山内 惠 介 唇 スカーレット。 新譜!にっぽんのうた~ノーカット編~山内惠介「唇スカーレット」

山内惠介「唇スカーレット」歌詞の意味は?演歌界のイケメンをPVで拝む!

山内 惠 介 唇 スカーレット

山内惠介さんの新譜「唇スカーレット」について 、ビクターエンタテインメント の金井雅史さんにお話を伺いました。 特に山内の多くのファンの方々にどのように届けようかということを考え、なおかつ幅広い世代の方々に伝えたいという思いで作りました。 どんなサウンド、どんな世界感を作ろうかと考えた時に思い浮かんだのが1975年~1985年くらいの私も含めてファンの方々がちょうど思春期でいろいろな人との出会いや思い出があった時代です。 その当時はとても華やかで、色とりどりの化粧品やそれらのキャンペーンなど色々なことがキラキラしていてドキドキしていたんですね。 その当時の情景を歌詞の世界観やサウンドで再現したものを山内に歌わせたら面白いのではないかと思いました。 当時を知っている方々にはその時の記憶を思い出してほしい、逆に知らなかった人たちにもあの時代はこうだったんだよと伝えられたらうれしいなと思い、作りました。 なので、楽曲を聞いた私の知り合い達とも懐かしね、なんて話に花が咲いたりしましたね。 歌詞のアクセントの場所が違うだけで伝わりにくかったりするんですけれども、彼はそこがとても上手ですね。 また、熱唱感や歌いきる感じを演出する能力に長けていると思います。 なので、それらの魅力を発揮できることを前提にいつも作るのですが、今回の「唇スカーレット」も彼の熱唱感やパンチのある、キレのある歌い方が非常にマッチしていると思います。 事前に曲を本人のところにもっていきキー合わせを行います。 その際に本人に歌ってもらってキーを決めます。 そしてレコーディングにてオケをとるのですがその際1回歌ってもらった時にはほとんど完成していました。 エンジニアと話していたのですが、今までで一番声が出ています。 山内の声と曲のメロディがマッチングして声の抜けがよいと実感しました。 エンジニアも音がつくりやすく、「これだけ声がでていると楽ですね」と言っていましたね。 彼は非常に引出しが多いんです。 演歌から歌謡曲まで幅広いジャンルを歌い、そして幅広いジャンルの音楽を聞いていまして、彼にとってはどの引出しから歌えばよいか分かればよいので、レコーディングは本当にスムーズです。 これは彼が本当に音楽が大好きでいろいろな音楽を聴いている賜物ですね。 いかに1980年前後ぐらいの時代感を表現するかを考え、曲が持っている妖艶さや切れ味、そして赤をどのように表現するかを意識しました。 衣装やライティングが後半になるにつれて赤くなることで、情熱的に燃えていくさまを演出し、カット割りについてもビートに乗った編集を行いましたね。 これも見る人が見たら懐かしさを感じてもらえるでしょうし、その時代を知らない人たちにもかっこいいと思ってもらえたらうれしいですね。 「愛が信じられないなら」の時と同じかたに振り付けをしてもらいました。 振り付けも流行ったらうれしいですね。 ただ、やっぱり歌が好きですね。 歌のことに対してとてもストイックです。 新しいことを吸収することだけでなく、歌う環境を整えることについても気を配っています。 舞台やステージの前日はお酒を飲みすぎないようにしている姿はやはりプロとして素晴らしいなと思いますね。 また、演歌を多く聞いてきていますが、それだけでなく、新しい音楽も多く聞いています。 圧倒的に吸収力があり、新しい音楽へのアンテナを常に張っていますね。 始まる前と終わった後はまるで別人のようですよ。 趣味という言い方は失礼かもしれないですが、彼の中の9割は歌ですよ。 リクエストもたくさんしてくれるようになりました。 若い時よりも自信がついて周りの人や意見が怖くなくなってきたのだと思います。 大人になって輝きがどんどん増してきていますね。 本当に最高のパートナーだと思っています。 「スポットライト」で出場した時です。 ちょうどレコーディングをしている時だったのですが、山内もスタッフも大きな目標だったのでそれを達成できた、その日のことはこと細かく覚えています。 山内も私も泣いていました。 本当にうれしかったですね。 同じ所にとどまらずどんどん攻めていきたいです。 彼の魅力を引き出せるお手伝いができたらうれしいなと思っています。 彼もどんどん成長していますので置いてかれないように気を付けなければなりませんね。 特にベースラインを聞いてもらうとヒントになると思います。 また、フリも一緒につけて歌っていただくとうれしいです。 是非「唇スカーレット」を可愛がっていただけたら嬉しいです。

次の

山内惠介、全国ツアー 新曲「唇スカーレット」で花咲かす

山内 惠 介 唇 スカーレット

1曲目に収録されている 新曲「唇スカーレット」について。 今回は「唇スカーレット」の 歌詞の意味を考察し解説します。 「唇スカーレット」の歌詞の意味については、 親しみやすくするために 主人公の言葉や気持ちを 代弁する形をとっています。 PV YouTube動画 は 歌詞の下に設置しています。 演歌界のイケメンをPVで拝みつつ ぜひ歌詞をご覧になって 一緒に歌ってみて下さいね。 それでは、さっそく見ていきましょう。 山内惠介「唇スカーレット」歌詞 唇スカーレット 作詞 松井五郎 作曲 水森英夫 編曲 馬飼野俊一 抱きしめていたいんだ… これが たとえ嘘でも くちづけは 覚えていたい いつか消える夢ほど 強く指を絡め合い なにも いらない なにも 今夜 このまま 今夜 恋の色はスカーレット 唇スカーレット 君にあげるから どこか 連れて行ってと 耳もとで 囁くけれど 遠く ばかり見ていたら たぶん道に迷うもの もしも 二人が もしも 今夜 このまま 今夜 恋の色はスカーレット 唇スカーレット 君にあげるから 蜜の甘さばかりを 幸せと思いたがるよ 棘の痛み忘れれば 花はどうせ枯れるのに なにも いらない なにも 今夜 このまま 今夜 恋の色はスカーレット 唇スカーレット 君にあげるから きっとあげるから 山内惠介「唇スカーレット」歌詞の意味を解説 君をずっと 抱きしめていたいよ。 折れるくらいに強く… 離したくないんだ。 ふたりの関係が たとえ一時の夢でも… いつか途切れて あとかたもなく 消えてしまうような 幻だったとしても… 君と心震わせて 愛を確かめ合った あの日のくちづけを 忘れたくないよ! ずっと覚えていたい。 この恋はいつか切なく虚しく 終わってしまうだろうか…。 愛し合った… その一瞬一瞬は まるですぐに消えてしまう シャボン玉のように儚い。 離れたくない想いは 絡め合った指の先までも ふたりを熱く強く結び付ける。 なにもいらない。 君以外は…なにも… 今ふたりでいる、この時が なによりも大切なんだ。 もしも時間を操る事が できるとしたら… この夜を何度も何度も 繰り返すのに…。 この恋は炎のように紅い色。 燃え上がる 心の炎を唇に重ねて… 愛する君に贈るよ。 誰も知らないどこか遠くへ 何もかも忘れて… ふたりだけでいられる どこかへ… 私をさらって行って欲しいと 君は悲しげな小さな声で 伏し目がちに静かに囁く。 けれど… 今のふたりの事にばかり 気を取られ… 激情に身を任せて ここから逃げる事ばかり 考えていたら…ふたりは きっと、いつか疲れて どうして一緒にいるのかさえ 忘れてしまう。 たどり着く場所が 見えなくなって迷うだろう。 もしも、ふたりが… ずっと一緒にいられるなら もしも…。 たとえ時間を操る事が できなくても… この夜を何度も何度も 同じように繰り返すよ…。 この恋は炎のように紅い色 燃え上がる 心の炎を唇に重ねて… 愛する君に贈るよ。 むさぼり合い 求め合い 愛し愛される喜び。 恋の甘いところだけを見て 幸せだと思いたがるけど… 恋は楽しいばかりじゃない。 傷つけ合う事もあるし すれ違う事もある。 互いを思いやる事を忘れて 大切な想いを枯らしたくない。 なにもいらない。 君以外は…なにも… ふたりでいる、この時が なによりも大切なんだ。 もしも時間を操る事が できるとしたら… この夜を何度も何度も 繰り返すのに…。 この恋は炎のように紅い色 燃え上がる 心の炎を唇に重ねて… 愛する君に贈るよ。 必ず愛する君に贈るよ。 最後に 情熱的に愛される事は 女性にとって 最高の幸せでしょう。 それが… 互いに相思相愛なら 天にも昇る気持ちです。 その恋のためなら 何を犠牲にしてもいいと 思えるぼとに…。 そんな熱烈に 愛されてみたいものです。 PVは王子ですネ〜! なんと…上品な 立ち振る舞いでしょう。 お顔も端正で… そりゃ〜妙齢のお姉様の ハートを掴むはずです。 歌詞を見ると とても演歌には 思えないほどオシャレ。 新しい演歌の在り方 なのかもしれませんね!.

次の

新譜!にっぽんのうた~ノーカット編~山内惠介「唇スカーレット」

山内 惠 介 唇 スカーレット

リリース形態は、カップリング違いの赤盤、黄盤、白盤とDVD付唄盤の4タイプ。 タイトル曲「唇スカーレット」は、前作「さらせ冬の嵐」と同じ作家陣によるもので、艶のあるサウンドに乗せ、愛し合う男女の恋模様を華やかに歌いあげた作品。 カップリングには、表題曲同様、それぞれ色彩豊かな楽曲を収録。 赤盤の「どうすればいい」では、リズミカルで歯切れのいい歌詞・メロディー・サウンドを洋楽でも多く用いられている曲構成に乗せ、熱く情熱的な世界を。 白盤「ありがとうが、降り積もる。 あなたへのありがとうが心深く積もります。 DVD付の唄盤には、CDに「唇スカーレット」の男性用・女性用のカラオケを、DVDに「唇スカーレット」のミュージックビデオ、カラオケミュージックビデオ(歌詞テロップ入り)が収録される。 新曲「唇スカーレット」は、彼自身がパーソナリティを務めるレギュラー番組 STVラジオ『山内惠介の歌一本勝負』で1月12日、RKBラジオ『山内惠介の歌の道標』で1月13日の放送にて、早くもオンエアされることが決定している。 さらに、念願であった47都道府県すべてで開催されるコンサートツアーも決定。 <山内惠介 全国縦断コンサートツアー2019>と題し、4月11日(木)中野サンプラザよりスタートし、年内をかけて全国を巡る。 開催日時・場所は順次発表される。 唇スカーレット 作詩:松井五郎 作曲:水森英夫 編曲:馬飼野俊一 2. どうすればいい 作詩:松井五郎 作曲:水森英夫 編曲:馬飼野俊一 3. 唇スカーレット~オリジナルカラオケ~ 4. 唇スカーレット 2. まんさくの花 作詩:麻 こよみ 作曲:水森英夫 編曲:伊戸のりお 3. 唇スカーレット~オリジナルカラオケ~ 4. 唇スカーレット 2. ありがとうが、降り積もる。 作詩:もりちよこ 作曲:水森英夫 編曲:馬飼野俊一 3. 唇スカーレット~オリジナルカラオケ~ 4. ありがとうが、降り積もる。 唇スカーレット 2. 唇スカーレット ミュージックビデオ 2.

次の