恐怖 の ママ 友。 対人恐怖症ママのママ友地獄からの脱出 視線恐怖症と社会不安障害を解決

幼稚園ママ友いじめの実態……母親たちとの付き合い [子育て事情] All About

恐怖 の ママ 友

ESSE読者267人に「大人のいじめ」に関するアンケートを実施したところ、56パーセントにあたる150人がいじめを経験したり、見聞きした経験があることが発覚。 結婚して子どもが生まれると、それまでの人生でつき合いがなかったようなタイプの人とも関わることも。 「ママ友」間でのいじめも深刻なようです。 挨拶もしてくれず、目も合わせてくれなくなった」(38歳・Iさん) 「友人が幼稚園の役員をやっていたのですが、仲間に無視されたり、仕事を押しつけられたりしていました。 押しつけられた仕事は、私たちもお手伝いしました。 ほかのコミュニティに属するようにして、仲間はずれにするような人とは関わらないようにするのがいいと思います」(41歳・Mさん) 力になってくれる友人がそばにいてくれると心強いですね。 幼稚園だけでなく、PTAの役員などの集まりでは閉塞感がいっそう強まるようです。 その特定の人も同じ役員なのに、事後報告しているそうです。 3月、任期が終わるのを待つのみ…」(43歳・Hさん) 「PTAの役員の集まりの際に、その人に聞こえるか聞こえないかくらいの声で絶対にその人だとわかるような内容の嫌味を言っていた人が。 会議の際に、同意や確認のために言葉をかけても、スルーすることも」(41歳・Iさん) そうじゃなくても負担が大きいPTAの役員。 人間関係までこじれると、出席するだけでも神経がすり減りそうです。 言われ続けた側のママがそれにブチ切れ、園庭で逆ギレして泣かせてしまう事態に…。 しまいには担任に、今後は同じクラスにしないよう頼んでいました」(37歳・Oさん) 子どものケンカの延長線上で、大人がこんなにもめてしまうなんて。 しかし、直接顔を合わせないLINEでのコミュニケーションは、さらにややこしい事態が勃発している様子…。 LINEに招待してあげたいと思いつつ、自分からは提案できません」(43歳・Wさん) 「ママ友のサークルで、私の友達が仲間外れに。 別のLINEグループをつくって、みんなで動物園に行ったり誕生日会をやったりしているようでした。 私はずっとその友達の相談にのっていました。 地元の野球チームに後から入ったのにレギュラーになったためだと思います。 車出しをしないとか、チーム主催のイベントに出席させないように、わざと日時をウソをつかれたりしました」(47歳・Oさん) 「息子が幼稚園の頃、幼稚園で仲よくしていたママ友が急に態度を変え、仲間外れにされたことがあります。 グループで遊ぶときに呼ばれなかったり、クラスイベントの連絡はしてくれるけど、お弁当が必要なことを教えてくれなくて、慌ててお昼にコンビニに買いに行ったりしました」(44歳・Kさん) 大事な連絡を伝えてくれなかったり、わざと間違った内容に書き換えるなど、ママ同士のトラブルが、子どもの生活にまで影響してしまうような事態はつらいですね。

次の

ご近所のママ友さんに仲間はずれにされています。嫌われてし...

恐怖 の ママ 友

「似たカラー」の集団にいれば、安心・安全に感じられるもの 最近、芸能ファミリー同士のママ友バトルが話題となり、ママ友同士の感情的なトラブルはいつの時代でも、変わらずに生じる普遍的な問題だとつくづく感じています。 なぜ当初は楽しかったはずのママ友ワールドが、いつの間にか「 ママ友地獄」に変わってしまうのでしょう? そこには、子育て中の主婦のお付き合いに多いトラブルポイントがあるからです。 主として外に働きに出かける夫と異なり、地域の中で子どもの世話に追われながら生活するのが、多くの主婦の日常。 そんなとき、子育てに不安を抱えた母親たちは、自分と似た価値観や境遇にある「ママ友」とのつながりを持つことで、安心・安全を感じることができます。 特に、年齢や境遇、感性が近い人の方が接点が多く、安心・安全を感じやすいため、ママ友集団では「 似たカラー」の人が自然に集まるようになります。 とはいえ、似たような人が集まれば、その中では微妙な優劣差や感情的な葛藤を感じやすく、小さなトラブルが発生しやすくなるのも、集団の常です。 「似たカラー」の集団で起こりがちなこと そんな「小さなトラブル」の一つが、カラーに合わない異分子を排除すること。 集団の雰囲気を乱す人が加わると、その人から距離を置き、関わりを持たないようにする空気が生まれます。 たとえば、「やっぱり幼稚園バッグは、手作りじゃなきゃね」という優等生風のママが多数の集団の中で、うっかり「面倒くさいじゃん。 既成品じゃダメなの?」などという意見を述べる人が加わると、「 カラーの合わない人」「 空気を読めない人」として距離を置かれて(=排除されて)しまったりします。 また、「似たカラー」の人が集まっているだけに、少しでも秀でた人に対する ジェラシーも発生しやすくなります。 「みんなよりちょっとお金持ち」「みんなよりちょっと高学歴」「子どもが他の子よりちょっと目立つ」といった要素は、集団のジェラシーを買う格好の材料になります。 最初は「カッコいい」「うらやましい」と思っていた感情が、いつしか「お高く止まってない?」「上から目線じゃない?」といったマイナス評価に変わり、気がつけば、噂のターゲットをスケープゴートにしてしまうことも、少なくありません。 さらに、集団の中には微妙な「 序列」も発生しがちです(ママ友集団では、俗に「 ママカースト」と呼ばれます)。 発言力の強いママの意見には何となく逆らえず、睨まれないようにと気を使う一方で、甘く見れそうなママ、気の弱そうなママには、冗談まじりにチクッと失礼なことを言ったり、からかったりするなどして、自分がカースト下位に転落しないように操作する、といったようなことが起こりがちです。 深そうに見えて浅いママ友つながり ママ友とのお付き合いは、子どもの成長と共に変わる 夫の不在中、1人で子どもを保護しながら生活する主婦にとって、同質性と共感性でつながったママ友ワールドは、命綱と思えるほど大切に感じられるものかもしれません。 特に、夫との関係に溝ができていたり、近くに実家や他の友人がいない場合には、「ママ友こそ分かり合える関係」と過剰にのめりこんでいく人もいるでしょう。 とはいえ、ママ友付き合いは 深そうに見えて意外に浅く、時がたてば疎遠になっていくのが常です。 成長とともに子どもの個性が分かれると、母親の都合で子どもを一緒に行動させることが難しくなりますし、小学校に入ればお迎えがなくなり、保護者活動も少なくなり、ママ友と顔を合わせる機会は少なくなっていくからです。 その他、引っ越しや勤務の開始などで、メンバーが抜けたり、みんなで集まる機会が減っていけば、集団の凝集性は崩れていきます。 こうして、「子ども」で結び付いたママ友ワールドは、意外にあっけなく終わっていくことが少なくありません。 お付き合い続けても、しだいに「子どもの成績」「受験」「進路」「生活水準の変化」などを巡って微妙な感情が生まれやすく、子どもが幼い頃のような「共感」の関係は、持続しにくいのです。 いっとき「同じ」と感じていたママ友とも、いずれはライフスタイルの変化、子どもの個性の変化に合わせて、「違い」を感じていくもの。 あらかじめ「そういうものだ」と想定しておけば、熱くなりすぎず、ほどよい距離感で、楽しく柔軟に付き合っていけるのではないでしょうか?.

次の

めんどくさい・要注意なママ友の特徴は?見分け方を50人に聞いてみた!

恐怖 の ママ 友

【ママ友トラブル:case8】注意をしたらママ友グループLINEから外されて… 小学1年生のママ・Eさん 34才 の場合 子どもが通うスイミングスクールでママ友とレッスンを見学していたときの事です。 いつもいるのは私を含めて5人のママ友たち。 私は子どもの泳いでいる姿を見たかったのですが、他のママ友はみんなおしゃべりばかりで レッスンをまったく見ていませんでした。 見学できるスペースはそんなに広くなく、私たち5人が座って見学すると埋まってしまい その後ろから立ち見をしている親御さんもいました。 他の親御さんも自分の子どものレッスンを近くで見たいはずなのに、一番前で陣取って おしゃべりばかりしている私たちのことを快く思ってはいなかったと思います。 このままではいけないと思い、他のママ友に 「前で見させてもらってるし、おしゃべりもいいけど、子どもたちの練習ちゃんと見よう」 と勇気を出して言ってみました。 すると、そのときはおしゃべりしないでレッスンを見学してくれていたのですが 翌日、グループLINEから外されてしまいました。 そして次のレッスンの日、いつもなら5人分見学の席を取ってくれていたのですが 4人だけでおしゃべりをしながら見学していました。 私はそのままのけ者になってしまいましたが、立ち見でも子どものレッスンを ゆっくり見ることができたのでよかったかなと思っています。 気の合わないママ友とは無理に付き合わなくてOK 結論から言うと、ママ友のトラブルは面倒なのでもう関わらないことにしました。 子どもまでトラブルに巻き込まれたら「それは違う!」と言いに行くつもりでいましたが、 結果的に子どもたちは仲良くやっていました。 なので、元々気の合わなかった人達なんだと思いますし、ちょっと注意されただけで グループLINEから外したり、無視するなどまるでイジメのようなことをする人達とは これからも付き合う気はありません。 気の合う友達は大切ですが、気の合わない人と無理に付き合う必要はないんだと思います。 【ママ友トラブル:case9】仲良くしていたつもりがいいように利用されていた私 小学2年生のママ・Sさん 43才 の場合 自宅でエステサロンを経営しているママ友がいて、エステに興味があったので 何度かお客さんとして利用したりして仲良くしていました。 資格取得講座なども開催していたので、生徒さんの施術モデルを頼まれるようになりました。 はじめのうちは無料で施術してもらえるので快くお手伝いしていたのですが、 そのうちこちらの都合もお構いなく講座日程を組むようになりました。 私は気が弱い性格なので、なかなか断ることもできませんでした。 長い時は半日拘束されることもありましたが、謝礼をもらった事は一度もありません。 他のママ友たちは、トラブルにならないように上手に断っていたようです。 子供同士も同じクラスで仲良くしていたので無視することもできず、 しばらくはモヤモヤしながら付き合いを続けていました。 ママ友とは一定の距離を保って付き合うべし その後、なるべく時間が合わないようにパートを始めることにしました。 スポンサードリンク 仕事を始めたアピールをしたので、お願いされることはほとんどなくなりました。 ママ友の中から本当の友達を作ろうと思ってないのであれば、 なるべく特定の人と深く仲良くなるべきではないのかもしれません。 ある程度周りに合わせることも大切ですが、ストレスを溜めずに付き合っていくには、 自分の意見をしっかり言う方が、実は後々まで良いママ友関係が続くのかもしれません。 私も、今後はしっかりと自分の意見をママ友に言おうと思っています。 【ママ友トラブル:case10】SNSの発言に一方的にキレるママ友 0歳のママ・Nさん 27才 の場合 SNS上で知り合ったママ友に仲間外れにされました。 SNSで日常生活での愚痴を書いただけなのに、自分の事を言われていると勘違いされ 勝手に怒ってブロックされました。 ママ友のトラブルのキッカケってこんなに身近なのかと驚きました。 しかもそれだけではなく、会ったことも話したこともない周りのママにまで ブロックされて、SNS上では完全に孤立状態に。 同じ県内在住のママ達ばかりなので支援イベントや支援センター・買い物へ行く際に 出くわさないかといつもヒヤヒヤしてとてもストレスを感じています。 私としては何か悪意があってしたわけでもないのに、一方的に勘違いされてしまい しかも弁解する余地もなく排除され辛かったです。 当然その後はSNSでは何も発信できなくなり、結局SNSのアカウントは削除しました。 SNSはいい出会いもあると思いますが、今回のように思わぬトラブルが起きる可能性もあり、 私にとってはトラウマになりつつあります。 SNS上の付き合いは深く関わりすぎないこと 問題は解決してないですが、SNSのアカウントを削除することで気持ちは落ち着きました。 相手は「消えた!ラッキー」ぐらいにしか思っていないと思うととても悔しいですが…。 また、トラブルが起きてからは、まだSNSで知り合ったママ友の誰とも出くわしていないので もしどこかで会ったらどのような対応をされるのか気になります。 ママ友は息子のためのお友達に過ぎないと考えているので 児童館や支援センターで顔と顔を合わせての出会いの方が良いものがあると思いました。 SNSをする際には深く関わり過ぎないこと、適度な距離感が必要だと実感しました。 ママ友はあくまで子供ありきのお友達 いかがでしたか。 やはりママ友とのトラブルは小学生に上がってから、とくにPTAや地域の役員決めの際に起きることが多いようです。 PTAの仕事でイヤでも関わる機会が増えるので、トラブルになりやすいのかもしれませんね。 自分の意図しないところでトラブルに巻き込まれることもあるかもしれませんが、 大事なのは 流されないこと、 子供が最優先であることだと思います。 ママ友とのトラブルを避けるためについYESマンになって流されたり、 子供をほったらかしてママ友との付き合いを優先してしまっては意味がありません。 本当に長く付き合える良い友達なら、子供を優先して関係が悪くなることはないと思います。 子供あってこそのママ友ですから、まずは子供を大事にしながら ママ友とも楽しく付き合っていきたいですね。 その他の記事も読む.

次の