ヘチマ 食べる。 デジカメ散歩:ヘチマを食べる

ヘチマは食べられる?種も食べる?栄養はある?食べる地域と食べ方

ヘチマ 食べる

へちまのことを沖縄では「 なーべらー」と呼びます。 そして沖縄では「へちま」を食べています。 …っていうか、食べるも何も、沖縄では 「へちま」は、一般的な家庭料理の食材であり、 ナーベラーが大好きだって人は多いんです。 けして「珍味」の類ではありません 笑 とろっとして、触感はナスのよう。 少し泥臭さのようなものがありますが、 ビタミンやカリウム、ミネラルが豊富で、 沖縄の暑い夏を乗り越えるのに、 ぴったりの夏野菜だといえるのです。 本土であれば、「へちま」といえば、きっと 「垢すり」のイメージが強いと思います。 しかし沖縄では、スカスカのスポンジ状になる前の、 青々とした状態のへちまを野菜として食べるんですねぇ。 …というか、たわしにする「へちま」とは、 ちょっと種類が違うらしいんですけど。 中心部にある種はそのまま!皮をむいて輪切りや半月切りにして使います。 食べ方としては、その ほとんどは「 味噌煮」になります。 味噌煮、味噌汁、酢味噌和え…などなど、 ナーベラーは味噌ととても相性がいいんですよ。 「へちまの味噌煮」のことを沖縄では 「 なーべらんぶしー」と呼びます。 「なーべらーんぶしー」のことを、最近では 「ナーベラーチャンプルー」と呼ぶことも増えましたが、 その理由についての私なりの解釈はこちらに書きました。 しかし、「なーべらーんぶしー」のことを、 「なーべらーちゃんぷるー」と言っても、 普通に伝わりますから、どうでもいいといえば、 どうでもいいんですけどね 笑 スポンサードリンク• まず、フライパンで島豆腐に焼き色をつけます。 豚肉を入れて炒め、カットしたナーベラーを投入。 油が回ったら、かつお出しを加え、ナーベラーが柔らかくなるまで煮ます。 砂糖・味噌をとき入れ、もう少し煮ます。 仕上がり間近にニラを投入。 これで完成!の人もいれば、 最後に卵をとき入れる人もいます。 白みそを使うなら砂糖を入れなくとも。 ナーベラー以外にニンジンなどの野菜を 加えても彩りがいいですね。 豚かたまり肉を茹でた汁があれば、 かつお出しの代わりに使ってもいいです。 汁が少なめの仕上がりでも、 多めの仕上がりでもお好みで。 んぶしーの場合、島豆腐を最初に焼かなくとも。 …んー。 自由すぎるな。 ま、てーげーです。 「てーげー」。 てーげー=適当 つまりは、へちまと島豆腐を 味噌煮にすればいいってことです。 どぅーじるで煮て作るナーベラーんぶしー ナーベラーんぶしーを作る際、 昔の人は 「どぅーじるで煮て」作りました。 「どぅーじる」というのは、 「(どぅー)自分の(じる)汁」という意味。 つまり、なーべらー自身が持っている水分で ナーベラーを煮て作ったということです。 「どぅーじる」を引き出すためには、 火を弱めて蓋をします。 しばらくすると、なーべらーから 「どぅーじる」が出てくるのです。 しかしながら、この方法は 多少時間がかかります。 ですから、飲食店などでは、 時間短縮のために、材料を炒めたら、 だし汁を加えて煮ていくという方法をとります。 そのほうが、仕上がりが早いんですね。 また家庭でもこの方法で調理するのが一般的でしょう。 じゃあ、どっちがおいしいのさ? ってことが気になると思います。 私は、どっちもおいしい 笑 (まじで、てーげーやっさー。 ) ただ、なんというんでしょうか、 どぅーじるで作ったほうが、 料理上手っぽくて好きです。 (なんじゃその理由はっ) ナーベラーの皮のむきかた さて、ナーベラーは皮をむかなくてはなりません。 ピーラーでピーっとむけばいいんですけど、 たとえば、ナーベラーの皮のあの青々とした色を 残したいのならば、包丁を使います。 包丁で皮を「むく」のではなく、 皮をこそげとるようにします。 そのあと、塩で板ずりして 水洗いして水けをふきます。 そうすると、さらにへちまの きれいな色が出るんですよ! こうやって皮をこそげとったナーベラーは、 もちろん、ナーベラーんぶしーでもいいんですけど、 天ぷらや酢味噌和えなどに使った場合、 皮の色が映えてきれいでおすすめです! ただし、大きく育ちすぎたナーベラーは、 皮が固くなっていて、うまく包丁で 皮をこそげとることはできません。 …というか、大きく育ち過ぎたナーベラーは、 身もスカスカで、繊維質になってたりして 食べてもあまりおいしくありませんが。 ナーベラーは冷凍もできるぞ じつはナーベラーんぶしーは冷凍もできます。 ただし、島豆腐は冷凍するとおいしくないので、 入れずにナーベラーんぶしーを作ります。 それを小分けして冷凍保存すれば、食べたい時に 解凍して鍋で火にかけ、島豆腐やニラなどを加えれば ナーベラーんぶしーが完成します。 もしも大量にナーベラーが手に入ったなら、 一度にまとめて調理してしまい、冷凍しておくのも 手かもしれませんね。 ま、食べる時に作ったほうが、 一番おいしいんですけどね。 スポンサードリンク 本日よく読まれている記事• プチプチした不思議な食感、 そして、鮮やかな半透明の緑の色。 通称「海ぶどう」... 沖縄の言葉ではモズクのことを 「スヌイ」と呼びます。 沖縄では、もずくを昔から 酢のものとして食べて... イラブチャー… 初めて耳にする人にとっては、 それが、何を意味するのか、 ちんぷんか... 島唐辛子を、泡盛につけた「コーレーグース」。 名前の由来が、色々ある。 「沖縄の魚はまずい!」 なんてことを、あなたも 聞いたことがあるかもしれない。 そんなこたぁない... グルクンは、沖縄の県魚で、和名はタカサゴ。 「県魚」って、割と沖縄の人間には認知されているんだけど、...

次の

中国ではへちまを食べるーレシピ付

ヘチマ 食べる

へちまの旬は、7月から9月、夏に旬を迎える へちまの旬は、7月から9月の夏にかけてです。 へちまは、開花から2週間頃の若い実を食用とします。 果皮がやわらかく衝撃に弱いため、収穫と出回りほぼ同時期になっています。 食用にするへちまの種類には、へちまと、近縁種の十角糸瓜 トカドヘチマ があります。 旬の時期に違いはなく、トカドヘチマのほうが小ぶりです。 この時期は、同じくウリ科の、、なども旬を迎えます。 ウリ科の野菜は水分が豊富で栄養価は低いですが、カリウムが豊富に含まれています。 そのため、利尿作用、高血圧予防の効能があります。 へちま全国で栽培されていますが、育つにつれて中の繊維が固くなるため、大半はタワシなどに使用されています。 食用としての栽培の産地は、沖縄、熊本、鹿児島が主となります。 へちまは、冷蔵での長期保存にも向かず、輸送中も衝撃で傷むため県外への出荷はほとんどありません。 沖縄では「ナーベーラー」と呼ばれ、夏野菜の代表的なものとされているため、特に盛んに植えられています。 炒めものや酢味噌和え、お味噌汁や煮物で食べられています。 へちまから摂れる水分はへちま水として、古くから化粧水に利用されてきています。

次の

へちまの旬についてお伝えします|良好倶楽部

ヘチマ 食べる

スポンサーリンク ヘチマは食べられる?食べ方・レシピは? ヘチマは食べられる? ヘチマとは、インド原産のウリ科の1年草です。 日本には江戸時代に伝わりました。 (画像引用元:) 昔はヘチマの実から繊維を取っていたそうで、糸瓜(いとうり)と呼ばれていました。 その後「とうり」になり、いろは歌では「と」が「へ」と「ち」の間にあることから(いろはにほへとちりぬるを)、「へち間(へちま)」と呼ばれるようになりました。 ちょっとした言葉遊びですね。 そんなヘチマは、皮が柔らかくて、青い実の若いヘチマは食べる事が出来ます。 成長して熟してきたヘチマは、中の繊維が固くなるので食べるのには向きません。 スポンジに使うヘチマですね。 沖縄や南九州では食材として馴染みのあるヘチマ、どうやって食べたらいいのでしょうか? 食べ方・レシピは? 若い実といっても、皮は口に残るのでピーラーなどで皮をすべて剥きます。 キュウリを食べる時のように、両端を切り落としましょう。 中の種子は取らなくてもOKで、これで調理に使えます。 ちなみに皮をむいた後にフライパンで炒めたり、煮込んだりすると美味しいですよ。 ナーベラーンブシー(ヘチマの味噌煮込み) (画像引用元:) 沖縄ではヘチマの味噌煮が家庭料理だそうです。 【材料】• ヘチマ 1本• 豚小間切れ 200g• 木綿豆腐 1丁(あれば島豆腐)• 味噌 大さじ1• 和風だし 大さじ1• 酒、みりん 少々 【作り方】• ヘチマの皮をむいて一口大にカットして水にさらします。 (輪切りでもOK)• フライパンにごま油を入れて豚肉を炒めて、木綿豆腐を手で崩しながら入れて炒めます。 ヘチマを入れて混ぜ合わせたら、調味料を入れて炒めます。 ヘチマから水分が出てくるので味を見てください。 5分程煮込んで味がなじんだら完成です。 かつお節やネギを散らしてもいいですね。 ヘチマの漬物 (画像引用元:) 【材料】• ヘチマ 1本• 塩麹 大さじ1 【作り方】• ヘチマの皮をむいて、輪切りします。 厚さは好みでどうぞ。 塩麹をもみ込んで15分寝かせます。 水分を捨てて、ゴマ油、ゴマを振りかけたら完成です。 塩麹がなければ、塩でもんでカツオや塩こんぶと合えてもいいですね。 ちょっとおかずが足りない時にぴったりです。 スポンサーリンク ヘチマの栄養 水分が95%を占めるヘチマ。 煮込み料理に使う時は、水を入れなくてもいいくらいです。 ミネラルが豊富なので、煮汁ごと食べるといいですね。 カリウムはむくみの解消や高血圧の予防に役立ちます。 暑いからと言って水分を摂りすぎてむくんだ体にピッタリですね。 また水溶性と不溶性の食物繊維を豊富に含んでいるので、腸の調子を整えて便秘の改善や予防に役立ちます。 暑い夏に食べるにはぴったりの食材なのです。 ヘチマは食べられる!食べ方・レシピや育て方も簡単! ゴールデンウイーク頃になると、ホームセンターで夏野菜の苗が売り出されます。 そのころには小さなヘチマの苗ですが、窓の下に植えておくとどんどん成長してグリーンカーテンになります。 ゆらゆら揺れるヘチマの実を取って食べるのも今の時期だけ。 みなさんも、興味があればスポンジではなく食べてみてはいかがでしょうか?.

次の