの『欠片』を一定数使用して、キャラのレアリティをアップさせる強化方法です。 キャラ共通の覚醒アイテム 『突破』は各コンテンツを遊ぶと手に入る『証』を使用して、キャラのレベル上限を上げることの出来る強化方法です。 覚醒はキャラの能力が上がる他に、各スキルの効果を上昇させる『スキルポイント』を入手することができます。 ですが、能力の上昇幅としては突破で上がるレベルでの上昇分の方が大きく、闘技場などで上位を目指さない限り、覚醒をしなくても突破を行えば現状、十分先に進むことが可能です。 また『神秘たる英雄の証』という、どのキャラの覚醒にも使用可能な欠片が、ガチャのハズレやショップで手に入るので、それを利用して覚醒が可能と言うのも、リセマラの意義を薄れさせています。 ロストディケイドの評価まとめ ロストディケイドの評価 ストーリーの良さ 3. 0 操作性の良さ 3. 0 遊びやすさ 3. 0 グラフィックの良さ 3. 0 音楽の良さ 3. 5 戦略性の高さ 5. 0 おすすめ度 4. 0 \この記事で紹介したアプリ/.

次の