神崎 アオイ 誕生 日。 1月6日の誕生花 カンアオイ(寒葵)の花言葉「秘められた恋」、さまざまな模様の葉に隠れて咲く不思議な花

鬼滅の刃 神崎アオイ モチーフ 髪飾り コスプレ ハンドメイ

神崎 アオイ 誕生 日

鬼滅の刃 神崎アオイ風の蝶の髪飾りです。 蝶のデザインはオリジナルになります。 半透明のフィルムにプリント、加工し、厚めに作っています。 商品は一つ一つ手作りの品となっています。 素人作成のため、ゆがみや気泡が入ったり、簡単に壊れてしまう場合がありますので、プロのようなクオリティをお求めの方は、購入をご遠慮ください。 写真の写りにより多少色の違いがあります。 ご理解していただける方でよろしくお願い致します。 蝶のデザインはオリジナルになります。 半透明のフィルムにプリント、加工し、厚めに作っています。 商品は一つ一つ手作りの品となっています。 素人作成のため、ゆがみや気泡が入ったり、簡単に壊れてしまう場合がありますので、プロのようなクオリティをお求めの方は、購入をご遠慮ください。 写真の写りにより多少色の違いがあります。 ご理解していただける方でよろしくお願い致します。

次の

#鬼滅の刃 #神崎アオイ 新しい生命(伊アオver)

神崎 アオイ 誕生 日

現在の時刻は夜7時過ぎ。 伊之助は、先程から落ち着かないでいる。 今、伊之助がいるのは総合病院の分娩室前にいるのだ。 そう伊之助の妻であるかん・・、否。 嘴平アオイが自分達の新しい生命を産むために頑張っているのだ。 「伊之助、気持ちは分かるけど。 少し、落ち着かなさい。 アオイさんは今も頑張っているのよ」 「わかっているけどよ。 アオイが総合病院に運ばれて分娩室に入って約6時間が過ぎようとしていた。 「それじゃ、アオイ。 仕事行ってくる」 「はいっ。 行ってらっしゃい。 伊之助さん。 お仕事頑張ってください」 そして、伊之助は大きくなったアオイのお腹を優しく撫でながら、我が子に挨拶をする。 「父ちゃん、行ってくるからな」 「ふふっ。 伊之助さんったら。 この子も行ってらっしゃいですって」 「おう。 ああ、そうだ。 後で母さんが様子見にくるから」 「ええ、わかりました」 そして、伊之助はいつも通り出勤しアオイは朝食の片ずつけをし掃除を済ませたら、伊之助宅(マンション住み)に伊之助の母でありアオイにとって義母である琴葉がアオイの様子を見に来たのだ。 「こんにちは、アオイさん。 体調はどうかしら?」 「こんにちは、お義母さん。 今日も体調はバッチリですよ」 「そう、なら良かったわ。 何かあったら直ぐに話してね。 私もそうだけど、神崎(母)さんも力になるからね」 「はい、ありがとうございます」 アオイと琴葉が世間話をしていると、突然、アオイが「うっ!!」と苦しみだしたのだ。 「どっ、どうしたの?大丈夫?アオイさん」 「琴、琴葉さん。 救、救急車を呼んでください。 陣痛が来ました」 「えっ?大変だわ。 直ぐに電話するから」 それから、琴葉は直ぐに救急車を呼び、アオイの汗を吹きながら、伊之助とアオイの両親に電話をした。 アオイの両親は直ぐに総合病院に行くと言い総合病院に向かった。 仕事中の伊之助のスマホが鳴った。 「何だ、母さん?」 「ああ、伊之助。 大変よ。 アオイさんが陣痛を起こしたのよ」 「えっ?嘘だろ?予定日まで後二週間はあるんだぞ」 「予定日はあくまでも予定日よ。 早く産まれてくる時もあれば、遅く産まれてくる時もあるのよ」 「そういえば、炭治郎がそんな事を言ってな」 伊之助とアオイの友人である炭治郎とカナヲの間に第一子(炭治郎似の男の子)が産まれたのは今から3ヶ月前。 子供が誕生した後、アオイと一緒に誕生祝いに行った時に炭治郎が話してくれたのだ。 「予定日より早く産まれてくるのはきっと、俺達に早く会いたいからだと俺はそう思っているんだ」 と炭治郎が話していたのを伊之助は思い出していた。 それから伊之助は、同じたまたま職場となった友人の玄弥に事情を話したら「そういう事なら、早く病院に行け。 俺から上司に話しておくから」と玄弥に言われ会社を早退し、アオイが運ばれた病院に向かった。 「か、母さん。 アオイは?」 「大丈夫よ、今、分娩室に入った所よ」 「そうか」 そして、伊之助はアオイの両親達に挨拶をし椅子に腰をかける事にした。 冒頭からさらに二時間がたっていた。 この間、伊之助達はどちらか一方残る形を取り、夕食を取っていた。 「アオイ。 まだ、産まれてこないのか」 「大丈夫よ、伊之助。 もう直ぐ産まれてくるわ。 アオイさんも頑張っているのよ」 伊之助が「ああ、わかっている」と言うおうとした瞬間。 分娩室から『オギャッーー。 オギャッーー』と赤ちゃんの産声が聞こえてきた。 それを聞いた瞬間伊之助は。 「え?うっ、産まれたのか?」 「ええ、そうよ。 産まれたのよ。 父親に、父ちゃんになったんだ」 伊之助が泣きながら、自分が父親になった事に喜んでいた。 それを見ていた琴葉やアオイの両親達も一緒に泣いていた。 「そうよ、伊之助。 父親になったのよ。 そして、私達は祖父母になったのよ」 琴葉もそうだがアオイ両親も初孫誕生に泣いて喜んでいた。 分娩室のドアが開き看護師から「元気な女の子が産まれましたよ」と言われ、それから案内された病室に向かう伊之助達。 「アオイ、お疲れ様」 産まれきた赤ちゃんを抱きながら伊之助はアオイを労っていた。 「アオイ、俺達の子供を抱いてくれ」 「ええ」 アオイは伊之助から赤ちゃんを受け取り、「よし、よし」と言いながら赤ちゃんを優しく抱きながら揺らしていると、気持ちいいのかすやすやと眠っている。 「可愛いですね。 この子はきっと伊之助さん似になると思います」 「そうか?俺はアオイ似だと思うけどな。 てかよくわかるな」 「ふふっ。 母親の勘ですよ」 アオイは、次に自分の両親に抱いてほしいと言い両親達は初孫を抱き満足し、次に琴葉が抱いていると。 「可愛いわね、私もアオイさんと同じ意見だけど、この子はきっと伊之助似なると思うわ」 「母さんまでかよ」 そして、アオイは伊之助にある事を聞く事にした。 「ところで、伊之助さん。 この子の名前は考えてきましたか?」 「ああ、勿論だ」 伊之助は我が子を抱きながら赤ちゃんの名前を告げた。 「名前は茜。 嘴平茜だ」 [newpage] おまけ 茜こと嘴平茜が誕生して7年後のとある日。 伊之助とアオイ寝室にて伊之助は寝ていた。 現在の時刻は朝7時丁度。 寝室のドアが静かに開くが伊之助は起きない。 「おとーさん、まだ寝ているね」 五歳くらいの男の子が姉である茜に話しかけている。 「だから、お母さんに頼まれて起こしにきたんでしょ。 樹?」 姉である茜が弟の樹に母親に頼まれた事を説明している。 そう、この二人は姉弟なのだ。 茜が産まれた2年後に誕生した伊之助とアオイの二人目の子供であり、茜にとっては弟にあたる男の子。 樹の特徴は顔立ちと髪の色は母であるアオイ似(目の瞳色は祖母琴葉と父伊之助と同じ翡翠色で鼻の輪郭と口元も伊之助似)。 そして、茜はアオイや琴葉が話していた様に顔立ちと髪の色は伊之助似(目の瞳色は青色で鼻の輪郭と口元もアオイ似)の女の子に成長していた。 「うん、そうだね。 おねーちゃん」 「それじゃ、行くよ。 樹」 「うん。 せーの」 茜と樹が息を合わせて伊之助の上にダイブをした。 二人の子供にダイブをされた伊之助は「ぐえっ!?」と声をだして起き上がった。 「何だ?って、茜に樹か。 朝からいきなり何をするんだ」 「何って、お母さんが朝ご飯の準備が出来たから、お父さんを起こしにきたの」 「そうだよ、おとーさん。 早く顔を洗ってきて。 朝ご飯食べよ」 樹が伊之助を早く行動してほしいみたいである。 疑問に思った伊之助が息子に聞いたら。 「今日は琴葉お祖母ちゃんと一緒に出掛ける約束でしょ。 忘れたの?」 そういえばそうだったなあと伊之助は思い出していた。 伊之助がベッドから起き上がろうとした時、伊之助の妻であり茜と樹の母親あるアオイがやって来た。 「茜、樹。 起きた?って、どうやら起きたみたいね」 「おう、起きたぞ。 茜と樹にダイブされてな」 「ダイブ?ダメじゃないの。 二人とも、そんな起こしちゃ。 お父さんが怪我したらどうするの?」 アオイが茜と樹を叱り、茜と樹は「「ごめんなさい、お父さん(おとーさん)」」と伊之助にちゃんと謝り、伊之助は「気にするな、でも今度からは優しく起こしてくれ」と二人の頭を撫でながら起き上がり伊之助は洗面所に向かった。 行き先は茜と樹が大好きな動物園。

次の

#2 日柱の継子外伝 神崎アオイ編前編

神崎 アオイ 誕生 日

夏から秋に、水面に浮かぶ緑色の葉の間から高く伸びた花茎の先に、上1枚の幅広の花弁に濃い紫のすじと黄色い斑点の入った6弁花が次々と咲きます。 8月7日の誕生花は、涼しげに水に浮かんで咲く一日花、ホテイアオイ(布袋葵)。 花の名は、ふくらんだ葉柄を七福神の布袋様のほてい腹に見立てて名づけられました。 英名のウォーターヒヤシンスは、水面に浮かぶ薄紫色の花がヒヤシンスに似ていることから呼ばれています。 花言葉「恋の悲しみ」は、ギリシャ神話のヒアキントスのお話から紫系の色が悲哀のシンボルになったので、英名からきているのでしょう。 花言葉「恋の楽しみ」は、大きな花が房状に3~10輪ほど、次々と咲く花の姿につけられたのでしょう。 花言葉「揺れる心」は、水面に浮かぶ花の姿からつけられています。 ホテイアオイは細い根を水中にただよわせて、緑色の葉のつけ根(葉柄)部分が空気をふくんで水面に浮かんでいます。 ホテイアオイが流れの少ない田んぼの側溝で、日ざしが強い真夏に株を増やしながら、大繁殖して水面をおおい、花が群生して咲いているのを以前に一度だけ見たことがあります。 ミズアオイ科ホテイアオイ属、非耐寒性の水生植物、原産地:南アメリカ 別名:ホテイソウ(布袋草)、ウォーターヒヤシンス ホテイアオイ(布袋葵)の花言葉:恋の悲しみ、恋の楽しみ、揺れる心、揺れる想い。 ホテイアオイ(布袋葵)の誕生花:7月13日、8月7日 流通時期:ポット苗を夏に見かけます。 水辺の花 ホトトギス.

次の