仲春の候。 仲夏の候の意味とは?時期はいつからいつまで?例文で解り易く!|気になる話題の解説記事

仲春の候を使う時期はいつからいつまで?意味や読み方、例文も!

仲春の候

意味はこれから少しづつ暖かくなる季節 仲春とは、 初春と晩春の間の時期のこと。 まだ肌寒いけど、少しずつ暖かくなる季節を指す言葉で、 3月6日から4月4日の間のことを言います。 仲は中の意味で使っているんですね。 旧暦の啓蟄(けいちつ)~清明(せいめい)の前日までを 仲春と言い、それが時候の挨拶に使われています。 立春(2月4日)から立夏(5月6日)までの期間の中頃なので、 3月6日から4月4日というわけです。 初春や晩春という言葉はよく聞きますが、 仲春という言葉は普段あまり使わないですよね? これを期にいつ頃か覚えておきましょう! 手紙に使う時期 日付でいうと、上でも説明した通り 3月6日から4月4日の間の時期です。 手紙を書いている時ではなく、 相手に届いた時の時期になりますので 注意してくださいね。 まあ、あまり厳密に4月5日に届いたから失礼! って気にする方もいませんけど。 あとは、相手に届く時期に相手が感じる気候が 仲春という言葉がぴったりか? っていうのが大事です。 時候の挨拶は、同じ時期をあらわす言葉がいろいろとあるのですが、 その時によって、まだまだ寒かったり、ほんと春らしい気候だったり 違いますよね? その時に気候や情景にあった、時候の挨拶を選ぶっていうのがポイントです。 スポンサードリンク 具体的な使い方 時候の挨拶は、手紙の冒頭に使います。 これはどの挨拶を使う時でも同じですので注意しましょう。 ビジネスメール等で使うときはよく見る文章で構いません。 例:拝啓 仲春の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 という感じです。 仲の良い方に送るときはもう少し砕けていて問題ありません。 例: 仲春の候、次第に春らしくなってきましたね。 いかがお過ごしですか? という風に、相手のことを気にかけましょう。 時候の挨拶を使うときは、季節を感じさせる言葉を添えるとよいでしょう。 例:最近次第に暖かくなってきました 例:まだ少し肌寒い日もありますが 例:先日、家の桃の木に花が咲きましたもう春が来たのですね。 等が良いでしょう。 花を見かけたなどの言葉は相手にも「春だな」と伝わりやすいので、とてもオススメできます。 例:仲春の候、菫の花が咲く季節になりましたね。 例:仲春の候、先日チューリップ畑を見に行きましたが、一面の綺麗なチューリップに春を感じました。 等、3月頃の花を伝えると綺麗な表現になります。 手紙を読んでいる相手に、 きれいな情景を思わせるような文章を書くと、 喜ばれますし、書いている自分も嬉しい気持ちになります。 時候の挨拶含め、言葉をうまく使えば 楽しんで手紙を書くことができますので、是非お使いください。 さいごに 仲春の候について、使う時期や意味、具体的な例文をご紹介しました。 春に使うっていうことは知っていたけど、 仲ってどういう意味だろう?って思ってた方は すっきりしたんじゃないでしょうか? 親しい友人とこれから暖かくなる春を共有してくださいね。

次の

仲夏の候の意味とは?時期はいつからいつまで?例文で解り易く!|気になる話題の解説記事

仲春の候

「仲春の候」の時期はいつからいつまで使う時候の挨拶? 春の時候の挨拶である「仲春の候」はいつごろ使うものなのでしょうか? 現代においては、3・4・5月を春と呼んでいます。 「二十四節」においてはおよそ2月・3月・4月を春と定義しています。 ですから、この春の真ん中ということで、 おおよそ3月が「仲春の候」というわけです。 「二十四節」とは、年を春夏秋冬に分け、それをそれぞれ6つ区切った24の期間で季節を表したものです。 春は、 ・雨水・・・清明・穀雨の6つに分けられます。 つまり「仲春」とは、正確に言うとこのうちの 啓蟄から春分の期間を指します。 啓蟄は、普段あまり聞き慣れない言葉ですが、 「冬籠りの虫が穴から這い出る」という意味です。 年によって若干のずれがありますが、 2016年の「仲春の候」は、啓蟄(けいちつ である3月6日から春分の日である3月20日の時期を指します。 ただし、仲春は初春と晩春の間の期間ということで、啓蟄から清明 2016年は4月4日 の前日まで、もしくはその頃を指すことが多いようです。 スポンサーリンク 時候の挨拶の「仲春の候」の意味と読み方 時候の挨拶である「仲春の候」は、「 ちゅうしゅんのこう」と読みます。 仲春の候の「仲春」とは「春の真ん中」という意味です。 一太陽年を春分を起点にして二十四に分割したものを「二十四節」と言います。 二十四節における「春」とは立春-立夏の前日までを指します。 この春を時期によりに3つに分けた時、真ん中の時季が「仲春」なのです。 前後はそれぞれ「初春」「晩春」と言います。 この二つは聞き馴染みがありますね! 先でも紹介しましたが、「仲春」とは二十四節の「啓蟄 けいちつ 」から「春分」の期間です。 「春分」は昼夜の長さが等しくなり、この日を境に夏至まで日が長くなります。 つまり、「仲春」とは、冬眠をしていた生き物たちが活動を始め、人の生活にも新しく明るい希望と活力が感じられる時期だと言えます。 今回は、お花見のご案内状(はがき)を例に取ります。 ------------------------------------- お花見のご案内 拝啓 仲春の候 皆様一層ご活躍のこととお喜び申し上げます。 今年も恒例のお花見の会を開催することとなりました。 暖冬のため、花の便りが北上するのも早い模様です。 そのため、例年より1週間ほど早い日程での開催となります。 時節柄ご多忙とは存じますが、万障繰り合わせの上、何卒ご出席くださいますようお願い申し上げます。 jp ----------------------------------------- 「仲春の候」は時期が限定されているので、遠方の方へのお手紙などでも相手の住む地域の気候をあまり気にせずに使えるのが良いですね。 ただ、使う時期を間違えると恥ずかしいので、その確認はしっかりとしておきましょう! カテゴリー• 892• 410• 119• 189• 148•

次の

仲春の候の意味と使うべき時期はいつなのか?

仲春の候

夏がはじまりますね!といった意味があります 仲夏とは、 夏の真ん中のことを指します。 「じゃあ、8月かな?」って思っちゃいますが、 現在の暦の「夏」とはちょっと違うんですね。 具体的な時期は下で説明しますが、 意味としては 「夏が始まりますね」 「これからもっと暑くなりますね」 といった意味になります。 いつからいつまで?手紙で使う場合の時期 仲夏を使うのは 6月のはじめの芒種(6月6日頃)から7月初めの小暑までの時期です。 「芒種」「小暑」って何?って方は、 これを過ぎてしまうと、仲夏は使えずに盛夏等の他のものに変えなければなりません。 時候の挨拶は使う時期がとっても大事! 手紙を書いている時ではなく、 相手に手紙が届く時の時期なので、 実際に使うときは、手紙を投函していつくらいに届くかな?って 考えないといけません。 だいたいの場所は3日くらいでとどきますから、見計らいましょう! 多少遅れてしまっても問題はないですが、残暑見舞いの頃に仲夏の候を使ってしまうと、 さすがに時期違いにもほどがありますので気をつけましょう。 だいたい6月に書く手紙であれば仲夏で構いません。 スポンサードリンク ビジネスや友人への手紙に使う時の文例 時候の挨拶は、基本的に冒頭に使います。 例:仲夏の候、貴社ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 ビジネス文章でしたらやっぱりこれですね。 どの時候の挨拶でも共通的に使える文章です。 仲の良い友人に手紙を送る場合は、そこまで固い挨拶は使わないほうが良いです。 上のビジネス文章で送ったら、「ちょっとどうしたんだろう?」って思われるかも。 ^^;) 例:仲夏の候、最近暑くなってきましたが、お体に変わりはないですか? 例:仲夏の候、日に日に暑くなってきておりますが、お元気でお過ごしでしょうか? といったものでよいです。 体調など相手を気にかける文章にするのが良いですね。 また、梅雨の時期とかぶることがあると思いますが、 あまり「ジメジメして嫌ですね」などのマイナス印象の文章は避けましょう。 これから夏がはじまりますね、といった文章が良いですね。 例:仲夏の候、日差しが眩しくなってきましたね、お元気でお過ごしですか? 例:仲夏の候、日向を歩くのがつらい時期になってきましたね、おかわりはありませんか? こういう風に使うと、カラッとする時期が近づいているなと感じられて良いです。 時候の挨拶は手紙の最後につけることもあります。 例:仲夏の候、これからもっと暑くなりますが、お元気でお過ごしください。 例:仲夏の候、もうすぐビールの美味しい季節になりますので、それまでお互いに楽しみに過ごしましょう。 冒頭と末尾、どちらで使うにせよ時候の挨拶の後には 相手を気遣う文章を書いて、双方に取って嬉しい手紙にしましょう。 さいごに 仲夏の候について、意味と使う時期、文例をご紹介しました。 夏といいつつも、主に6月に活躍する時候の挨拶なんですね。

次の