オープン チャット qr コード。 なぜ?LINE新機能で出会い系やアダルト画像が氾濫する事態になった「オープンチャット」の問題点

LINEオプチャ(オープンチャット)を作る時・管理人をやる時の注意点

オープン チャット qr コード

いきなり全ユーザーに提供するよりも、徐々に提供範囲を広げていった方が利用状況の把握やトラブル防止にもなるからね。 でも、これはリリース当初の話であって8月現時点では大半のユーザーが利用できる状態になっているよ。 そのため、オープンチャット自体が開けない方やアプリ内にオープンチャットの項目が見当たらない方は、 LINEアプリを最新版にアップデートしてみて下さい。 トークルーム検索・参加が出来ない オープンチャットを開いても「トークルームが検索できない」・「そもそもトークルームに参加できない」といった報告が相次いでいますが、これは 運営側があえて機能を制限しているためです。 オープンチャット上にも 検索機能を削除したと公式による記載がありますね。 また、一部の格安SIMを利用していと仮に18歳以上だったとしても年齢認証が行えないケースがあるわ。 もしもアナタが利用している格安SIMが年齢認証を行えない時は大手キャリアやLINEモバイル等に変更する必要も出て来るわね。 トークルーム参加用のQRコードが読み込めない トークルーム全般の機能は制限されているものの、今のところ自分がトークルームを作成する事は可能です。 そのため、「 トークルームを探せないなら自分で作って招待すればいいのでは」と考えた方もいらっしゃると思います。 結論をお話しするとこの手法でトークルームに参加できたユーザーも存在します。 しかし、招待用のQRコードを読み込んでも「 対応していないか不正なURLです」といったエラーが出てしまうケースも。 本来であれば、このエラーは既にトークルームが削除された時や非公開に設定している場合に表示されるモノだと思う。 だけど、状況を考慮するに単純にこれも機能制限の一種だと感じるね。 どちらにせよ、運営が対応するのを待つ必要があるかな。 利用制限が解除されるのはいつ頃? さて、利用者の多くがシステムの復旧もとい制限解除を望んでいますが、 各種機能の再開時期は未定であるとオープンチャット運営は話しています。 特に問題視されているのが「出会い目的」のユーザーが多く確認されたこと。 確かにLINEアプリの年齢認証は未成年をトラブルから守る役割は果たしますが、それだけで犯罪を止められるハズがありません。 現にオープンチャットの匿名性の高さが仇となり逆に出会い目的のトークルームが数えきれないほど乱立する事態となっていたのです。 SNSでも「オープンチャット=危険性が高い」と認識する層は多くみられており、このネガティブなイメージを払しょくするための代替案を用意し、尚且つ安全性を高めた仕様に変更するためにはそれなりに時間はかかるのではないか…と考えます。

次の

オープンチャット(LINE)で友達追加する方法は?NG行為も!

オープン チャット qr コード

OpencChat(オープンチャット)とは? 趣味や特定の地域、特定のコミュニティ、イベントなど、共通の話題を持った不特定多数の人とコミュニケーションを取ることができます。 カテゴリ毎に様々なオープンチャットが用意されています。 mixiやfacebookの公開コミュニティに近いイメージかもしれないですね。 オープンチャットの特徴 オープンチャットは大きく分けて以下の5つの特徴があります。 【1】トークルーム事にプロフィール設定が可能 これまでのグループトークでは、自身のプロフィールアイコンや紹介分は共通のものを利用していましたが、オープンチャットではトークルーム事にプロフィールを設定することができます。 学校や保育園のママ友グループやマンションのグループなど、通常利用のプロフィール情報と切り分けたりしたい場合に便利です。 (必要以上に個人情報を晒す必要がなくなります。 ) また、保育園の場合は〇〇ちゃんのママ、マンションの場合は〇〇〇号室などと名前を付けることで誰なのかを識別しやすくなりました。 【2】LINEの友だちじゃなくてもグループに参加できる 厳密には現在のグループトークも友達じゃなくても参加できますが(共通の友だちから招待してもらう必要あり)、新しいオープンチャットでは、LINEで友だち登録せずとも、まったくの第三者と同じグループでトークすることができます。 一度限りのグループや、イベント・共通の趣味など完全なる第三者とのコミュニケーションのツールとしても利用できるようになります。 【3】最大5000人とトークできる LINEグループの最大人数は500人でしたが、オープンチャットでは最大5000人まで招待することができます。 リア充な人々や人脈が以上に多い人にとっても使いやすい機能です。 【4】途中参加でも過去のトーク履歴が見れる こちらもこれまでのグループトークと大きく違う所ですね。 重要な情報などは、グループに新しく人が来る度に投稿しなおしたり、ノートに書く必要がありましたが、その心配がなくなりました。 【5】トークルーム毎に公開設定を変更可能 誰でも自由に参加できるグループとパスワードを入力しないと入れないグループを作ることができます。 多数の人の目に付くオープンチャットですが、パスワードを設定すればプライベートな空間でのグループトークを維持することができます。 オープンチャットの活用例 保育園や幼稚園のママ友会で利用 プロフを自由に変更出来るので、アイコンを子供の写真、名前を〇〇のママみたいな感じに設定する事で「誰のママかわからない」みたいな事がなくなります。 ゲームプレイヤー同士でのトークルーム オープンチャットのTOPから検索する事が出来るので、共通の趣味を持った人を集めることができます。 オンラインゲームの場合、個人情報が漏れるのが心配ですが、オープンチャットならプロフィールを個別に設定出来るので、その点も安心ですね。 スポーツ観戦部屋 野球やサッカーの試合などの部屋で、同じ趣味を持った人同士で試合を見ながらチャットで盛り上がることができます。 臨場感や興奮がより一層高まります。 野外フェスなどの屋外イベントで利用 リアルイベントの公式部屋として利用すれば、実際の会場でのリアルタイムの情報を第三者同士で共有することができます。 例えば野外フェスであれば、ライブの進行が押してる、という情報だったり、飲食ブースの込み具合、といった情報をリアルタイムで調べることができます。 オープンチャットを作る方法 トーク一覧の右上にある吹き出しマークのボタンをタップします。 【オープンチャット】をタップ。 画面右下にあるプラスマークをタップ。 規約に同意します。 オープンチャット作成画面になります。 オープンチャット名前や説明、カテゴリーなどを入力しましょう。 続いては、オープンチャットで使用する名前とアイコンを設定します。 なお、ここで設定するのは そのオープンチャット専用の名前とアイコンになります。 オープンチャットが作成されました。 いまのところ一人しかいないので、オープンチャットにメンバーを招待していきましょう。 オープンチャットで消されるNGジャンル なお、オープンチャットは作成してもジャンルによってはLINE運営に削除される可能性が高いです。 主に以下のようなジャンルはNGです。 出会い目的• 公序良俗に反したチャット• 法に触れるワードが入ったチャット• その他危険性の高いワード など 注意しましょう。 オープンチャットのメッセージを削除する方法 オープンチャットの管理者・共同管理者だけにある権限ですが、ユーザーのトークを削除することができます。 まずは削除したいメッセージを 長押しします。 項目から 【削除】をタップです。 削除したいメッセージを選択し、さらに下部の 【削除】をタップ。 【トーク履歴から削除】をタップすれば完了です。 なお、 【この端末から削除】をタップすると、自分だけが削除された状態になり、他のメンバーにはメッセージが残る状態になります。 オープンチャットにメンバーを招待する方法 オープンチャットのメニューを開きます。 【招待】をタップ。 QRコードを共有してもいいし、友だちを招待してもいいし、外部にリンクを共有することもできます。 集めたい人がより多くに目につく方法を選択してみましょう。 オープンチャットに参加する方法 オープンチャットは、自分からオープンチャットを探して参加する方法と、招待されて参加する方法があります。 【1】オープンチャットを検索して参加する方法 オープンチャットのトップ画面から興味のあるワードを入力して検索してみましょう。 すると、そのワードに関わるオープンチャットが一覧で表示されます。 入りたいなと思ったら 【参加】をタップ。 そのオープンチャットで使用する名前とアイコンを設定します。 オープンチャットに参加することができました。 これまでのトークを見ることができます。 ちなみに、人数の多いオープンチャットはメッセージが非常に多く飛び交うため、 通知はオフにしておくことをおすすめします。 【2】招待されて参加する方法 友だちからオープンチャットの招待が来ました。 リンクをタップしましょう。 【参加】をタップ。 そのオープンチャットで使用する名前とアイコンを設定すれば参加することができます。 オープンチャットを退会する方法 退会したいオープンチャットのメニューを開きます。 【グループを退会】をタップ。 【トーク退出】で完了です。 LINEアプリの使い方 完全マニュアル•

次の

なぜ?LINE新機能で出会い系やアダルト画像が氾濫する事態になった「オープンチャット」の問題点

オープン チャット qr コード

まえがき LINEが新しい機能として、オープンチャットというものをはじめました。 現在、リリース間もないということもあり、至るところで迷惑行為が行われています。 また、商機と捉えてどこまでがセーフなのかを知りたい人も多いことでしょう。 今回はオープンチャットの禁止事項について記載していきたいと思います。 オープンチャットの禁止事項 LINEオープンチャットでは、以下の禁止事項を定めています。 また、上記の違反を行っているユーザについては強制退会などの対応が行われます。 禁止事項の対処方法 LINE側が常時監視しているとはいえ、感知されない場合がほとんどです。 その際には、該当のトークを長押しすることで「通報」が可能となっています。 また、該当のアカウントを押すことでプロフィールページからの「通報」も可能です。 LINE側も積極的な通報を促しており、禁止事項を見つけ次第迷わず通報すると良いでしょう。 また、以下の規約もあるため、管理人である場合はノート等にルールを制定すると良いでしょう。 こちらについては、現状難しいでしょう。 以下の規約の通り、アフィリエイトのリンクを貼り付ける行為は禁止されています。 まとめ 基本的には、トークルームのトピック以外の会話は禁止されており、禁止行為については通報することでLINE側に対応していただくことが可能です。 商売としてのオープンチャット利用は、現状非現実的であり、LINE とは異なり個人のLINEアカウントが削除されてしまう可能性があるため注意が必要です。 健全な使い方を皆様が行えるよう、「通報」機能を活用していきましょう。

次の