大村 知事 炎上。 愛知県大村知事がブロック祭りや問題発言で炎上?!みんなのまとめ

大村秀章知事「うつって治るのが感染症」が大炎上 ネット「その方法は、一定数は死んでね、って言ってるやん」「コロナのおかげでリコールの署名運動が有耶無耶になった」

大村 知事 炎上

大村秀章愛知県知事の新型コロナウイルス対策に関する発言に批判の声が噴出し、炎上状態となっている。 2日、東海地区のローカル番組『どですか』 名古屋テレビ に出演した大村知事は、3月31日の時点で、同県内の新型コロナウイルスのPCR検査件数が約4600件、感染者数が3032人になっていると説明。 その上で「インフルエンザもそうだが、『うつっていく、うつって治る』のが感染症なので、しっかりと検査で早く見つけて症状が軽いうちに治して退院してほしい」と私見を述べた。 この発言内容が、憤りを持った視聴者によって全国へと拡散。 「早期検査しても現状根本的な治療がない。 そんな状況で入院しても、退院できる保証はなく、医療崩壊を招くだけ」「知事がこんな事を言うなんて考えられない。 一定数は死んでも良いということか」「愛知県民の人命を軽視している」と批判が噴出した。 ただし一部には「大村知事を信じる」「これも一つの意見」との声もあった。 さらに大村知事は3日の記者会見で、愛知県内の小中学校が休校していることについて、「愛知は現段階では数字、事実等々を見ると感染拡大警戒地域ということではない」「ルールにのっとって粛々とスタートさせることになる」として、学校を再開させる方針を表明した。 この件についても愛知県民を中心に不安の声が上がり、大村知事のTwitterには「休校を延長してほしい」という懇願や『どですか』内の発言に関する批判が続々と寄せられている。 同知事はこのような声には耳を貸さず、批判するユーザーをブロック。 措置を受けたTwitterユーザーから「気に入らない声はブロック。 恐怖政治だ」「県民の声に耳を貸さない知事など不要」など、怒りの声が続出している。 一方で「愚民に耳を貸す必要はない」「大村知事断固支持」という声もあった。 2019年の「あいちトリエンナーレ」でも、批判的な声に耳を貸さず、昭和天皇の御影を燃やす映像などを事実上認めた大村知事。 その評価は、次の県知事選で下されることになりそうだ。 外部サイト.

次の

【炎上】津田大介と大村知事が日本人を侮辱する写真載せてると怒り / 高須クリニック院長「このサインは日本人への挑戦だと僕は理解」 | バズプラスニュース

大村 知事 炎上

大村知事がコロナ感染患者を「重たい荷物」発言!【とくダネ動画】〈2020. 14〉 こちらが2020年4月14日放送の「とくダネ!」での大村知事の様子です。 大村知事「スポーツジム、高齢者施設、横浜クルーズ船の患者を受け入れ重たい荷物を背負って」その言い方は比喩にしてもひどすぎます。 — tarutorup tarutoru5 14日、『とくダネ! 』 フジテレビ系 に愛知県知事の大村秀章氏が生出演。 新型コロナウイルス感染者を 「重たい荷物」と形容し、ネット上で波紋を呼んでいる。 「先週金曜日、大村氏は緊急事態宣言を発令しました。 今回、愛知県庁から中継をつないだ大村氏は、国とは別に緊急事態宣言を出したことについて、 『 国の宣言の対象地域に入っていないことは 感染者数、患者数が少ないということなので、むしろ好ましい』 としながらも、 『2~3月にかけて全国に先駆けて、高齢者を中心にスポーツジムのクラスターと、デイサービスのクラスターという、2つの大きなクラスターが名古屋で起きた』と説明。 さらに、 『 その2つのクラスターによって合計 113人も感染した』とした上で、 『 愛知県は 横浜のクルーズ船からも137人を受け入れた。 ということで、本当に 重たい荷物をしょって、3月の後半までやってきた』 と、県内感染者を『重たい荷物』呼ばわりしたのです」 芸能ライター 大村氏は続けて、「4月の頭は患者数が減ってきたが、4月3日からもう1つクラスターができて、 感染者数が 上がってきた」と言及。 他にも、感染経路を追えないことなども加味して、緊急事態宣言を発出したという。 ちなみに、きのう時点の愛知県内の感染者数は延べ333人 うち死亡24人 となっている。 引用元:livedoor NEWS 『 愛知県は 横浜のクルーズ船からも137人を受け入れた。 ということで、本当に 重たい荷物をしょって、3月の後半までやってきた』 この 重たい荷物発言に、高須クリニックの高須医院長も怒りをあらわにしています。 大村知事の発言にネット怒り また言ってくれましたね。 これ以上本性出し続ける気か。 イメージ回復にはならん。 むしろ悪化。 愛知大村知事の本性出た動画「汚いのは顔だけにして」と物議!県民にブロック祭りも — TY 03010505t 😢重たい荷物、、「愛知県民は大村知事という重い荷物を背負わされているね」 — 迷子の大輔(daisuke9049) daisuke9049 こういう時に人間の本性が出るんだな! 14日『とくダネ! 』で愛知県大村知事が、県内コロナ感染者を「重たい荷物」と表 大村知事は、政治家の資質を疑われてる人物だ!感染して悩んでる人に「重たい荷物」とよく言えるもんだ 数々の失政を繰り返してきた大村知事が、愛知県民にとって重たい荷物だ! — 😅村雨豹介のひとこと言わせて! murasamehiyosuk 大村知事 重たい荷物 ってあかんやろ!! 批判の声が多かったのに全国区で懲りずに発言。 やはり都合の悪い意見は聞き入れていない証拠。 早く政府から緊急事態宣言してください。 いろんな意味で愛知は緊急事態です。 — gsk GskSll 大村知事の「重たい荷物」発言は、是非取り上げて追及して欲しい。 行政トップの資質を大いに査定すべきでは?住んでいる場所で、不安の度合いが違う不条理。 — タイガータイガー pAZP4OptwYpWURV 以前から東海の方の番組では「重たい荷物」と表現しているという情報もありました。 もしも大村知事がコロナ感染患者の方のことではなく、受け入れたこと自体を「重たい荷物」と表現しているのだとしても、やはり良くない表現ですね・・・。

次の

大村知事に高須院長が怒り露わ 「なめるんじゃない」

大村 知事 炎上

吉村知事と大村知事(公式サイトより) この国のマスコミやネットはいったいどういうリテラシーをしているのか。 吉村洋文大阪府知事と大村秀章愛知県知事のバトルのことだ。 しかし、ほんとうにそうなのか。 改めてバトルの経緯を検証してみたところ、まったく違う実態が見えてきた。 まず、メディアでは「大村知事が先に吉村知事に絡んだ」などと批判されているが、大村知事は別に、吉村知事に絡んだわけではない。 定例会見で、第二波が来たとき医療崩壊を絶対に避ける必要があると主張するなかで、「病院に入れないということと、それから救急を断るという、この二つはやっぱり医療崩壊ですよ。 それが東京と大阪で起きているわけですから、それはですね、よその国の話ではないんですね」と発言しただけだ。 しかも、その内容はしごく当然のものだ。 東京と大阪では実際に救急受け入れを停止する病院が複数にのぼり、明らかに通常の医療や救急医療に支障が出ていた。 第二波が来たとき愛知がこうした事態に陥ることのない体制を整えたいと表明するのは、県のトップとしては、むしろ評価すべき態度と言っていい。 また、大村知事は別の日の会見で、「愛知県は病院で受け入れ困難だった感染者数や救急件数などを情報公開しており、全国で同様の検証が必要」と語っていたが、これも、正論だろう。 ところが、この大村発言に吉村知事と松井一郎大阪市長が反発。 27日に、吉村知事はツイッターで〈大阪で医療崩壊は起きていません。 何を根拠に言っているのか全く不明です。 受け入れてくれた大阪の医療関係者に対しても失礼な話です。 東京もそうですが。 根拠のない意見を披露する前に、県は名古屋市ともう少しうまく連携したら?と思います。 〉と反論。 これ、コロナで多数の感染者を出している自治体の首長がするツイートなのか。 「医療関係者に対しても失礼」などと話をすり替えているが、失礼なのは、医療関係者が危機的状況と闘っているのに、そんな事態は起きていないかのようにふるまうあんたのほうだろう。 しかし、大村知事はこれにひるむことなく28日の会見で吉村知事に対してこう返した。 「違うんであれば違うということを、データをもって言われなければいけない。 (吉村知事は)ただ単に言い訳をしているに過ぎない。 自宅待機が2百何十人もいるというのは、病院に入りきれていないということですよね。 救急をお断りになっているということも、それぞれの病院が発表がされておられますから。 それが報道になっているのを、私は4月に拝察したので」 すると、吉村知事が28日、ツイッターでこんな反論を連投したのだ。 〈大村知事「ただ単に言い訳」って酷いね。 確認したら、大阪の3次救急の4病院で一部救急停止したことを「医療崩壊」と言ってるらしいが、全く違う。 これは4月21日救命センター長会議において、3次救急、特定機能2次救急 65病院 で救急受け入れ余力可能数を算定し 215名 、〉 〈その範囲で公立4病院の救急を一時停止し、コロナ重症患者の治療に専念したもの。 よって、役割分担をしてコロナの重症者にも、その他の救急にも対応した計画的措置。 救急を断るものでも、「医療崩壊」でも何でもない。 大村知事が事実関係も調査せずに、「大阪や東京は医療崩壊!」って謝罪もんだよ。 〉 〈公立4病院でコロナ重症患者の治療の為に一部救急停止を決めたのは、4月7日〜順次段階を追って進めていったが、4月21日のセンター長会議で、受け入れ可能数を算定、大阪全体でのコロナ重症患者の治療と他の救急との受け入れ可能数を総合調整。 重症者の救急断り、オーバーフローは起きていないよ。

次の