いじめられる側にも原因がある。 「いじめられる側にも原因がある」について思うこと。

セカオワ深瀬はなぜ「いじめられる側にも原因がある」と語るのか!? |LITERA/リテラ

いじめられる側にも原因がある

0歳から子役として芸能活動をし、現在はタレント・声優として活動しています。 フォロワー16万人を抱えるツイッターで率直な意見を世に提示し、多くの共感や注目を集めてきました。 しかし、それが諸刃の剣となりバッシングや殺害予告を受けた過去もあります。 「いじめられる側にも原因がある」と言った人に聞いてもらいたい はるかぜちゃんは、今年8月15日にトークバラエティ番組『バイキング』(フジテレビ系)に出演。 もうすぐ16歳たのしみ おやすみなさーい???? この 「いじめられる方にも原因がある」についての考えを改めて振り返り、ツイッターに投稿し 「相変わらず鋭い」「正論」といった反響を呼んでいます。 — はるかぜちゃん harukazechan これを読めば、変わる必要があるのはいじめられる側ではなく、いじめる側であるということ。 そして、いちいち人の意見に振り回され、他人の望む自分になることのバカバカしさが分かるでしょう。 — はるかぜちゃん harukazechan いじめられる側に原因があるのは いじめる側に「いじめをしたい」という結果があるからです。 原因があって結果があるのではなく 結果があって原因がある。 いじめる人が変わらなければ、 いじめられる人がいくら努力しても いじめが無くなることはありません。 自分の人生を生きてください。 — はるかぜちゃん harukazechan その日の『バイキング』は、多くの未成年が坂上忍さんなどをはじめとする大人陣と意見を交わした白熱した回。 熱気を帯びる議論を落ち着かせようと坂上さんが 「この中で、イジメがなくなると思う人?」と問いかけた場面がありました。 そして、総勢17人の出演者で挙手したのは、 はるかぜちゃんただ1人。 「なくなると思ってるんでしょ? それ(理由)言って」と坂上さんに理由を問われます。 すると、過去や現状への悔しさをにじませるように回答しました。 「勿論、なくなると断言できるわけじゃないです。 なので、いじめられる原因など、あってもなくても、どうでもいいことだと思います。

次の

いじめられる原因は、常にいじめられる側にある

いじめられる側にも原因がある

0歳から子役として芸能活動をし、現在はタレント・声優として活動しています。 フォロワー16万人を抱えるツイッターで率直な意見を世に提示し、多くの共感や注目を集めてきました。 しかし、それが諸刃の剣となりバッシングや殺害予告を受けた過去もあります。 「いじめられる側にも原因がある」と言った人に聞いてもらいたい はるかぜちゃんは、今年8月15日にトークバラエティ番組『バイキング』(フジテレビ系)に出演。 もうすぐ16歳たのしみ おやすみなさーい???? この 「いじめられる方にも原因がある」についての考えを改めて振り返り、ツイッターに投稿し 「相変わらず鋭い」「正論」といった反響を呼んでいます。 — はるかぜちゃん harukazechan これを読めば、変わる必要があるのはいじめられる側ではなく、いじめる側であるということ。 そして、いちいち人の意見に振り回され、他人の望む自分になることのバカバカしさが分かるでしょう。 — はるかぜちゃん harukazechan いじめられる側に原因があるのは いじめる側に「いじめをしたい」という結果があるからです。 原因があって結果があるのではなく 結果があって原因がある。 いじめる人が変わらなければ、 いじめられる人がいくら努力しても いじめが無くなることはありません。 自分の人生を生きてください。 — はるかぜちゃん harukazechan その日の『バイキング』は、多くの未成年が坂上忍さんなどをはじめとする大人陣と意見を交わした白熱した回。 熱気を帯びる議論を落ち着かせようと坂上さんが 「この中で、イジメがなくなると思う人?」と問いかけた場面がありました。 そして、総勢17人の出演者で挙手したのは、 はるかぜちゃんただ1人。 「なくなると思ってるんでしょ? それ(理由)言って」と坂上さんに理由を問われます。 すると、過去や現状への悔しさをにじませるように回答しました。 「勿論、なくなると断言できるわけじゃないです。 なので、いじめられる原因など、あってもなくても、どうでもいいことだと思います。

次の

「職場いじめ」は”イジメられる側”にも原因がある【対処法】

いじめられる側にも原因がある

子供同士のいじめの場合は、いじめられて然るべき原因、理由はありません。 子供と言うのは、他人を妬み、他人のアラ探しをして、いじめる材料を作り出すのです。 つまり子供たちの間での不文律が「あいつは気に入らない、気に入らないやつはいじめて良い」なのです。 さて、大人にもいじめがあるか、社会人にもいじめがあるか、ということが、このサイトでもしばしば問題になります。 そのような場合、私は大抵「社会人には、いじめはありません」と回答して来ました。 大人なら、相手のアラさがしをするなど論外、むしろ、良いところを探すようにしなければいけないのです。 そうしていると、たとえ最初は気に入らないと感じた相手でも「あいつは、ちょっと生意気な所もあるが、良い所もたくさんある」と思えるようになるのです。 社会人の場合、何がいじめなのか、いじめの定義が子供と違い、難しくなります。 確かに、私も、これまでに、嫌味を言う上司や同僚もいました。 特に、団塊の世代の方々が現役だった時代は、パワハラなどという概念は無かったため、かなり乱暴な言われ方をされたこともありました。 しかしそれは、元をただせば、私がきちんと仕事が出来ていなかったことに起因していたのです。 社会人になれば、きちんと仕事が出来ている者に対して、嫌味を言ったり、乱暴な言い方をしたりはしません。 だから私は、これをいじめとは解釈していませんでした。 しかし、一部には、それをいじめと解釈される方もおられます。 その場合、いじめられて然るべき理由、原因は「仕事がきちんと出来ていないこと」です。 繰り返しますが、これはあくまで、大人同士の場合のみで言えることで、子供の場合は全く適用されません。 「いじめ」って、万引き=窃盗などと同じように「あいまいな言葉」ですよね。 いじめにも程度があって、一言でかたずけられる言葉ではないですよね。 始まりは些細なきっかけ。 そのきっかけが「いじめられる原因」 例えば、私が小学生の時、家に教頭と担任がやってきました。 私はイジメていたわけでは無く、拒絶しただけ。 <当事者同士の喧嘩に、親兄弟を連れてきたから> クラス中、誰も話してくれなくなるのは当然ですよね。 何かあれば、親兄弟が怒鳴り込んでくるんだから。 今度は、親兄弟だけでなく、教頭、担任が怒鳴り込んできたって事。 ますます、拒絶して当然ですよね? そんな奴の顔も見たくない。 結局、クラス中の人から一言も喋られなくことなく(これを無視というの?)2か月後に引っ越していきました。 世の中、すべての人がお友達なんて夢の世界は無いですよ。 こっちにも、拒絶する権利ってものがある。 拒絶理由が「いじめられる側の原因」。

次の