スキーツアー 白馬47。 エイブル白馬五竜・Hakuba47スキー場

白馬・栂池旅行・ツアー|クラブツーリズム

スキーツアー 白馬47

白馬五竜は「アルプス平ゲレンデ」「とおみゲレンデ」「いいもりゲレンデ」の3つのエリアに区分けされています。 「アルプス平ゲレンデ」は、五竜テレキャビンでアクセスするスキー場の上部にあるエリアで、フラットなバーンからテクニカルなコース、また圧雪されていない斜面もあって、中~上級者にはチャレンジしがいのあるところ。 特に晴れた日は北アルプスの雄大な山容を望むことができ、眺望も抜群です。 「とおみゲレンデ」は、エスカルプラザの正面に位置するこのスキー場のメインゲレンデ。 圧雪整備の行き届いた一枚バーンなので、初級者やファミリーにも安心です。 ここではナイター営業も行っています。 そして「いいもりゲレンデ」は斜度的には初~中級者向きのゲレンデでスノーパークやモーグルコースもあり、スキーヤーやボーダーの多彩な嗜好に対応しています。 その他、テレキャビン山頂のアルプス平駅からは、隣の「Hakuba47」にも滑り込むことができ、白馬五竜はさまざまなコースが楽しめる変化に富んだスキー場となっています。 「アルプス平ゲレンデ」からスキー場下部のエスカルプラザまで下るには、途中上級者向きの「チャンピオンダイナミックコース」(最大斜度23度、平均21度)を滑り降りる必要あり。 でもテレキャビンは下りも乗車できるので、初級者だって上部のパノラマゲレンデを楽しめます。 晴れたときはメチャメチャ景色がいいので、ぜひゲレンデ上部まで行ってみてください。 特に朝は人が少なく、気持ちよく滑ることができますよ。 エスカルプラザ前に広がる「とおみゲレンデ」は、1,500mもの長さの一枚バーン。 一部に18度というちょっと斜度キツめの部分もあるけれど、3本のリフトが架かっていて、それぞれに斜面を選ぶことができるのでビギナーも安心。 中級レベル以上なら、ゲレンデの一アルプス平ゲレンデの一番上から気持ちのいいロング滑走が楽しめます。 そして、エスカルプラザから斜面に向かって右手が「いいもりゲレンデ」。 斜度的には初~中級者向きの要素の多いゲレンデですが、スノーパークやモーグルコースなどもあり、スキーヤーやボーダーの多彩な嗜好に対応しています。 オリオンツアーでは、長野県や新潟県のスキー場を中心に100ヶ所以上のスキー場からスキーツアーを選ぶことが出来ます! また、関東(新宿・東京)東海(名古屋)・関西(大阪・京都・神戸)・九州(博多・小倉)・中国(広島・岡山)・四国(徳島)・東北(仙台)の日本全国からバスツアーを出発しているので行きたいツアーが見つけやすいです! 特に朝発バス日帰りツアーは大学生・高校生や子供連れの家族旅行に人気です。 もちろん東京発着の新幹線で行くJRスキーツアーもありますので、バスツアーとJRツアーを比べてみるのものオススメです! また、マイカープランの宿泊プランやマイカー日帰りプランなど、バスを利用しなくてもオリオンツアーの独自仕入れのリフト券が使えるツアータイプがあるで見つけてみましょう! スキー場のオープン日情報・積雪情報・最長滑走距離やランキングなど、スキー場情報が満載のスキー場詳細ページも用意しているので要チェックです。 またシーズン中は不定期に料金を値下げした席数限定・日程限定の格安スキーツアーも販売予定!ただし、オリオンツアーの公式スキー&スノボツアーサイト限定プランなのでお見逃しなく! 朝発日帰りスキーツアーのメリットは? 1. 朝発日帰りスキーツアーは、夜行バスではないので、長時間バスの中で過ごすことがなく片道3~4時間の乗車時間でスキー場に着くことが出来ます。 朝発日帰りスキーツアーは、近郊のスキー場にツアーなので、リピートしやすく便利です!おひとり様のご参加率も高いです! 3. 朝発日帰りスキーツアーは、出発場所もたくさんあるので自分の住んでいる街から一番近い出発地から探して行けます!選べるスキー場もたくさんあるのがオススメ! 夜発日帰りスキーツアーのメリットは? 1. 夜発日帰りスキーツアーは、朝出発ではないので、朝早く起きれない方にオススメ!バスの中でゆっくり寝て、朝から思いっきり滑ろう! 2. 夜発日帰りスキーツアーは、夜出発なので、時間を調整しながらスキー場に向かうので、渋滞の影響でスキー場の到着が遅れるようなことは滅多にないのがオススメ! 3. 夜発日帰りスキーツアーは、朝発日帰りでは行けない遠くの雪質が良いスキー場に行けるのがオススメ! スキー上達の秘訣!滑り方と練習方法とは? まずは初心者に最適な滑り方、ボーゲンの基本について抑えておきましょう。 上級者でも立ち返る事があるボーゲンは、基本的なテクニックが詰まっています。 しかもリフトに乗る前、平地である程度の確認・練習が可能なので、ウォーミングアップを兼ねてぜひ平地トレーニングをオススメします。 初心者が準備しておくべき持ち物とは? これからスキーデビューしようと思っている人の中で、どのようなアイテムを準備すればいいか困っている方もいるでしょう。 持ち物について、フルセットを自分でそろえる必要はありません。 中にはレンタルできるものもあるからです。 そこで初心者向けにどのようなアイテムを持参すればいいかについて、以下にまとめました。 女子は事前の準備が重要!気になる3つのポイントとは? 冬になるとウィンタースポーツに挑戦したい!という方もいるかもしれません。 そんな時におすすめなのはスキーやスノボで、ツアーなどを利用することでお手軽にはじめられます。 そんなスキーやスノボは、実は事前に準備しておきたいことがあります。 特にスキー女子・スノボ女子はしっかりと準備をしておきましょう。

次の

HAKUBA47&白馬五竜|名古屋発 リフト券付き格安日帰りスキーツアー・スノボーツアー 予約サイト

スキーツアー 白馬47

必ず出発当日に会員券ご持参のうえ、集合場所で係員にご提出下さい。 係員より各種クーポン類をお渡しいたしますので、現地各施設にてお引き換えをお願いいたします。 ご旅行中の行程は、グループ内同一となります。 宿泊施設には特典欄に記載がない限り、アメニティーは付属しておりません。 また、原則としてセルフサービスが基本となりますので、寝具の上げ下げは各自にてお願いいたします。 レンタル用品は事前予約制となり、ご出発の2日前までに指定場所にお申込み(FAX)をお願いいたします。 詳しいご案内は、レンタルのお申込みに関してをご覧下さい。 積雪が十分でない初春期に関して、スキー場のリフトが1本以上運行されている場合、原則としてツアーは催行されます。 但し当社の判断で積雪状況などの理由により、ツアーを中止する場合がございます。 雪不足によるキャンセルはご出発日の5日前~2日前までにご案内いたします。 (雪不足によるツアーキャンセルの場合は、お客様ご負担の振込時の振込手数料を除き全額ご返金いたします。 お申込み前に詳しい旅行条件書をご覧下さい。

次の

Hakuba47 ウインタースポーツパーク ‐ スキー場情報サイト SURF&SNOW

スキーツアー 白馬47

98,521アクセス• 今年は冬が早くて寒いですね。 世間的には迷惑な寒さと雪ですが、スキーヤーやスノーボーダーには歓迎すべきニュース。 過去2シーズンは年を越しても半分くらいしか滑れないスキー場がざらでした。 それに比べて今季は…… うれしいの一言です。 こんなにガンガン降っているわりにはゆっくりめのシーズンインですが、白馬五竜・47で初滑りしました。 初日は終日小雪。 人出はそこそこでしょうか。 9ヶ月ぶりのスキーだったのでもちろんうれしかったですが、ゲレンデはベストとは言いがたく、まあ中くらいの満足度でしょうか。 明けて18日 月 も似たような予報だったのですが、実際は晴天。 ゲレンデは空き空きなのにしっかり整備されていて、朝から3時まで、広いスキー場を滑りまくりました。 特に頚城や妙高の山々がきれいです。 いやぁ12月なかばの信州のスキー場でこんな良いことがあるなんて、何シーズンぶりでしょう。 調べたら2007-08シーズン以来のようです。 ホントに夢のような最高の初滑りでした。 今季はかなり期待できそうです。 白馬五竜・47で滑るときはいつもペンション村のくるみのお世話になっています。 1人でも泊めてくれて2食付7,000円ちょっとなのに食事が美味しく親切。 さらに平日だとリフト券も格安なので気に入っています。 今回も2日券がたった4,200円でありがとうございました。 スキー・スノーボードファン以外の方に。 白馬五竜とHakuba 47は隣り合った別々のスキー場ですが、リフト券は共通なので、実質的には一緒のスキー場として、私たちは滑っています。 47はフォーティーセブンと呼ぶのが正式名称ですが、長すぎるので、業界では単にヨンナナという人が多いです。 ねもさんへ はじめまして温泉とビーチをこよなく愛するhagychanと申します。 白馬五竜懐かしすぎます。 20年前学生時代冬といえば夜行バスでいく 信州新潟スキーでした。 その中でも白馬五竜は野沢温泉志賀高原赤倉温泉と ともに足しげく通いスキースノボにいそしみ最後は温泉でした。 もっとも最後のほうは北海道スキーと北海道グルメのほうに目がくらみ ニセコルスツ富良野のパウダースノーを満喫しましたが 白馬もかなりよい雪質だと思います。 山々の旅行記大変興味深く拝見しています。 自分も10年前までは山と温泉でした。 バンフからのロッキー山脈 フランスシャモニーからのアルプス今でも忘れません。 またお邪魔させていただきます。 hagychanさん コメント&フォロー&ご投票ありがとうございます。 王道のスキー場で滑っておられたのですね。 私もその4つはかなり気に入っていて、いずれも10日〜30日くらい滑っています。 私は前世紀末 たぶんhagychanさんが滑りまくっていたころ 、同僚に誘われ野沢温泉に行ったのがスキー復活のきっかけでした 北海道出身です。 そのころは貸切バスに乗るだけなので、野沢温泉が長野県のどの辺かも知りませんでした 笑 今世紀になったからいっそうはまり、ピークの2008年〜12年にはシーズン10回 30日弱 は滑ってました。 自慢にも何にもなりませんが、60ヶ所以上のスキー場を経験してます。 最も通っているスキー場が八方尾根です 13季連続。 hagychanさんが滑っていたころだと、八方=混んでいるという印象ではと推測しますが、私の八方デビューは2007年で、混んでなくてハッピーでした。 平日でお安く泊まれてお安く滑れて、うらやましい限りです。 五龍・47は若かりし頃2回ぐらい行きましたが、いっつも雪がいいし、広くて滑りごたえがあって面白いですよね~。 白馬行きたいなあ。 最近は子連れなので、湯ノ丸スキー場とか小さいところばっかりです。 ところで、思いっきり「フォーティーセブン」って呼んでいました。 「ヨンナナ」と呼ぶのがツウなんですね。 ねもさんってばこんなに早くシーズンインしちゃって、飛ばしすぎて怪我とかしないでくださいね。 これだけ降れば、もう行くしかないでしょう! 遅かったくらいです 笑 籠っていたとはリゾートバイトですか? 探偵といいよーべんさんは個性的な人生を歩んできたのですね。 1週間くらいですか? 楽しみですね。 栂池も行けば楽しいのですが、八方を越えて岩岳を越えてというのが難で、3回くらいしか滑ったことないです。 2014年2月中旬の大雪、覚えていますか? あのとき栂池にいました。 日本人は大雪で来られない人続出で、ゲレンデは外国人だらけでした。 お客さん減少に悩んできたスキー場ですが、メジャーなスキー場では最近リフト料金値上げが結構あります。 仰る相場観で間違いないです。 年末に娘と安比高原に行く予定ですが、ここの1日券が5,600円で仰天します 私はシニアなのでもっと安いですが 強気の理由ですが…… 日本人のお客さんが増えたようには思えないので、私の推測では外国人のおかげでしょう。 今回の47は厳しめのコースが多いスキー場ですが、平日だと周りは半分以上外国人なんてことも。 17日までが初滑り料金で1,700円、18日は平日料金で2,500円の合計でした。 Pくるみは平日ならオンシーズンでも1日券2,500円です。 お嬢さんといかがですか!?

次の