新型 肺炎 オリンピック 中止。 新型肺炎、次のシナリオは 日本社会が今準備すべきこと:朝日新聞デジタル

もう東京オリンピックは中止ってことですよね。新型肺炎が半年で治...

新型 肺炎 オリンピック 中止

中国中部の湖北省武漢市を中心に、新型コロナウイルスによる肺炎が広がっています。 世界保健機関(WHO、本部スイス・ジュネーブ)は23日、「緊急事態宣言」の見送りを決めましたが、今後、日本社会は何に備えておけばいいのでしょうか。 国際医療福祉大学の和田耕治教授(公衆衛生)が寄稿してくれました。 ヒトからヒトへの感染はあるということはわかりましたが、どの程度の感染性があって、パンデミックのように広がるのかはまだわかりません。 今後もしばらく、少なくとも数カ月は散発的に感染事例が報告されることが予想されます。 WHOは「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」の宣言を見送ることを決めました。 それでも今後、継続して審議がされるでしょう。 「必要以上に」恐れる必要はないかもしれません。 しかし、この機会に「もしかして」を想定して悪いシナリオをいくつか想定しておいたほうがいいと思います。 今回は、すでによく報じられている手洗いやマスクといった感染予防ではなく、社会にどういうことが起きえるのかをとりあげます。 2009年の新型インフルエンザの流行から11年。 もう、皆さんの記憶にあまりないかもしれない、当時の事例なども参考にしながら、三つの視点で考えてみたいと思います。 シナリオ1「国内のある地域で複数の感染者が報告される(流行初期)」 もしかしたら、最初の事例は、中国から来られた方からの感染拡大かもしれません。 または、そうした方は特定されず、日本在住者の間に広がってしまうかもしれません。 09年の新型インフルエンザの際には、初期の感染例は個人情報や所属(学校名や企業名)が特定され、誹謗(ひぼう)中傷がネット上に書き込まれたりしました。 ある学校では、生徒の安全確保という面で学校を休校にしないといけない事態にもなりました。 タクシーに感染者が乗っていたと報道され、「どのタクシー会社か」といった執拗(しつよう)な問いが自治体に対して行われたこともありました。 ここでの教訓は、自治体はあらかじめ、感染者が発生した際の個人情報の扱いについて確認しておくことです。 医療機関も職員の情報管理を徹底すること。 そしてメディアやそれを見る市民は、できるだけ冷静になっていただきたい。 11年前に起きたことを、令和の時代には繰り返したくはありません。 感染者の対応をした医療機関への風評被害もありえます。 感染者を診療したことが伝えられると、一般の患者の受診者が一時的に減り、経営にも影響します。 医療従事者やその家族は、感染源になるのでは、と偏見にさらされます。 特に初期は、医療従事者も不安の多い中で診療にあたっています。 医療従事者を大事にしないことには感染は抑えられません。 もし国内で死亡者が確認されれば、さらに不安が増大する可能性があります。 今からむやみに不安を募らせるのではなく、こうした意識を皆で作っておきたいものです。 シナリオ2「経済活動に影響がでる」 これまでの重症急性呼吸器症候群(SARS)やエボラウイルス感染症などの感染拡大により株価が下落するなどがありました。 また、15年に韓国で中東呼吸器症候群(MERS)のアウトブレークがあった際には、韓国の国内総生産が消費の低迷により6年ぶりの低成長となったそうです。 この時期に筆者は韓国に出張があり、現地にいました。 病院内での感染が主で、地域での感染拡大があったわけではなかったのですが、ソウル市内でも人が減り、訪問者も減り、経済への影響が大きいことを実感しました。 医療従事者以外の一般の人にできることは、具合が悪かったら外にでない(医療機関受診は除く)、手洗いの励行、人混みに行く際には感染リスクがあれば念のためマスクをするということです。 こうした時期には怪しい食べ物や消毒薬のようなものが出回ったりします。 また、マスクの買い占めなどがあれば不安になって、必要以上に買ってしまうようなこともあるかもしれません。 しかし、一般市民の方はN95マスクといった高性能マスクは不要です。 あったとしても正しく使えないことが多く期待される効果が得られません。 経済への影響をどのようにしたら最小限にできるかも、皆で考えておきたいものです。 シナリオ3「オリンピックは中止した方がいい?」 すでに中国の武漢でのボクシングのオリンピック予選が中止になったと報じられました。 今回の事例が、オリンピックのもう少し直前といった時期でしたら、非常に大きな影響があったかもしれません。 今後、この感染はどの程度続くのでしょう。 SARSは、02年11月に確認され、03年2月に感染が拡大しはじめました。 重症度も高かったのですが、患者を入院させることなどにより、03年7月5日には封じ込めに成功しました。 封じ込めまでに約5カ月かかっています。 16年のリオオリンピックの際は、妊娠初期に蚊が媒介するジカウイルスに感染すると、胎児に小頭症などの先天異常が出ることがブラジルで確認されました。 一時的に、オリンピックの場所の変更や延期について提言する人もいました。 09年の新型インフルエンザはパンデミックとなりました。 翌10年2月にはバンクーバー冬季オリンピックがありました。 その直前にも、オリンピックで感染を拡大させるのではないかという報道などがされました。 今後、東京オリンピックは中止や延期をした方が良いという論調も出てきてもおかしくないでしょう。 まだ不確定なことが多いです。 こうした論調があったとしても冷静に反応していくしかありません。 三つのシナリオを皆さんはどうとらえましたか。 過去の事例に学び、少しまだ余裕のある今から考えてみたほうがいいのではないでしょうか。

次の

東京オリンピックは中止!予言者の松原照子さんが断言したその内容とは!?

新型 肺炎 オリンピック 中止

新型コロナウイルスによる肺炎が国内で拡大。 東京オリンピック・パラリンピックへの影響が懸念されている。 感染経路が特定できないケースも発生し、国内での感染拡大が深刻化している。 政府の専門家会議座長で国際感染症研究所長の脇田隆字氏は、感染拡大への危機感からリモートワークの促進や時差出勤、不要不急の外出を控えるよう呼びかけた。 感染リスクを配慮し、人出が見込まれる催事やイベントの中止も相次いでいる。 宮内庁は17日、令和初の天皇誕生日(2月23日)に皇居で予定されていた一般参賀を中止すると発表。 3月1日開催の「東京マラソン」は、一般参加者枠を全面的に取りやめる。 もはや経済的な影響は不可避だ。 新型コロナウイルスの国内での広がりは、当初想定されていたリスクを上回る可能性が出てきた。 (写真はイメージです)市中感染が広がれば、国内旅行にも影響が出てくる可能性が高い。 com —— 国内では、観光業界やアミューズメント業界などが感染拡大を予防する措置を取り始めました。 市中感染が広がれば、国内旅行にも影響が出てくると考えられます。 イベントが中止になったり、消費者マインドとしても人混みを避ける動きがすでに出始めています。 サービス消費や旅行が控えられ、国内消費の下押し要因となりそうです。 —— でも、感染報道があったことで屋形船のキャンセルが相次いでいることがわかりました。 そうですね。 今後、特にアミューズメント施設やデパートなどへの影響が大きそうです。 実際に日本人の来店者数が減ってきており、人混みのあるところの実店舗の消費は落ち込みやすいです。 業種や企業によっては、壊滅的な被害を受けることも想定されます。 ライブやフェスなど、イベントに絡めて旅行を計画しようとしても、イベントが中止になるかもしれない……と考えると、新たな計画は立てにくいですから。 日本経済は9年ぶりマイナス成長の可能性 内閣府が17日に発表した2019年10~12月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除く実質で前期比1. 5四半期ぶりのマイナス成長だった。 出典:内閣府 —— 内閣府が17日に発表した2019年10~12月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除く実質で前期比1. 5四半期ぶりのマイナス成長でした。 この数字は新型コロナウイルスの影響が出る以前の期間のものですが、想定以上に落ち込みが大きかったという印象です。 要因としては、消費増税前の駆け込み需要の反動、大型台風や暖冬による消費の伸び悩みが考えられます。 そして、増税の反動減を受けて苦しい中、今度はそこに新型コロナウイルスによる肺炎のリスクがやってきてしまった。 通常であれば、1〜3月は反動でGDPの回復を見込みやすいのですが……。 インバウンド関連はもちろん、中国国内の消費が低下すれば、日本からの輸出が厳しくなりそうです。 また、日本企業では中国国内の拠点で部品を生産している企業もありますから、サプライチェーンの混乱も想定されます。 新型ウイルスのリスクが長期化すればするほど、中国向け輸出の減少は景気の下押し要因となり、経済への悪影響はさらに大きくなるでしょう。 世界のGDPと輸入額に占める中国の割合(左)と世界のコモディティ消費に占める中国の割合。 提供:大和総研 —— 免税店を全国展開するラオックスは、子会社と合わせて160人規模で希望退職を募集すると発表しました。 訪日外国人(インバウンド)需要の低下を受けて国内雇用にも影響が出始めました。 中国で新型肺炎の影響が長引けば、日本経済への影響はどうなるでしょうか。 中国国内での経済の落ち込みは、当初の想定より大きなものとなりそうです。 長期化すると他の国にも景気の悪循環が起こりうる可能性があります。 試算によってはSARSの時を上回る影響も想定されています。 中国だけではなく、他の国や地域でも新型ウイルスが広がったり、中国経済の失速に巻き込まれたりした場合は、日本経済にもさらなる打撃が想定されます。 2020年の実質GDP成長率も、東日本大震災があった2011年以来、9年ぶりのマイナス成長となる可能性もあります。 新型肺炎による日本経済への影響度と経済成長率見通し。 場合によっては日本経済はマイナス成長となるおそれも…。 提供:大和総研 —— 今後考えられる、リスクシナリオのポイントは。 なかなか読みづらいところがありますが、新型コロナウイルスのリスクがどこまで長期化するのかにかかってくることになると思います。 さまざまなイベントが中止されるなか、夏の東京オリンピック・パラリンピックへの影響も現実視されてきています。 もし中止が現実のものとなれば、期間中に見込んだインバウンド需要や国内の関連消費はなくなりますし、仮に強行してもお客さんが来ない可能性もあるわけです。 延期や中止になれば、消費マインドが低下し、家計の財布の紐が固くなる可能性も考えられます。 全ては新型コロナウイルスがいつ収束するかにかかってくることになると思います。 観光・アミューズメントなど各社の対応(2月14日取材) 「はとバス」(最新情報はへ) ・利用客向けのマスクを営業所窓口に設置 ・営業所カウンターのアルコール消毒 ・運転手・バスガイドなど乗務員のマスク着用 ・従業員の手洗い・うがいの励行 ・車内にアルコール(クレベリン)を設置 東京ディズニーリゾート(最新情報はへ) ・レストルームに消毒液を用意 ・キャスト(従業員)のマスク着用 ・キャラクターの着ぐるみなどと来場者が触れ合う一部の演出を取りやめ ・入園者数の変化については、取材に対し「特定期間の来場者数はお伝えしていない。 天気にも左右されたりするので、決算期までお待ちいただきたい」と回答 東京ドームシティ(最新情報はへ) ・来場者に手洗い・うがいの励行呼びかけ ・施設内に消毒液を用意 ・来場者数の変化については、取材に対し「詳細な数字はまだ調査中だが、影響はないとは言い切れない。 少なからず影響はあると思う」と回答 TOHOシネマズ ・手の消毒、手洗いと消毒 ・従業員のマスクの着用(義務ではなく、申し出があれば着用可) ・全ての劇場で来場者用にアルコールを設置 東京国立博物館 ・アルコールの消毒液を多めに設置 ・職員のマスク着用を許可 ・保管する予備マスクを職員に配布 ・国内の感染状況は注視しているが、今後爆発的に流行するなどの状況にならない限り、通常通りの運営を予定 (取材・文:吉川慧).

次の

新型肺炎でオリンピック中止?コロンの影響は予言通りか【東京五輪】

新型 肺炎 オリンピック 中止

【新型コロナまとめ】 東京オリンピックは中止すべき!中止しろ!延期しろ!新型肺炎コロナウイルスが落ち着くまでは・・・ 本日、中国の武漢から帰国した200名あまりの日本人の検査で、 2人の検査拒否を認めた検疫官。 中国で100名以上が死亡しているにも関わらず、日本では検査拒否をした2名の日本人をそのまま帰宅させました。 やはり、これだけ危険な新型肺炎コロナウイルスなのに、 日本の安全衛生体制はとても油断しているし、ゆるすぎる。 もし、このまま 「東京オリンピックを中止しろ!」という意見を受け止めなければ、万が一では取り返しがつかないほどの大問題に発展するでしょう。 およそ半年後に控えた東京オリンピック2020ですが、その頃までに新型コロナウイルスの予防対策が万全になっている可能性は非常に低い。 アメリカの大学バスケットリーグでは、2名の選手が感染したことを受けて試合を中止するほど。 加えて、日本に住む私たち日本国民にとって、東京オリンピック2020の中止は悲しいかもしれませんが、 命には替えられませんよね。 なので、新型コロナウイルスの予防+治療方法などが確立させるまで、東京オリンピックなどの民族大移動は避けるべきでしょう。 そのため、 「東京オリンピックを中止しろ!」という意見に賛成する人々が増えています。 もちろん、WHOも新型コロナウイルスの脅威に強く警戒をしており、WHO 世界保健機関 およびIOC 国際オリンピック委員会 が東京オリンピック2020の中止協議をスタート。 東京オリンピック2020を開催するにあたって、日本では3兆円にもおよぶ投資金額が使わてきました。 でも、ここは人々の命を最大限に尊重すべきではないでしょうか。 【新型コロナまとめ】 WHOも東京オリンピックの中止要請・延期を決定か?検査拒否を認める杜撰な日本の安全体制。 特に、WHOが懸念しているのは、日本の意識の低さではないでしょうか?? 2020年1月29日、中国の武漢からチャーター便で帰国してきた日本人。 その200名あまりの誰もが新型コロナウイルスに感染している可能性が高かったですよね。 しかし、日本の検疫官は、2人を検査せずにそのまま帰宅させました。 検査を拒否した2人にも非があるかもしれません。 だけど、私が思うには、検疫官のプロ意識の低さが目に余ります。 なぜ検査拒否を認めたのか、その理由はまだハッキリしていません。 でも、スーパースプレッダーとなる確率もゼロではない中で、簡単に野放しにした判断はあまりにも甘すぎです。 このような杜撰な日本の状態で、東京オリンピックなんか開催したら・・・日本中が新型コロナウイルスで溢れ返りますよね。 加えて、東京オリンピックが終了した後、各国の人達が母国へと出国します。 つまり、日本で新型コロナウイルスに掛かった外国人も、祖国で新型コロナウイルスを感染させまくってしまいますよね。 そうなると、日本中だけでなく、世界中で新型コロナウイルスが感染しまくる状態に陥ります。 以上のように、.

次の