体調 に 気 を つけ て メール。 「お体に気をつけて」の使い方・敬語・例文|年賀状/手紙/仕事

「体に気をつけて」に関連した英語例文の一覧と使い方

体調 に 気 を つけ て メール

「お体に気をつけて」の意味と使い方 相手の健康、体調を気遣う言葉 普段の生活において、夏の暑い時期や冬場の寒い時期などの挨拶には「体に気をつけてね」という気持ちを込めて、「お体に気をつけて(付けて)」という言葉を使いますよね。 ビジネスシーンにおいても、相手の体や体調を気遣う意味を込めて挨拶などの中で使います。 意味としては読んで字の如く「体に気をつけて欲しい」「健康でいて欲しい」という相手を気遣う、健康を祈る気持ちを表す意味となります。 「お体に気をつけて」の使い方 実際の使い方としては、年賀状やメール、手紙などの文末の締めの挨拶の中で、「まだまだ寒い日が続きます、お体に気をつけてお過ごしください」と使ったり、退職や転職をする方へのお別れの挨拶において「これからもお体に気をつけて、益々元気にご活躍ください」などといったように、「お体に気をつけて(付けて)」の前後に、「何故」体に気をつけるのか、体に気をつけて「どうする」のかなどの言葉を付けて、相手の健康や、体調を気遣う文章にして使います。 「体」と「身体」の違い 「体」は肉体を指す言葉として、「身体」は心を含めた身体全体の事を指します。 辞書では「体」は「頭から足までの全体。 身体」とあり、「身体」は「体」とあるので、意味としては同じになります。 そのためどちらを使っても問題はありませんが、一般的には常用漢字とされている「体」を使います。 「体調に気をつけて」との違い 「体」と「体調」の違いとしては、「体」は肉体を指し、「体調」は体の調子を指します。 一般的には年賀状やメール、挨拶などでは純粋に「体に気をつけて欲しい」という意味で「体」を使います。 一方、体調を崩している方へのお見舞いのメールや、お手紙、挨拶などには「体調」を使って、体の調子を心配する気持ちを表現する場合もあります。 「お体に気をつけて」を使う場面 年賀状やメール、手紙など 「お体に気をつけて(付けて)」を使う場面としては、年賀状で使用する際には、「お体に気をつけて、良い年をお過ごしください」というように、文末での締めの挨拶として使います。 同様にメールや手紙でも同様に締めの挨拶で使いますが、冬場に出す手紙などの場合は、「まだまだ寒い日が続きます、どうぞお体に気をつけてお過ごしください」というように表現します。 このように気候による体調の変化を気遣う文章は、一年を通して使えるフレーズですので、覚えておくと便利です。 退職や転職をする方への挨拶 口頭で使う場面としては、退職や転職などで現在の場所を離れる方へのお別れの挨拶の際、「これからもお体に気をつけてお過ごしください」というように、相手の体を気遣いながらエールを送る意味で使います。 「お体に気をつけて」の敬語表現 「お体に気をつけて」は敬語として使えるのか 「お体に気をつけて(付けて)」は「体に気をつけてね」という相手を気遣う気持ちを表した文章を「お体」と表現することにより、敬語表現にしたものです。 そのため目上の人に使っても失礼のない言葉と言えます。 目上の人に使う時 実際に目上の人に使う場合は、「どうぞ」や「くれぐれも」などを付けて、より気持ちを具体的に伝えるようにしましょう。 「どうぞお体に気をつけてお過ごしください」、「くれぐれもお体にお気をつけください」というように表現して使います。 年賀状やメール、手紙などで使う時 年賀状で使う場合は、文末での締めの挨拶に使います。 「今年もお体に気をつけて、お仕事に邁進されてください」や「今年もお体に気をつけて、健やかにお過ごしください」というように、今年一年健やかに過ごす事をお祈りする文章として使います。 メールや手紙などでも、文末の挨拶として使う事ができます。 「それではお体に気をつけてお過ごしくださいませ」や「くれぐれもお体に気をつけて、健康にお過ごしください」のように、前後に気持ちを明確にする言葉を付けて使います。 「お体に気をつけて」の類語 年賀状やメール、手紙で使える類語 年賀状やメール、手紙で使える「お体に気をつけて(付けて)」の類語としては、相手の体や体調に対する気遣いを込めて、健康を祈る意味の類語となります。 皆様のご健勝をお祈り申し上げます• ご自愛ください• 健康に留意してお過ごしください• お体大切にお過ごしください• お元気にお過ごしください 口頭で使える類語 口頭で「体に気をつけて欲しい」旨を伝える場合は、退院したばかりの人や、ご年配の方を気遣う意味でお声を掛ける際にも使う事ができます。 そのため「お大事にしてください」という言葉の類語にもなります。 お大事になさってください• ますますお元気でお過ごしください• 健康にご留意ください• 体調にはお気をつけください• どうぞお大事にお過ごしください 「お体に気をつけて」を使った例文 年賀状やメール、手紙で使える例文 年賀状やメール、手紙で使える例文としては、相手を気遣う気持ちを表す言葉を前後に付けて、より明確な気持ちを具体的に表現して使います。 今年もどうかお体に気をつけて、良い一年をお過ごしください• くれぐれもお体に気をつけて元気にお過ごしください• 充分にお体に気をつけて、健康にお過ごしください• どうぞ皆様お体に気をつけて、健やかな毎日をお過ごしください• 何卒お体にお気をつけください 口頭で使える例文 口頭で使う場合は、言い方に気をつけて熱意を込めてストレートに表現すると、目上の人にも使える文章になります。 但し、気軽に声をかけることの出来ない目上の方や、重要な取引先の方に対しての挨拶としてはこの限りではありませんので注意が必要です。 お体に気をつけてお過ごしくださいね• くれぐれもお体にお気をつけください• 充分にお体に気をつけてください• 皆さんお体に気をつけて毎日を元気に過ごしてください• お体に気をつけて、風邪などひかないように過ごしてくださいね まとめ 相手の健康や体調を気遣う「お体に気をつけて(付けて)」の意味や使い方、類語や例文を見てまいりました。 相手を気遣うという意味で、前後に付ける言葉に留意して使えば、目上の人にも使える言葉です。 年賀状やメール、手紙だけでなく、口頭で使う場合にも色々な言い方で表現できる事もわかりました。 ビジネスシーンにおいては、取引先への年賀状や暑中見舞い、メールや書面でのやり取りで多く使われている言葉です。 また退職や転職をされる方へのお別れの挨拶でも使う機会の多い言葉です。 ビジネスマンとしても人間としても、相手を気遣うための表現方法は多く持っている事に越した事はないですよね。 相手の健康や体調を気遣い、更に活躍して欲しいという願いを込めて「お体に気をつけて(付けて)」という言葉が、自然と心から溢れ出てくる人間になりたいものです。

次の

「お体に気をつけて」の敬語は?体調を気遣う年賀状やメールも

体調 に 気 を つけ て メール

1:体調を気遣うメールの書き方、返信の仕方は? 体調が悪い人にメールを送るときには、相手の状況に配慮した内容が求められます。 書き方によっては、体調不良によって弱っている相手に要らぬ心配をさせたり、ストレスを感じさせる引き金にもなりかねないだけに、配慮が必要でしょう。 今回は、そんな体調を気遣うメールの正しい書き方と返信の仕方をご紹介します。 2:相手を気遣う言葉で効果的なのは?体調を気遣うメールを女性が好きな人に送るコツ5つ (1)具体的な労わりの言葉を入れる 体調がすぐれない相手へのメールでは、具体的な労わりの言葉を入れると、より親身になっている心が伝わりやすいでしょう。 例えば「具合はどうですか?」と漠然と聞くと、相手からしたら「あまりよくない」とは答えにくいもの。 それよりも例えば「熱があると聞いたけど、下がりましたか?」のように、具体的に触れたほうが、「下がりました」とか「一進一退といった感じです」などと答えやすいでしょう。 (2)むやみに「大丈夫?」とは聞かない 体調不良の相手に、むやみに「大丈夫?」と尋ねるのはNG。 具合が悪くて休んでいるわけですので「いやいや、体調悪いって知ってるじゃん。 大丈夫なわけないでしょ」と、内心で毒づかれる可能性も潜みます。 (3)相手が困ったときに連絡しやすい一文を入れる 好きな人の体調が悪ければ、困ったときには頼ってもらいたいもの。 そこで、重くならない程度に「困ったことがあれば、いつでも連絡ください。 夜でも構いません」などと書いておくと、負担にならない程度に思いやりを示せるでしょう。 (4)過剰に元気づけない 好きな人が回復したら、早い段階で会いたいのも心理ですが、お見舞いメールに過剰な元気づけは禁物。 体が弱っているときには心も弱ってしまう場合も多いので、過剰に元気づけるメッセージは、かえって白々しく読めたり鬱陶しく感じたりする男性もいます。 (5)返信不要の気遣いを入れる 平時ならともかく、体調が悪いときのメール返信は、想像以上に相手の負担になることも。 メールの文末に「返信不要です」の気遣いを添えておくと、相手を思いやる文面になるでしょう。 3:「体調に気をつけて」の敬語は?体調を気遣うメールを送るときのビジネスマナー3つ (1)「お体ご自愛ください」は誤り 相手の体調を気遣う際にビジネス関係の間柄では「ご自愛ください」という言葉な使われるケースも少なくありません。 稀に「お体ご自愛ください」と書いているメールもありますが、厳密にはこれは誤表現。 (2)病気の人に「ご自愛ください」はNG ビジネス関係者で、持病を持っていたり体調を崩していたりする相手に「ご自愛ください」は使ないほうがベター。 病に伏せている人や長く病気と付き合っているような人に対しては「お早いご回復をお祈りいたします」や「お大事になさってください」といった言葉で体調を気遣いましょう。 (3)目上の人には「ご自愛のほど、お願い申し上げます」 目上の人に対しては「ご自愛ください」ではなく「ご自愛のほど、お願い申し上げます」などと加えると、より丁寧な表現になります。 「ご自愛ください」を目上の人に送っても誤りではありませんが、本来「ください」とは命じる言葉。 より敬語を使いたい相手には「申し上げます」を加えると無難です。 4:体調を気遣うメールに返信するときの注意点5つ (1)お礼を伝える 自分の体調を気遣うメールが届いたときには、その相手が誰であれ、返信ではお礼を伝えるのがマナーです。 親しい間柄だと、つい忘れがちかもしれませんが、大人の礼儀として、きちんとお礼を書きましょう。 (2)長引きそうなときは状況を伝える 体調不良が長引きそうなときには、ビジネスメールでもプライベートメールでも、今の状況を簡単に説明すると、丁寧です。 言いたくないことは伏せても構いませんが、日常生活が送れるレベルなのか、それとも臥せっているが食欲はある状態なのかなど、簡単な状況を添えるだけでも、相手は安心するでしょう。 (3)ビジネスメールでは復帰の見通しを伝える ビジネスメールの場合には、復帰の見通しについて自ら触れておくと丁寧です。 体調不良の間は、無理をして復帰する必要はないと考える人が多いはずですが、いつから仕事の連絡ができそうかなど、簡単な見通しがあると、相手も仕事の算段をつけやすくなるでしょう。 (4)プライベートメールでも時間帯に配慮する 体調が悪いときには、昼夜が逆転するなど、時間の感覚がなくなってくる場合もありますよね。 プライベートな間柄の相手からもらったメール返信だと、つい気が緩んで深夜や早朝などに返信をしてしまうことも。 しかし健康な相手は、いつもどおりの生活を送っていることを忘れず、常識の範囲内の時間帯でメール返信をしたほうが無難でしょう。 (5)返信不要の気遣いに感謝する 相手が「返信不要」の気遣い向けてくれた場合、その相手に最初に返信するメールでは、相手の気遣いに対して感謝を述べましょう。 5:体調不良時のメールは相手への思いやりが大事 体調を崩している相手へのメールで、もっとも大切なのは、相手への気遣い。 また、体調を気遣うメールに返信するときも同様です。 相手の負担になるような内容のメールは避け、安心してもらえるような文面を心がけましょう。 この記事を書いたライター 並木まき M. Namiki 28歳から市川市議会議員を2期務め政治家を引退。 議員時代から「多忙でもデキる」を研究する時短美容ジャーナリストとして活躍している。

次の

「お気をつけて」だけでは目上の人に使えない!正しい使い方を解説

体調 に 気 を つけ て メール

このページの目次• 風邪をひいて休みをもらった時!上司からの体調を気遣う言葉への返信 風邪をひいて仕事を休んでしまった。 そんな時に上司からの体調を気遣う言葉をメールなどで頂いた時、返信に困るということありませんか? そもそも返信は返した方が良いのか、など疑問がたくさん浮かんできます。 体調にもよりますが、無理をして脈絡のない文章になってしまうのであれば少し体調が良くなってから返信をしましょう。 基本的に上司からのメールにはお礼の気持ちを込めてきちんと返信をすることが良いでしょう。 「ご心配ありがとうございます」「お気遣い頂きありがとうございます」 感謝の気持ちを述べた後最後に「ご迷惑お掛けし申し訳ございません」と謝罪も加えるのが正解です。 体調は良くなってきたのか、それともまだまだしんどいままなのか。 これによっても明日以降の出勤状況が変わってくるため重要な情報と言えます。 聞かれる前に自ら発信して上司の指示を待ちましょう。 体調を気遣う言葉が上司から届いた!風邪が治らない時 体調を気遣う言葉も頂いた時はお礼をするのと同時に、仕事に対する気遣いを忘れずに入れましょう。 「〜の件については同僚に引き継いでおります」などとご心配をお掛けしないように、聞かれる前に伝えておくのがマナーです。 しかしあまり流暢に返信をし、すらすらとメールの文章を作ってしまうことも、上司からすると慣れているなと感じたり、元気そうだなと思われてしまう恐れもあると言えます。 「大丈夫か?」などの気遣いに対し「はい」と答えてしまうと、大丈夫なら会社に来いと思われてしまったり。 そんな時は「夜まで様子を見て、またご連絡させて頂きます」というのが正解でしょう。 もちろん病院にかかり、病状を報告することも忘れずに行いましょうね。 この時は迷惑をかけてしまっていることを忘れず、敬語は正しいものを使用することを気をつけましょう。 上司が風邪をひいて休んでいる場合!体調を気遣う言葉を送るには 上司が体調を崩してしまっている時、こんな時も迷わず労いの言葉をかけましょう。 しかし相手は体調が悪く寝込んでいる可能性が。 お返事はさせないというのもこちらが出来る気遣いですよね。 内容は短めに、仕事の心配をしているであろう上司に気にしないで休んで下さいと伝える文章が良いでしょう。 気遣いはし過ぎず適度な具合がベストです。 「お大事にしてください」こちらは間違いではありませんが 「一刻も早いご回復をお祈りしております」このような表現が丁寧で良いです。 「体調は大丈夫でしょうか?」ではなく 「お体の具合はいかがでしょうか?」こちらが良いですね。 よく丁寧な言葉を完璧に使おうとして、テンプレートのコピペのような文章になってしまうこともあると思います。 なるべく自分の言葉に砕いた文章の方が、多少の言葉の間違いがあっても気持ちは伝わるのではないでしょうか。 好感の持てる、体調を気遣う言葉の内容とは ビジネスシーンの様々なシーンで使える、体調を気遣う言葉とはどんなものでしょうか。 「お体にお気をつけください」「ご自愛ください」このような言葉が多く使われます。 これに「どうぞ」を加えるだけで「どうぞお体にお気をつけください」「どうぞご自愛ください」 と、とても丁寧な表現になります。 目上の人への気遣いのメールはとても悩んでしまうことも多いですが、きっと部下からの心配メールはとても嬉しいはずです。 気を使いすぎるあまり、体調が悪いのにメールなんて読めないだろうと連絡をしないのではなく、一言でもよいので労いの言葉をお掛けすることは忘れないように送りましょう。 「ご体調を崩されたことに驚きました。 お加減はいかがでしょうか?」 相手がご年配の場合は、いつもは元気なのに、というような表現もとても良いです。 年を取れば取るほど、年寄り扱いを一番嫌がるものなので。 体調を気遣う言葉は大切なコミュニケーションである 相手との間柄によって変化する内容ではありますが、あまり深く立ち入り過ぎず、早く元気になって欲しいという気持ちを伝えることが大切です。 一緒に仕事をしていく上で、体調が悪い時にフォローしてくれるのかそうでないかはとても重要な問題となります。 人の体調を気遣える、そんな気の利く部下を求めている上司は多いのではないでしょうか。 逆に気にかけてくれる上司を部下は求めていますよね。 何も声をかけないことは、体調を崩したことによって迷惑をかけてしまったのではないか、怒っているのでは?とプレッシャーを与えてしまう恐れがあるので、一言労いの言葉を掛ける。 これを忘れないようにしましょう。 上司から気遣いを頂いたら、返信を必ず行うこと。 上司への気遣いのメールは、返信をしなくても良い内容の終わり方で送ること。 ポイントを押さえて出来る部下になりましょう。

次の