きりん が くる キャスト。 《越前編》新たな出演者を発表! 大河ドラマ 麒麟(きりん)がくる |NHK_PR|NHKオンライン

麒麟 きりん がくる 3話 美濃の国 わな キャスト あらすじ ネタバレ 視聴率 感想 無料動画

きりん が くる キャスト

麒麟がくる 王の仁のある政治を行う時に必ず現れるという聖なる獣、麒麟。 応仁の乱後の荒廃した世を立て直し。 民の飢えや戦乱の苦しみから解放してくれるのは誰か…… そして、麒麟はいつ、来るのか? 若きころ、下克上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として勇猛果敢に戦場を駆け抜け、その教えを胸に、やがて織田信長の盟友となり、多くの群雄と天下をめくって争う智将・明智光秀。 従来の価値観が崩壊し、新たな道を模索する現代の多くの日本人に向けて、同じように未来が見えなかった16世紀の混迷の中で、懸命に希望の光を追い求めた光秀と数多くの英傑たちの青春の志を、エネルギッシュな群像劇として描き、2020年、新たな時代を迎えるすべての日本人に希望と勇気の物語をお届けします。 明智光秀とはいったい何者なのか? 麒麟は一体、どの英雄の頭上に現れるのか…… あらすじ 応仁の乱後、世は乱れ、無秩序状態の中で、天下を統一し、乱世をおさめようとする戦国の英雄たちが登場しはじめる。 1540年代なかば、東西の要衝たる美濃の地に、一人の若き虎がいた。 名は明智十兵衛光秀。 一介の牢人である青年光秀の胸の奥にはまだ自分でも気づかぬ静かな炎が燃えていた。 当時、美濃を治める土岐氏一族は内紛にことかかなかった。 周囲を尾張の織田、駿河の今川、越前の朝倉に囲まれ、常に攻め込まれる危険を抱えた美濃で、若き虎は戦に駆り出されては、敵を撃破、その勇猛果敢な働きと戦略的才能は、土岐家の筆頭家臣、斎藤利政の目にとまり、利政に抜擢されていく。 その利政こそ、いずれ土岐家をのっとり、美濃を手中におさめる「斎藤道三」その人であった…。 キャスト 明智家• 大河ドラマ自体が原作になります。 明智光秀は生きていた記録が不明なところが多く本当のオリジナルのシーンがあると思います!誰も知らない明智光秀を描く事で、悪役とされてきた彼の本当の気持ちや環境・生きざまを教えてくれるのではないでしょうか。 とても楽しみです。 徐々にキャストの発表もされていますね!随時更新していきます! 撮影はスタートしているとの事。 悪人とされてきた明智光秀。 半生が不明な明智光秀に光を当てた物語…どんな話になるんでしょうか!! オリジナル作品ではありますが、今までに伝えられてきた明智光秀に沿いながら幼少期から描かれれいると思います。 小学生の頃から習ってきた明智光秀での生涯を改めて知る事ができ、より深く知る事ができ、イメージ違った新たな姿をドラマの中で見れることに期待しています🧡 出演者も豪華ですね!!誰もが一度はテレビで見た事あり方たちがキャスティングされており、今までにない大河ドラマになることと思っています!! 私が注目しているのは子役の岩田琉聖君です!最近ではドラマの子役として見かける事が多くなってきましたが、大河ドラマ初挑戦ということでどんな演技が観れるのかワクワクしています! 放送は2020年からですが、撮影も開始しており放送を待つばかりです。 ほんと楽しみです!!.

次の

麒麟(きりん)がくる/第16話/見逃し配信動画|大きな国

きりん が くる キャスト

麒麟の到来を待つ戦災孤児・駒 演: 光秀が京で出会う娘で医師・望月東庵の助手。 戦災孤児の駒は伝説のいきもの・麒麟の存在を信じている。 門脇麦コメント:明智光秀が政治や戦(いくさ)で平和な世をつくりたいと思っているなら、駒は人の命を救うことでいい世の中にしたいと願っているのではないでしょうか。 美濃のマムシと恐れられた男・斎藤道三 演: 美濃の守護代。 一介の油売りだった亡き父とともに親子二代で戦国大名に成り上がった。 天才的な軍事力と狡猾(こうかつ)な政治力を持つ。 本木雅弘コメント:得体の知れない怖さや凄(すご)みだけでなく、人物に対する独自の愛情を持っていた、そんな多面性の匂う道三を演じていけたら。 博打好きの京の医師・望月東庵 演: 京に暮らす医師で朝廷や各地の戦国大名などに不思議な人脈を持っている。 生涯にわたって光秀を導く存在になる。 堺正章コメント:お金にだらしないけど、お金では動かない。 矛盾しているようだけど、そこに東庵の人間らしさがあるように思います。 [PR] 神出鬼没の三河の農民・菊丸 演: 光秀が美濃で出会う農民。 神出鬼没で、敵か味方かわからない。 岡村隆史コメント:単純で明るい農民です。 息を飲むような緊張感のあるシーンが多いなか、菊丸が出てくるとほっと一息つける。 そんなキャラクターになれれば。 心やさしき光秀の叔父・明智光安 演: 光秀の叔父(父の弟)。 明智家の当主で、道三の家臣。 西村まさ彦コメント:光安は明智家の当主であり、斎藤道三に仕える身なので、今でいう中間管理職のような立場。 ドラマを見ている方に光安の立場を共感してもらえるように落とし込むのが自分の役割だと思っています。 大地に根を張る光秀の母・牧 演: 厳しくも心優しい母。 光秀が幼少時に死んだ父に代わり「武士としての心構え」を諭す。 石川さゆりコメント:牧という人物を演じながら、人を支える喜び、人を成長させる喜びを感じています。 [PR] 出生の秘密を持つ道三の長男・斎藤義龍(高政) 演: 自らの出自の謎にこだわり、父との折り合いが悪い。 光秀の幼いころからの学友でもある。 伊藤英明コメント:自分が演じる高政がより魅力的にみえるように、一つ一つのシーンを丁寧に誠実に演じていきたいと思っています。 尾張の若きうつけ者・織田信長 演: 光秀との出会いが、信長自身の運命も変えていく。 染谷将太コメント:革新的な信長像をゼロから構築したいとNHKの方からお聞きし、新しい織田信長を演じられる喜びと同時に大きな責任も感じています。 信長の妻、道三の娘・帰蝶 演: 光秀とは姻戚関係であり、幼いころから付き合いがある。 政略結婚によって信長の正妻となる。 川口春奈コメント:とても強くて凛とした女性です。 戦国という時代を生き抜くのは女性にとっても大変なことだと思うし、しかもあの信長を支えた人なので、きっと男性にはない賢さやしたたかさをもっていたのでは。 [PR] 旅芸人の女座長・伊呂波太夫 演: 全国各地をまわり、諸国の有力大名や京の公家に顔がきくという一面を持つ。 尾野真千子コメント:謎や不思議な部分がたくさんあるキャラクターなので、先々どうなるのか? 私自身もワクワクしています。 勇猛果敢な信長の父・織田信秀 演: 道三のライバル。 尾張に根を張る勇猛果敢な戦国武将。 高橋克典コメント:監督からは、暴君や魔王という従来の信長のイメージを父である信秀に投影したいと言われました。 そのイメージが、怒り狂うような荒々しいシーンではなく、なんでもない会話や表情の中で一瞬垣間見られる。 そういう芝居ができれば。 画像提供:NHK.

次の

2020年大河ドラマ(第59作)『麒麟がくる』登場人物図鑑

きりん が くる キャスト

5月中旬から始まる越前編で、ユースケ・サンタマリアさん、本郷奏多さん、間宮祥太朗さん、安藤政信さんらの出演が明らかにされた。 朝倉義景役をユースケさん、明智左馬助(秀満)役を間宮さん、近衛前久役を本郷さん、柴田勝家役を安藤さんが務める。 ユースケさん、本郷さん、間宮さん、安藤さんは初の大河ドラマとなる。 同日、東京・渋谷のNHK放送センターで行われた会見では、新キャストの4人と光秀役の長谷川さんが役衣装で登場。 ユースケさんは「(大河ドラマは)初めての出演ということで、何もつかめないまま本番を迎え、ワケが分からないまま朝から夜までずっと長谷川君と1日一緒で、暗中模索の中、結局何もつかめないままその日は終わった」としながらも、「緊張がいい風に出て、かなりいい感じで、自分でも思わぬ方向にできあがっていった。 手応えはあります」と語った。 また長谷川さんは新キャストの4人に「存分にやっていただきたいです。 それを受け止めますので」と呼びかけた。 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。 1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル脚本。 若い頃、下克上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として勇猛果敢に戦場を駆け抜け、その教えを胸に、やがて織田信長の元で、多くの群雄と天下をめぐって争う智将・明智光秀が主人公。 ドラマでは謎めいた光秀の前半生に光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く、エネルギッシュな群像劇となる。

次の