ベトナム 戦争 枯葉 剤。 “3世代”にわたり奇形児が生まれ続けるベトナム戦争「枯葉剤」の悲劇写真10選! のっぺらぼう、顔面崩壊… 米国の残酷な戦争犯罪とは?

ベトナム戦争の枯葉剤を作ったのはモンサントだった この会社は今、遺伝子組み換え作物でベトナムに浸透している

ベトナム 戦争 枯葉 剤

フランス領インドシナの地域は当時 南方戦略といって南に軍を進めていた日本のものにするために日本軍が進駐することになりました。 これを 仏印進駐といいます。 しかし、ベトナムには共産主義者であり、ベトナムの独立指導者であった ホーチミンによるべトミンを結成。 日本から独立を勝ち取るために抵抗運動をはじめます。 そして1945年には日本が降伏します。 日本軍がいなくなったベトナムではホーチミンが独立宣言をおこない、共産主義国である 『ベトナム民主共和国』が誕生しました。 フランスはインドシナにまた介入し、 南ベトナム共和国というフランスの傀儡国を作り上げました。 これ以降南側にはベトナム共和国、北側にはベトナム民主共和国という2つの国が誕生し、 ベトナムは分断されました。 ホー・チ・ミンたち北ベトナムはあくまでも交渉でなんとか国を統一しようとしますが、フランスが妥協しないということが分かると交渉は決裂。 北ベトナムとフランスの間で 第一次インドシナ戦争が勃発しました。 フランス軍はベトナムに侵攻しますが、土地勘があり、ゲリラ戦を展開しているベトミンに苦戦。 8年間にも及ぶこの戦争は北ベトナムの勝利で終わりました。 (ベトミン兵を尋問するフランス軍) この時国連は 北緯17度線を停戦ラインとしてベトナムを南北に分け、ゆっくりと統一を目指していくという流れとなりました。 この頃世界では冷戦といって社会主義国と資本主義国語の間で様々な対立が起こっており、このベトナムはそんな対立の最前線となっていました。 南ベトナムでは ゴ・ディン・ジエムという人がアメリカを初め、ざまざまな資本主義国から援助を受け大統領となりますが、この人がかなりひどい人で、独裁政治を敷き、自分に刃向かうものに対して容赦のない弾圧を行なっていました。 (ゴ・ディン・ジエム 出典:Wikipedia) これに対して怒りの声を上げたホーチミン率いる北ベトナムは、この南ベトナムを独裁政治から解放させるために 『南ベトナム解放民族戦線』 通称ベトミン が誕生し、1960年12月には南ベトナムへの攻撃が始まりました。 この動きに対してアメリカは南ベトナムに軍を送ってこのベトコンの動きを食い止めようとします。 実はアメリカの考えとして ドミノ理論というものがあり、とある国が共産主義国になるとその周辺の国も共産主義国となると考えられていました。 実際、その後ラオスやカンボジアが共産主義国になってしまったため、あながち間違っていませんでしたが、この考えがアメリカのベトナム政策に大きく影響します。 そしてついに 『トンキン湾事件』という北ベトナム軍のアメリカに対する軍事攻撃によってベトナム戦争がはじまりました。 ベトナムには たくさんのジャングルがあり、ベトミンはアメリカ兵士に対してノイローゼになるまで執拗な攻撃をし続け、アメリカを圧倒していきます。 これに対してアメリカはこの現状をなんとかするために、ベトミンが潜んでいるジャングルごと焼き払おうと北ベトナムに大規模な爆撃を行います。 この爆撃のことを 北爆といいます。 アメリカは北ベトナムを完膚なきまで潰そうと北ベトナムに対してなんと 250万トンもの焼夷弾や爆弾を投下していきます。 ちなみに 太平洋戦争で日本に落とされた爆弾の総量が13万トン。 250万トンという量はアメリカがそんなにベトナムを潰しにかかっていたということが目に見えています。 さらにその北爆を指揮していたのが カーチスルメイという人でしたが、この人はあの 東京大空襲を指揮した人でもありました。 恐ろしいものです。 その後もアメリカは北爆をし続けていましたが、ベトミンは粘り強く抵抗し、アメリカを押し返していました。 これに対してアメリカ国内の世論はどんどん戦争のあり方について疑問視していきます。 さらに北ベトナムによる テト攻勢によって南ベトナムの首都であるサイゴンが陥落されかけます。 アメリカはこの時ジョンソン大統領でしたが、この頃大統領選挙によってジョンソンから リチャード・ニクソンへと変わります。 (選挙戦時のリチャード・ニクソン) ニクソン大統領はどんどん戦争に批判的になっている国民をなだめるために北ベトナムへの北爆をやめ、軍事支援を縮小します。 一方、ベトナムにおけるアメリカ軍ではとんでもない兵器を使いベトナムを潰しにかかります。 それが 枯葉剤でした。 (枯葉剤散布の様子 出典:Wikipedia) 枯葉剤によってジャングルの木を枯れさせ、ベトミンに被害を与えようとしましたが、これはれっきとした ジュネーブ協定違反であり、これによってベトナムは深い傷を負うことになりました。 日本でも ベ平連という形で反戦運動が起こっていました。 ニクソンは全然負けない北ベトナムを孤立させるために同じく共産主義国であった中華人民共和国に訪問し、中国にベトナム戦争へと介入をやめさせようとします。 この動きを ニクソンショックといいます。 しかし、この動きをしても北ベトナムは全然負けない。 アメリカはもうこれ以上ベトナムに介入しても意味はないと判断し パリ和平協定を結び、アメリカはベトナムから撤退しました。 (パリ和平協定調印の様子 出典:Wikipedia) アメリカはその後 ウォーターゲート事件が起こり、ニクソン大統領は辞任。 アメリカの国内は大混乱しました。 北ベトナムはアメリカがベトナムから撤退したことを聞くと南ベトナムに対して総攻撃を開始。 1975年に首都サイゴンを陥落します。 結果、ベトナム戦争は北ベトナムの勝利に終わり、 ベトナムは1976年に北側の主導でついに統一しました。 こうして アメリカ側の戦死者・行方不明者170万人、北ベトナムの戦死者・行方不明者180万人というおぞましい爪痕を残し、ベトナム戦争は終結しました。 北ベトナムによる共産主義化が進められました。 北ベトナムはベトナム戦争による深い傷から立ち直るためにドイモイ政策を開始し、ベトナムはどんどん発展していきました。 ちなみにアメリカとの国交回復は 1990年まで待たなければいけません。 アメリカはベトナム戦争に最大54万人。 莫大な戦費を使い果たしました。 アメリカはこれ以降、経済が低迷しはじめ、西側諸国における一極的な立場がなくなってしまいました。 まとめ.

次の

ベトナム戦争で使われた「枯葉剤」とはどんな成分だったのですか?

ベトナム 戦争 枯葉 剤

当初、245Tは植物にしか影響がないとアメリカではいわれていたようだけれど、245Tに含まれるダイオキシンの影響で奇形児が生まれる確率があがることからスウェーデンでは使用禁止されていたよう。 ベトナム戦争後、不良在庫となった245Tは沖縄の海に流したり、大地に埋められていたようですが、量が量だけに処分しきれず• アメリカ国内受け入れ拒否のため、除草剤として日本で処分することに• 1960年代後半、選ばれた1道16県で散布開始• 1971年、劇薬であるため散布も取りやめになり埋設投棄される 人口が少ない地域が選ばれたみたいですね。 あと、24Dも東北あたりでは何十リットルか散布されているみたいです。 日本のどこに埋められたか一覧 より引用。 【枯葉剤の埋設処理状況】 1. 北海道夕張市 2. 北海道遠軽町 3. 北海道広尾町 4. 北海道音更町 5. 北海道清水町 6. 北海道標茶町 7. 北海道本別町 8. 青森県中泊町 9. 岩手県久慈町 10. 岩手県野田村 11. 岩手県雫石町 12. 岩手県岩泉町 13. 岩手県宮古市 14. 岩手県西和賀町 15. 福島県会津坂下町 16. 群馬県東吾妻町 17. 群馬県昭和村 18. 山梨県甲府市 19. 愛知県設楽町 20. 愛知県豊田市 21. 岐阜県下呂市 22. 岐阜県下呂市 23. 広島県庄原市 24. 愛媛県西条市 25. 愛媛県久万高原町 26. 愛媛県宇和島市 27. 愛媛県松野町 28. 高知県四万十市 29. 高知県四万十町 30. 高知県いの町 31. 高知県大豊町 32. 高知県安芸市 33. 高知県土佐清水市 34. 佐賀県吉野ヶ里町 35. 長崎県五島市 36. 熊本県熊本市 37. 熊本県宇土市 38. 熊本県芦北町 39. 大分県玖珠町 40. 大分県別府市 41. 宮崎県日之影町 42. 宮崎県西都市 43. 宮崎県宮崎市 44. 宮崎県宮崎市 45. 宮崎県小林市 46. 宮崎県小林市 47. 宮崎県都城市 48. 宮崎県串間市 49. 鹿児島県肝付町 50. 鹿児島県湧水町 51. 鹿児島県伊佐市 52. 鹿児島県伊佐市 53. 鹿児島県南九州市 54. 高知県内では、四万十市(西土佐村)、四万十町(窪川町)、いの町(本川村)、北川村、大豊町、安芸市、土佐清水市、津野町(東津野村)、宿毛市、と県下全域に及んでいます。 (かっこ内は、合併前の行政区分)県土全体が、枯葉剤によって汚染されたと考えるべきでしょう。 スポンサーリンク 枯葉剤がかわうそを絶滅させた? 怖い内容でごめんなさい! でも、知らないなら是非知って欲しいと思って書きました。 そして今回のブログ、引用多くてすみません。 これに関してはぜんぜん掘り下げができてまいません。 この問題を取り扱った本も絶版になっているみたいだし、国会図書館ならあるかもしれませんね。 ・・・が、実際に高知で聞ける人を探してみて、僕が新しく確認できることがあれば事実としてどんどん加筆していこうと思ってます。 以下引用も結構衝撃的な内容なので、みてみてください。 では、また。 最近、農薬の散布に加えて、ベトナム戦争起源の枯葉剤の存在を、カワウソ激減の原因として考えなければならないことに気づきました。 私が、枯葉剤が高知県の国有林野に散布、埋設投棄されていたのを知ったのは、2012年の秋のことです。 『世界』(岩波の月刊誌)からカワウソ取材で派遣されたライターのMさんからそれを聞かされた時は、「えー、そんなことありかよー」と叫んでいました。 しかし、カワウソ激減の時期と枯葉剤散布の時期はおよそ重なります。 また、川や海の魚が10分の1に減ったというおそろしい話もそれと重なります。 アユやウナギの原因不明の大量死が頻発し、「山菜を食べると、ガンになる」という噂が広がったのも、そのころです。 (野生動物への影響) 『世界』のMさんから『日本の枯葉剤』(原田和明・五月書房)という本を紹介されました。 その本には、245Tの散布によって日本の野生動物がどうなったかが少しだけ書かれています。 アメリカは、枯葉剤を「人畜無害」と言ったけれど、そんなことはありません。 その材料の245Tですらはっきり「人畜有害」なのですから。 1970年には、下北半島のニホンザルがエサ不足から南下を始め、多くの奇形が生まれました。 エサ不足というのは、下北半島の動植物の生態系に大変動が起こったということかと思われます。 散布の3日後に、カモシカが口から泡を吹いて死亡しました。 四国では、ニホンカワウソが激減しました。 カワウソの場合、魚やエビ、カニを食べるので、生物濃縮によって、他の野生動物より245Tの影響を大きく受けたということではないでしょうか。 人間にも影響が出ています。 散布した地域では、流産が多くなったというデータがあります。 また、ガン患者が多くなったというデータもあります。 日本人の母乳からはダイオキシンが検出されることがありますが、それも枯葉剤起源であろう、と囁かれています。

次の

ベトナム戦争の真実 ※少しグロテスクです。

ベトナム 戦争 枯葉 剤

村山 康文 むらやま やすふみ フォトジャーナリスト 1975年4月30日、ベトナム・ホーチミン市 旧サイゴン にある統一会堂 旧南ベトナム政権の大統領官邸 に南ベトナム解放民族戦線の戦車が無血入城を果たし、ベトナム戦争は終結した。 54年、第1次インドシナ戦争終結後、ジュネーブ協定により、北緯17度線を軍事境界線としてホー・チ・ミン率いる北ベトナムとゴ・ディン・ジエム大統領率いる南ベトナムに分断される。 2年後に行われるはずだった全国選挙を南ベトナムが拒否し、ジエムはアメリカの軍事・経済援助を後ろ盾にファシズム的支配を強めていった。 弾圧された農民や仏教徒らは、反ジエムの姿勢を打ち出し、60年には南ベトナム解放民族戦線がうまれ、ベトナム戦争へと突入していく。 アメリカは61年から南ベトナムを援助し、南ベトナムが負ければ、東南アジア諸国から日本に至るまで次々と共産主義に支配されるというドミノ理論を擁してベトナムへの軍事介入を正当化する。 64年8月、のちにでっち上げだったことが判明したトン・キン湾事件 米軍の駆逐艦が北ベトナム軍の攻撃を受けたとデマを発表 を口実に、アメリカは報復爆撃を行った。 そして、翌年から本格的な北爆を開始した。 米軍は、ベトナム戦争の間に785万トンの爆弾を使用した。 物量の規模でいえば、第2次世界大戦をしのぐ史上最大の戦争だった。 米軍が北ベトナムに落とした爆砲弾は、病院や学校などの各施設を壊滅した。 なかでも長期にわたり人びとを苦しめているもののひとつに枯れ葉剤がある。 米軍が枯れ葉剤を使用したそもそもの目的は、解放戦線の隠れ家であるジャングルを絶滅させ、解放区で作られる農作物を汚染し、食糧を奪うためだった。 戦争当時、赤十字総裁だったレ・カオ・ダイ医師の著書「ベトナム戦争におけるエージェントオレンジ 歴史と影響」によると、61年から10年の間に約7,200万リットルの枯れ葉剤を米軍は散布した。 その中に少なくとも170キロの催奇性や発がん性を持つ猛毒のダイオキシンが含まれていた。 現在も2世、3世への枯れ葉剤の影響が指摘され、ベトナム全土で8,000万人超の人口の中の100万人以上の人びとが枯れ葉剤による外形的障害、遺伝疾患やがんなどの後遺障害に苦しんでいるといわれている。 また、ベトナム戦争終結後に生まれた子どもたち15万人以上に重篤な疾患をもたらしている。 ホーチミン市にベトちゃん・ドクちゃんが分離手術を受けたツーヅー産婦人科病院がある。 中に障害者の発達をサポートするための「平和の村」と呼ばれる病棟があり、現在、生後間もない子から25歳くらいまでの約60人が生活をしている。 ツーヅー病院の04年の調査報告書によると、年間44,000人の出産のうち枯れ葉剤によると思われる先天性障害の子どもの出産は約700件、1. 障害を持った人びとが必ずしも施設に入れるわけではない。 重篤な疾患があっても入所できない場合も多い。 ドー・トゥイ・ユンさん、17歳。 ベトナム戦争終結から13年後、南部の大都市ホーチミン市から南西約200キロに位置するソクチャン省ミースエン県で生まれた。 のどかな田園風景が広がる田舎町。 ユンさんは、父親の浴びた枯れ葉剤が原因で、きれいな左の顔とは対照的に右半分が茶色く変色し、崩れ落ちている。 「娘が生まれたときには顔に障害はなかった。 小学校に上がるころに顔の崩れが始まったんです」、とユンさんの父ファットさん 61 は話す。 同じ国の人びとが殺しあった悲劇の戦争。 時には家族で敵味方に分かれて戦った。 300万人近くのベトナム人が死亡し、400万人のベトナム人が負傷。 米兵は58,000人が死亡したといわれている。 ファットさんは20代半ば、自然の恵み豊かな南部のメコンデルタで農業を営んでいた。 次第にファットさんにもベトナム戦争の足音が近づき、メコンデルタのドンタップ省にいた70年、政府軍の徴兵から逃れるため、右足の指を2本、自ら切り落とした。 それでもファットさんは結局解放戦線に入隊せざるを得なかった。 だが、戦闘に参加するのがいやで、兵士の食事を作ったり、村人の世話をする役をした。 ドンタップ省も戦闘が激化し、追われるようにベトナム最南端のカマウ省・ウーミンの森に移住した。 ウーミンの森は解放戦線の一大拠点で最も多くの枯れ葉剤が撒かれた場所のひとつだった。 ファットさんの頭上を飛び交う米軍機は、容赦なく大量の枯れ葉剤を撒いた。 ファットさんは、枯れ葉剤のしずくで濡れるジャングルに身をひそめ、川で魚を獲り、その水で育った米を食べて生き延びた。 「当時、人間に影響はなかった。 それがまさかこんな後になって影響が出てくるなんて・・・」。 ユンさんは、ベトナム政府から枯れ葉剤被害者に認定され、わずかばかりの援助を受けている。 しかし、枯れ葉剤を撒いたアメリカは、何の補償もしていない。 ベトナムでは、04年に「枯れ葉剤被害者協会」が設立された。 被害者協会と家族の27人が米製薬会社37社に賠償などを求める初の集団訴訟を起こした。 しかし、05年3月、ニューヨーク州のブルックリン地裁は、84年に米軍のベトナム帰還兵の枯れ葉剤集団訴訟に対しては1億8,000万ドルの補償金を支払ったにもかかわらず、ベトナムの枯れ葉剤被害者に対しては、ベトナムでの枯れ葉剤の使用が戦争終結直前の時点では国際法に反しておらず、また原告側が奇形などの症状と枯れ葉剤の因果関係を証明できていないと訴えを棄却した。 06年、ベトナム戦争終結からまもなく31年が経とうとしている。 現在も引きずり続けるベトナム戦争の傷跡。 アメリカは、再びイラクでベトナムと同じことを繰り返そうとしている。 米軍が使用する劣化ウラン弾は、障害を持った子どもがたくさん生まれる可能性が高い。 被爆したイラクの子どもたちが、ベトナムでの枯れ葉剤の影響で苦しむ子どもたちの二の舞になるのではないかと危惧する。 近年、ホーチミン市はみるみる華やかになり、世界中からの観光客があとを絶たない。 表向きには戦争の痕跡は見えにくくなっているが、ベトナム戦争が残した傷が癒せない人びとも数多くいる。 戦争は多くの人びとの身体だけではなく心に傷を残す。 枯れ葉剤被害者たちが私たちに訴えかけるものとはいったい何なのだろうか。 jp Asia-Pacific Human Rights Information Center HURIGHTS OSAKA 8F, CE Nishihonmachi Bldg. , 1-7-7 Nishihonmachi, Nishi-ku,Osaka 550-0005 Japan Phone: 816 6543-7002; Fax: 816 6543-7004; webmail [a] hurights. jp Copyright 1998-2018 HURIGHTS OSAKA. All Rights Reserved.

次の