いい ない いな 人間 っ て いい な。 人間って滅んだ方がいいと思いませんか?

にんげんっていいな タンポポ児童合唱団 歌詞情報

いい ない いな 人間 っ て いい な

看護師Aの場合:上司に気に入られている• 看護師Bの場合:上司に気に入られていないが、嫌われているわけでもない• 看護師Cの場合:上司に嫌われてしまっている このように、口コミや評判はその人の置かれている状況によって異なるため、たいしてあてになりません。 また、いい口コミや評判があったとしても、あなたにとっていい職場かどうかはまた別の話になってしまいます。 人間関係の悩みを解決する方法【看護師転職の心得】 結論として、人間関係の悩みを解決するためには、自分を変えるしかありません。 理由はシンプルで、他人の考え方や性格を変えることができないからです。 実際に私も、看護師同士の人間関係には随分と苦しめられてきました。 仕事のことを考えただけでお腹や頭が痛む…• ロッカーで着替えていると涙が出てくる…• 嫌な先輩と夜勤になったときは常に吐き気を催す• etc… 今でも当時のことを思い出すと、心臓がギュッっと締め付けられます。 これを読んでいるあなたも、同じような苦しみを抱えていると思います。 そんな状況を少しでも改善するために重要なのが「自分を変える」ということです。 自分を変える=考え方を変える 自分を変えるためには、人間関係に関する考え方を根本から変える必要があります。 なぜかというと、考え方一つで、見える世界や受け取る印象が少しずつ変わっていくからです。 実際に私の場合は、人間関係に関する考え方を以下のように変えました。 嫌ならいつでも逃げればいい• 嫌な人の話は半分しか聞かない• 合わない人がいて当たり前だと思う• 他人に期待しない• 嫌なことを言う人は可哀想な人だと思う• 人と関わると傷つくことを受け入れる• 相手のことをあえて理解しない• etc… 上記のような考え方に徐々に切り替えていくことで、少しずつ人間関係に悩まされることが少なくなってきました。 当然ながら、初めからすべてがうまくいくわけではないです。 また、考え方を変えたとしても嫌な思いをすることはあります。 とはいえ、自分の身を守るためにも、考え方を変え嫌な人の攻撃を「いなす心」をつくることは重要です。 なぜなら、逃げ道がないと思うと、余計に追い込まれてしまうからです。 実際、私が一番苦しんでいたときは、逃げることが悪いことだと思い、自分自身をどんどん追い込んでいました。

次の

「にんげんっていいな」の歌詞についてアレコレと考えてみる

いい ない いな 人間 っ て いい な

生活していくのは「きつい」し「大変」だとダメ人間も気づき始めた。 こうすることで、他人の良いところ、幸せそうなところ、優れているところから目をそらし続けることが出来るのです。 というか、それが、もろに反映してきます。 そう、振り返って気づくことは、そういうこと。 子熊やモグラは、人間の子供が遊んでいる様子を見ていました。 このように、他人なんかどうでもいいと思う人間の多くは、基本的に他人と関わるのは面倒くさいと考えているのです。 結婚したくなる女性になろう! 理想の結婚を手に入れるために 彼にあなたの人生を支えてもらおうと思っているうちは難しい! 「自分が苦労したくないから条件がいい男と結婚すればなんとかなる」と、思っている女性は多いみたいだけど、実際、そんないい話は有り得ない。 それよりも、自分のお金でスキルアップに繋がる習い事をしたり、長期的に自分の「身体の一部になるモノ」にお金をかけている男性のほうが魅力的ですよね! また、旅行や芸術鑑賞など、自分の「経験」となるものにお金を使う男性のほうが、自分に自信があるように思え、筆者にはかっこよく見えます。 結婚したくなる女性の条件とは?条件のいい男性に選ばれるために [恋愛] All About これを簡単に言うと、 クマの子は、かくれんぼをしている人間の子供や動物達を見ていましたが、夕焼け 日没 になったので帰る子供たちを見つめながら 「人間の子供はお風呂も布団もあっていいな」 と羨ましく思いつつ、自分も帰ろうとしている可愛らしい姿を歌っているのでは無いでしょうか。 だから動物が人間について多少は理解をしていたとしても、それだけで「勘違いするはずがない」とは言い切れないでしょう。 誰だって一人で生きていくことは出来ませんから、何かあったときに一人でいることは不利なこともあるよなと思えば、不安に感じることだってあるよね。 (4)車のバック 車のバックがうまい男性はモテますよね。 言葉に出して伝えることからスタートし、一緒に良好な関係を築きあげていける修正作業が必要です。 「にんげんっていいな」の歌詞についてアレコレと考えてみる そう考えると微笑ましい光景ですよね~。 自分の世界を守りたい ではなぜ当初の私はこれほどまでに他人に対して心を開かず、また興味も持てずにいたのでしょうか? それは、ひとつには 『自分の世界を守りたい』という本音があったのだと思います。 「条件のいい男」との結婚生活の実態とは そういえば私が幼稚園の頃、ジュース1本も買えないぐらい、家にはお金がなかった記憶がある。 「嫌われることを恐れる」のをやめる そもそも嫌われて困るのだろうか?を考えてみる いい人でいたい人は他人から嫌われることを1番に恐れ、自分の言いたいことが言えません。 人生に恋して生きる女性の悩みに寄り添える記事を幅広く執筆中。

次の

いいないいな人間っていいな。

いい ない いな 人間 っ て いい な

Contents もくじ• いい人でいよう!という執着が原因 好意を持った人、自分が好きな人に好かれないのは、あなたの中の深い場所にある「この人に嫌われたくない」という思いが原因です。 つまり「いい人でいよう」というのが邪魔をしています。 でも、好意を持っていない人、恋愛感情がない人に好かれるのは「嫌われてもいいや」と、執着ゼロだからです。 変な取り繕いがなく、オープンマインドで自分らしさをドーンと出せているので自分の魅力がきっちり伝わるから好かれるんですね。 また、違う側面もあって、いい人でいようとすれば「この人は都合のいい人だな」と、思われてしまうので「都合が良さそうだな」という匂いを嗅ぎ分けてどうでもいい人が寄ってきます。 これがどうでもいいと思っている人に好かれ、好きな人には好かれないメカニズムです。 なぜ、好きな人には好かれず、どうでもいいと思っている人に好かれる現象が起きてしまうのか? 好きな人に嫌われたくないと思った瞬間にあなたらしさが一気に無くなると、持ち合わせている魅力が丸ごと隠れてしまうからなんです。 逆に、嫌われてもいいやというのは「私はこんな人間です」という自分らしさ全開モードで自分を表現できるので、持ち合わせている魅力を丸ごと発揮できる。 人が人に惹かれるのは、その人らしさを知った時や人間っぽい温かみを感じた時なのです。 だから、結界を張りましょう。 自分らしさを全面に出していくと「どうでもいい人」が寄ってこなくなります。 自分らしさは結界。 つまり鳥居なんです。 都合よくパシリのように使われるお店ではなく、看板を立ててお客さまを選ぶお店になりましょう。 ここで具体例を見ていきましょう。 キモい系の人に好かれやすいのが嫌 メルマガ読者さんの了承を得ているので、生々しい体験談をシェアしますね。 人に合コンや紹介を頼んだり、お見合い相談に行ってみたり、出会いのありそうな場に行ってみたり、見た目を変えたり等、動いてできることはかなり行動してきました。 が、良くキモい系の人との縁ができてしまったり、素敵な人との出会いがあって喜んでいた、らすでにお付き合いされていると分かって「世の中にはこんなクソ男が本当にいるんだな」と、ガッカリしたり。 いい話が舞い込んできても、結局ダメだった、今までと変わらなかった、ちょっとズレていたみたいなことが重なって、これは一体なんなんだろうなぁと思います。 いい展開が起きかけてポシャるということが続くと「いやいやあなたは変われないんだよ、無理だよ」と言われているような気になってきます。 自分の中で戦ってるだけのような空回りの状態でしんどいです。 どうでもいい仕事しかこないorうまくいかない どうでもいいと思っている仕事はたくさん来るのに「これ!」と思う仕事が舞い込んでこない。 どうでもいいと思っている仕事は上手くいくのに「これ!」と思う仕事が上手くいかない。 どうでもいいと思っている会社は内定が出るのに「ここ!」という会社の内定が出ない。 「この人と仕事がしたい!」と思っているのに、その人とは真逆の人に気に入られて、結局理想の人と仕事が出来ない。 などなど。 なぜ、自分の思いとは裏腹に、どうでもいいと思っている物事ばかりがトントン拍子に上手くいくんだ!? という全てのケースに当てはまるのですが、恋愛というフィールドを超えて、もっと広い視点でも似たような現象が起きます。 実は、その原因も「いい人でいよう」というのが根本の原因なのです。 なぜなら、演じている「いい人像」に好感を持つ人が近くに寄ってくるからです。 なので、演じている「いい人像」をやめると、スッと理想の物事が近くに寄ってくることが多いです。 自分らしさや自分の魅力は「嫌われるかもしれない」という部分にある 自分らしさの本質は、演じているいい人像にはなく「人から嫌われるかもしれない」自分が勝手に思い込んでいる部分にあります。 つまり、 自分の欠点だと思っている部分に自分らしさがあるんですね。 嫌われたくないと思うということは、自分の欠点を隠そうとしてしまうこと。 自分らしさを隠すことに直結してしまうのです。 こんな事を言っても、すでに心は分かっているから矛盾に苦しんでるんじゃないかなと思います。 自分の欠点を隠そうとすると「嘘」しか出てこない。 いい人を演じて好かれる自分は全部「嘘」で疲れているのに、いい人をやめるのが怖くてやめられない。 という矛盾です。 で、頭の賢い人や真面目な人は事態を混乱させていきます。 嘘をつくことにストップをかけてしまうので、結果的に何もアウトプットするものがない。 下手なことをするまいと、優等生をするしかない、いい人になるしかないという場所に行き着いてしまうのです。 これが地獄のスパイラルです。 弱みって魅力です ここで一つ言っておくと、自分らしさや魅力というのは自分の強みの部分ではありません。 だって、完璧主義で強い人に愛嬌とか人間味って感じないじゃないですか。 自分らしさというものは、自分の欠点の集合体です。 あなたが誰かと良好な人間関係を築いていく瞬間。 そして、あなたが相手に対する好意がグッと深まる瞬間。 それは、いい部分を知った時じゃないんですよね。 グッと好意が深まる時って、思いもよらぬ悩みを知った時。 弱い部分を知った時。 欠点を知った時。 など、自分ではダメと思っている部分を勇気を持ってさらけ出してくれた時なんです。 「これは心許した人にしか見せない一面だろうな」と、さらけ出してくれた勇気に小さな感動が起こり、より人間味を感じるから好意がグッと深まるわけですよ。 自分の欠点=欠かせない点 そもそも自分の欠点というのは、自分に欠けている点という意味ではなく自分に欠かせない点です。 人間、欠点のない人なんていません。 だから、嫌われてもいいや〜と自分を許すことができた時。 自分の欠点 欠かせない点 と一緒に自分らしさが解放されます。 その輝いた自分らしさに興味を抱いてくれる人ができるわけです。 興味のある人には興味を抱かれず、興味のない人に興味を抱かれる人というのは、人との接し方が逆だから起きるんです。 興味のある人にこそ「嫌われてもいいや〜」と接することです。 興味のない人にこそ「嫌われないように無難に」接することです。 僕らは人間なので、ロボットを好きにはなれませんよ。 あなたらしさ、人間らしさが人を惹きつけることを忘れてはいけません。 まとめ 好意を持った人、自分が好きな人に好かれるのは、あなたの中の深い場所にある「この人に嫌われたくない」という思いが原因です。 つまり「いい人でいよう」というのが邪魔をしています。 なぜいい人でいようと思うのか?それは自分の欠点を見せると嫌われると思ってしまうからです。 でも、いい人でいようとすれば「この人は都合のいい人だな」と、思われてしまうので、どうでもいい人ばかりが寄ってきます。 だから、結界を張りましょう。 自分らしさを全面に出していくと「どうでもいい人」が寄ってこなくなります。 自分らしさは結界なんです。 そして、自分の欠点は自分にとって欠かせない点です。 なぜなら、それが自分らしさ、自分の魅力だからです。 そして、いい人を演じている自分を好かれてしまうと、一生いい人でいなければいけなくなるので、一緒にいるのがしんどくなりますよ。 どうか自分には嘘をつかないで。

次の