平戸 世界遺産。 世界遺産 平戸・春日集落の拠点施設「かたりな」

平戸市の世界遺産候補地|HIRADOじかん情報|文化・スポーツ|長崎県 平戸市(ひらどし)ホームページ

平戸 世界遺産

田平天主堂は、世界文化遺産エリア内の教会堂ではありませんが、世界文化遺産に関連する重要な文化財として、多くの皆様にご訪問いただいている現状を踏まえて、同様に事前連絡をお願いしています。 田平 たびら 教会は、1886年以降、黒島と出津 外海 から移住して来た信者が造り上げた。 両地域とも潜伏キリシタンが多かったが、明治になってカトリックに復帰し、フランス人神父が常駐して教会も建てられた。 その後、人口が増えると、神父が田平に土地を購入して数家族が移り、次第に移住者が増えていった。 最初は民家を仮聖堂としていたが、本格的な教会の建設を計画する。 信者の積立金に県内各地での募金やフランス人篤志家の大口寄付を加えて資金を調達し、信者の献身的な労働奉仕により、1918年に念願の教会ができた。 設計施工は鉄川与助で、多彩なレンガ積み手法、ススを塗った黒レンガによる装飾など、与助のレンガ造教会の最高峰とも言われる。 正面には八角形のドームを頂く鐘塔がそびえ、内部のリブ・ヴォールト天井も本格的である。 教会は、平戸瀬戸を見下ろす高台に立地する。 司祭館や門柱、石段、石垣などが残り、周囲には墓地や畑が広がるなど、歴史的環境がよく保存されており、2003年に国の重要文化財に指定された。 田平 たびら 地区は、平戸瀬戸をはさんで平戸島と向かい合う。 このため、平戸との関係が強く、松浦党の流れを汲む峯五郎披 ひらく が田平に「里城 さとじょう 」を築き、一帯を支配した。 その後、松浦党内では平戸松浦氏の勢力が強くなり、1192年に里城は平戸松浦氏の支城となった。 キリスト教との出会いは、松浦隆信の重臣である籠手田 こてだ 氏が1557年に洗礼を受け、平戸一帯に布教が進んだころ、田平にも拡がったとみられているが確証はない。 潜伏キリシタンについての記録は少ないが、文久 1861年~ のころ、武士の西村国作が役人に見破られ、長崎の稲佐に逃れたという。 また、1873年にキリシタン禁制の高札が撤去されたころ、田平では10戸の信者が確認されたが、当時は信者を見る周囲の目が厳しく、翌年に部落が用意した小舟で追放されたとの話も残されている。 現在の田平教会のルーツは、明治時代、主に黒島と出津からの入植者である。 佐世保の九十九島の一つである黒島は耕地が狭いため、黒島教会のラゲ神父は新天地を求め、1886年に田平の横立 よこたつ に土地を購入し3家族を移住させた。 同年、外海・出津教会のド・ロ神父も同所に土地を求め、4家族が入植。 1888年江里山に3町3反余の山林を買い求め9家族を移住させたが、うち1家族は大村へ転出した。 1893年には現教会周囲の瀬戸山に出津教会から3家族が移った。 その後、広々とした田平は開拓地として有望であるとの話が広まり、自発的に移住する者も増え、次第に集落を形成していった。 当初は、小麦中心の農作であったが、そのうち夜間に漁にも出るようになったという。 瀬戸山地区に信者が増えると、民家を仮聖堂とし、1903年には出津の伝道士・中村近蔵の寄付を得て増築した。 1914年に初の主任司祭として着任した中田藤吉神父は、本格的な教会の建設を決意する。 これまでに積み立てられた建築資金を基に、五島、紐差 ひもさし 、長崎等から募金を集め、紐差教会のマトラ神父の協力でフランス人篤志家からの大口寄付を得て、建設に着工する。 途中、敷地工事中に作業場が崩壊し、6人が生き埋めとなって2人が死亡する悲劇に見舞われたが、1918年に念願の新教会が完成した。 設計施工は鉄川与助。 与助最後のレンガ造り教会で、レンガ積手法もイギリス積みを基本に変化をもたせ、濃色煉瓦を小口積みにし装飾的に配置することで、複雑で美しいデザインになっている。 正面には八角形のドームを頂く鐘塔を配し、鉄川のレンガ建築の最高峰とも称されている。 内部のリブ・ヴォールト天井も本格的で、本祭壇の天使像は黒島教会から贈られた。 1931年にはフランスからアンジェラスの鐘を取り寄せている。 教会は、平戸瀬戸を見下ろす高台に立地する。 司祭館や門柱、石段、石垣などが残り、周囲には墓地や畑が広がるなど、歴史的環境がよく保存されている点も貴重で、2003年、国の重要文化財に指定された。

次の

【世界遺産】長崎県平戸市の春日集落へ!案内所・駐車場情報まとめ

平戸 世界遺産

平戸の聖地と集落 キリスト教が伝わる以前から信仰された山やキリシタン信仰に基づく島を拝むことによって信仰を実践した集落です。 「平戸の聖地と集落」は、(春日集落と安満岳)および(中江ノ島)の2か所で構成されています。 <構成資産の概要> 「平戸の聖地と集落」は、潜伏キリシタンが何を拝むことによって信仰を実践したのかを示す4つの集落のうちのひとつです。 禁教期の春日集落の潜伏キリシタンは、禁教初期にキリシタンの処刑が行われた中江ノ島を殉教地として拝み、聖水を汲む行事を行う場とするとともに、キリスト教が伝わる以前から山岳仏教信仰の対象であった安満岳なども併せて拝むということによって信仰を実践しました。 解禁後もカトリックに復帰することはなく、禁教期以来の信仰を実践し続けましたが、現在では個人的に信仰具を祀る程度になっています。 平戸の聖地と集落(春日集落と安満岳) 禁教期に組織的にキリシタン信仰を継続した集落です。 キリシタン信仰と並行して、神仏や、安満岳、川の神などの身近な自然を崇敬する信仰形態を育みました。 <概要> 現在、春日集落では「かくれキリシタン」としての行事は行っていませんが、安満岳や神社、仏像などを併行して祀りながら、家屋内に祀られた納戸神や、キリシタン時代に墓地や十字架が存在した山を聖地として守り、密かに信仰をつないできました。 春日集落は、アルメイダ神父が1561年に書いた手紙の中で「海にも陸にもたいへん見晴らしのよい、風通しのよい信心深い土地に教会堂が建っている」ことが書かれています。 また、発掘調査ではその当時のキリシタン墓の跡が見つかるなど、見た目には分かりにくいのですが、その歴史的な価値を土地に刻んできました。 平戸の聖地と集落(春日集落と安満岳) 撮影:日暮雄一 平戸の聖地と集落(中江ノ島) 中江ノ島は、平戸の「かくれキリシタン」にとって岩からしみ出す水を採取し、聖水とする「お水取り」を行う大切な場所です。 中江ノ島で聖水を取ることは、主に生月島の信者によって行われましたが、春日集落からも中江ノ島に対する信仰がありました。 平戸の聖地と集落(中江ノ島) 「潜伏キリシタン」と「かくれキリシタン」 禁教時代に信仰を密かに続けた人びとを「潜伏キリシタン」、禁教が解かれた後も、それまでの信仰のしかたを継続した人びとを「かくれキリシタン」と呼んでいます。 納戸神(なんどがみ) キリスト教に由来する祭具などを、家屋の納戸と呼ばれる部屋に密かにまつったことから、納戸神と呼ばれるようになりました。 関連ホームページ.

次の

平戸モデルコース 公共交通

平戸 世界遺産

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」は、キリスト教が禁じられる中で日本の伝統的宗教や一般社会と共生しながらひそかに信仰を続けた潜伏キリシタンの伝統(信仰継続のための信仰の秘匿や移住先の選択)の証しとなる遺産群です。 遺産群は、伝統の始まりから形成、維持・拡大の段階を経て、新たな信仰の局面の到来によって伝統が変容するまでの歴史を物語る12の構成資産からなり、大航海時代のキリスト教布教地の東端にあたる日本の中で、もっとも集中的に布教された長崎と天草地方の半島や離島に点在しています。 原城跡• 平戸の聖地と集落(春日集落と安満岳)• 平戸の聖地と集落(中江ノ島)• 天草の﨑津集落• 外海の出津集落• 外海の大野集落• 黒島の集落• 野崎島の集落跡• 頭ヶ島の集落• 久賀島の集落• 奈留島の江上集落(江上天主堂とその周辺)• 大浦天主堂•

次の