4 歳 発達 障害 チェック リスト。 【年齢別】1歳 (幼児)〜6歳までの発達障害チェック項目

【発達障害】グレーゾーンの子供について作業療法士が解説。診断のエリア分け、特徴や相談先まで

4 歳 発達 障害 チェック リスト

ADHDは、以下の3つの症状が特徴的です。 不注意 集中力が続かない、気が散りやすい、忘れっぽい。 多動性 じっとしていることが苦手で、落ち着かない。 衝動性 思いついた行動について、行ってもよいか考える前に行動してしまう。 これらの症状のあらわれ方は人によってさまざまですが、そのあらわれ方の違いから 「不注意が目立つ状態」、「多動性・衝動性が目立つ状態」、「混合した状態」の3つに分けられます。 3つの症状があっても必ずADHDというわけではありませんが、これらの症状のために、周りの人からトラブルメーカーだと思われてしまったり、お子さんや家族、担任の先生、友達の誰かがいつも困っているならば、ADHDという障害ととらえることができます。 ADHDには治療法があります。 もしかして、と思ったら、まずはお子さんの日常生活をチェックしてみませんか。 好きなこと、興味のあることになどには集中しすぎてしまい、切り替えが難しい• 面と向かって話しかけられているのに聞いていないように見える• 学校の勉強などで、細かいところまで注意を払わなかったり、不注意な間違いをしたりする• 途中で注意がそれて投げ出す、ゲームなどで自分の順番を忘れてしまうなど、課題や遊びの活動で注意を集中し続けることが難しい• 音や音声に敏感に反応する、刺激にすぐに興味を示すなど、注意が長続きせず、気が散りやすい• 課題や活動に必要なものをなくしてしまう、忘れっぽい• 課題や活動を順序だてて行うことが難しい• 同じことを繰り返すのが苦手 こうした過度の不注意は、ワーキングメモリーという脳の機能が十分に働いていないためだという考えもあります。 ワーキングメモリーとは、今していることや考えていることの短期的な記憶です。 例えば、「母は5時から夕飯を作る。 頼まれたおつかいはニンジン」というワーキングメモリーから、自分が今置かれている状況を把握し、「もう4時半だ、急ごう」という判断ができるのです。 しかしADHDの場合、このワーキングメモリーの働きが不十分なため、現時点での自分の状況を客観的に分析できず、その場に適した行動に繋げることができないと考えられています。 多動性の症状のあらわれかた 多動性の症状の核となるのは「無意識に体が動き、それを抑えられない(体の多動)」、「おしゃべりを自分でコントロールできない(口の多動)」といったことです。 日常生活では、以下のような形であらわれることがあります。 衝動性の症状の核となるのは「自分の感情を抑えることが苦手」、「自分の発言や行動を抑えることが苦手」といったことです。 日常生活では、以下のような形であらわれることがあります。 横から割り込む、一番にこだわるなど、順番を待つのが難しい• 他の人がしていることをさえぎったり、邪魔したりする• 質問が終わらないうちに出し抜けに答えてしまう 「思いついた行動を行ってもよいか」を考える前に実行してしまうのが衝動性です。 一瞬立ち止まって考えるというブレーキがききにくいために起こるのではないかと考えられています。 こうした「不注意」、「多動性」、「衝動性」に基づく行動は、非常に誤解を受けやすいものです。 意図的に相手を困らせようとしてやっているのではなく、ADHDの発達特性に起因するものであるということをご理解ください。 ADHDのお子さんのこうした行動は、ADHDの特性によるものであり、しつけや育て方が原因ではありません。 まずはお子さんの日常生活をチェックしてみませんか。 ADHDの症状には、自分の注意や行動をコントロールする脳の働き(実行機能)のかたよりが関係していると考えられていますが、詳しい原因はまだわかっていません。 前頭前野を含む脳の働きにかたよりがある? 一般的に、ADHDでは中枢神経系になんらかの機能障害があると考えられています。 中枢神経系とは脳と脊髄を中心にした神経のことを指し、体の各部分から伝えられるさまざまな刺激の強さや種類などを分析して判断し、刺激をどう処理すればよいかを体の各部分に伝えています。 ADHDでは脳の神経伝達物質(脳内の神経細胞の間で情報をやりとりする物質)であるドパミンやノルアドレナリンの働きが不足気味であることがわかっており、これらの神経伝達物質の機能が十分に発揮されないために、不注意や多動性があらわれるのではないかと考えられています。 また、実行機能は前頭前野と呼ばれる大脳の一部で調節されていますが、ADHDでは前頭前野を含む脳の働きにかたよりがあるとも考えられています。 遺伝的素因・心理社会的要因の関連も? 遺伝的素因、心理社会的要因(環境要因)の関連も報告されており、これらの相互作用によりADHDの状態像が完成していくとする考え方もあります。 人の行動は(1)素因、(2)これまでの生育環境、(3)現在の生活環境の3つによって決まってきます。 今あらわれている行動は、これら3つの要素の絡み合った結果です。 問題となる行動があっても、核にあたる素因の部分は実は小さく、これまでの生育環境や現在の生活環境で増幅されていることがよくあります。 これは「しつけに問題がある」、「子育てに原因がある」ということではありません。 素因があると、普通に子育てをしていても核の部分以上に増幅して目につきやすくなってしまうことがあるのです。 この素因の正体がADHDなのです。 ADHDは育て方やしつけが原因ではありません ADHDの特性である「不注意」「多動性」「衝動性」といった行動は、小さい子どもなら誰にでも見られます。 そのため、ADHDと診断されるような場合でも、周りの人たちに障害という認識をもってもらえず、乱暴者・悪い子・しつけのできていない子というような否定的な評価を受けやすくなり、保護者の方々もまた、育て方が悪いのではないかなどの誤解を受けることがあります。 しかし、ADHDは生まれつきの発達のかたよりが関係していると考えられており、育て方やしつけによって起こるものではありません。 ADHDの症状が強くて社会的生活を送るのが難しい子どもたちには、その子の発達特性にあった正しいサポートが必要です。 ADHDの特性を理解しないままに、ただしつけを厳しくしても、症状を改善することはできません。 ADHDへの理解を深めるためにも、お子さんの行動への悩みや不安をお医者さんに相談してみませんか? 治療には「環境調整・心理社会的支援」と「お薬による治療」があります。 ADHD治療の目標は、学校や家庭での困難の悪循環が好転し、ADHDの症状を自分らしさとして折り合えるようになること、それによって、1日を通して社会生活を改善することができるようになることです。 ADHDの特性である不注意、多動性、衝動性をなくすことだけが治療の目標ではありません。 1日を通じてお子さんの生活のなかの困難を理解し、改善していくことが大切です。 毎日の変化を把握するのは難しいかもしれませんが、少しずつでも「できた!」という達成感を感じる良いサイクルを長期間にわたって続けることで、目指す将来につなげていきましょう。 教育・療育的支援 お薬を使う目的は、ADHDの症状を改善することによって、悪循環を断ち、子ども本人が学ぶ機会を得やすくしたり、成功経験を重ねたり、他者からよい評価を得たりすることで、二次障害を防ぎ、自尊心を獲得することを支援することです。 お薬で子どもの行動を抑えつけるのではなく、お薬はあくまで助け舟であり、子どもの努力を応援する役割なのです。 現在日本においてADHD治療薬として承認されているお薬は下記の3つであり、お薬の形としては液剤(内用液)、カプセル、錠剤の3種類があります。 単剤での治療が推奨されています。 主に使われるお薬• 中枢神経刺激剤 お薬の形• カプセル• 例えば、言葉のちょっとした遅れや兄弟げんかが、問題行動を大きくしていることがあるのです。 絵本の読み聞かせは、因果関係のある言葉の理解力を育てます。 兄弟げんかでは、けんかの始まりの段階で介入しましょう。 淡々と子どもたちを別々の場所に分けて落ち着かせるなどが効果的です。 このように保護者の方々の子育ての負担感や困り感を軽減するように努めましょう。 ケガや事故には十分に気配りをしましょう• 「近づいて」「静かに」「穏やかに」話しかけましょう• 興奮しているときには叱らず、落ち着くのを待ちましょう• 短くわかりやすい言葉で話しましょう 6~12歳 学童期・小学生の学校での対応 ADHDの子どもは気が散りやすく、なかなか授業に集中することができません。 集中しやすい環境を整えるには、座席の位置や掲示物などに対する配慮が必要です。 また、授業中に小休止を入れたり、グループでの話し合いの時間をもうけたりし、飽きさせない工夫をすることで、授業に取り組みやすくなります。 【注意力・気が散りやすい問題への対応】余計な刺激をできるだけ少なくする・板書は短いキーワードで 余計な刺激をできるだけ少なくする工夫を。 黒板のある壁にいろいろな掲示物を貼らない、時計は教室の後ろの壁にかけるようにするなどして、視覚的な刺激を少なくします。 板書は短いキーワードで、箇条書き、あるいは大切なキーワードだけを、行の間隔を十分にあけて書きます。 【注意力・集中できない問題への対応】子どもの集中時間にあわせた課題・子どもの興味を引き出す工夫 子どもの集中時間にあわせた課題にすること。 15分しか集中できない子を40分集中させようとするのではなく、15分間の集中を3つ、どうやってつなげるかを考えます。 子どもの集中時間にあわせて声をかけたり、質問をしたりして、注意のリセットを行うとよいでしょう。 また、子どもが集中できる時間内に可能な課題内容や分量を考えたり、集中時間にあわせて課題内容を変えていくといった工夫も有効です。 ADHDの子どもは自分が興味をもった事柄にはある程度集中できるので、子どもの興味を引き出す工夫、例えば視聴覚教材や模型・実物などを使いながら興味をもたせるとよいでしょう。 子どもができる課題を最初に用意したり、興味をもっている事柄と関連させたりすると興味を引き出すことができます。 【多動の問題への対応】活動エネルギーを使わせる工夫・動いてもよい環境を作る 活動エネルギーを使わせる工夫を。 大切な授業の前の休み時間に十分な運動を、先生も一緒になって遊びの形態で行うとよいでしょう。 また、子どもの集中時間にあわせて、プリントをみんなに配る手伝いをしてもらうなど、動いてもよい環境を作ります。 子どもの状態が不安定なときは、用事を依頼して保健室に行かせるなどしてもよいでしょう。 【衝動性の問題への対応】飽きない工夫 待たなければならないときに飽きない工夫として、何かやることを用意します。 例えば、5分計の砂時計を見せて、「この砂が全部下に落ちたら先生に教えて」など、短時間で終わる、単純なものが望ましいです。 【トラブルへの対応】気持ちを受け入れる・常識と代替行動の提示・トラブルがないときの関わりを増やす まずは子どもの気持ちの受け入れから入ることが重要です。 「こんなことをしてはダメでしょう!」ではなく、「イライラしたのかな?」と、子どもの気持ちを言葉にするところから始めます。 そして「してはいけないこと」を常識的に提示し、その後に、どうしたらよいかを教えます。 (例:「でも、叩かないですんだら、そのほうがいいよね」として「今度そういう気持ちになったら、こうしたらどうかな」と続け、その代替行動を説明します。 ) また、トラブルがないときの関わりを増やす事も大事です。 トラブルが起こっていないときに、声をかけたり、一緒の活動に誘ったりするなど、先生からの働きかけを意識的に増やすとよいでしょう。 その他の工夫 集中時間にあわせた働きかけを行いやすくするため、子どもの座席は一番前の先生の近くにします。 窓際の席は、気が散りやすくなるので、避けたほうがよいでしょう。 また、子どもの席が先生の近くではない場合は、先生が集中時間にあわせたタイミングで子どもの近くを通るようにして、そのつど働きかけを行いましょう。 13~18歳 思春期・中高生の学校での対応 友人関係や学校生活での成功は、親離れが進んできた中学生・高校生の精神的支えです。 しかしそのために、仲間の中で恥をかかないか、仲間はずれにされないか、馬鹿にされていないかといった心配をする敏感さがどの子どもにも強まっています。 ADHDの子どももこのような思春期の年代に入っていきます。 本来、人なつっこく、ほめられたり喜ばれたりすることの大好きなADHDの子どもたちは、親離れや自立を意識すると同時に、先生や友達に認められ、一目置かれ、受け入れられていたいと人一倍望んでいるのです。 もしADHDの子どもに相談を受けたら、「もっとうまくやれ」、「わがままを直せ」などと突き放すのではなく、まずは良き理解者、良き味方になることから始めてみましょう。 しばらくは大人が代理の仲間に ADHDの子どもが仲間とうまくいかないのはADHDの症状のためだけではありません。 思春期、特に中学生の友人関係は、同じ特性をもった仲間で集団を作りたいという気持ちが強く、ADHDの子どもはその衝動性や不注意によるミスの多さから仲間はずれにされることがよくあります。 ADHDの子どもが困って相談してきたら、深刻な孤立を訴える救難信号と受け止めましょう。 そして、すぐに仲間集団に押し返そうとしないで、しばらくの間(その学年、あるいは中学の間は)大人が代理の仲間になり、よく話を聞いてあげましょう。 注意してあげたいとき、叱らねばならないときは「怒鳴らず静かに、具体的かつ簡略に」 頭ごなしに怒鳴ったり、すぐさま従わせようとはしない事が重要です。 頭ごなしに怒鳴ったり、従わせようと急ぎすぎたりすると、反発と反抗を刺激する結果になります。 衝動性が高いというADHDの特性は、ここではすぐに反抗的になるという悪い結果を呼びやすいのです。 注意する・叱る場合、別室に呼んで、まずそのときの気持ちを聞き、大人のそのときの気持ちを伝えます。 そして、次の似たような状況ではどうしたらよい結果になるかを具体的に示し、次の機会での成功を期待します。 静かに、できるだけ具体的かつ簡略に、ときには図を使ったりしながら話し合うと良いのではないでしょうか。 得意な技能や分野を見つけ出す支援を ADHDの子どもたちにもさまざまな可能性があります。 注意が移りやすいかわりに、すばやく判断を下し行動に移れる活動性をもっているかもしれませんし、不器用ではあっても味のある工芸的才能を見せてくれるかもしれません。 ADHDの子どもがこうした才能を伸ばしていくためには、その才能に気づき、評価し、支えてくれる大人が必要なのです。 思春期のADHDの子どもとのやり取りはしばしばうまくいかないことがあります。 そのような際には、ご自分を責めるのではなく、たまたまその日はそんな日だったと割り切りましょう。 辛抱強く、希望をもってADHDの子どもの思春期の良きコーチの役を続けましょう。 治療は学校・職場・家庭・病院(医療機関)の連携した支援が大切 ADHDのお子さんや、大人になってから治療を始めたADHDの方を支え、導いていくうえで、家族や学校・職場、医療機関が連携し、協力しあうことはとても大切です。 保護者の方々を抜きにしてお子さんを支えることはできませんし、学校での様子を詳しく把握できるのは学校関係者の方だけです。 家族の協力を抜きに当事者を支えることはできませんし、職場の理解も必要になってきます。

次の

2歳児・3歳児の子ども向けの発達障がいチェックリスト~うちの子発達障害かもしれない?と思ったら

4 歳 発達 障害 チェック リスト

やさしいイメージのイラストとカラーが目を引く親子健康手帳 プロジェクトから生まれた新・母子健康手帳(通称:親子健康手帳・写真)をご存知ですか。 内容は、母子手帳に関する議論を通じて寄せられた声やアイデアをもとに、毎年改善していて、現在216自治体に使用されています。 子育てをしていらっしゃる親御さんの中には、「どこか、他の子と違う…」そんな思いを感じている方もいるでしょう。 初めての子供だったりすると、なかなかその辺りも判断しにくいものです。 今回はこの最新の「親子健康手帳」に見る発達障害の気づきのヒントをご紹介します。 まずは幼児期の成長の発達段階と照らし合わせて、気になることをチェックしてみましょう。 親子健康手帳の「生活リズムの見直し~脳を育てる5つの定点」の項目には、脳の発達のためには、生活リズムを整えることが大切であることが記載されています。 朝早く起きて、カーテンを開け日の光を浴びて一日を始める、そんな当たり前のことが乳児の成長にはとても重要なのです。 しかし、発達障害の特性を持つお子さんの中には、睡眠が上手くとれないことが多く、なかなか寝てくれないと嘆く母親も少なくありません。 お子さんの中には30分も続けて寝ることができず、母親が体調を崩し入院してしまったという例もあります。 5~6歳 : 遊びを通して社会性が身に付く 通常の発達のお子さんは、この年齢で友だちや先生とのコミュニケーションについて学び、社会性が育っていきます。 しかし、社会性を育む脳の仕組みがうまくいかない発達障害のお子さんは、トラブルが生まれてしまうことが多いもの。 「しつけが悪い、性格が悪い」と言われてしまいがちですが、持って生まれた障害の可能性もあるので、気をつけましょう。 またこの時期は「手先が発達し」とも記載されていますが、発達障害のお子さんには手先が極端に不器用だったり、運動が苦手なことが多く見られます。 6歳 : 表現力・想像力・理解力が高まる この力についても、発達障害のお子さんの苦手分野です。 上手に自分の気持ちを表現したり、想像をめぐらせたり、相手の言うことを理解したりなどが苦手です。 なので、上手く伝えられない、相手の言うことがわからないことで、フラストレーションがたまり、突然キレたり、自信喪失に陥ったりします。 これが続くと、トラウマになってしまい、人とのコミュニケーションを嫌がることになります。 保健師さんや保育士さん、小児科医などに相談してみましょう。 コミュニケーションは楽しい、伝わったという気持ちを育てることが大切です。 お友だちと一緒にいるのが楽しい3~4歳 通常のお子さんの発達からすると、この時期はお友だちと一緒にいるのが楽しい時期です。 しかし、発達障害の特性のあるお子さんにとって、これは苦痛にもなりかねません。 1人で夢中になって何かを行う方が楽しいお子さんも多いものです。 しかし、発達障害であってもゆっくりですが発達していくので、通常のお子さんより何年か遅くはありますがこういう時期が訪れます。 お子さんの成長のスピードはその子によって違うことを覚えておいて下さい。 仲良しができるようになる5~6歳 ここでの記載についても、上記と同じで個人差があります。 仲良しのお友だちがいないからと言って焦ることはありません。 また、社会のルールに気づけるようになる時期ではありますが、その辺りもなかなか上手くいかないのが発達障害の特性でもあります。 根気よく教えていくことが大切です。

次の

【発達障害】グレーゾーンの子供について作業療法士が解説。診断のエリア分け、特徴や相談先まで

4 歳 発達 障害 チェック リスト

発達障がいは2歳~3歳頃に特徴が現れてくる 発達障がいの子どもは、表情が豊かになり言葉が発達する2歳から3歳頃に行動の特徴が目立ってきます。 保護者はその頃に、ウチの子は他の子どもとちょっと違った行動をするな、と感じ発達障がいの可能性に気づくことが多いようです。 不安になったらまずは自分でチェックをしてみてください。 少しでも引っかかる点や気になる点があったら医師や専門家の判断を仰ぐようにしましょう。 「障がい」という言葉を恐れて見て見ぬ振りをしたり、もう少し大きくなってからでいいと思ったりしてはいけません。 発達障がいを早期に発見して早めに療育につなげましょう。 子どもだちにとって早期発見、早期療育が一番なのですから。 発達障害って?行動特性を理解しよう 発達障がいとは、生まれつき脳の一部の機能に障がいがあり、言葉の発達の遅れや対人関係、社会性の障がい、衝動的に行動するといった症状の見られる障がいです。 発達障がいは生まれつきの特性で、病気ではありません。 「自分の育て方が悪かったんだろうか」と悩むお母さんも多いですが、 育て方やしつけが原因で発達障がいになることはありません。 発達障がいは、症状の特徴から自閉症やADHD(注意欠陥・多動性障がい)、LD(学習障がい)、アスペルガー症候群などに分類されます。 自閉症は、対人関係や社会性形成の困難、言葉の発達の遅れ、特定のものへのこだわりなどを特徴とする障がいです。 興味や関心の幅が狭く、おもちゃを与えても遊ぼうとしなかったり、声を掛けても振り向かなかったりすることがあります。 自閉症の症状は、だいたい3歳くらいまでに現れます。 ADHD(注意欠陥・多動性障がい)は、不注意が多く、衝動性や多動を特徴とする障がいです。 朝に約束したことを昼にはもう忘れてしまうといった症状が見られます。 ADHDの症状の現れる時期は自閉症よりも遅く、就学後の7歳前までに現れるといわれています。 LD(学習障がい)は、聞く、話す、読む、書く、計算する、推論するといった能力のうち、1つ以上の能力に著しい困難を示す障がいです。 就学後に特徴が現れるため、保育所や幼稚園に通う幼児期に発見することは難しいとされています。 アスペルガー症候群は、対人関係や社会性形成の困難、特定のものへのこだわりなどを特徴とする障がいです。 自閉症のうち、言葉の発達の遅れを伴わないものがアスペルガー症候群です。 高機能自閉症は、対人関係や社会性形成の困難、言葉の発達の遅れ、特定のものへのこだわりなどを特徴とする自閉症のうち、知的発達の遅れを伴わないものをいいます。 3歳くらいまでに症状が現れます。 発達障がいでは、 2つの障がいの特徴を併せ持つこともよくあります。 例えば、LD(学習障がい)にADHD(注意欠陥・多動性障がい)の併存が多いと言われています。 発達障がいの特性は1人ひとり異なりますので、それぞれの子どもに合わせた対応が必要です。 発達障がいって何歳から分かるの?診断できるのは何歳から? 発達障がいは、その種類にもよりますが 1歳を過ぎた頃から特性が現れます。 赤ちゃんは、成長するにつれて指差しをしたり他の子どもに関心を持ったりするようになります。 お母さんの顔を見てニコニコ笑うこともあるでしょう。 しかし、発達障がいのある赤ちゃんは、目がなかなか合わなかったり、呼んでも振り向かなかったりします。 お母さんを認識することが難しいケースも見られます。 言葉の遅れも次第に現れてきます。 定型発達の場合、1歳半頃になると3つ~4つの単語を喋るようになり、3歳頃になると「くつ はく」のような簡単な単語をつなげて喋るようになりますが、発達障がいがあると、 出てくる単語の数が少なかったり、単語をつなげて喋らなかったりします。 強いこだわりやかんしゃくを起こすといったこともこの頃から次第に現れてきます。 保育所や幼稚園に通う時期になると、集団生活、集団行動をする機会が増えます。 発達障がいの子どもは、集団の中に入らず人との関りを嫌がる素振りを見せたり、集団のルールをなかなか守れなかったりと、 集団生活になじみにくいという特徴が見られます。 6歳を過ぎる就学期には、読み書きに著しい遅れが見られたり、授業中じっとできずに教室から飛び出す・大声をあげるといった 場に不適切な行動をとることもあります。 市区町村では、1歳半と3歳の乳幼児を対象に、乳幼児健康診査を実施しています。 いわゆる1歳半健診・3歳児健診と呼ばれるもので、主に身体の発育状況や栄養状態などをチェックします。 健診で言葉や行動の発達の遅れを指摘され、発達障がいの可能性に気づくこともよくあります。 診断がつく時期は発達障がいの種類や程度にもよりますが、3歳前後のことが多いようです。 気になる行動や心配なことがあれば、検診の際に医師に相談してみてください。 いずれにしても、乳幼児の気になる行動は、それが個性なのか発達障がいなのか、判断することが困難です。 セルフチェックをして当てはまる点が多ければ、医師や専門機関に相談しましょう。 2歳の子ども向け・発達障がいチェックリスト 発達障がいの2歳の子どもに見られる特徴をいくつかまとめました。 家庭内での生活サイクルに少しずつ慣れてきた時期で、 子どもの行動に「あれ?」と思うことが出てくることがあります。 ・知っているものを見ても指をささない ・名前を呼んでも振り向かない ・おもちゃで遊ぼうとしない ・他人に無関心 ・ママ、マンマ、ブーブーなどの簡単な言葉も話さない ・こっちにおいで、まんまだよ、ちょうだいななどの呼びかけに無反応 ・他人のまねをしない ・手足の動きがぎこちない ・クレヨンや色鉛筆を持っても何も書こうとしない ・かんしゃくを起こしやすい 3歳の子ども向け・発達障がいチェックリスト 以下は、発達障がいの3歳の子どもに見られる特徴です。 外に出る機会も増えてきて、 対人関係や社会性に困難を示すケースも見受けられるようになります。 ・自分の名前が言えない ・同じ年齢の子どもと会話できない ・ひどく人見知りをする ・かんしゃくを起こしやすい ・ひんぱんに人や物を叩いたりする ・急に部屋の外へ出て行ったりする ・自分で衣服を着たり脱いだりしようしない ・食べる時間が極端に遅い ・極端な不安を示すことがある ・お店やさんごっこのような役割のある遊びができない 発達障がいを早期に発見して早期療育を始めよう 上記で示したチェックリストの項目は数多くある事例の一部です。 お子さんの状況を踏まえて、専門医や地域相談支援センターに相談してください。 病院の場合は、 小児科や神経内科、心療内科、精神科などで発達障がいの診断、検査ができます。 発達検査は早くて1か月、長い場合は半年から1年程度予約待ちになることもあるため、早めに動かれることをおすすめします。 あらかじめ電話やWebサイトなどで調べてから病院へ行ってください。 市区町村役所の福祉課に相談する方法もあります。 発達障がいかもしれないと担当窓口に伝えれば、相談支援事業所や児童相談所など専門家のいる施設を紹介してもらうことができます。 発達障がいに早めに気づけば、その分、早く療育を始めることができます。 療育とは、子どもが将来、社会人として自立していけるように医療面と教育面から支援を施すことです。 医療面の支援は、医師や専門カウンセラーを通じて行われます。 また、生活・教育面の支援は、通級や特別支援級などを通じて、子どもの成長に合ったカリキュラムで進められていきます。 児童発達支援センターや児童発達支援事業所、放課後等デイサービスなどを活用して療育を進めていくのもよいでしょう。 保護者の相談先を確保するという面でも、病院や療育を行う支援機関とつながっておくことはとても大事です。 療育は、家庭と医療機関、教育機関と連携して行うことが大切です。 医師に診てもらったから、児童発達支援に通っているから、家庭では何もしなくてよいというわけにはいきません。 医師や専門家から家庭でやるべきこと、改善すべきことなどアドバイスを受けて実践してこそ、療育の効果が現れます。 生活や遊びの中に療育をうまく取り入れて、お子さんと過ごす時間を楽しんでください。 療育は、発達障がいを抱える子どもにとって不可欠であるといっても過言ではなく、早期に取り組むことが大切です。 心身の成長が著しい幼児期から適切に対応することによって、 二次障害を防ぐことができます。 子どもは、療育を通じて身辺自立やコミュニケーションの方法を学び、適応力を伸ばしていきます。 適切な教育と支援を受けることで社会生活での困難を減らし、自己肯定感が高まります。 周囲の大人も子どもたちの苦手やこだわりを理解することで、パニックや癇癪を起したときに適切に対応できるようになるでしょう。 保育所や幼稚園の先生ともよく連絡を取り合って子どもが過ごしやすい環境を作ってあげましょう。 心理的なハードルから、なかなか行動を起こせないお母さんも多いと思います。 自分ひとりだけで悩まずに専門機関に相談をして、お子さんのため、自分のためにまず一歩を踏み出しましょう。

次の