願い sumika。 【sumika/願い】歌詞の意味を徹底解釈!片想いの心情と冬の情景が重なる切ないラブソング。

願いの歌詞

願い sumika

1曲まるごと収録されたCDを超える音質音源ファイルです。 <フォーマット> FLAC (Free Lossless Audio Codec) サンプリング周波数:44. 1kHz|48. 0kHz|88. 2kHz|96. 0kHz|176. 4kHz|192. 0kHz 量子化ビット数:24bit• ハイレゾ商品(FLAC)の試聴再生は、AAC形式となります。 実際の商品の音質とは異なります。 ハイレゾ商品(FLAC)はシングル(AAC)の情報量と比較し約15~35倍の情報量があり、購入からダウンロードが終了するまでには回線速度により10分~60分程度のお時間がかかる場合がございます。 ハイレゾ音質での再生にはハイレゾ対応再生ソフトやヘッドフォン・イヤホン等の再生環境が必要です。 詳しくは をご確認ください。

次の

【sumika/願い】歌詞の意味を徹底解釈!片想いの心情と冬の情景が重なる切ないラブソング。

願い sumika

今回取り上げるのはsumikaさん。 『おっさんずラブ-in the sky-』の主題歌を歌っている男性バンドですが強烈ですね! めっちゃいい。 ヒット曲の定番、片思いを描いているのですが定番であるからこそ難しいジャンルです。 しかし、めっちゃいいんです! 「突然降ってきた雪を誰に伝えよう」これなー。 雪とか満月とかって誰かに伝えたい、共有したい。 できれば大切な人と。 それを「私は一人だけだよ」と一途な思いを吐露するも「答え聞くまでもなかったようで 目線の行き先が諭すよ」ああ。 他の人を見てるんですねえ。 つらい。 しかも「諭す」という言葉選びがなおつらい。 「お前の恋心はあきらめなきゃいけないんだぞ!」と「諭す」わけです。 救いがないね。 他にも歌の中でメッタメタに傷つくんですよ、この主人公。 冬の寒さとダブルパンチ! でも最後に"「さようなら」 春の中で"と前に進もうとするんです。 まじで幸せになってほしい! と、感情移入半端ない歌詞です!.

次の

願い / ハイヤーグラウンド 【初回生産限定盤A】 : sumika

願い sumika

背景とリリース [ ] 前作「」から約6ヶ月ぶりのリリース。 系ドラマ『』主題歌として書き下ろされた「願い」と、劇場アニメ『』主題歌として書き下ろされた「ハイヤーグラウンド」が収録された両A面シングルとしてリリース。 sumika初となる初回限定盤A、初回限定盤B、通常盤の3形態でリリースされた。 初回限定盤Aには2019年10月29日にで開催された「sumika Live Tour 2019 -Wonder Bridge-」のライブ音源6曲が収録された特典CDが付属。 なお、初回生産限定盤A・Bは紙ジャケット仕様で制作された。 収録内容 [ ] Disc 1 [ ] CD(初回生産限定盤A・通常盤) 全作詞: 片岡健太、全作曲: 黒田隼之介、全編曲: sumika。 タイトル 作詞 作曲・編曲 弦編曲 時間 1. 「願い」 片岡健太 黒田隼之介 CHIKA、小川貴之 5:14 2. 「ハイヤーグラウンド」 片岡健太 黒田隼之介 3:49 3. 「願い」 片岡健太 黒田隼之介 5:13 4. 「ハイヤーグラウンド」 Instrumental 片岡健太 黒田隼之介 3:44.

次の