京アニ 放火 被害者。 京アニ犠牲者34人の身元特定!「被害者支援班」の協力のもと遺族への引き渡しと名前の発表が行われる予定

京アニ犠牲者34人の身元特定!「被害者支援班」の協力のもと遺族への引き渡しと名前の発表が行われる予定

京アニ 放火 被害者

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 京都アニメーション第1スタジオで7月18日に起きた放火殺人事件で、京都府警は27日、犠牲になった35人のうち25人の身元を公表した。 府警は今月2日に亡くなった10人の身元を公表しており、事件発生から40日を経て、犠牲者全員の氏名が公表された。 府警によると、公表された25人は、京都府や大阪府、奈良県に住む21~49歳の男性8人と女性17人。 京アニの人気アニメ「涼宮(すずみや)ハルヒの憂鬱(ゆううつ)」や「響け!ユーフォニアム」で、原作の小説から、アニメのキャラクターを描いた寺脇(池田)晶子さん(44)も含まれていた。 寺脇さんは京アニの取締役の一人でもあった。 事件発生から犠牲者全員の身元公表まで時間がかかった理由について、府警の西山亮二捜査1課長は「被害者のご遺族と実名公表に反対しておられる会社側の意向を丁寧に聞き取りつつ、葬儀の実施状況を考慮し、公表の方法とタイミングを慎重に検討を進めた結果」と説明した。 すべての犠牲者の葬儀が終了しているという。 府警は、25人のうち5人の遺族からは実名公表への承諾を得られたが、20人の遺族は拒否の意向だったと説明している。 そうした状況で、実名公表した理由について、西山捜査1課長は「事件の重大性、公益性から実名を提供すべきだと判断した。 報道機関や一般の方も非常に関心が高く、身元を匿名にするといろんな臆測も広がり、間違ったプロフィールも流れる。 亡くなった方の名誉が著しく傷つけられる」と話した。 身元の公表を巡って、京アニ側は先月22日、府警に対し、「プライバシーが侵害され、ご遺族が甚大な被害を受ける可能性がある」として実名公表を控えるよう要望。 京アニの代理人は27日、「度重なる要請や一部ご遺族の意向にかかわらず、実名が公表されたことは大変遺憾」とコメントした。 今回の放火殺人事件で亡くなり、京都府警が27日に身元を公表した25人は次の方々。 年齢は事件当時。 犠牲者の方々のプライバシーに配慮しながらも、お一人お一人の尊い命が奪われた重い現実を共有するためには、実名による報道が必要だと考えています。

次の

「長かった」「極刑を」 容疑者逮捕、よぎる思い―京アニ事件の被害者遺族ら:時事ドットコム

京アニ 放火 被害者

京都アニメーション放火殺人事件で設置最終日となった献花台で手を合わせる人たち(25日、京都市伏見区) 京都アニメーションのスタジオ(京都市)で起きた放火殺人事件で、京都府警は27日、亡くなった同社社員35人のうち、これまで身元を公表していなかった25人の氏名を発表した。 既に10人の身元を公表しており、7月18日の事件発生から1カ月余りを経て、犠牲者全員の身元が判明した。 府警は遺族感情に配慮し、親族らに説明した上で氏名を発表した。 この日身元が発表されたのは女性17人、男性8人。 20~30代の若手や中堅社員が多い。 同社取締役で、人気作品「涼宮ハルヒの憂鬱」のキャラクターデザインなどを手がけた寺脇(池田)晶子さん(44)も含まれる。 府警は25人の犠牲者について、実名報道や取材対応に関する遺族の意向をそれぞれ明らかにした。 こうした対応は極めて異例。 府警によると、25人のうち20人の遺族が実名報道を望まなかった。 事件は7月18日午前10時半ごろ発生した。 スタジオ内には発生時、20~61歳の社員70人がおり、男性14人、女性21人が死亡した。 34人が重軽傷を負った。 1人は無事だった。 青葉容疑者も犯行時にやけどを負って大阪府内の病院に入院している。 府警は容体回復を待って逮捕し、動機など事件の全容解明を目指す。 府警は今回の発表に先立つ8月2日、遺族の了解が得られた22~61歳の社員10人の身元を公表した。 同社取締役で初期作品の監督も務め、後輩クリエーターらの育成に尽力してきた木上益治さん(61)のほか、人気アニメ「涼宮ハルヒ」シリーズで監督を担った武本康弘さん(47)らが含まれていた。 京アニは1981年創業のアニメ制作会社。 丁寧な作画と巧みなストーリー演出で知られ、国内外のアニメファンから親しまれている。 社会現象化した「けいおん!」や「涼宮ハルヒの憂鬱」など数多くのヒット作品を手掛け、作品の舞台をファンらがめぐる「聖地巡礼」ブームも起きた。 25人の身元を京都府警が公表したことを受け、同社の代理人弁護士は27日、「度重なる要請や一部の遺族の意向に関わらず、被害者の実名が公表されたことは大変遺憾だ」とのコメントを発表した。 京都アニメーションで起きた放火殺人事件で亡くなり、京都府警が27日に氏名を発表した25人の方々は以下の通り。 石田敦志さん(31、京都府宇治市)、石田奈央美さん(49、京都市伏見区)、岩崎菜美さん(31、京都府宇治市)、大當(おおとう)乃里衣さん(26、同市)、大野萌さん(21、京都府木津川市)、兼尾結実さん(22、京都市伏見区)、川口聖矢さん(27、同区)、草野すみれさん(32、同区)、佐藤綾さん(43、同区)、佐藤宏太さん(28、京都市左京区)、鈴木沙奈さん(30、京都府宇治市)、高橋博行さん(48、同市)、武地美穂さん(25、京都市左京区)、寺脇(池田)晶子さん(44、京都府宇治市)、時盛友樺さん(22、京都市下京区)、西川麻衣子さん(29、京都府木津川市)、藤田貴久さん(27、京都市左京区)、松浦香奈さん(24、京都市伏見区)、松本康二朗さん(25、京都府宇治市)、丸子達就さん(31、京都市東山区)、宮地篤史さん(32、京都府宇治市)、明見裕子さん(29、大阪府茨木市)、村山ちとせさん(49、京都市伏見区)、森崎志保さん(27、同区)、渡辺紗也加さん(27、奈良県橿原市)。 府警が8月2日に氏名を発表した10人の方々は以下の通り。 宇田淳一さん(34、京都府宇治市)、大村勇貴さん(23、同市)、笠間結花さん(22、京都市伏見区)、木上益治さん(61、同区)、栗木亜美さん(30、京都市東山区)、武本康弘さん(47、京都府宇治市)、津田幸恵さん(41、京都市伏見区)、西屋太志さん(37、京都府宇治市)、横田圭佑さん(34、京都市伏見区)、渡辺美希子さん(35、京都府井手町)。

次の

京アニ放火殺人 犠牲者10名を公表…“アニメ界の宝”たちが生きた証

京アニ 放火 被害者

青葉真司容疑者 「京都アニメーション」第1スタジオ(京都市伏見区)の放火殺人事件で、青葉真司容疑者(41)=殺人などの容疑で逮捕状=が、皮下組織まで傷が達する重いやけどを全身の約90%に負っていたことが26日、医療関係者への取材で分かった。 初期の治療で他人の皮膚の提供を受ける通常の治療法を採用せず、自己の組織を培養してできた皮膚や人工皮膚だけで救命されたことも判明。 専門家は、全身の90%以上にやけどを負った重篤な患者への治療としては過去に例がないとしている。 医療関係者によると、治療したのは大阪府内の病院。 青葉容疑者の搬送は事件発生から2日後で、全身の約90%が「3度熱傷」の重いやけどを負っており、救命は困難な状況だった。 他人の遺体から提供された移植用皮膚を保管する「スキンバンク」はドナー不足とされ、多数の被害者に多くの皮膚が必要となる可能性があったことなどから、提供皮膚は被害者へ優先する方針を決めた。 初期の治療には「人工真皮」と呼ばれる人工皮膚を使用。 その後、自分の皮膚組織の一部から培養して皮膚を作り出す「培養表皮」を使って移植する手術を繰り返した。 培養に時間がかかるため、その間に人工真皮だけで治療するのは難しく、感染症などへの高度な対策が必要になる。 提供皮膚を使わない条件下で広範囲のやけどを治療するケースはほとんどなく、結果的に初の事例となった。

次の