から か あ 上手 の 高木 さん。 からかい上手の高木さんってなんで途中からロリになるの?「一巻の頃の大人っぽい高木さん返して」「ドM紳士激おこスレ」…2ch高木さんまとめ

からかい上手の(元)高木さん(6) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

から か あ 上手 の 高木 さん

Contents• からかい上手の高木さんアニメ3期の可能性 まず、からかい上手の高木さん3期の考察材料として円盤売上と原作ストックに注目してみます。 高木さん1期の円盤初動売上はギリギリだった? アニメの続編制作決定ラインとして• 最低でも初動売上が5,000枚• 10,000枚あれば確実 という話はよく見聞きします。 「からかい上手の高木さん」アニメ1期の円盤1巻は2018年3月28日に発売されました。 翌週の4月3日の速報数値では売上は5,000枚。 測定期間が1週間を満たしていいないので実際の初動売上はもう少し多いと思います。 それでも一番たくさん売れるのは発売日ですから、そう大きくは変わらないでしょう。 2期の方が売上が伸びるとは考えにくいので、1期と同じか少ないくらいではないでしょうか。 最低ラインと言われる5,000枚結構ギリギリな印象です。 スポンサーリンク 原作漫画はストックなし!次のアニメは(元)高木さん? 「からかい上手の高木さん」原作漫画は2019年9月3日現在11巻まで発売されています。 アニメ1期では原作1〜5巻まで描かれた事から2期は10巻までと予想する声が多数。 そうなると、原作ストックはほとんどなくなってしまいますね…。 原作漫画の発売ペースはバラつきがあるものの、大体5ヶ月に1冊ペースです。 そうなると、1クール分のストックができるのは1年半〜2年後くらいでしょうか。 「からかい上手の(元)高木さん」は6巻まで出ているので、 次にアニメ化するならこっちをやるかもしれませんね。 1期は2018年1月〜3月まで放送され、 2期は2019年7月〜放送されました。 間は5クール空いていますね。 この5クールという数字は結構なヒントになっている気がします。 高木さん以外にも、同じく小学館の作品であるモブサイコ100が1期からドラマまで5クール空いたんですよ。 そして、ドラマの放送終了から2期までも5クールでした。 熱が冷めないうちに次の販促をかけたい… でも制作決定、予算取り、アニメ作成、番宣等にも時間がかかる… など、諸々の事情を考えると5クールぐらいがちょうど良いのでしょうか。 とにもかくにも、この5クールという数字を高木さんに当てはめてみると… アニメ続編(3期)があった場合、放送日は2021年1月からの冬アニメとなりそうですね! ただ、原作ストックの都合から「からかい上手の(元)高木さん」にシフトする可能性も十分にありそうです。

次の

「からかい上手の高木さん2」最終回12話感想。その手を二度と離すなよ西片!

から か あ 上手 の 高木 さん

全体的な構成は比較的単純で、素人目線で大雑把に言ってしまえば、4コママンガ、 もしくは、7コママンガとして捉えることが可能です。 大抵の場合、導入部に「「いたずらするぞ」もしくは「勝負しよう」が入ります。 様々なネタを使い、『その後の生活』にニヤニヤが止まらない仕様にはなっていますが、 構成が単純なため、マンネリの声が上がるのも仕方なし、といったところでしょう。 ただ、今回、ほぼ同時期に発売される本編より登場人物が多いのに驚きました。 本編11巻との比較になりますが、厳密には「セリフあり」なら微妙なところとは言え、 あの3人が公式設定で登場した分、ストーリーが、多少、賑やかになります。 この点、本編を超えた、と言うのは誇大広告のような気もしますが、どちらの作品も、 2人の世界を切り取り、ニヤニヤ眺めるスタイルに統一しつつあるようです。 また、ちーちゃんのほっこりが入る分、こちらの方に安定感がありますが、構図や描画の 大胆さが本編に及ばないので、ニヤニヤ・ドキドキの部分は薄めになります。 同日配信される本編とスピンオフ、私は、こちらを先に読んでから、本編を読みますが、 こっちも良いなぁ、と思った後に「やっぱりホンモノは違うわ」と思うのは、ある意味、 仕方がないところ。 ほっこりが足を引っ張るので、どうしてもニヤニヤに隠れている緊張感が薄れます。 ただ、そういう微妙なバランスを思うと、よそのご家庭ですが、トニカクカワイイ奥様の 可愛さは神がかっています。 何にしても安定してよく続いており、本編をモチーフにしている表紙のデザインにも 気合いの入れようを感心します。 ただ、本編7巻からは、表紙が『学校生活』となるケースが増えてきます。 「さぁ、『学校』に対して『親子』をどう料理する?」 ホンモノの人からの挑戦と受け取ると、次巻への期待も高まります。 (元)高木さんにかわいい娘さんまで加わって西片の受難は続く・・・。 夫婦になったって照れはあるし、そこを上手く突いた絶妙なからかいに思わずニヤニヤしてしまいます。 (1~6巻まで大人買いして全巻一気読み。 5巻の「こえまね」とか最高ですね!) 高木さんが結婚した将来のスピンオフ漫画でしかも作家は別人ということで抵抗のある方も多いと思います。 実際私も読むまではどうかな?と不安だったのですが、しっかり原作のテイストを引き継いでいます。 ・絵柄 : 原作に近いです。 多少の粗はあるもののよほど拘らない限りは許容範囲です ・からかい: 原作と似たような感じに加え夫婦&無邪気な娘との家族ならではのからかいでパワーアップ この作品があると原作の可能性が狭めらるという批判があるようですが、原作で原作が誰とカップルになるか 混沌とした状態ならともかく高木さん&西片のカップルは成立していて将来結婚する流れなのはほぼ確実なので 前述の批判は当たらないです。 そもそも原作者が高木さんと西片と結婚して娘もいるという漫画を描いていて、それに沿ったスピンオフなので むしろファン心理としてはその後の幸せな家庭を覗かせてもらってありがとうです。

次の

からかい上手の高木さんアニメ続編(3期)の放送日はいつ?円盤売上や原作事情から予測!

から か あ 上手 の 高木 さん

ファット・カンパニーの「からかい上手の高木さん」 ファット・カンパニーから発売された「からかい上手の高木さん」のフィギュアです。 帰宅したら身に覚えのない宅急便が届いていて「何だろう?」と開けてみたらこのフィギュアでした。 いつ頃注文したのか調べてみたら、なんと約8か月前の2018年6月11日。 ヤフーショッピングの店舗で買っているので、ヤフーメール宛に発送の段階でメール来ていたようですけど、普段ヤフーメールとか全然チェックしていないので全く気付かず…。 フィギュアの世界は予約注文が常なので、在庫品以外は注文しても届くのが半年、1年先はザラな上に先延ばしになることもしばしば…。 アニメも見終えてだいぶ経ってしまうとすっかり熱が冷めてしまうので、もう少し事前に準備しておくとか出来ないものですかね?この業界。 机の上の文房具類 机や椅子の木材の部分の塗装もベターっと単色で塗られているだけなので、もうちょっと木目感が出てると尚良しですけど、まぁこれもこんなもんかな。 逆に文房具類はかなり丁寧に作られていて、ノートの罫線なんかもリアルだし、教科書の印字も何が書かれているのか分かりそうなくらいリアルな仕上がり。 ちなみに椅子とノートには高木さんを設置した際にずり落ちないように窪みが彫られていました。 土台はデコマス写真上では透明で丸いアクリルの土台でしたが、教室の床をイメージした土台が付属してきました。 見た目的に木材には見えず、床にも見えない程度の微妙なクオリティではありますが、線の部分が盛り上がっていたりと、ひと手間かけられているのは間違いない。 透明なアクリルの土台よりはマシなのかも知れません。 高木さんの造形 高木さん後ろから 高木さんのスタイルは非常に綺麗でリアルですし、縮尺でおかしな印象もありません。 ただ、 肝心の顔がちょっと違和感あるのかなぁとは。 これデコマスの写真を見た段階で個人的に「あれ?」って印象を受けていて、注文するのも止めるか悩んだくらい。 【カウントダウン!】宣伝担当Mです。 写真の愛らしさ損なわれていると言うか。 どうも、口角から目の下までの長さがフィギュアの方が長いのが違和感を感じる原因なのかな?と個人的に。 フィギュアの方が顔がちょっと面長になっているというか。 アニメの表情よりも大人っぽいというか。 ただし、 デコマスの写真よりは届いたフィギュアの方がよりアニメの高木さんの顔に近いような印象は持ちました。 デコマス写真よりも届いたフィギュアの方が良かったことを専門用語で何と表現するのか分かりませんけど「逆デコマス詐欺」?って印象。 高木さんの塗装 色味的にはこれがフィギュア素の状態の色でしょうか。 肌色は個人的に好きな色で、絶妙な色白な肌色なんじゃないかと感じました。 まぁフィギュアの肌色って個々で好みが分かれるでしょうから、あくまでも私の個人的な好みの色って話ではありますが。 赤面して頰が赤くなった状態を再現しているので、目の下が赤く塗られているのですが、これも本当に絶妙な色加減でほんのり赤く染まっていて綺麗です。 制服やスカートもかなり丁寧に塗られていて、シワや陰影までリアルに表現されています。 髪の毛に塗られていない塗装ハゲの部分があったり、ちょっと雑な部分はあったりはしますが、全体的にはクレームをつけたくなるレベルの塗装ミスは私の個体ではありませんでした。 髪の毛はハイライトやシャドウの塗り分けはあまり目立たず、単色でベタ塗りされているような印象を受けますが、違和感は特に感じません。 高木さん横から これデコマス写真の段階で気付いていたのですが、 高木さんの目線(視線)が明らかに隣の席に座っている西片ではなく、斜め上の誰だか知らない男子生徒を見てしまっています。 元となるキービジュアル上ではちゃんと視線は隣の西片なのに、これは明らかにおかしいなと。 椅子と机にフィギュアが固定されるように穴が開いていて、フィギュアが動かないように固定される形になりますから、西片の方を向かせようとすると机ごと傾けなければいけません。 何かしら意図があっての高木さんのこの顔の向きなのかも知れませんが、個人的にはキービジュアル通りに隣の席の西片を見ていて欲しかったなと。 腕やスカートに色移り 机の穴に高木さんの腕を固定する際、かなりキツキツだったためか、机に固定した状態から再度腕を外してみたら腕に色移りしてしまいました。 腕の方はノートの罫線の赤と青が、スカートの方は摩擦でちょっと溶けたような状態に…。 全体的には満足度は高い デコマス写真見た段階では買うのを止めようかと思いましたが、個人的には届いたフィギュアの方がデコマス写真よりもむしろ良かったので、何だかちょっと得したような気分でした。 気に入らなかったら開封しないで即そのまま「フリマアプリにでも」と考えていましたけど、無事デトルフの中に入ることに。 ちなみに、Amazonのレビューで「手と袖口にゴムが」とか書かれていましたが、私の個体にそのような付着物は全くありませんでした。

次の