在外邦人 給付金。 海外の日本人給付金なし

(6/5 追記)【海外駐在員向け】日本のコロナ給付金を受け取ることができるの?

在外邦人 給付金

新型コロナウィルスの感染拡大にともなう経済対策として、1人あたる10万円の給付する方針が国会で決定する見通しとなり、多くの人が安心することができました。 政府・与党は16日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国民1人あたり10万円を給付することを決めた。 所得制限は設けない。 緊急経済対策を含む2020年度補正予算案を組み替え、減収世帯に30万円を支給する措置は撤回する。 一律10万円給付は12兆円超の財源が必要になる見通しだ。 そんな人々の疑問は、 「私たちも給付金を受給できるの?」 といったものでしょう。 ということで、現時点で日本では非住居者となっている方々の給付金の需給条件を調べてみました。 コロナ対策の受給条件 実は、現時点で明確な受給条件は公表されていません。 なので、 前回のリーマンショック時(2009年)の支給金受給条件が参考になると思います。 にリーマン支給金の受給条件が説明されておりました。 給付対象者は? バンクーバー領事館によると、 2.給付対象者等 (1)給付対象者は、基準日(平成21(2009)年2月1日)において、日本国内のいずれかの市町村(特別区を含む。 )の住民基本台帳に記録されている方。 (2)海外に居住されている方についても、この条件に当てはまる場合は給付対象者となります。 (3)申請・受給者は、給付対象者の属する世帯の世帯主に当たる方です。 具体的には、住民基本台帳に「世帯主」として記載されている方となります。 この時は基準日の2019年2月1日に住民基本台帳か外国人登録原票に記録されている人に支給され、同日生まれた新生児やこの日以降に死亡した人も対象となったそうです。 ただ、住民基本台帳に記録がない在外邦人や、短期滞在・不法滞在の外国人には支給されなかった。 一方、受刑者には受給資格が認められたが、「死刑囚や無期懲役の者にも支給するのか」と問題視された経緯があったそうです。 2009年の定額給付金の支給のときは、 住民基本台帳に記録がない海外居住者は支給外となっていた 給付金の申請方法は? こちらも、バンクーバー領事館によると2009年のリーマンショック給付金のときの申請方法が説明されています。 3.申請及び給付の方法 (1)給付の申請は、申請書を、住民登録している市町村に提出することで行います。 (2)定額給付金の申請・給付は、振込方式を中心に行われることを想定しており、 申請書に振込先の口座番号を記載して提出すれば、市町村役場等に直接出向く必要はなく、遠隔地からの申請・受給も可能です。 (3)申請は、市町村ごとに定められた申請書により行う必要があります。 申請書は登録されている住所あてに送付されますが、登録されている住所に居住していない場合は、別途申請書を入手する必要がありますのでご注意下さい。 また、日 本国外の金融機関は基本的に振込先口座には指定できないものと思われます。 2009年の時は世帯主が代表して受取をしたそうですが、今回はどうなるのでしょうか。 おそらく、下記のどれかになると思います。 海外住居者としては、一時帰国ができない場合は 1 が一番助かるのではないでしょうか。 2 でも海外郵便が動いていれば可能かもしれませんね。 2009年の定額給付金の支給のときは、 住民基本台帳に記録がない海外居住者は支給外となっていました。 これを例にすると、海外赴任者や海外駐在員については、 海外赴任または駐在の際に住民票を抜いていれば対象外 であり、日本に住民票があれば対象となる可能性が高いと思われます。 これから海外勤務の予定で3月末に市役所へ海外転出届けを提出していた北海道に住む男性は、 「転出届を提出したので、まだ日本にいるものの住民票が無い状態なんです。 この場合は給付金もらえるのでしょうか。 」 と総務省へ尋ねた例があります。 生活支援臨時給付金室の担当者によると、 「 海外転出届などによって4月27日の時点で住民票が日本国内に無い場合は、今回の給付の対象外となります。 」とのことだったそうです。 下の図をご覧ください。 こちらによれば、4月27日までに日本に帰国していることが証明できれば、給付の対象にはなることができるようですね。 詳しくは、 定額給付コールセンター 0120-260-020 へお問い合わせをしてみてください。 在外邦人の皆様に関わる特別定額給付金の請願署名、ただ今提出しました。 正式な受理は8日月曜日です。 記載された衆議院公報は9日に配布されます。

次の

【最新情報】海外在住日本人へ朗報!ついにコロナ給付金10万円をもらえるかも?

在外邦人 給付金

どうも、 ユウト()です。 先日、日本政府は国民ひとりに10万円を給付すると発表しましたね。 速報:10万円給付を海外在留邦人にも、自民議員グループが提言 10万円給付を海外在留邦人にも、自民議員グループが提言 現状の給付対象者は今月27日時点でに記載されている人に限られ、海外に住む日本人は対象外となっています。 海外在住者にも給付される可能性があります。 海外在住の日本人は、給付金の対象外… 給付対象者は、令和2年4月27日に記録されている者。 日本に住む日本人はもちろん、住民票が日本にある外国人も貰うことが出来ます。 日本に住む外国人にも給付する事に対して一部では物議を醸している様子ですが、ぼくは賛成です。 今回の記事で主張したいことは、 海外に住む日本国民には給付金を受け取る権利がないのはオカシイんじゃない?と言う事です。 給付金、海外在住者の日本人は貰えないんだね。 じゃあマレーシアに留学中の自分は、貰える権利がないという事だ。 昨年まで普通に働いて、結構な額を納税し続けたのに。 恩恵を受ける権利がないという事だ。 悲しいね。 じゃあマレーシアに留学中の自分は、貰える権利がないという事だ。 昨年まで普通に働いて、結構な額を納税し続けたのに。 恩恵を受ける権利がないという事だ。 悲しいね。 僕たちは非国民ではありません。 日本国民として海外で働き、勉強をしています。 なにより、我々も日本に税金を納めています。 そんな中、海外在住者は、給付金の対象から外されてしまったのです。 「今まで納めてきた税金は何だったの?」と、裏切られた気分になったのと同時に、「日本政府は、日本国外にいる日本人のことは助けてくれないんだ」と、不信感を抱くようにもなりました。 一時帰国した留学生は給付金を貰えるのは不平等だ さらに驚くべき事実を発見しました。 下記ツイートをご覧ください。 日本に一時帰国中の日本人留学生の皆さんへ〜📣 先日が文科大臣に要望した項目中のひとつ。 コレには驚きました。 というのもぼくは、去年からマレーシアで留学をしております。 そんなさ中、の影響で3月18日からロックダウンしており、学校どころか、家から一歩も出れない日々が一ヶ月以上続いております。 「日本へ一時帰国しようかな…」と考えたりもしましたが、ウイルスの拡大をこれ以上広げない為に、帰国はせずマレーシアに留まっている状況です。 日本へ一時帰国した方々を中傷するわけではありません。 しかし、 日本に一時帰国した留学生は給付金を貰え、感染の拡大を防ぐ為に帰国を自粛している留学生には一切のサポートがない。 コレはどう考えても不平等だと思うのです。 日本のためを想い、帰国を自粛したのがバカらしくなってきます。 留学生でも、一時帰国中の日本人は給付金を貰えるそうです。 しかし、感染の拡大を防ぐために、日本への帰国を自粛した留学生には給付金が払われない。 これっておかしくないですか…? こういう問題を、「しょうがないよね」で済ませちゃいけないと思うのです。 しかし、感染の拡大を防ぐために、日本への帰国を自粛した留学生には給付金が払われない。 これっておかしくないですか…? こういう問題を、「しょうがないよね」で済ませちゃいけないと思うのです。 たとえば、 ジャーナリストの有本香氏は、国民一律給付10万円の対象に在外邦人が含まれないことを指摘しています。 有本香氏 虎8 10万円一律給付。 生まれたばかりの赤ちゃんや住所、ホームレスの方にも支給、これは良い。 一定範囲の外国人にも支給、人道上良しとしましょう。 ところが者で海外で働いている人が対象者になっていない。 これは絶対におかしい 氏 政治的棄民みたいな事をやっている — 御厨一彦 greyclown2014 10万円一律給付。 生まれたばかりの赤ちゃんや住所、ホームレスの方にも支給、これは良い。 一定範囲の外国人にも支給、人道上良しとしましょう。 ところが者で海外で働いている人が対象者になっていない。 これは絶対におかしい 国には国民の保護義務があります。 事実、以下の内容が外務省設置法4条8号、9号に記載されているのです。 「八、日本国民の海外における法律上又は経済上の利益その他の利益の保護及び増進に関すること。 九、海外における邦人の生命及び身体の保護その他の安全に関すること。 」 国民にがあるのと同じく、国は国民を守る義務があるのではないでしょうか? もし少しでもおかしいと思いましたら、 署名活動にご協力下さい。 ぼくたちも日本国民である以上、給付金を受け取る権利があると思います。 ぼくたちも日本国民である以上、給付金を受け取る権利があると思います。 より良い社会を作る為には「しょうがない」で済ませてはいけないと思います。

次の

現金一律10万円給付は外国人も対象に?海外に住む日本人は?世論の賛否両論も調査!

在外邦人 給付金

さて、今回は日本在住の皆様であれば、すでに申請を終わらせているであろう特別定額給付金についてです。 今回の記事では、その日本政府による全国民への救済策として施行された特別定額給付金が海外の在留邦人にも支給されるのではという噂についてまとめてみました。 特別定額給付金とは? 特別定額給付金とは、日本政府における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による経済的影響への緊急経済対策の一施策として施行されています。 当初は1世帯あたりに30万円とか、所得に応じた支給が議論されましたが、最終的には1人に対して10万円の支給をすることで確定しています。 また、条件については迅速な施行を優先するため唯一以下の条件となりました。 基準日(令和2年4月27日)時点で、住民基本台帳に記録されている者 ただし、受給権者は給付対象者の属する世帯の世帯主のみとなっており、家族がバラバラに申請をして10万を得ることはできません。 唯一の条件である 住民基本台帳に記録のある者についてですが、住民基本台帳とは、氏名、生年月日、性別、住所などが記載された住民票を編成したもので、住民の方々に関する事務処理の基礎となるものです。 つまり、住民票があれば受給資格があります。 在留邦人が住民票があるのか? さて、日本政府の緊急経済対策の特別定額給付金が住民票を持っているすべての国民に支給されるわけですが、では 在留邦人=海外に住む日本人には支給されるのでしょうか? 在留邦人は海外に中長期的に滞在している日本国籍を保有する人を指しますが、中長期となると企業の駐在員や永住目的で海外に渡航したけど日本のパスポートを保有している人が大多数となります。 しかし、そんな在留邦人が必ずしも「 在留邦人=住民票が無い」なわけではありません。 なぜなら、永住目的で日本を出国する場合においても、 住民基本台帳から登録を削除(住民票の転出届)は義務ではないからです。 つまり、もう日本なんて帰ってこないというくらいの固い意志で出国する人でも、住民票はそのままにしておけます。 そのため、「 すべての在留邦人=住民票が無い」というロジックは通じないのです。 ただし、日本に居ないのに住民票を維持することに対して、それなりの コストが発生するため、パッパの知る限りでは、永住者はもちろん中長期的に海外に住む方々は出国時に住民票の海外転出を出して住民基本台帳から登録を削除されていると思います。 この日本にいないのに住民票を維持するコストについては、主に以下の3つとなります。 国民年金• 社会保険・国民健康保険• 住民税(市民税・県民税) ここでは詳しい説明は省かせて頂きますが、パッパが以前に国民年金についてはまとめた記事「」がありますので、もしよければ参考にしてください。 どこから始まった在留邦人への特別定額給付金 1番最初にも説明した通り、この特別定額給付金は日本政府が日本経済のための緊急経済対策として施行されたわけですから、海外に移り住んだパッパそして家族はこの特別定額給付金は受け取る資格はないと当初から思っていました。 1人10万円ですから、正直それなりに大きな金額ですし、お金がもらえるならもらいたいのがぶっちゃけた本音です。 両親からも「お前たちも特別定額給付金はもらえるの?」なんて聞かれましたが、当初から特別定額給付金は日本に在住して日々税金を支払っている人々の権利なので、海外に移住したパッパにはもちろん受給資格なんてないと思っていました。 が、しかし、4月末に突然思いもしないニュースが舞い込んできました。 なんと在留邦人にも特別定額給付金を支給すべきと提言する議員が出てきたんです。 政治に疎いパッパですので、詳細な説明はここでは省きますが、どうも自民党議員の方から、海外に住む日本人(同胞)もコロナウイルスで多大な影響を受けており、同じ日本人である同胞を見捨てるわけにはいかないというのが発想の原点のようです。 賛否両論の在留邦人への給付 さて、ここまで読まれるとなぜ在留邦人への特別定額給付金の支給が議論を巻き起こすのかお分かり頂けるかと思います。 まず第1に問題となるのは、いくら同じ日本人の同胞であっても、日々の税金を納税する義務がない人々がその税金から拠出される特別定額給付金を受け取る権利があるのか? これはまさにパッパも思うことですが、住民票を除票した永住者は納税の義務がありません。 住民税はもちろんのこと、国民年金への加入義務もありません。 簡単に言えば、何も日本政府の税制度に寄与していないのですから、同じ日本人だからといって特別定額給付金を受け取る権利があるとは言えないのではないでしょうか? もちろん、在留邦人でもコロナウイルスによってビジネスが無くなってしまったり、会社自体が潰れてしまい収入がまったく無くなった方、もしくは激減した方々もいることは確かです。 海外にいる同じ日本人の同胞も救おうという声がどこまで日本国内で高まるのかは現時点では予想できない状態です。 そして、第2の問題は今回の日本国内の特別定額給付金を支給されている人が少なからずいるため、2重での支給を阻止するためには、非常に煩雑な作業が要求されます。 現在、外務省で在留邦人として登録されている日本人は140万人いると言われています。 しかし、移住時に住民票の海外転出届が義務化されていないのと同様に、海外在住であっても在留邦人として登録することも義務化されていません。 もちろん、在外公館からの様々なサービスを受けるにあたり大多数の方々が登録はされていると思いますが、残念ながら登録されていない方がいることも事実であり、在留邦人の対象者を正確に把握するためには、在外公館の膨大な調査が必須であり、かつ日本に住民票を持ちすでに特別定額給付金を受け取っている人を見つけ出すことは容易ではないと思われます。 ここスウェーデンでも永住目的でスウェーデンに住んでいながら、日本に住民票を残すことで本来なら受けてはならない権利(法的には抜け穴)を授受している人が少なからずいると聞きますから、きっと何人かの人は今回の特別定額給付金を裏で受け取っている人はいるんだと思います。 在留邦人への特別給付定額給付金のニュース 最終的に気になるのは、じゃ在留邦人に特別定額給付金は支給されるのかどうかですが、現時点でパッパの知る限りではまだ決まってはいないようです。 以下はGoogleのニュースで検索した際の最新のニュースとなります。 まとめ 在留邦人邦人への特別定額給付金についての記事いかがでしたでしょうか? んー正直パッパも少なからずコロナウイルスの影響で家計的に苦しくなったのは確かなので、母国日本の優しい心遣いに感謝したい気持ちでいっぱいですが、反面「道理がなってない」と心にモヤモヤしたものがあります。 もちろん、まだこの在留邦人邦人への特別定額給付金は確定しておらず、今後より議論されるのだと思いますので、遠いスウェーデンから見守っていきたいと思います。 最後までパッパのブログを読んでいただきありがとうございました。 パッパのブログは以下のブログランキングに参加しております。 誰かに読んでいただいているという実感と次の記事への執筆意欲となりますので、ぜひクリックをお願いいたします。

次の