クラピカ ss。 【モンスト】クラピカ評価|獣神化が強い4つの理由・SSの仕様

【モンストQ&A】22の獄[No271981]

クラピカ ss

クラピカ進化のステータスや評価使い道 クラピカ進化のアビリティ クラピカ進化の友情コンボ詳細 スピードアップ 0 クラピカ進化のSS 一定期間絶対時間(エンペラータイム)状態になる 24ターン• スピード&パワーアップ4ターン継続次の自身のターンが終わるまで• 自強化は次の自身のショットにも入っている• 4ターンダメウォ、重力、地雷無効• 自身の状態異常を回復&4ターン状態異常無効• SS後4ターン自身に4000ダメージ(合計16000) クラピカ進化のステータス(タス完済み) HP 23550 スピード 379. 6 クラピカ進化の攻撃力 ゲージ無し 24130 ゲージ有り 28956 属性有利 38511 クラピカ進化の評価や使い道 クラピカ進化のいい点 希少な貫通のワープブロック クラピカはアンチアビリティがワープブロックで、 木属性でこの二つのアビセットを持ったモンスターはかなり少なく、さらに貫通となると今の所八九寺真宵(星6限定)のみである。 最近流行ってきているブロックに対応しているので今後の活躍に期待が出来る。 スピードアップ友情で仲間のサポート 友情にスピードアップを持っているので仲間のサポートが出来る。 また スピードアップは比較的超爆絶で活躍する可能性が高く、クラピカは水属性耐性を持っているので今後嵌るクエストが来る可能性がある。 爆絶アルマゲドンでは反射優遇なクエではあるが、スピードアップがかなり使え、雑魚処理後にSSを使えばかなりの高火力になるので戦力として十分に活躍が期待できる。 SSが特殊でメリット多め SSの絶対時間は4ターンの間状態異常無効である為特定のクエストで使える可能性がある。 また 自強化+オールアンチショットを実質2回打てさらに自身のラックスキルがクリティカルな為火力面でも申し分は無い クラピカ進化の悪いところ SSはピンチの時は注意が必要!! 強いSSだがSS後4ターンの間4000ダメージ(計16000)を受けてしまうので、 ピンチの時などに使用すると死亡してしまう可能性があるので使うタイミングをよく考えた方がいいです。

次の

レオリオ×クラピカ部屋 ※ CAUTION 管理人はクラピカ女の子派です ※

クラピカ ss

この部屋に連れてこられてから数日がたち、3日間の休暇はとっくに終わっていた。 組の状況が気になったが、センリツやバショウが上手くやってくれている事を信じるしかない。 クロロはやたらとクラピカの世話をしたがり、食事もいちいち口まで運んで食べさせようとした。 もちろん拒否したが、肩をすくめる程度で大して気にしていないようだ。 車でクラピカを挑発してきた奴と同じ人物とは思えず、少し困惑した。 睡眠薬で寝ている間にされた事は屈辱的だったが、あれ以降はおかしな薬を飲ませる訳でもなく、身体を触ってくる事もなかった。 部屋でも拘束されず、トイレも風呂も自由に使っていいと言う。 部屋には興味深い本がたくさん置いてあり、「欲しいものがあったら何でも言ってね」とのことだった。 ・・・本当に殺す気はないらしい。 体調が回復してチェーンジェイルで拘束したときも、奴は無抵抗で微笑んだままクラピカを見つめていた。 「・・・何故抵抗しない」 「念も使えないし、この鎖って強制的に絶にするんでしょ?ウボォーにもちぎれなかったのなら俺には無理だね。 それに、クラピカの緋の目も綺麗だから」 脳裏に初めて殺した男の事が蘇る。 「クラピカ、今心臓にクラピカの鎖が刺さってるのって世界で俺とクラピカの二人だけなんだよね?パクはあの後亡くなったって聞いてるし。 お揃いだね」 クロロを助けに来た女性。 彼女ももう死んだ・・・。 私が殺した。 男を拘束していた鎖が緩み、クロロはあれ?という表情で覗き込んできた。 「殺さないの?俺も殺せば逃げれるのに」 「黙れ・・・」 ベッドに戻り、横たわって手で顔を覆った。 ひどく虚しくて涙が溢れそうだ。 クロロが近づいてきて優しく頭を撫でてくる。 撫でられたのはあの日以来で、人の体温が懐かしく感じた。 「大丈夫クラピカ?俺、食料とか買ってくるけど食べたいものない?」 「・・・」 「フルーツとか買ってくるね。 クラピカ好きみたいだし。 じゃあ、行ってくるからいい子にしててね」 クロロが出て行くと、我慢していた涙がツーっと流れてきた。 奴が拠り所としていたものを封じたはずなのに、ここ数日見ていても彼は全く動揺していない様子だった。 自分はというと、念能力の使えない相手に捕まって下手に動けずにいる。 さっきだってこれ以上ないチャンスだったのに、殺した二人の顔が浮かんで鎖を緩めてしまった。 ・・・私は何をしているんだろう。 復讐を誓い、そのための能力を身につけ、蜘蛛のメンバーも二人殺めた。 でも、今の仲間を捨ててまで復讐に身を沈める事は出来なかった。 もう大事な人が消えるのは嫌だ。 (クロロからしたら、私が殺した二人も大切な仲間だったのだろう・・・。 ) ぐるぐると考えているうちに、結構な時間が経ったようで、クロロが買い物から帰ってきた。 (そういえば、こういうものはちゃんと買うんだな・・・) 「ただいま、クラピカ」 「・・・」 「そういえば、君の仕事仲間が心配してたよ。 ・・・センリツだっけ?あの耳がいい能力者」 「!?貴様センリツに何をした!!?」 「何もしてないさ。 ここは君のいたアジトからそう遠くないんだ。 だからちょっと様子を見に行っただけだよ」 「・・・」 「大丈夫。 クラピカが約束を破らない限り手出しはしないから」 「あ、そうそう。 俺数日出かけてくるから。 クラピカ一人になっちゃうけど変なことしちゃダメだよ。 食料も今買ってきたのがあるからご飯ちゃんと食べて、何があってもこの部屋から逃げようなんて考えないでね。 」 (センリツの話を出したのはそのためか・・・クズめ) 「良かった。 クラピカがいい子で。 」 沈黙を了解ととったらしいクロロがクラピカの頭を撫でながら言ってくる。 「じゃあ行ってくるね。 クラピカ。 」 そう言ってクロロは再び部屋から出て行った。 「はあ・・・」 ため息が漏れる。 おそらくセンリツに手出ししていないというのは本当だろう。 奴はノストラードのアジトから遠くないと言っていた。 今逃げ出してセンリツにすぐ身を隠すように警告するのはどうだ? しかし、もし途中でクロロに気づかれたら?奴は知り合いに殺し屋がいると言っていた。 それに、ゴンやキルア、レオリオ達のほうに行かれたら? そうしたら、また仲間を失うことになる・・・。 私がここにいれば、彼らに危害が加えられることはない。 でもいつまでここに居る気だ? 逃げるなら今ではないのか?でもそのせいで皆が死んでしまったら・・・。 思考が定まらない。 同じことをぐるぐると考えてしまう。 (私はどうすればいいのだ?) 頬を涙が伝っていた。 クロロがいなくなってから3日が過ぎた。 あれから何度も打開策を見つけようと思考を凝らしたが、何も思い浮かばない。 自分以外に誰もいない部屋で、ぼんやりと過ごしては、機械的に食事をとり、入浴して、眠りについた。 好きなはずの読書をするのも億劫だったが、何もしていないと自然に涙がこぼれてきた。 眠っている時だけは、現実から逃げられる。 寝ている時間が多くなっていった。 まどろんでいた意識が急激に覚醒する。 窓の外からは夕暮れの紅い光が差し込んでいた。 クロロが・・・ジャッジメントチェーンを解除した。 ・・・まずい。 すぐに逃げないと。 状況は前より悪くなった。 やはりあの時グズグズしないで逃げ出すべきだったのか? でも・・・そうしたら皆が・・・。 今のクロロは念を使える。 蜘蛛の連中とも接触可能。 今逃げ出したら、すぐにみんなころされる・・・。 頭に目を抉られた同胞たちがフラッシュバックしてきた。 それが段々ゴン達に姿を変えていく。 「うっ・・・」 吐き気を覚えてトイレに駆け込んだ。 「ゲホッ・・・うっ・・ぐぇ・・・」 涙がボロボロと溢れてきてどうしようもなかった。 [newpage] 部屋に戻ると、クラピカが床に倒れていた。 「クラピカ?」 駆け寄って抱き起こし、脈を確認する。 呼吸はしているし、脈も正常だ。 体重は少し減ったようだが。 顔を見ると涙の跡がある。 顔色も良くない。 (泣いていたの?) 抱き上げて、ベッドにそっと寝かせた。 タオルを熱いお湯で濡らして固く絞り、涙の跡を拭ってやる。 金糸を何度か撫で、着替えるためにベッドを離れた。 この4日の間に除念は済ませてきた。 そのための外出だった。 クラピカとお揃いの鎖が刺さってるのも悪くなかったけど、さすがに一生念能力を使えないのは困る。 蜘蛛のメンバーにもそのことは知らせたが、今は特に盗みたいものもないし、クラピカが心配だったからすぐに帰ってきた。 クラピカの事はメンバーには言っていない。 ノブナガあたりに知ったら切れるだろうが、この部屋は誰にも知らせていないし、バレることもないだろう。 着替えを終えてふとベッドに目を向けると、クラピカが目を覚ましていた。 足を運びながら声を掛ける。 「クラピカただいま。 帰ってきたら倒れてたてたから驚いた。 大丈夫?」 「・・・」 顔を覗き込むが、人形のような生気のない目で黙り込んでいる。 「クラピカ?」 心配になってベッドに腰掛け、そっとこちらを向かせる。 「・・・っう・・・」 「・・・クラピカ?」 クラピカはポロポロと泣き出してしまった。 どうしていいのか分からず、取りあえず抱きしめてみる。 拒否されることはなく、クラピカはクロロの肩口に額を寄せ泣き続けていた。 そのまま30分程たっただろうか。 クラピカは子供のように泣いて、クロロはただ抱きしめて背中を撫でていた。 「クラピカ、少し落ち着いた?」 「ああ・・・」 「飲み物持ってこようか?」 「いや、このままでいてくれ」 驚いた。 前は触ると怒られたのに。 でもとても嬉しかった。 思わず笑みがこぼれるが、うつむいているクラピカは気づかない。 「クラピカ、何かあったの?」 「何でもないんだ。 ・・・除念・・・終わったんだな」 「ああ、やっぱり気づいてた?終わったよ。 クラピカの鎖が外れちゃったのは残念だけど、これで念も使える」 「そうか・・・」 「それでねクラピカ、俺、クラピカの念能力が欲しいんだけど、もらってもいい?」 「・・・念能力を渡せば、この先ずっとゴン達に危害を加えないと約束してくれるか?」 「うん、いいよ。 それにしても、クラピカはそのゴンって子達のことばっか考えてるね。 嫉妬しそう」 「やめてくれ!!!じゃあ・・・もうゴン達のことは言わないから・・・言うとおりにするから・・・頼む・・・殺さないで・・・」 せっかく落ち着いていたのに、クラピカはまた泣き出してしまった。 「殺さないよ。 ごめんねクラピカ。 勘違いさせちゃったね。 彼らには危害を加えないって約束するよ。 だから泣かないで?」 また背中をポンポン撫でてあげると、今度はクラピカがぎゅっと抱きついてきた。 (帰ってきていたのか) 倒れていたと言っている。 そうか。 ベッドに戻る途中で・・・。 クロロに顔を覗き込まれ、鎖を外された事を思い出した。 涙が溢れてくる。 クロロの前で泣くなんて信じられなかったが、もう止まらなかった。 そっと抱きしめられて、久しぶりに感じた人の体温に何だかひどく安心した。 ・・・一族の仇なのに?自分を監禁しているのに?仲間を殺すと脅されているのに? それを考えると虚しくなって、さらに涙が溢れる。 ポンポンと背中を撫でてくる手が、幼少期にそうしてくれた母を思い起こさせて頭が混乱した。 クロロはずっと背中を撫でていてくれた。 「クラピカ、少し落ち着いた?」 「ああ・・・」 「飲み物持ってこようか?」 「いや、このままでいてくれ」 この手が離れるのが嫌だと感じた。 「クラピカ、何かあったの?」 「何でもないんだ。 ・・・除念・・・終わったんだな」 「ああ、やっぱり気づいてた?終わったよ。 クラピカの鎖が外れちゃったのは残念だけど、これで念も使える」 「そうか・・・」 「それでねクラピカ、俺、クラピカの念能力が欲しいんだけど、いいよね?」 (それで、ゴン達の安全が保証されるなら・・・それなら・・・) 「・・・念能力を渡せば、この先ずっとゴン達に危害を加えないと約束してくれるか?」 「うん、いいよ。 それにしても、クラピカはそのゴンって子達のことばっか考えてるね。 嫉妬しそう」 「やめてくれ!!!じゃあ・・・もうゴン達のことは言わないから・・・言うとおりにするから・・・頼む・・・殺さないで・・・」 だめだ!!ゴン達が死ぬのだけは避けなければ!!!もし彼らが死んでしまったら私は・・・ 「殺さないよ。 ごめんねクラピカ。 勘違いさせちゃったね。 彼らには危害を加えないって約束するよ。 だから泣かないで?」 ・・・良かった。 これで、彼らは安全だ。 本当に良かった。 クロロはまた背中をポンポンと撫でてくれる。 何かに縋りたくて、クロロに少し抱きついた。 「クラピカ、愛してるよ」.

次の

[モンスト]蓬莱 SS連打でボス戦終了‼︎クラピカ艦隊でいってみた‼︎(道中倍速)

クラピカ ss

友情、SSどちらも申し分ない働きが可能で、適正クエストの貢献度が非常に高い。 他の9. 5と比較しても頭一つ抜けた性能であると判断し、点数を10点に変更。 5 前回の点数決定の後に開催された禁忌の獄での活躍を評価。 0帯でも飛び抜けた高難易度適正の多さから、9. 5とした。 0 獣神化することでADWと広範囲友情が追加し、SS火力も大幅に上がった。 最適クラスの高難易度適正は少ないものの、幅広いクエストで活躍できる性能を評価し、点数を9. 0とした。 そのため進化の点数を削除。 5 アルマゲドン【爆絶】での活躍度を評価。 加速による味方のサポート、高火力のSSで8. 5のモンスターと同等の活躍が出来ると判断し、点数を8. 0から8. 5に変更。 0 アビリティは爆絶に適しているものの、通常攻撃の火力が他の適正に大きく劣る。 SSは十分な火力となるが、それでも他のキャラのほうが使い勝手が良い。 現状は8. 0点とし、アルマゲドン【爆絶】の貢献度によって再検討の予定。 獣神化に必要な素材モンスター クラピカのSS「エンペラータイム(絶対時間)」とは? エンペラータイムの効果• 継続は次の行動終了後まで• 氷河、密林も防げる• DW、GB、地雷を無効• 自強化倍率は1段階目1. 75倍、2段階目2. SS使用後、効果が切れるまで毎ターンHP4000減少(計16000ダメージ)• ひよこビーム、減速壁は無効にできない クラピカのSS「エンペラータイム」は、一定期間、地雷、GB、ワープ、DWを無効にするかつ、自身の状態異常を解除し、敵から状態異常攻撃を防ぐもの。 毒ダメージの様にHPが減るが、それを十分に補う効果を持っている。 クラピカの強い点 オールアンチ&状態異常を無効にするSS クラピカのSSは一定期間オールアンチ、かつ自身の状態異常を解除し、敵の状態異常攻撃を防ぐもの。 SSを使用することで、ギミックや状態異常を気にせず立ち回ることができる。 頻出する2つのギミックに対応できるため、使えるクエストは多い。 また水属性耐性を持つことで、敵からの被ダメを軽減できる。 クラピカの弱い点 全体的に火力は高くない クラピカのSSと友情はどちらもサポート系。 強化倍率やステータス次第ではあるが、真っ直ぐ弱点往復しない限りは、SSで火力を出すのは難しい。 HPが少ないと使えないSS SSのエンペラータイムの欠点は、SS使用後から効果が切れるまで毎ターン4000ダメージを受ける点。 元々HPが減っていると、その4000ダメージのせいで負けることもある。 クラピカのSSは、次のターンに受けるダメージ量を予測してから使うこと。 クラピカの総合評価と使い道 クラピカはアビリティとSSで汎用性に優れた性能を持つ。 スピードアップ友情で味方をサポートできるため、パーティに編成しやすい。 代用のできないキャラのため入手したら育てておこう。 カルナ【轟絶】やドゥーム【超絶】など高難易度を含め、行けるクエストは幅広い。 火力とサポートの両方が可能な友情 クラピカの友情はランページレーザーと加速。 ランページレーザーは敵全体にバランス良く火力を出せるため、降臨周回などで活躍しやすい。 加速は主に高難易度で役立ち、味方の直殴りをサポートできる。 高倍率のオールアンチ系SS クラピカのSSは、次の自分の行動が終わるまで絶対時間状態になるというもの。 絶対時間状態では毎ターン4,000ダメージ(計16,000ダメージ を受けるが、オールアンチ&状態異常無効&自強化2. 5倍(2段階目)など様々な効果を得ることができる。 クラピカ(獣神化)の弱い点 DWのクエストでブロックを利用できない クラピカはゲージにADWとABを持つ。 そのため、どちらか片方のみを狙って発動することは出来ない。 ブロックで攻撃回数を稼げる場面でも、DWが展開されているとABを外せずブロックを利用できない。 クラピカ(獣神化)の総合評価 汎用性の高いアビリティセットで、カルナ【轟絶】など高難易度にも多く適正を持つ。 特に加速によるサポートは代替が難しく、独自の強みを活かした働きが可能。 入手したら最優先で育てよう。 85 タス後限界値 25237 24569 393. 38 ゲージショット 成功時 - 29482 - Lv120時ステータス ステータス HP 攻撃力 スピード Lv120 21746 23399 375. 63 タス後Lv120 26646 25549 410. 85 タス後限界値 23550 24130 379. 15 タス後限界値 14952 15866 347.

次の