確定 申告 医療 費 控除 スマホ。 【2020年版】「スマホで確定申告」のやり方を解説 対象者、準備、手順は?|Bizpedia

スマホによる確定申告書の作成【必要書類の準備と源泉徴収票の入力】

確定 申告 医療 費 控除 スマホ

新型コロナウイルスの流行にともない、所得税、贈与税、個人事業者の消費税の申告・納付期限が4月16日まで延長されました。 例年は2月15日~3月15日までですが、今年は期限が1カ月延長されたため、今からでも確定申告は間に合います。 会社員の方は年末調整をしたり、ふるさと納税のワンストップ特例制度を利用したりして、確定申告をする必要がないと思っている方も多いかと思いますが、「医療費控除・セルフメディケーション税制の申告」「年末調整で生命保険料控除をし忘れた」「ふるさと納税のワンストップ特例制度を利用しなかった」という方はぜひこの機会に申告をして、還付を受けましょう。 今からでも間に合う医療費控除の申告方法 パソコンやスマホでできる「e-Tax」が便利で簡単 とはいえ、確定申告と言えば、必要書類を集めて所定の用紙に記入して、提出して……と手間がかかると二の足を踏む人も多いのではないでしょうか。 実はマイナンバーカードとICカードリーダーもしくは、マイナンバーカード対応スマホがあれば、スマホで確定申告をすることができるのです。 マイナンバーカードを発行するには1カ月程度時間がかかるので、これから申請をしても間に合わない可能性があります。 その場合は、税務署で発行してもらう「ID・パスワード方式の届け出完了通知」で申告することができます。 その際は、運転免許証など本人確認書類を持参して、最寄りの税務署で発行してもらいましょう。 このID・パスワード方式は、マイナンバーカードおよびICカードリーダライタが普及するまでの暫定的な対応であることと、9月にはマイナポイントが実施される予定ですので、これを機にマイナンバーカードの申請をおすすめします。 e-Taxのスマホで確定申告ができるものは? 2019年度分のスマホ申告でできる申告は、すべての所得控除です。 所得控除の代表的なものとしては、医療費控除、社会保険料控除、生命保険料控除、寄附金控除があります。 また、副業をしている会社員もスマホで申告ができます。 「医療費が年間10万円を超えた」「生命保険料控除を年末調整でしなかった」「ふるさと納税でワンストップ特例制度を利用しなかった」……など、せっかく控除してもらえるものをやらずに逃してしまうと、せっかく受けられる所得税の還付はもちろんのこと、住民税の税額控除も受けられなくなるため、もったいないです。 スマホで確定申告をするときに必要なものは マイナンバーカードとスマホやタブレットが対応しているものであれば、自宅にいながらにして確定申告ができる環境です。 あとは必要となる書類を揃えます。 ・給与所得の源泉徴収票 : 年末調整時にもらっているはず。 ない場合は再発行してもらいましょう。 ・領収書・控除証明書等 : 医療費控除を受けるなら「医療費の領収書」、生命保険料控除を受けるなら「生命保険料控除証明書」、ふるさと納税の寄附金控除を受けるなら「寄附金受領証明書」が必要です。 スマホで確定申告をする場合、記載内容を入力して送信するもので従来のように証明書等を添付する必要がなくなりました。 【添付が不要となる書類の例】 ・源泉徴収票 ・生命保険料控除の証明書 ・寄附金控除の証明書 ・医療費の領収書、セルフメディケーション税制の医薬品購入の領収書、一定の取組を明らかにする書類 ・社会保険料控除の証明書 ・雑損控除証明書 など。 これらの書類は、添付の必要がなくても原則として、法定申告期限から5年間は保管しておき、税務署等からの書類の提示または提出が求められたときに応じられるようにする必要がありますので注意しましょう。 スマホで確定申告をする際の事前準備 マイナンバーカードで確定申告をする場合は、マイナンバーカードとAndroidとiPhoneで対応する機種が必要です。 機種の確認を行いましょう。 また、マイナンバーカードで初めて「e-Tax」で確定申告をする場合は、事前にAndroid端末の場合はGoole Play Storeから「e-Taxアプリ」と「JPKI利用者ソフト」を、iPhone端末の場合はApplestoreで「e-Taxアプリ」と「マイナポータルAP」をインストールをしてしておきましょう。 簡単なスマホで確定申告をする簡単な流れ 事前の準備ができたらあとは指示に従って入力をするだけです。 Step1. 国税庁の確定申告等作成コーナーへアクセスする Step2. 提出方式を選ぶ マイナンバーカード方式、ID・パスワード方式、印刷して提出のいずれかを選びます。 Step3. 利用規約を確認 同意して次に進みます。 Step4. マイナンバーカードの読み取りまたは利用者識別番号を入力 マイナンバーカードで申告する場合は、マイナンバーカードをスマホで読み取り、ID・パスワード方式の場合は、利用者識別番号を入力してe-Taxへログインします。 Step5. 源泉徴収票の情報を入力する 準備しておいた源泉徴収票を見ながら指示に従って、金額を入力しましょう。 Step6. 控除する項目を選ぶ 控除したい項目を選択して、画面の指示に従って情報を入力しましょう。 医療費控除なら医療費控除の項目を選択します。 Step7. 本人情報を入力 画面の指示に従って、氏名、生年月日等を入力しましょう。 Step8. 申告データを送信または申告書を印刷 申告データを送信する場合は、画面の指示に従ってデータを送信し、書面を提出する場合は、プリンターで印刷後、最寄りの税務署へ提出もしくは郵送をします。 Step9. 送信確認をする e-Taxで送信した場合は、「送信成功しました」と表示されます。 最寄りの税務署へ提出した場合は、申告書類に印を押してくれ、控えが戻ります。 郵送をした場合は、控えに印を押したものが郵送され戻ってきます。 医療費控除、セルフメディケーション税制の申告が手軽にできる 年末調整で控除ができず、確定申告をするものとして、「医療費控除」と「セルフメディケーション税制」の申告があります。 医療費控除とセルフメディケーション税制を同時に申告することはできませんので、どちらか一方を選択して申告することになります。 医療費控除 その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費で、納税者とその生計を一にする親族のために支払った医療費であること。 セルフメディケーション税制 その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費で、納税者とその生計を一にする親族のために支払った特定一般用医薬品等の購入費であること。 薬局などで対象の医薬品を購入した場合は、レシートにその旨が記載されています。 また、セルフメディケーション税制の適用を受ける場合は、以下のいずれかの「一定の取組」を行っていることが必要です。 1.保険者 健康保険組合、市区町村国保等 が実施する健康診査【人間ドック、各種健 検 診等】 2.市区町村が健康増進事業として行う健康診査【生活保護受給者等を対象とする健康診査】 3.予防接種【定期接種、インフルエンザワクチンの予防接種】 4.勤務先で実施する定期健康診断【事業主検診】 5.特定健康診査 いわゆるメタボ検診 、特定保健指導 6.市町村が健康増進事業として実施するがん検診 セルフメディケーション税制による医療費控除額は、最高8万8,000円で、 実際に支払った特定一般用医薬品等購入費の総額 - 保険金などで補填される金額 -1万2,000円 となります。 年間10万円以上医療費を世帯で支払っているのであれば医療費控除を、1万2,000円以上のセルフメディケーション税制対象の医薬品購入かつ検診等をした証明書があれば、セルフメディケーション税制で申告をしましょう。 厚生労働省のHPにも、チャートがありますので参考にしてみてくださいね。 医療費控除とセルフメディケーション税制の申告をするにしても、領収書やレシートを保管しておく必要がありますので、日ごろから捨てずに専用のクリアファイルなどにまとめて保管しておくと、申告の際にも慌てずにすみます。 スマホで確定申告ができる時代ですので、対象となる申告がある人は早めに申告を済ませましょう。 執筆者プロフィール:丸山晴美 まるやま・はるみ 外国語の専門学校を卒業後、旅行会社、フリーター、会社員、コンビニ店長へと転職。 22歳で節約に目覚め、年収が350万円に満たないころ、1年で200万円を貯める。 26歳でマンションを購入。 ファイナンシャルプランナー、消費生活アドバイザーの資格を取得し、お金の管理、運用のアドバイスなどを手掛け、TV、雑誌などで幅広く活躍している。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

2019年確定申告からスマホで申告できる!カードリーダなしでOKに [確定申告] All About

確定 申告 医療 費 控除 スマホ

確定申告は、自営業などの人が、前年の所得を申告し税額を確定させる手続きで、今年は2月18日から3月15日まで。 そんな確定申告が、今年からスマホでできるようになるという。 【払いすぎた税金はスマホからの確定申告で取り戻せます】 もうすぐ確定申告が始まります。 会社員でも、医療費を多く使ったり、ふるさと納税などの寄付をたくさんした方などは、申告すると払いすぎた税金が戻ってきます。 ただ「申告書を書くのは面倒だ」という方もいました。 そんな方に朗報です。 今年から、スマホで確定申告ができるようになります。 スマホ専用の作成ページに入力すればよいので簡単です。 スマホでの確定申告ができる方は、まだ限定的です。 副業などのない会社員で、年末調整済みの方。 かつ、会社からの給料以外に収入がない方の、医療費や寄付金の控除申告を行う際に限られます。 また昨年までは、インターネットで申告書を送る「e-Tax」を利用するには、マイナンバーカードとそれを読み取るカードリーダーが必要でした。 これらがない場合は、作った申告書を印刷して税務署に持参するか、郵送しなければなりませんでした。 今年からは、マイナンバーカードの代わりに、税務署が発行するIDとパスワードがあれば、e-Taxが利用できます。 スマホで作った申告書は、印刷する必要もなく、3,000円程度といわれるカードリーダーを買うこともなく、そのまま税務署にインターネットで送ることができます。 IDとパスワードは、事前に本人が税務署に行き、身分証明を示せば交付されます。 これさえあれば、あとは自宅作業なので、今年は控除の申告をしてみませんか。 税金控除の申告でもっとも多いのは、医療費控除です。 医療費は、家族が病院で払った治療費や薬局で買った市販薬代などを合算し、年間で10万円を超えた分を控除できます。 セルフメディケーション税制は、病院で処方される薬から市販薬に切り替えられた「スイッチOTC医薬品」だけを合算し、年間1万2,000円を超えた分が控除できます。 ここでいう家族は、「生計が同じ」が条件です。 単身赴任中の夫や下宿している子どもなども、同じ家計で暮らす家族。 また、離れて住む親に仕送りをしていれば、親も同じ家計、家族とみなされます。 医療費の控除を受ける際は、離れて暮らす家族の分も忘れずに、レシートを集めてください。 ただし、医療費控除とセルフメディケーション税制は、どちらか一方しか利用できません。 迷う場合は、税理士に相談してください。 また、去年は災害が非常に多い年でした。 被災した方は、被害額を申告することで税金を減らすことができます。 控除の方法は、雑損控除か災害減免法による控除の2通りから得なほうを選べます。 とはいえ、専門家でないと判断が難しいので、税理士にご相談を。 税金の払いすぎは、家計のムダ遣いです。 きちんと申告して取り戻し、税金は正しく納めましょう。

次の

平成30年分医療費控除の確定申告をスマホで簡単におこないました。

確定 申告 医療 費 控除 スマホ

スマホで確定申告できるパターンが大幅拡充されました。 医療費控除の確定申告について、作成前の事前準備から申告書の送信までを時系列で解説していきます。 医療費控除を申告する手順は? 必要な書類は?所定の医療費の支出が多いと、医療費控除の確定申告をすることで還付金がもらえる、つまり払い過ぎた税金が戻ってきます。 特に2019年分確定申告(2020年3月期確定申告)からはスマホで確定申告できるパターンが大幅拡充され、医療費控除の記載例もスマホ対応のものが国税庁ホームページでも紹介されています。 なので、そちらの作成事例に則って、医療費控除の記載例を解説していきます。 もし、医療費控除の内容で入力件数が多いのであれば、スマホではなくPCから申告するほうが早いと思います。 医療費控除で還付金を受け取る手順おおまかな手順は以下のとおりです。 医療費控除の申告に必要な書類をそろえる 2. 1年分の医療費の領収書を整理しておく 3. 作成前の確認事項&作成コーナーにアクセス 4. 源泉徴収票の記載内容を入力 5. 医療費控除の内容を入力 6. 本人、マイナンバーの入力を行い申告書をデータ送信 7. 指定した口座へ還付金が振り込まれる 1. 医療費控除の申告に必要な書類をそろえる医療費控除の申告をするには、まず必要書類をそろえます。 サラリーマンやパート・アルバイトといった給与所得者が医療費控除を受ける場合、次の書類が必要です。 必要書類がそろったら、いよいよ申請書の作成。 ただしその前にやっておくべきことがあります。 1年分の医療費の領収書を整理しておく納税者が医療費を支払った場合、医療費控除は、本人のものだけではなく、同一生計の家族(配偶者や子ども、その他親族)のものまでまとめて申告することができます。 この時、医療費控除の明細書には、領収書1枚ごとに個別に転記する必要はなく、まとめて転記します。 また、2017年分の確定申告から、領収書の添付は必要ではなくなり、健康保険組合等が発行する医療費のお知らせがあれば「まとめて転記」も可能になりました。 それらの変更点も踏まえ、給与所得者が医療費控除の明細書へ記入する前にしておくべき手順は、次の通りです。 ・医療を受けた人ごとに、かかった病院別、薬局別に領収書をひとまとめにする ・まとめた領収書をホチキスやクリップなどでばらけないようにまとめておく ・まとめた領収書の単位で医療費の集計を出しておく ・令和元年分の源泉徴収票も手元に用意しておく ・健康保険組合等が発行する「医療費のお知らせ」があれば、まとめて転記も可能なので、準備しておくと便利 ここまでの事前とりまとめの作業は、パソコンで申告書を作成する場合も、スマホで確定申告書を作成する場合も、手書きで確定申告書を作成する場合も同じです。 では、実際に「スマホで確定申告」の実例をみていきましょう。 作成前の確認事項&作成コーナーにアクセススマホで確定申告できるパターンが大幅拡充されていますが、従来、「スマホで確定申告」というとID・パスワード方式だけであったものが、マイナンバーカード読み取り対応付きのスマホであれば、マイナンバーカード方式でも確定申告が可能になったことがあげられます。 どちらの方式で行うかを決めていただき、QRコード等から作成コーナーにアクセスしてみましょう。 医療費控除を申告するにあたりどのような方式で行うのかを決めなくてはいけません(出典:国税庁資料より) なお、その後申告内容に関する質問画面が続きます。 ここでは ・令和元年分 確定申告書の作成 ・所得の種類は1カ所での給与所得 ・年末調整された後の源泉徴収票あり ・医療費控除(あるいは寄附金控除)の追加適用のみ ・マイナンバーカード方式で確定申告を行う ・スマホはAndroid ということで記載例が進んでいきます。 源泉徴収票の記載内容の入力事前準備で「令和元年分の源泉徴収票」を用意すると説明しましたが、医療費控除の内容を入力する前に、源泉徴収票の記載内容を入力します。 記載ポイントは以下のとおり。 きちんと年末調整されている源泉徴収票があれば、「年末調整時点の源泉徴収票に医療費控除分の所得控除が加算される」だけなので、それほどむずかしいことではないでしょう。 給与所得控除額後の金額は「年収」を記載すると自動計算されるので、入力する必要はありません。 反対に年末調整時に「生命保険料控除を出し忘れた」「地震保険料控除を出し忘れた」というような場合には、ひとつ手前の画面で「医療費控除や寄附金控除の他に確定申告で追加する控除や年末調整の内容に変更がありますか」という画面の「はい」を選択し、適宜、所得控除の追加入力を行っていただくこととなります。 なお、この入力事例では住宅ローン控除の記載についてはふれていませんが、住宅ローン控除の適用を受けている場合には、「住宅借入金等特別控除の額の記載」の「あり」をクリックし、それに該当する項目を入力していくこととなります。 医療費控除の内容を入力ようやく、ここで今回のポイントとなる医療費控除の入力です。 この入力事例では、 ・セルフメディケーションではなく通常の医療費控除を利用する ・医療費の領収書から入力して、明細書を作成する といった前提条件で作成されています。 スマホで確定申告 医療費控除の入力画面イメージ図(出典:国税庁資料より) ポイントとなるのは、右下「医療費の入力」画面 ・医療を受けた方の氏名 ・病院・薬局などの支払い先の名称 ・医療費の区分をチェック ・支払った医療費の額 といった入力箇所を1件ずつ入力していきます。 病院の数が多い場合などは、スマホで入力すると時間がかかってしまいます。 入力件数が多い場合には、パソコンで通常の確定申告作成コーナーの医療費の集計フォームなどを利用して作るほうが早いかもしれません。 本人、マイナンバーの入力を行い、申告書をデータ送信「医療費控除をスマホで確定申告」というパターンでいえば、上記、医療費控除の入力が最大のポイントで、あとは本人情報・マイナンバーの入力を行って、申告書をデータ送信すれば完了です。 ・上記、受信結果確認画面をスクリーンショット等で保管しておく……いつの、何時に確定申告を提出したということの証明になります。 ・申告書をデータ保存しておく……iPhoneとAndroidでは方法が相違するので注意してください。 または、上記受信結果画面と申告内容をプリントアウトしたものを保管しておくという対応でもOKでしょう。 スマホで確定申告 データ保存画面のイメージ図 (出典:国税庁資料より) 7. 指定した口座へ還付金が振り込まれるこのような手順を踏むと、申告書類を提出してから1カ月~1カ月半ほどで還付金が振り込まれます(場合によっては前後します)。 以上、ここでは「スマホで確定申告」の作成事例を紹介しましたが、自動計算機能が充実しているため、「どのような仕組みで? いくら還付になるのか?」ということが人によってはわかりづらいかもしれません。 従来どおり、 ・パソコンやタブレットから申告書を作成してプリントアウト ・手書きで申告書を作成 という方法ももちろん存在します。 ご自身の申告頻度や申告パターン、パソコンやタブレット、スマホの所有の有無などの状況に応じて、申告形態を選択すればいいのではないでしょうか。

次の