ハルトマン 点滴。 単独投与が望ましい注射剤の一覧【看護師なうスキルアップ情報】

単独投与が望ましい注射剤の一覧【看護師なうスキルアップ情報】

ハルトマン 点滴

消化管ストーマ造設の代表的な術式には、以下のようなものがある(図1)。 ・腹会陰式直腸切断術+ストーマ造設術(マイルズ[Miles]手術) ・ハルトマン手術 永久的な消化管ストーマ造設の対象となるのは、自然肛門や排便をつかさどる肛門管の周囲の筋群の近傍に悪性腫瘍があり自然肛門を温存できない場合や、自然肛門の機能不全で排便管理が困難である場合である。 一時的な消化管ストーマは、病変部や手術による消化管の吻合部に排泄物が通過することを避けるために、その部位よりも口側に造設される。 大腸切除後の縫合不全が予測された場合や全身状態が悪く一期的に腸管吻合が困難と予測される場合などに造設される。 大腸がんによるイレウスや鎖肛などによる通過障害によって腸閉塞がある場合に、腸管の減圧目的で口側に造設されることもある。 直腸がん 近年は器械吻合の進歩により、腹膜反転部以下の低位に発生した直腸がんでも、肛門温存の手術が可能となってきている。 しかし、進行性の直腸がんで、肛門括約筋にまで浸潤しているような場合は、腹会陰式直腸切断術(Miles手術)となり人工肛門造設が必要となる。 潰瘍性大腸炎 潰瘍性大腸炎は、原因不明の大腸粘膜にびまん性に炎症を生じ、大腸粘膜に潰瘍やびらんが生じる疾患であり、直腸またはS状結腸から上行性に大腸全体をおかす。 特徴的な症状としては、粘血便を伴った慢性の下痢である。 内科的治療が奏効しない場合には、結腸全摘+回腸ストーマ造設が行われることがある。 クローン病 クローン病は、若年に好発する慢性特異性炎症疾患である。 潰瘍性大腸炎とは異なり、口から肛門部までのすべての部位に病変を有する。 保存的治療として、栄養療法やステロイド剤、免疫抑制剤などの薬物療法が行われる。 狭窄や穿孔、膿瘍などをきたした場合には、手術療法が選択される。 難治性の肛門病変や保存的治療で改善しない直腸肛門狭窄、直腸腟瘻にはストーマが造設されることもある。 泌尿器疾患 尿路ストーマ造設術の代表的なものには、回腸導管造設術、尿管皮膚瘻造設術、膀胱全摘術+禁性人工膀胱造設術などがある(図2、3)。 尿路である腎盂、尿管、膀胱、尿道のいずれかの解剖学的な形態の異常や尿路の機能が疾患により損なわれた場合に、尿の排出経路を確保するために尿路変向術が行われる。 尿路変向術の中には、前述のように尿路ストーマの造設を必要とするものとしないものがある。 尿路変向術を必要とする病態には、以下のようなものがある。 ・がんの根治を目的とし、膀胱など尿路の一部を摘出する手術が必要な場合 ・がんの浸潤や炎症性疾患などにより尿路に非可逆的な通過障害がある場合 ・何らかの先天性または後天性疾患により尿路の機能に障害が起こり、修復が困難な場合など 膀胱がん・尿道がん 膀胱がんは、粘膜下層までにとどまる「表在性がん」と、筋層以上に浸潤がみられる「浸潤性がん」に大別される。 表在性がんは、経尿道的膀胱腫瘍切除術(TURBT:transurethral resection of the bladder tumor)という内視鏡的切除術により治療が行われるが、浸潤がんの場合は膀胱部分切除や膀胱全摘術が行われる。 膀胱全摘術の場合は、骨盤リンパ郭清とともに膀胱・前立腺・尿道を摘出し、女性の場合は膀胱・尿道とともに子宮と腟前壁の一部も合併切除されることが多い。 このため、膀胱がんの根治手術には尿路変向術が必要となる。 浸潤性の尿道がんの場合も膀胱がんの根治手術に準じ、尿路変向術の適応となる。 前立腺がん 転移のない前立腺がんの標準的手術は前立腺全摘除術であり、膀胱尿道吻合により下部尿路の再建と膀胱機能も温存されるため尿路変向の必要はない。 しかし、進行性前立腺がんで原発巣から膀胱への浸潤が進み、尿管の閉塞がある場合は、水腎症から腎後性腎不全をきたすことがある。 このような場合には、腎瘻造設などの尿路変向術が考慮される。 他臓器がんによる尿路圧迫や浸潤 a)直腸がん・結腸がん 直腸がんまたはS状結腸がんが前方に進行し膀胱や前立腺に浸潤をきたすことがある。 この場合には、根治を目的として骨盤臓器全摘除術を行い、膀胱・前立腺を合併切除するため、消化管ストーマに加えて回腸導管法などの尿路変向術を必要とする。 根治手術が不能な進行がんで膀胱や尿管に浸潤して水腎症をきたしている場合には、尿管皮膚瘻や腎瘻造設などの尿路変向術が考慮されることもある。 b)子宮がん 子宮頸がんは膀胱浸潤をきたしやすく、進行がんとなった場合には尿路への浸潤や圧迫によって尿路閉塞や水腎症を呈するようになる。 このような場合は、尿管ステント挿入が試みられるが、それでも改善できないときは病状と予後などから尿管皮膚瘻や腎瘻造設などの尿路変向術が考慮される。 図 1 消化管ストーマ造設の代表的な術式.

次の

ストーマ造設を行う疾患と術式 :ストーマについての基礎知識

ハルトマン 点滴

単独投与 単独で投与すべき主な注射剤 アルブミンやグロブリンなどの血液製剤は、成分がタンパク質です。 そのため、他の薬剤と混合してしまうと、吸着や凝集などが起こる可能性があるので単独投与します。 バンプ注射用の成分は、アミノ酸製剤や高カロリー輸液に添加剤として入っている亜硫酸塩により分解されるので、これらの製剤と混合すべきではないですよね。 血液凝固因子製剤やレミケード、ハーセプチン等も、タンパク製剤ですので単独投与します。 セルシン注射液・ホリソン注射液などは、水に溶けにくいため、可溶化剤としてアルコールなどの有機溶剤が入っているので、これらの薬剤を他の薬剤と混合してしまうと可溶化剤の効果が低下していしまい、沈殿を起こすこともあるんですよ。 バンプ注射用の成分は、アミノ酸製剤や高カロリー輸液に添加剤として入っている亜硫酸塩により分解されるので、これらの製剤と混合すべきではないですよね。 薬効 商品名 一般名 理由 抗がん薬 アドリアシン注用 ドキソルビシン塩酸塩 溶解時のpHの変化により安定性が低下 抗がん薬 アブラキサン点滴静注用 パクリタキセル[アルブミン懸濁型] 懸濁液。 他剤との混合で析出 抗真菌薬 アムビソーム点滴静注用 アムホテリシンBリボソーム製剤 電解質液との混合で混濁 抗てんかん薬 アレビアチン注 フエニトインナトリウム 強アルカリ性 pH約12 。pH低下により結晶析出 不整脈治療薬 アンカロン注 アミオダロン塩酸塩 生理食塩液や他の電解質液と混合で沈殿 抗真菌薬 イトリソール注 イトラコナソール 専用希釈液以外との混合で結晶析出 プロトンポンプ阻害薬 オメプラール注用 オメプラソールナトリウム 強アルカリ性 pH9. 5~11. 0 。他剤との混合で着色、懸濁、結晶析出または含量低下 抗がん薬 カルセド注射用 アムルビシン塩酸塩 溶解時のPHの変化によリカ価の低下および濁り ビタミンK製剤 ケイツーN静注 メナテトレノン 他剤との配合により可溶化力が低下 抗不安薬・抗けいれん薬 セルシン注射液・ホリソン注射液 ジアゼパム 可溶化に有機溶媒を使用しており混濁の恐れ プロトンポンプ阻害薬 タケプロン静注用 ランソプラソール 強アルカリ性 pH10. 3 。他剤との配合により変色、沈殿 悪性高熱症・悪性症候群治療薬 ダントリウム静注用 ダントロレンナトリウム水和物 強アルカリ性 約9. 5 。配合変化を起こしやすい 抗サイトメガロウイルス化学療法薬 デノシン点滴静注用 ガンシクロビル 強アルカリ性 p目10. 8~11. 4 。配合変化を起こしやすい カリニ肺炎治療薬 バクトラミン注 トリメトプリム・スルフアメトキサソール 強アルカリ性 pH9. 90 。結晶析出しやすい 抗菌薬 パシル点滴静注液 パズフロキサシンメシル酸塩 酸性 pH3. 2~3. 5 。中性~塩基性の薬剤と混合により白濁 a型ヒト心房性ナトリウム利尿ポリペプチド ハンプ注射用 カルペリチドE遺伝子組換え] 配合変化を起こしやすい 特にアミノ酸や高カロリー輸液との配合では含量低下が著しい 抗真菌薬 ファンギソン注射用 アムホテリシンB 電解質との混合により沈殿 鉄剤 フェジン静注 含糖酸化鉄 電解質との混合により沈殿 プロスタグランジンI2製剤 静注用フローラン エポプロステノールナトリウム 他剤との混合により含量が低下 脳圧降下・浸透圧利尿薬 マンニットール注射液 D-マンニトール 浸透圧低下により、期待する効果が得られない 静脈麻酔薬 ラポナール注射用 チオペンタールナトリウム 強アルカリ性 pH10. 2 。配合変化を起こしやすい。 看護学生や准看護師の方も参考にして下さい!! 参考元:エキスパートナース 2012年1月号) 今の収入に満足していますか? 仕事の割に安い給料で割があわない・・・そう感じている看護師さんは多くいます。 しかし、それでも同じ職場で働き続けている現状なのです。 年収の大幅UPを狙うなら、一歩勇気を出して、より高給与の病院への転職をおすすめします。 成功する転職の秘訣は、 専門のキャリアコンサルタントに徹底フォローしてもらえるへ登録すること。 希望の条件を伝えることで要望に沿った病院を紹介してくれることはもちろん、面接の日程調整や面接対策など、細かなところまでサポートしてもらえます。 しかも、登録は無料なのでとりあえず登録する、というスタンスでもいいかもしれません。 <よく読まれている記事> 2016-08-30.

次の

看護師としてハルトマン手術とは何かおさえておきたい|ハテナース

ハルトマン 点滴

そもそもリンゲル液とは? 生理食塩水にはナトリウムイオンNaやクロールイオンClが含まれているが、さらにカリウムイオンKやカルシウムイオンCaの電解質を加え、人間の細胞外液(血漿成分)に近づけたもの。 生物学者Ringerがこの不足しているイオンを発見して、作ったので、リンゲル液と言われるようになった。 1、乳酸リンゲル液 商品名:ソルラクト、ラクテック、ハルトマン Ringerが作ったリンゲル液は、クロールイオンClが多く、重炭酸イオンHCO3が存在していなかったことが欠点であった。 HCO3を入れることは当時不可能だったが、 乳酸を入れることで、体内代謝を利用してHCO3を生成することに成功し、細胞外液に近づけた乳酸リンゲル液が完成した。 2、酢酸リンゲル液 商品名 ソルアセトF、ヴィーンF、(フィジオはブドウ糖付加) 乳酸を入れることでできた乳酸リンゲル液だが、乳酸というとあまりイメージがいいものではない。 ショック時などアシドーシスが進行する中で、乳酸を入れてもいいのかという疑問が発生する。 乳酸は肝臓で代謝されるため、肝不全やショック時には乳酸リンゲル液の投与は避けるべきだという意見もあり、その中で生まれたのが酢酸リンゲル液。 酢酸は肝臓だけでなく、全身の臓器で代謝することができるため、乳酸リンゲル液より投与しやすく優れていると言われている。 3、重炭酸リンゲル液 商品名:ビカーボン 昔はリンゲル液にHCO3イオンを入れることは不可能で、代わりに乳酸を入れて乳酸リンゲル液が作られたのだが、わが国日本で、重炭酸イオンをリンゲル液へ加えた重炭酸リンゲル液が開発された。 乳酸・酢酸リンゲル液に比べて、人間の細胞外液に近い、 最も優れたリンゲル液だと言われており、速やかにアシドーシスを改善させる製剤としても期待されている。 ただし、値段が高いため、救急や手術時など重篤な場合にのみ用いられているのが現状。 関連記事• 薬のことー.

次の