今日 好き 韓国 ソウル 編。 今日、好きになりました。

今日好きの無料動画フル視聴!青い春/ハワイ/夏休み/グアム編も

今日 好き 韓国 ソウル 編

AbemaTVにて放送中の恋愛リアリティーショー『今日、好きになりました。 卒業編』(以下、『今日好き』)が、3月9日に最終回を迎える。 今回の舞台はサイパン。 この卒業編はいつもよりも長い、3泊4日の旅となる。 最終回を目前に控えた今、これまでの放送を振り返りながら、卒業編のメンバーを改めて紹介したい。 卒業編は、『今日好き』シリーズ最新作。 これまでに全16シリーズが配信されている。 新ルールとして「本気の恋を見つけるまで、終わらない旅」が追加されてからは、すでにハワイ編・香港ディズニーランド編・韓国チェジュ島編・夏休み編・韓国ソウル編・台湾編・グアム編・冬休み編が終了。 今回のメンバーは女子5名、男子4名の計9名で、その中には4名の継続メンバーが含まれる。 一人目は、ハワイ編・台湾編からの継続メンバーとなる森長一誠(以下、いっせい)。 静岡県出身の高校3年生で、過去のハワイ編では「りったろ」の愛称で親しまれている『今日好き』常連メンバーの仲本莉絵瑠(りえる/このとき4度目の出演)とカップル成立したものの破局。 台湾編ではカップル成立とならず、今回は3度目の参加となる。 いっせいが第一印象で選んだのは、高須賀友香(以下、ともか)と上水口姫香(以下、ひめか)の二人。 旅が進むに連れて、どちらかに気持ちが傾いていくかと思いきや、いっせいはなかなか絞りきることができない。 ひめかと2ショットでトークをしたり、一緒に潜水艦に乗ったりして良い雰囲気になったかと思いきや、ともかと2ショットの時間を設けると手をつなぎ、すぐに気持ちが傾いてしまう……。 全員で訪れたショピングセンターでは、ともかとペアリングを、ひめかとペアネックレスを購入したいっせい。 しかも、両方もと翌日お揃いで身につける約束をしてしまう。 その後、徐々にともかに気持ちが傾きつつも、いまだ決めきれないでいた。 そんないっせいのライバルとして立ちはだかるのが、韓国ソウル編からの継続メンバーである舟木健(以下、たける)だ。 韓国ソウル編では、番組内で正本レイラ(れいら)と結ばれたものの、その後は遠距離を理由に友達のままという関係性を選択。 今回たけるは、第一印象でひめかと新規メンバーの福本茜(以下、あかね)を選んだが、1回目の2ショットでともかを誘う。 そこでともかに「一緒にいて楽しい」と伝え、無邪気に海辺でじゃれ合った。 この2ショットがきっかけで、彼女への好感度が一気に上がったようだ。 結果、ともかもたけるのことが気になり始めた様子。 2日目のグループ行動も、グループ分けの前にも、ともかを2ショットに誘ったたけるは、「俺はともかへの気持ちが一番大きい」と宣言。 「他の人のことが見えなくなるぐらい、俺に夢中にさせたい」と真っ直ぐな気持ちを伝えていた。 いっせい、ともか、ひめか、たけるという四角形ができると思いきや、そう簡単には行かないのが、『今日好き』の面白いところ。 1日目の夜にグアム編からの継続メンバーである中野ゆいな(以下、ゆいな)が合流し、事態が変わっていく。 合流後すぐにたけるを2ショットに誘うゆいな。 男子メンバーとひと通り話したあと、「話してて一番楽しかった」とたけるに絞り、本人にも真っ直ぐに思いを伝える。 たけるもともかとゆいなの間で揺れ始め、ゆいなとも良い雰囲気になっていった。 そして2日目の夜、現れたのは韓国チェジュ編、夏休み編からの継続メンバー・簡宏嘉(以下、ひろよし)。 始めはあかねと良い雰囲気だったが、3日目の夕方ゆいなを2ショットに誘い、彼女への想いを語り始める。 すでにたけるへの気持ちが固まりつつあるゆいなを何とか振り向かせようと、「たけるくん越すにはどうしたらいい?」「まじで可愛いしタイプ」「好きやで、ほんまに」と猛アタックを掛けていく。 今回は最終日に女子から男子に告白をするルールだが、3日目の夜、一人だけ男子から女子に告白することができることになった時も、間髪入れずにひろよしが挙手。 ゆいなへ告白した。 ともかへの気持ちが大きくなりつつも、まだひめかとの間で迷いがあるいっせい。 たけるに絞ったと思いきや、ひろよしの猛アタックで揺れ始めたゆいな。 さらに、新メンバーの百瀬大和(やまと)はひろよしが気になっているあかねにアピールをしつつも、彼女の幸せを願う行動に出たり、同じく新規メンバーの高木理帆(りほ)は自分が候補に入っていないと知りつつもいっせいに思いを寄せたり……。 今回もまた恋の矢印が入り乱れるシリーズとなっている。 一体、どのカップルが成立するのか。 スタジオの恋愛見届け人、Niki、井上裕介(NON STYLE)、E-girls・鷲尾伶菜(E-girls)も驚く、予想外の結末に刮目せよ。 高橋梓.

次の

今日好き(韓国ソウル編)メンバーその後は?プロフィールと告白の結果まとめ!|ちょっと5分だけ休憩♡

今日 好き 韓国 ソウル 編

男子は、あと1人くらい増えそうですよね… 個人的には、マジて、心から、心底、いっせいくんに幸せになってほしい…。 彼はいい男ですもんね。 父が日本、母がフィリピンのハーフの現役女子高生。 3兄弟 兄・妹 の真ん中。 生まれはフィリピンで、3歳の時に日本へ。 JCミスコン2018全国ファイナリスト。 楽観的で、フレンドリーな性格。 あかり 出身 : 神奈川県 年齢 : 17歳 高校2年生 身長:159㎝ 生年月日 : Twitter : Instagram : MEMO : 握力45kg、体重70kg。 中学3年間陸上部で砲丸投げ。 まずは、ゆずちゃんを想うあゆむくん。 男子からは、気持を伝えられないので、最後には、気持ちを綴ったお手紙を渡していましたが・・・想いは、届かず。 いや、もう本当あゆむくんって、よき男なのに、残念。 ゆずちゃんも、信じてみて、一回付き合ってみるのもありだと思ったのですが、やはり、ゆずちゃん的には、自分が想いたいタイプなのでしょう。 前回から思いを寄せるしゅうくんに告白。 同じく、継続メンバーのきららちゃんも同じく。 しゅうくんは、モテ男ですよね。 いやらしくなく、女性に優しくできるのも、帰国子女だからでしょうか…。 でも、そんなしゅうくんもあかりちゃんに想いを寄せていたため、2人の告白を断ります。 あかりちゃんが、最終的に選んだのはいっせいくん。 ん~誠実さで行くと、やっぱりいっせいくんに軍配が上がりましたね。 ただ、そんないっせいくんは、じゅり様を想って告白を断ります。 あかりちゃんが、最後のアピールに来た時、泣いていたいっせいくん。 個人的には、じゅり様のリタイアを聞いたからかなぁ…なんて思ってしまいましたが…。 いや、本当に残念。 本当に本当に残念。 なんか、じゅりせいは、恋が生まれる一歩手前で、火が消えてしまった感じでしたね…。 3話の放送で、じゅりちゃんが、さとしくんと手を繋いだと言ったとき、いっせいくん唇かみしめてましたもんね。 この時、あっ、けっこうじゅりちゃんのこと好きなんだろうな…って思ったのですが…。 そして、じゅり様も。 めっちゃ可愛いやん 笑 !!! ツン女子のデレがたまらん・・・ いや、さとしくんには申し訳ないですがやっぱり、こんな乙女な顔できるのって、いっせいくんの前だけね!なんて思っていましたが…。 やはり、バス事件でしたかね。 いっせいくんが、どういった真意でじゅり様でなく、あかりちゃんの隣に座りに行ったか。 ただ、その後のバス内の会話を見る限り、やはり、じゅり様の方をチラチラ見たり、声を大きくしゃべったり、アピールのようにも感じましたね…。 ん~これ個人的には、やられたら相当嫌だ(ごめんなさい)ww まぁたったこれだけで??じゅり様プライド高って思った方もいるかもしれませんが、女性的には、これ正直結構嫌じゃないですか? 相手の気持ちがわからない状態で、揺さぶりをかけるのは、まだ効果ありだと思うのですが(本来ならこれも嫌ですが)、さっきお互いの気持ち確かめ合った相手からやられると、不信感にしかなりません…。 ましてや、2泊3日で恋なんて、一回でもあれ?って想うことがあれば、そりゃ燃え上がる勢いも無くなりますわ…。 個人的には、お似合いカップルだと思っていたので、非常に残念、無念。 特に、ハワイ編の時から見てて、いっせいくんも十二分一途で、本当に本当に素敵な男の子だとわかっているから尚更。 もっと前みたいに、素直で一途で良いのに。 そこがいっせいくんの良いところなのに。

次の

今日好きになりました。が放送された順番は?見る順番をわかりやすくまとめたよ!!

今日 好き 韓国 ソウル 編

AbemaTVで恋愛リアリティーショー「今日、好きになりました。 」の韓国ソウル編がスタート。 新メンバーが発表され、初対面の高校生による2泊3日の中で本気の恋愛をする旅が始まった。 そのメンバーで番組初登場のハーフ美女、正本レイラが出演をSNSで発表。 すると視聴者から、 「ガチで可愛い」 「推し見つけた」 「やば、激かわ。 」 「お顔がほんとに天才です」 などそのキュートなルックスに絶賛の声が届けられた。 正本レイラは、日本とアゼルバイジャンのハーフで、フジテレビ系「ワイドナショー」のワイドナ高校生として知られ、YouTuberとしても活動。 そのルックスと肩書から「令和にバスるハーフ美女」の呼び声も高い、現役高校3年生だ。 最新のインスタグラムの投稿では、女子共演者との変顔写真を公開するなど、仲の良さを公開。 そこでも 「レイラちゃんがイチオシ!」 「初めて見た時めっかわすぎて叫んだ」 など反響が集まっていた。

次の