ゴースト リコン。 ゴーストリコンブレイクポイントとワイルドランズどちらがおすすめ?違いも調査!

ゴーストリコンブレイクポイントとワイルドランズどちらがおすすめ?違いも調査!

ゴースト リコン

概要 [ ] 「ゴースト」を率いて戦うアクションシューティングゲームの最新作。 本作は前作の「」と同じくであり、南太平洋の島「アウロア群島」を舞台に、アウロアを支配する勢力から逃げ延びていく。 アウロアは叛乱を起こしたゴースト部隊「ウルヴズ」やそれ以外のである「センティネル」により制圧されており、また、彼らが操る戦闘ドローンも襲いかかってくるため、本作では銃器だけでなくも武器として登場する。 本作はネットワーク環境必須になっており、ゲーム中の拠点 ホームステッダーのアジト においてはのように自分以外のプレイヤーが表示される。 PvEのゲーム進行においても協力プレイが推奨されており、ゲーム中のゴーストは「アサルト」、「パンサー」、「フィールドメディック」、「シャープシューター」の4クラスに分けられ、各プレイヤーが役割を分担して戦っていく。 またクラスは、ウルヴスなど敵ユニットにも存在している。 今作ではリアルなサバイバルを体験するために「疲労と負傷」システムが実装され、疲労したりケガをすると移動速度や戦闘能力が低下し、治癒するには物資が必要になる。 また、「ビバーク」システムも実装されており、チームメイトとキャンプを設営し、装備・クラス・武器などを管理する必要がある。 また、PvPモード「ゴーストウォー」も前作同様4対4で行われるが、のように物資を集めながら進行していくのが特徴である。 ストーリー [ ] 巨大ドローン企業、スケルテック社の本拠地である南太平洋のアウロラ群島近海において、アメリカ海軍の輸送艦シーイが謎の沈没を遂げ、時を同じくしてアウロラとの通信が途絶えたことから、CIAは通信の復旧や現地の状況調査を目的とした「グリーンストーン作戦」を発動する。 これに伴い、アメリカ陸軍の特殊部隊「ゴースト」の隊員32名がヘリコプター部隊に分乗してアウロラへと向かうが、アウロラ上空にて突如として謎の攻撃を受け、ヘリコプターは次々と墜落する。 思わぬ状況下で負傷しながらも生き残った、かつてボリビアにて麻薬カルテル「サンタ・ブランカ」の壊滅を狙った「キングスレイヤー作戦」を遂行した古強者のノマドは、仲間の生存者との合流や、アウロラが今どうなっているのかを確かめるべく、生き延びるための戦いに身を投じていく。 キャラクター [ ] ゴースト [ ] ゲーム中ではAIが操作するチームメイトのフューリー、ヴァシリ、フィクシットは、アップデートにより実装が予定されている。 島に上陸する前の襲撃でチームメイトであるウィーバー、ミダス、ホルトとはぐれ、アウロアに散らばり辛くも生き延びた他のゴースト隊員らと共に任務を続行する。 クラスは初期時はアサルター。 フューリー 競争心が強く、格闘術に優れた能力を持つ女性ゴースト隊員。 本名はキム・ヘルナンデス。 の出身で、幼少期からやを学び、16歳の頃には全米レベルの選手になっていた。 その後、海軍に入隊して女性最初の隊員となるとに編入された。 クラスは初期時はパンサー。 ヴァシリ 部隊の中では新米だが、狙撃兵を務めるゴースト隊員。 本名はデビット・シャン。 の出身で、10代の頃はパブリック・スクールに通う。 また、ストリートでのトラブルを経験していくうちに、穏やかな物腰と口先のうまさを体得した。 18歳で「真のアメリカ人」になるため陸軍に入ると、の中で狙撃手としての素質を発揮した。 クラスは初期時はシャープシューター。 フィクシット メカニカルデバイスに詳しく、冗談好きな性格のゴースト隊員。 本名はベンジャミン・ジョーンズ。 の出身で、実家は自動車修理工場を経営しており、幼少から機械に関心を持つ。 その後、に入学して電機と機械工学を学び、卒業前に陸軍に入隊しての一員となった。 クラスは初期時はフィールドメディック。 ウィーバー 日本語版声優 - かつてボリビアにてノマドと共に「キングスレイヤー作戦」に従事したゴースト隊員。 ノマドとは別のヘリコプターに搭乗しており、墜落現場にて他の仲間と共にウルヴズの襲撃を受け、ウォーカーの手で射殺された。 ミダス 日本語版声優 - かつてボリビアにてノマドと共に「キングスレイヤー作戦」に従事したゴースト隊員。 墜落後は行方不明となり、DLC『ディープステート』にてドローン研究のためセンティネル側に拉致されていたことが判明。 同DLC終了後はホルトと共にホームステッダーのアジトに匿われる。 ホルト 日本語版声優 - かつてボリビアにてノマドと共に「キングスレイヤー作戦」に従事したゴースト隊員。 重傷を負いながらホームステッダーのアジトに匿われており、満足に動けない自身に代わってノマドに事を託す。 ウルヴズ [ ] 数人の元ゴースト隊員を基軸に、センティネルをはじめ複数のPMCから特殊部隊員など優秀な兵士を結集して設立された部隊。 隊員らは黒いマントにマスクをつけているのが特徴で、ゲーム中では敵の拠点を警備するセンティネル兵に比べて射撃が正確であり、また飛行ドローンでノマドの位置を把握すると、ジャマーでマップを妨害しての奇襲を行う。 コール・D・ウォーカー 日本語版声優 - 元ゴースト隊員にして「ウルヴズ」のリーダー。 かつてはノマドの良き仲間であったが、中東での任務で戦争犯罪を犯した友軍の兵士を殺害するなど行動が過激化。 除隊後に「ウルヴズ」を創設し、アウロアを自らの革命の本拠地にしようとする。 キャラクターモデルおよび英語版における声は俳優の。 ジョサイア・ヒル 日本語版声優 - 現役のゴースト隊員にして、実は「ウルヴズ」の副リーダー。 ゴースト時代のウォーカーの片腕であり、彼の蜂起に賛同している。 ローズバッド 日本語版声優 - 「ウルヴズ」の精鋭兵となった元ゴースト隊員。 女性の狙撃手。 本名はルシール・ローズ・ケラー。 の軍人一家で育ち、に入隊するとスナイパー・スクールにて3600メートルという超長距離を命中させる凄腕を見せた。 シルバーバック 日本語版声優 - 元はセンティネルなどのPMC要員だが「ウルヴズ」の精鋭兵となった。 抗反乱に長けている。 本名はフランク・ウェールズ。 の厳格な父親の下で育ち、において15年のキャリアを持つ。 また、ウルヴズ精鋭兵の中ではウォーカーへの忠誠心が薄く、作戦遂行のためならば無抵抗な者への虐殺も辞さない。 フライキャッチャー 日本語版声優 - 「ウルヴズ」の精鋭兵となった元ゴースト隊員。 ドローンの専門家。 本名はハンク・ファ。 7歳でコンピューターをゼロから組み上げた天才児であり、米軍に入るとのサイバー捜査官として活躍しながら戦闘ドローンの研究をしていた。 そのことに関してはアウロアの技術者からも感心されており、「イノベーションを重視する人物」と評価されている。 イエローレッグ 日本語版声優 - 「ウルヴズ」の精鋭兵となった元ゴースト隊員。 女性の暗殺要員。 米国名はアイシャ・クバール。 の出身で、内戦で家族を失ってからは女性だけの民兵部隊に所属。 その後米軍のために働くようになり、確認できるだけで52人もの標的の暗殺に成功する。 ヒルに次ぐウォーカーの側近であり、忠誠心も高い。 センティネル [ ] スケルテック社に雇われたPMC 民間軍事会社。 かつては「ウルヴズ」とともにアウロラの警備を行っていたが、「ウルヴズ」を率いるウォーカーの蜂起に同調し、島を占拠して従業員たちを隔離し始めた。 ウルヴズに比べると兵士の能力は劣るが、その分人数は多く、ボディアーマーにミニガンを持った重装兵など「ウルヴズ」以上の火力も動員できる。 トレイ・ストーン 日本語版声優 - センティネルのCEOで元ゴースト隊員。 同じく軍事部門を司るウォーカーとは折り合いが悪い。 イルザ・ハーゾグ 日本語版声優 - センティネルの尋問担当である人の中年女性。 サディスト。 イアン・ブレイク 日本語版声優 - センティネルの情報分析主任。 アイルランド系の元刑事。 部下に対して横柄な態度をよく取る。 スケルテック社 [ ] ジェイス・スケル 日本語版声優 - スケルテック社のCEO。 自らが開発したドローンを軍事兵器に転用することは反対していたが、やがて警備部門として現れたウォーカーらにより社における実権を奪われてしまう。 その後は追われていたが、ノマドにより救出される。 モーリス・フォックス 日本語版声優 - スケルテック社のエンジニアにして、ジェイスの親友。 解放後はホームステッダーのアジトに匿われ、ノマドの協力者となる。 ハーモニー・フォックス 日本語版声優 - モーリスの娘であり、幼少ながらエンジニアとしての教育を受けている。 アヤナ・ピューリ 日本語版声優 - スケルテック社の最高財務責任者。 ウォーカーらに協力しているが、真意では離反したがっている。 カール・チザム 日本語版声優 - スケルテック社のITセキュリティ担当エンジニア。 ハーゾグらに追われている。 ポーラ・マデラ 日本語版声優 - スケルテック社のロボット工学担当エンジニア。 ウォーカーに近づいていたジェイスと距離をおいており、アウトキャストとは密接な関係にある。 夫は ALS を罹患している。 クリスティーナ・クロムウェル 日本語版声優 - スケルテック社のAI担当エンジニア。 ブレイクらに追われている。 その他 [ ] マッズ・シュルツ 日本語版声優 - アウロアでスケルテック社と「ウルヴズ」に抵抗するホームステッダーのリーダー。 元海兵隊員。 マリア・シュルツ 日本語版声優 - マッズの妻。 武器の販売を行う。 ローワン・ブラウン 日本語版声優 - ホームステッダーの一員で元山岳師団の軍曹。 「ウルヴズ」を捜索している。 ゲーム中ではサイドミッションのほか、PvPモードも彼を通して行うようになっている。 ジェリコ 日本語版声優 - ホームステッダーの土木担当。 ハルヒ・イトウ 日本語版声優 - 元スケルテックの従業員でアウトキャストのリーダー。 日本人。 ウォーカーなどに牛耳られた現在のスケルテックに対抗している。 ダイゴロウ・イトウ 日本語版声優 - ハルヒの弟であり日本人。 姉の活動に手を貸している。 ヴォーン 日本語版声優 - アメリカ陸軍の防諜官で上院議員の息子。 中東での任務でノマド、ウォーカーとともに作戦に当たるが、情緒不安定かつ特権意識を振りかざす性格ゆえウォーカーと対立していた。 その後、民間人の少女を射殺した挙げ句それを窘めたウォーカーをも殺そうとしたため、我慢の限界を迎えたウォーカーに射殺される。 ピーター・マイルズ 日本語版声優 - CIA のエージェントであり、ゴーストをアウロラに派遣した作戦の主導者。 実は本作の事件の黒幕であり、ゴースト時代よりウォーカーの作戦に手を貸していた。 DLC『ディープステート』 [ ] 日本語版声優 - 秘密部隊「フォースエシュロン」のリーダーであり単独潜入の名手。 アウロラのドローン計画に噛んでいる政界の大物「ストラテジスト」を捕らえるために派遣された。 また、ノマドに協力を求める際、ミダスがストラテジストに監禁されていることを伝える。 ヴィクター・コステ 日本語版声優 - サムの親友であり、民間軍事会社「パラディン9」のオーナー。 表向きはセンティネルを支援しながらサムのために動く。 ストラテジスト 本名はレオン・フェアロー。 ピーター・マイルズの賛同者であり、人間の兵士を超える戦闘ドローン部隊を作り上げる「クロウ計画」の主導者。 ステファニー・バージェス ストラテジストの顧問弁護士。 カレル・セクリッチ ウルヴズの隊員で、精鋭兵に次ぐ指揮官クラス。 ロシアの特殊部隊「ボダーク」の出身。 バージェスの護衛であり彼女とは親密な関係にある。 パクストン将軍 アメリカ合衆国陸軍の大将。 ストラテジストの支持者であり、ノマド曰く「階級は立派だが人としては最悪」。 ウィム・ヴァン・ダイク ストラテジストに雇われた昆虫学者。 群れをなす蜂の生態に熟知していることからドローンのAIパターン構築を依頼される。 ホリー・マッケンジー ストラテジストに雇われたシステム分析家。 イギリス人。 電子工学の才能溢れるが反抗期真っ盛りの娘・ルビーがいる。 クラス [ ] アサルト ダメージを回復・軽減させながら突撃を行い、最前線を制圧する。 パンサー ドローンから一時的に姿を隠しながら隠密行動を行う。 シャープシューター 範囲内の敵を探知・マークして、狙撃で相手を仕留める。 フィールドメディック 味方を回復・蘇生できるドローンを使い、味方を援護する。 エンジニア 防御ドローンを使い周囲の敵を攻撃したり、味方に予備の弾倉を供給したりする。 エシュロン ソナーを使い、敵を壁越しに視認およびマークできる。 脚注 [ ].

次の

ゴーストリコンブレイクポイントの評価、序盤のおすすめクラスや攻略のコツ

ゴースト リコン

「ゴーストリコン」シリーズの新たな始まりとなる前作「ゴーストリコン ワイルドランズ」。 前作では、シリーズ初となる広大で美しいオープンワールドを舞台に、新世代に向けて新たに創造されたストーリーを、1人もしくはオンラインでの最大4人協力プレイで体験することができた。 本作ではこれまでと違いミッション前のブリーフィングが存在しない。 状況は突然発生する。 先進テクノロジー企業スケルテックの本拠地アウロア群島との連絡が途絶えた。 その調査へと向かった主人公と仲間たちであったが、アウロアに上陸しようとした時に、乗っていたヘリコプターが撃墜されてしまう。 スケルテックは、乗っ取られていたのだ。 今アウロアを力で支配するのは、アメリカを裏切った軍人たちの部隊ウルブズ。 それを率いるのは、主人公のかつての戦友コール・D・ウォーカー中佐だった。 彼らはスケルテックのドローンを殺戮マシンへと改造し、それを使ったある計画を実行しようとしていた。 何を犠牲にしてでも… 『ゴーストリコン ブレイクポイント』は、ミステリアスで広大なオープンワールドを舞台に敵と戦う、ミリタリーシューター。 全編を通して1人ではもちろんオンラインでの最大4人協力プレイを楽しめる。 負傷し、援軍も望めない中、主人公は、元ゴーストたちに追い詰められながらも、アウロアをさまよい生き残るために戦わなければならない。 状況に合わせた適切な戦略を立て、最強の敵に打ち勝つ方法を見つけ出せ。 カスタマイズは何千通りもの組み合わせが可能。 キャラクターをカスタマイズして、自分だけの完璧なゴーストを作ろう。 各地に散らばる素材を集め、様々なアタッチメントを使用して武器を作成&アップグレードしよう。 さらに自分のプレイスタイルやシチュエーションに合わせて、ゴーストの装備をカスタマイズすることも可能。 新たに登場するクラスシステムを使いこなして、様々なやり方で敵を倒そう。 アサルトクラスではアグレッシブなスタイルで攻撃が可能になる。 そしてスナイパークラスなら特殊な弾薬を使用して長距離から正確に狙いを定められる。 さらにステルスが得意なパンサークラスなら、攻撃後に発煙筒を使用して敵から逃げることも可能だ。 『ゴーストリコン ブレイクポイント』の楽しみ方は、プレイヤー次第。 『ゴーストリコン ブレイクポイント』では、どのようなプレイスタイルでも同じキャラクター(カスタマイズ、スキル、武器がいつでも共通)でプレイすることとなり、プレイヤーの進行状況は、PvEとPvP間で共通のものとなる。 真のソーシャル体験となる『ゴーストリコン ブレイクポイント』では、ソーシャルハブでフレンドを見つけて、一緒にキャンペーンモードをプレイする、あるいはPvPアリーナに参加して4v4の激しいマッチを繰り広げることが可能。 また、本作は、発売後も定期的なアップデートが行われ、何年にもわたりサポートが続く。 追加エピソードで物語のその後が展開し、新機能も継続的に追加され、プレイヤーは、新しいクラスやゲームプレイだけでなく、イベントや新タイプのエンドゲームコンテンツ「レイド」にもアクセスできる。 先着予約特典としてベータへのアクセス権とビークル、武器などがセットになった「センティネルコープパック」をセットで付与される。 2 DIGITAL(ビークル)、SENTINEL MK.

次の

ゴーストリコン ワイルドランズ

ゴースト リコン

ゲームは1日1時間を絶対守れないガハラです! 友達にすすめられて ゴーストリコンというゲームを買いました。 あまり期待していなかったのですが、これがまぁおもしろい! なんといってもオフラインで1人黙々とプレイしていても楽しめるのがかなり気に入っています。 さて、この記事では 「ゴーストリコン、やろうと思っているけど ぶっちゃけおもしろいの?」 「 今からでも始められる?」 といった疑問を持つ方のために• ゴーストリコンがどんなゲームか• ゴーストリコンのおもしろさ• 今からでも始められる理由 の3つを主にお話していきます。 「買おうかどうか迷ってるんだよな~」という方はぜひ参考にして下さいね。 まず、ゴーストリコンは オープンワールドを採用しています。 マップがとにかく広く、ミッションの数も多いので やり込み要素がすごい。 マップに表示されているポイントを選択すれば、ミッションの開始です。 ちなみにマップはどこでも開けるので、いつでもミッションを始められますよ。 今回のミッション内容は「ターゲットを確保して脅迫する」というもの。 早速ヘリで急行します。 マップがバカ広いだけに 「移動がめんどくさそう」と思われる方もいるはず。 しかし、ゴーストリコンでは マップ上から目的地に近いキャンプまで移動できるファストトラベルがあるため、移動の手間はほとんどありません。 ターゲットのいる現地に着きましたが、ものの2秒で見つかってしまったため、大乱闘になってしまいました。 (笑 そしてまさかの・・・ ミッション失敗 ターゲットを確保するつもりが勢い余って射殺してしまいました。 もちろんミッションはクリアするまで 何度でもやり直しがきくのでご安心を。 序盤であれば、1つのミッションはだいたい10分ぐらい片付きます。 そのため、 空き時間で出来るお手軽なゲームといえますね。 スポンサーリンク ゴーストリコンのおもしろさ3つ 続いて、ゴーストリコンの どんなところがおもしろいのかを個人的にお話しますね。 武器やスキルといったやり込み要素がすごい ゴーストリコンはマップで探索を行うことで、新しい武器・スキルポイントが手に入ります。 武器の数も豊富で、スコープやバレルなど アタッチメントのカスタマイズもゴーストリコンの醍醐味です。 武器のカスタマイズ画面が 超かっこいいのが僕は気に入っています。 そしてもう1つはスキルポイント。 FPSやTPSのスキル制度は賛否両論ですが、ゴーストリコンは基本的にCO-OP(協力型のゲーム) なので、 オンラインでプレイヤーのレベルにバラつきがあってもなんら問題ありません。 スキルを開放することで、ドローンで攻撃できるようになったり、傭兵部隊の支援を申請できたりと、どんどん機能が拡張されます。 ゴーストリコンは 収集癖がある人にはたまらないゲームですよ。 僕の愛用武器、M4をアンロックしたときは超テンションが上がりました 2. 隠密も特攻もOK。 プレイスタイルを選ばないゲーム ゲーム性としては、メタルギアシリーズにかなり近いです。 メタルギアは隠密が基本で、 真正面から特攻しようもんならすぐにやられてしまいます。 しかし、ゴーストリコンは 隠密も突撃も可能。 攻撃用ヘリで敵をあらかた片付け、堂々と真正面から潜入することも出来ます。 一方、敵にばれないようにサプレッサー付きのアサルトライフルで敵を暗殺。 無傷でミッションを完遂するのも可能なんです。 僕はメタルギアのような敵に見つからないように隠れて動くのがとにかく苦手でして。 (笑 プレイヤーの得意な戦術で進められるのはゴーストリコンの大きな魅力ですね。 オープンワールドだけどストレスフリー。 プレイヤーへの配慮がすごい おもしろさかどうかは分かりませんが、 ゴーストリコンはストレスが溜まりにくいゲームです。 そもそも僕がゴーストリコンをやり始めたのは 、対人戦に嫌気がさしていたからなんですよね。 レインボーシックスシージでは1キルも取れず、やられまくり• DBD Dead by Daylight ではキラーに吊られまくれ 「対人戦はもうたくさんだ!」 そんな気持ちですがるようにプレイし始めたのがゴーストリコンでした。 が、ゴーストリコンは一度ゲームが始まれば ロード時間はほぼ0。 ミッションを開始するたびにロードが入るグラセフを経験していたので、ゴーストリコンのロード時間0はもはや神。 そして、広大なマップはファストトラベルで移動時間は最小。 グラセフではスポーツカーで爆走してクラッシュしていたのが懐かしい。 というかあれはなんだったんだ、と。 (笑 ゲームの本来のおもしろさを損なってしまう ストレス要素。 それがゴーストリコンでは今のところ ほとんど感じられません。 僕はまだ10時間ほどしかプレイしていませんが、久々に 100時間を越えて熱中できそうなゲームに出会えました。 対人戦に疲れた方• 協力型のゲームが好きな方• 武器の収集など やり込み要素を求める方• 隙間時間でもプレイできる お手ごろなゲームを探している方• 1人でプレイしてもおもしろいゲームを探している方 僕のようにFPSの対人に疲れた方には特におすすめです。 たまには協力ゲームも楽しいですね。 オープンワールド型のゲームは不評なものが多いですが、ゴーストリコンは作り込みとプレイヤーへの配慮が素晴らしい。 特にカスタマイズで自分だけの武器が作れるのはめちゃくちゃおもしろいですよ。 ぜひプレイしてみて下さいね。

次の