ファミペイ クレジット チャージ。 ファミペイ(FamiPay)にチャージする5つの方法【ポイント/キャンペーン/上限金額】 | キャッシュレス決済(スマホ決済)ニュース「キャッシュレスPay」

ファミペイ(FamiPay)にチャージする5つの方法【ポイント/キャンペーン/上限金額】 | キャッシュレス決済(スマホ決済)ニュース「キャッシュレスPay」

ファミペイ クレジット チャージ

クレジットカード(ファミマTカードのみ)• オートチャージ(ファミマTカードのみ)• FamiPayボーナス ファミマTカードを持ってない人にとっては、レジでの現金チャージが主な方法になります。 この記事では、 FamiPayのチャージ方法・お得なテクニックについて紹介していきましょう。 ファミペイのチャージ方法は4種類 ファミペイにチャージをする方法は以下の4とおりです。 チャージをしなければファミペイは使えませんので、まずはチャージ方法をすべて知っておきましょう。 1:現金 ファミペイのチャージは 現金が基本です。 チャージはFamiポートではできませんので、 レジでお店員さんに願いする必要があります。 買いたいもの探す前に、チャージだけ先にしておくのがおすすめです。 チャージの単位は 1000円、2000円、3000円、5000円、1万円、3万円の6とおりです。 以下の画像のような画面がレジに表示されるので、希望の金額をタッチして支払ってください。 なおチャージの上限は 10万円で、有効期限は 最後に残高が増減した時点から10年間となっています。 事実上、ほとんど気にする必要はないでしょうね。 2:クレジットカード(ファミマTカードのみ) ファミペイはクレジットカードによるチャージもできますが、 ファミマTカード以外でのチャージはできません。 ファミマTカードはショッピングでの利用200円につき1ポイントのTポイントが付与されますが、ファミペイへのチャージでは付与されません。 ただし、その代わりに FamiPayボーナスが200円につき1ポイント付与されるので還元率は同じです。 3:オートチャージ ファミマTカードを登録している場合に限られますが、ファミペイはオートチャージができます。 以下の画像の画面で 判定金額(1000円~1万円)とオートチャージ(3000円~1万円)する金額を設定して利用してください。 たとえば「3000円を下回ったら2000円チャージする」という形で設定するので、判定金額は1回の買い物でそれ以上の金額を利用することはないだろうというくらいの金額にしておけば良いです。 4:FamiPayボーナスでチャージ ファミペイで買い物をすると200円につき1ポイントの「FamiPayボーナス」がもらえますが、この FamiPayボーナスはFamiPay残高にチャージすることができます。 というより、残高にチャージする以外の用途には利用できません。 以下のように1ポイント単位でチャージでき、すぐに残高に反映されます。 なおFamiPayボーナスには有効期限があります。 付与月を含む6カ月後の末日が有効期限なので、たまってから使おうと考えるよりは、気が付いたときに小まめにチャージしてしまうのがおすすめです。 オススメはクレジットカードでのチャージ FamiPay残高にチャージする方法としては クレジットカードからのチャージがおすすめです。 現金でのチャージは言うまでもなくファミリーマート店頭でしかできませんが、クレジットカードならお店以外でも可能だからです。 クレジットカードによるチャージはすでに説明したとおりファミマTカードでしかできませんが、 ファミマTカードは年会費無料で利用できるので、チャージのためだけに作るというのも1つの方法です。 ファミマTカードはお得にポイントゲットできる! ファミマTカードは基本的に 200円につき1ポイント(0. 5%)のTポイントが還元されます。 Tポイントの加盟店での買い物ならさらに1ポイント(0. 5%)がつくので 合計1%の還元となります。 なお、ファミマTカードは 入会キャンペーンが行われています。 内容はその時その時で異なりますが、記事執筆時点(2019年8月)ではトータルで 4000円相当のTポイントがもらえるものが行われています。 そ の内訳は以下のとおりです。 1回200円以上の利用ごとに200ポイント(最大10回、合計2000ポイント)• ドコモ、au、Softbank、ワイモバイルの利用代金につき、キャンペーン終了月から2カ月後までの明細に請求があると1000ポイント• 大手電力会社10社の利用代金につき、キャンペーン終了月から2カ月後までの明細に請求があると1000ポイント 携帯電話の料金や電力会社の料金はその会社を使っていなければTポイントを獲得できませんが、 買い物での利用については簡単に条件を満たせるはずです。 せっかく使い始めるならぜひキャンペーンのポイントをゲットしてください。 ファミペイをお得に使う4つの方法 ファミペイは楽しくオトクに使えるような、さまざまな工夫が凝らされています。 クーポン• スタンプカード• スロット• 回数券 以下で簡単に解説しますので、興味があるものはぜひ試してみてください。 クーポン ファミペイは利用を開始するときにファミチキなどが無料でもらえる 「ウェルカムクーポン」が付与されます。 ウェルカムクーポン以外のクーポンは不定期で発行され、 中には代金が無料になるもの(以下の画像ではヘルシア緑茶が無料になっています)もあります。 ホーム画面のメニューから簡単にクーポン一覧のページにアクセスできるので、小まめにチェックしてみてください。 スタンプカード ファミペイにはスタンプカードの機能があります。 たとえば以下のスタンプカードはコーヒーマシンで淹れるコーヒーを5杯購入すると、アイスコーヒーSまたはブレンドコーヒーSのいずれかが無料でもらえるものです。 以下のスタンプカードでは、アサヒのビールを10本購入すると「ファミコレ」(ファミリーマートコレクション)のお菓子をもらうことができます。 コーヒーはわずか5杯で条件を満たす(期間は1カ月間)ので、よく飲んでいる人なら簡単に達成できそうですね。 スロット ファミペイには以下のような、絵柄がそろうと無料クーポンをもらえるゲームがあります。 1日1回チャレンジできるので、電車の待ち時間などを利用して思いついたときに遊ぶ習慣がつけば、意外と当たるかもしれません。 回数券 2019年8月からは以上に加え、 回数券がスタートする予定です。 画像の説明を見る限りは世間によくある普通の回数券のようですが、ファミペイの機能として提供されるのであれば 持ち歩く手間もかかりませんし、券を失くすリスクもありません。 まとめ チャージの仕組みが複雑なコード決済アプリは意外と多いのですが、 ファミペイはとにかくシンプルです。 ファミマTカードを持っていない限り現金でしかチャージできないのがデメリットではありますが、買い物をするときは確実にお店に行くので、これも慣れればそれほどデメリットに感じないのかもしれません。 ただATMで手数料を払い、お金をおろしてチャージするのは誰でもイヤでしょうから、せめて銀行口座からチャージできるようにしてもらいたいものですね。

次の

ファミペイチャージ方法!はじめてチャージキャンペーンに参加してみた

ファミペイ クレジット チャージ

ファミペイの始め方 ファミペイを始めるにはまず専用の、 ファミペイアプリというスマートフォンアプリをダウンロードする必要があります。 チャージ方法ですが、アプリ上またはファミリーマートの店頭のレジでチャージする事になります。 まずはアプリをダウンロードしましょう! ちなみにファミペイを利用する時、 15歳未満の方は親権者の同意を得たうえでご利用くださいね! ファミペイのチャージ方法は? 先ほどアプリ上またはレジでチャージすると書きましたが、そのチャージ方法について詳しく見てみましょう。 いずれの方法でチャージする時も、まずはホーム画面に表示される 「Fami payを使う」をONにする事が前提です。 その後のチャージ方法は3つあります。 店頭レジで現金チャージ ファミリーマートのレジで店員さんにチャージしますと伝えてアプリのバーコードを見せるだけです。 そして金額を伝えましょう。 クレジットカードでチャージ ファミペイに登録できるクレジットカードは現在ファミマTカードのみです。 ファミペイボーナス ポイント からチャージ ファミペイでは、ファミペイボーナスというポイントシステムがあり、1ボーナス1円に換算してチャージする事が出来ます。 2019年7月5日から10萬人に無料クーポンが当たるキャンペーン! こちらは7月5日から始まる、ファミリーマート初のテレビCMと連動したTwitterキャンペーンです。 ファミリーマートに限らず、新しい取り組みじゃないかなと思います。 今回公開されるそのCMは7月5日の午前8時5分頃と13日の午前11時40分頃にそれぞれなんと1度だけ流れる限定のCMなんです! 見逃せませんね。 香取慎吾さん演じる香取ファミ平が、「よーい、スタート!」と号令をかけます。 それを合図として、それから48時間以内にファミリーマートの公式Twitterアカウントをフォローし、対象キャンペーンの告知ツイートをリツイートすると、その中から抽選でファミチキなどの人気商品の無料クーポンを合計最大10万人の方にプレゼントするというキャンペーンです! 開始前にフォローしていても問題ないのでぜひTwitterをフォローして参加しましょう! 公共料金は水道料金の支払いが可能! ファミペイが、ライバルのセブンペイなどと大きく違って優位な点が、 水道料金などの公共料金の支払いも可能だという点です。 ちなみに税金などの支払いも出来ます。 ファミリーマートで使えるコード決済のうち、ファミマで公共料金を支払おうとすると使用可能なものがファミペイのみになるので、ますます優位だと思われます。 ちなみにファミペイではお支払い200円ごとにFami payボーナスが1ボーナスつきますが、公共料金や税金など、収納代行と呼ばれるもののお支払いの場合1件につき10円相当のボーナスがつきます。 コンビニで公共料金などを払う方も多いと思いますので、これは嬉しいです! ファミペイのチャージ金額上限金額は? 次に、ファミペイのチャージ上限金額について解説します! 気になるチャージ上限金額ですが、まずレジでの現金チャージの場合、 上限は10万円です。 次にファミマTカードのクレジットカードでチャージする場合。 こちらは少し違っていて、チャージ上限金額は1日では10万円。 1か月でのチャージ上限金額は100万円となっています。 こちらのチャージはクレジットカードを持てない18歳未満の人向けでもあります。 15歳未満は親の承諾が必要ですが、16歳、17歳未満でもレジでのチャージが可能です。 ちなみにこの方法だとチャージした分のTポイントも貯まります!Tポイントって、けっこう色々なお店で溜めたり使ったり出来るので溜めてる方も多いですよね。 私が調べた限り、やっぱりファミマTカードのクレジットカードでチャージして使うのがオススメです。 ファミペイスタンプを確認!ゲームでもクーポンゲット ファミペイでは、対象期間中に対象商品を購入するとスタンプが貯まります。 スタンプがすべて溜まるとファミマのコーヒーが1杯無料になります。 嬉しいです!対象商品や期間、どのくらいスタンプが溜まったかなどはファミペイアプリ内で確認できます。 さらに、7月22日 月 までの期間限定で、ファミペイアプリでゲームに参加し、当たりが出れば「お〜い お茶 緑茶 350ml」の無料クーポンが貰えます! ゲームは1日1回参加できます! ファミペイにネットの声は? コード決済が次々登場している今、登場したファミマのファミペイ。 日常的に行く事の多いコンビニのコード決済ですが、実際どの様な意見があるのでしょう。 ネット上ではアクセスが殺到しすぎて全然登録が出来ない、システムエラーになってしまうという意見も広まっているようですが、予想以上にアクセス殺到だったようで、この問題は現在解消されています。 ただ、本当にお得だと思います。 まだサービスがスタートしたばかりなので、これから良い口コミも増えていくと思われます! ファミペイはTポイントからはチャージできない? ファミリーマートでお買い物をする際、レジで必ず 「Tポイントありますか?」と聞かれますよね。 こう聞かれちゃうとTポイントからでもチャージできるのでは?と思っちゃいますね。 実は Tポイントはポイントが貯められるだけで実際にファミペイにチャージはできないんです! Tポイントの残高をファミペイにチャージすることも、 逆にファミペイの残高をTポイントにチャージすることはできません。 ちょっと残念ですね。 ファミペイでチャージできるクレジットカードは1種類のみ!? ファミペイでは クレジットカードでのチャージができます。 しかしチャージできるクレジットは決まっているんです。 Tポイントのついたクレジットカードしかチャージできません。 VISAやJUBであってもTポイントのついたクレジットからでしかファミペイはチャージできませんので、ご注意ください。 ちょっとややこしいですね。 今後、普通のクレジットカードからでもチャージできるようにしてほしいですね。 銀行口座からのチャージも現段階ではできませんが、随時対応していくそうです。 クレジットカードの場合、限度額というものが存在します。 一回のチャージ限度は3万円• 1日のチャージ限度は10万円• 1か月のチャージ限度は100万円 クレジットカードのほうは審査もありますので、必ずこの限度額いっぱいまでチャージできるわけではないようです。 審査の信頼度が上がれば自然と限度額も最高限度額までチャージできるようになります。 ファミペイでチャージした後の有効期限に注意! ファミペイでクレジットカードなりレジから現金でチャージした後 最終利用日から10年後にチャージされた分は消えてしまいます! 最終利用日から10年後ですので、チャージしてからの10年後ではありません。 もし、ファミペイにチャージしたけど使わない、と思ったら使い切ってからにしたほうがいいですね。 ファミペイで支払えないもの 公共料金などが支払えるファミペイですが、実は支払えないものもあります。 一部の代行収納• 一部のファミポート取扱商品やサービス• 電子マネーのチャージ• コピーやFAX これらはファミペイでは利用ができません。 電子マネーのチャージなどレジで決済の時についついやってしまいがちですが、できませんのご注意くださいね。 一部の代行収納やファミポート取扱商品がどんなものかはわかっていません。 代行収納などまとめて支払う際にできないものが混ざっていると時間がかかってしまいますので、少ない量から支払いをしたほうがいいかもしれませんね。 ファミペイで予定されている機能 ファミペイでは今後予定されている機能が2つほどあるそうです。 回数券機能 2019年8月にファミペイには 「回数券機能」というのがつくそうです。 この 回数券機能とは購入したい商品をあらかじめアプリで選んでおき、セットするというもののようです。 詳しい使い方などはまだ公表されていません。 ファミペイ一つで成り立つように今後していくそうです。 こちらの回数券機能は友達にプレゼントしたりもできるそうですよ。 有効期限は6か月のようです。 ポイント連携 「 ポイント連携」機能は11月ごろからを予定しているそうです。 この機能は 「Tポイント」「楽天」「dポイント」の三つから好きなポイント先を選べるようになります! これはうれしいですね。 そのうち支払う時もこの三つのポイント先から支払えるようにもなるようです。

次の

ファミペイのチャージ方法まとめ!クレカやキャンペーンは?

ファミペイ クレジット チャージ

この記事によって分かること• ファミペイの使い方 ファミペイの使い方は以下の通りです。 スマートフォンにファミペイアプリをダウンロード |• 会員登録• チャージ• スマートフォン画面上に表示したバーコードを店舗レジで読み取ってもらう 以上で支払いが完了します。 ファミペイのここがすごい バーコードを見せるだけ ファミペイでの決済方法はシンプル。 アプリを開くとすぐに表示されるバーコードをレジスタッフに提示するだけ。 バーコード提示方式ですので、QRコードを読み込んだり、自分で金額を入力したりする必要がありません。 スマホひとつでOK ファミペイにチャージをしておけば、クレジットカードや財布を持ち歩かなくてもファミマで支払ができます。 さらにクレジットカードやポイントカードのポイントにあたるFamiPayボーナスが貯まります。 スマートフォンだけを持って近くを散歩している途中、ファミリーマートに立ち寄って買い物をしたいときなどに便利です。 クレジットカードやデビットカードはレジスタッフに手渡して決済する店がまだ多いですが、ファミペイはレジスタッフに手渡す必要がありません。 自分の手からスマホを離さずに決済ができます。 ファミペイは、クレジットカードやデビットカードをできるだけ人前に出したり渡したりしたくない方や、サインや暗証番号の入力が面倒な方にもオススメの決済アプリです。 入会金・手数料無料 ファミペイは入会金も手数料も無料です。 15歳未満は親の同意が必要 15歳未満の方は、親権者の同意が必要です。 使う前に会員登録が必要 新規会員登録時に、携帯電話番号、パスワード、生年月日、性別、郵便番号の入力する必要があります。 また本人確認のために、携帯電話番号を利用したSMS認証が行われます。 SMSにて送信された4桁の認証コード、パスワードを入力して登録が完了します。 SMS受信拒否設定をしている場合、SMSが届きません。 ファミペイへのチャージ ファミペイのチャージは• ファミリーマート店頭での 現金チャージ• ファミマTカード(クレジットカード)での クレジットカードチャージ• ファミマTカード(クレジットカード)での オートチャージ• ファミペイボーナスチャージ• 銀行口座からのチャージ の4種類です。 ファミリーマート店頭で現金をチャージ• ホーム画面バーコード下にある 「FamiPayを使う」ボタンをon• 店頭レジで1,000円から30,000円まで1,000円単位で チャージ額を選び、チャージ 現金でチャージの上限額は10万円です。 ファミマTカード(クレジットカードタイプ)からチャージ 現在のところ クレジットカードからのチャージは、のみ利用できます。 チャージしたいときに その都度チャージもできますし、 オートチャージもできます。 チャージ200円につき1円分のFamiPayボーナスが、翌月中旬頃に加算されます。 同じファミマTカードでも、Visaデビット付きキャッシュカードは利用できません。 クレジットカードのファミマTカードを登録するには、不正利用の防止を兼ねて、事前にクレジットカードの本人認証サービスの登録が必要です。 ファミマTカードからのチャージも、1,000円から30,000円まで1,000円単位でチャージ額を選べます。 ファミマTカードでのチャージ上限額は1日10万円まで、1ヶ月で100万円までです。 クレジットカードでのチャージは、ファミペイアプリのホーム画面バーコード右上のチャージから簡単にチャージできます。 利用できるクレジットカードはファミマTカードに限定されますが、自宅でもどこでもチャージできますので、店頭レジでのチャージよりも便利です。 銀行口座からのチャージ 登録した銀行口座からFamiPayチャージができるようになりました。 対応金融機関は、みずほ銀行、三井住友銀行(2020年3月10日から)、auじぶん銀行、三菱UFJ銀行(2020年5月26日から)です。 チャージ単位は、千円単位 3千円~9千円 、万円単位 1万円~3万円。 「FamiPayを使う」ボタン 使うときだけonに ファミペイで支払をするには、バーコード表示画面のバーコード右下にある「FamiPayを使う」ボタンをオンにしておく必要があります。 このボタンをオフにしておくと、ファミペイへのチャージやファミペイでの支払ができなくなります。 使わないときはoffに 不正利用防止のためにも、ファミペイを利用しない時にはボタンをオフにしておくがオススメです。 ボタンをオンにする際には、自分で設定した4桁の暗証番号が必要です。 残高が3万円以上なら、ボタンがonでの暗証番号の入力が必要 またファミペイ残高が3万円を越えている場合には、ボタンをonにしていても暗証番号の入力が必要です。 暗証番号のリセットは電話で 暗証番号をリセットする場合には、ファミペイサポートセンターまでナビダイヤルにて電話連絡する必要があります。 FamiPayボーナス ファミペイでは、 FamiPayを利用しての支払税込200円ごとに1円分のファミペイボーナスが付与されます。 また Famiポート・収納代行など 対象外あり サービス商材の支払1件につき10円分のファミペイボーナスが付与されます。 ボーナスは、即時付与ではなく、翌々日までの付与です。 貯まった ファミペイボーナスは、1円分からFamiPay残高にチャージできます。 5% チャージ0. 5%+支払い0. 5%+Tカード提示0. 5%=1. 5% ファミマTカードをお持ちの方は、ファミマTカードでの支払いがオトクです。 ただしファミペイを利用するとボーナスポイントがもらえることがあったり、クーポンやポイントも同時に使えるなどのメリットもあります。 公共料金・各種料金の収納代行 ファミペイでの収納代行支払い1件につき、10ファミペイボーナスが貯まります。 公共料金・各種料金の収納代行は、ファミペイで支払えるものとできないものがあります。 支払いが可能かどうかは、ファミペイアプリに番号を入力して確認できます。 支払を目的としたチャージする前に、ファミペイで支払えるかどうか確認をオススメします。 ファミマTカードによる収納代行は0. 5%です。 2,000円未満の収納代行はファミペイで、2,000円以上はファミマTカードで払うのがオトクです。 ポイントが貯まる・選べる 使う・貯めるポイントが「 Tポイント」にくわえ、2019年11月26日 火 から「 楽天ポイント」と「 dポイント」を含む3つの中から選べるようになりました。 ただし、1度の買い物で貯まるポイントは1種類のみで、複数ポイントの付与や利用はできません。 ポイントカードなどの提示でポイントが貯まりますが、ファミペイにカードを登録し、連携することもできます。 複数のポイントカードを登録でき、どのポイントカードを使うか事前に設定できます。 そのためレジでは「FamiPayで」と伝えて、アプリのバーコードを提示するだけです。 クーポン利用、ポイントカード提示、決済が1回のスキャンでできるので、ファミペイアプリは利便性が高いです。 ファミペイが使える機種と接続環境 ファミペイは、基本的にiOS10~12、Android5~9搭載機種で利用できます。 実際に店舗で決済するには、LTEやWi-Fiなどインターネットに接続できる環境が必要です。 ファミペイはネット通販「kaema(カエマ)」でも使える ファミペイは、でも使えます。 ファミペイを利用すれば、通常価格よりも安い割引価格で買い物ができます。 kaemaでは、インテリアや家具や家電などのなど重たい商品、雑貨や日用品、ベビーグッズなどのかさばる商品、ペットグッズ、カー用品からファッションやフード、ドリンクまでさまざまな商品が売られています。 クレジットカードを使わずにネットショッピングをする場合、先払いでも後払いでも、指定口座への入金や支払票による払込の手間と、振込や入金の手数料がかかります。 ファミペイがあれば、クレジットカードやデビットカードを持っていなくても、kaemaで手軽にネットショッピングができます。 クレジットカードやデビットカードを、ネットショッピングで利用するのは不安がある方も、ファミペイがあれば安心ですね。 ファミペイのクーポンやボーナス、回数券 ファミペイアプリには、ほかにもお得なクーポンや、ミニゲームやスタンプなどが用意されています。 無料で商品と交換できるクーポンもありますし、ファミペイアプリをダウンロードして会員登録をしていれば、ファミペイにチャージしていなくても利用できるクーポンもあります。 またファミリーマートで特定商品を購入するごとにスタンプが貯まり、指定数に購入回数が達したところでプレゼントがもらえます。 クーポンがもらえたりスタンプが貯まったり、ファミリーマートをふだんからよく利用する方にとっては便利でオトクな決済アプリです。 また2019年秋から、 FamiPay回数券と呼ばれるオトクなデジタルチケットも、ファミペイ内で購入できます。 電子レシート(利用歴)が確認できる ホーム画面では電子レシートを確認できます。 コンビニエンスストアでレシートをもらわない方も残高が確認できます。 家計簿のために必ずレシートをお財布の中にいれて取っている方、お財布がすぐにパンパンになるのが悩みの方にオススメです。 レシートを取っておかなくても、いついくら使ったのかがわかります。 スマホをなくしたら?盗まれたら? スマートフォンをなくした、盗まれた、あるいはその他の理由で ファミペイの利用を停止したい場合には、に連絡すれば利用停止の手続きができます。 ファミペイサポートセンターは、24時間年中無休で電話対応をしています。 スマホを紛失した時や、盗難あった時のことも考えて、「FamiPayを利用する」ボタンは常時onの状態にしておかないのがオススメです。 ボタンがoffの状態であれば、ファミペイアプリでの支払に暗証番号が必要ですので、不正利用がしにくくなります。 ファミペイでできないこと 支払い方法の併用はできない ファミペイでの支払を利用の際には、ほかのクレジットカードや電子マネーとの併用はできません。 一部のサービスには利用できない 一部の代行収納、電子マネーへのチャージやコピー、FAXなどには利用できません。 Famiポートを利用した、各種代金の支払やFamiパス、海外送金サービスや寄付、貸付金返済などにファミペイは利用できません。 ファミリーマート以外では使えない ファミペイのPayPayや楽天ペイ、メルペイやLINEPayなどとの最大の違いは、 ファミリーマートでしか使えないことです。 ファミペイはファミマのヘビーユーザーにとって便利でオトクなアプリ ファミペイは、バーコード提示方式の決済アプリ。 決済アプリ初心者でも利用しやすいアプリです。 またファミリーマートをよく利用する方、ファミリーマートでクーポンを使いたい方にオススメの決済アプリです。 FamiPay(ファミペイ) — FamiPay(ファミペイ) — 2019年8月22日 作成 2020年5月23日更新.

次の