益々のご活躍を祈念しております。 「益々のご活躍をお祈り申し上げます」の使い方!場面別テンプレ付き

「ご活躍を」の例文・目上の人への使い方・敬語|後輩/異動

益々のご活躍を祈念しております

祈念とは、「祈る」と「念ずる」が組み合わさっていることからも連想されるように、心を込めて祈るという意味です。 本来は、神仏に対して心を込めて祈るという意味に用いられます。 ですので、宗教的な儀式で使う祈念は、正しい使い方だといえるでしょう。 他にも、ビジネスでの手紙やスピーチ、大事な取引先へのあいさつなどでも用いられます。 葬儀などの挨拶では用いない 祈念と似たような意味と使い方をする言葉に「お祈り申し上げます」があります。 これは、「祈る」の敬語で、心から祈るという意味では祈念と同じ意味を持ちます。 ただし、「お祈り申し上げます」は、「ご冥福を心よりお祈り申し上げます」のように葬儀の際に使われますが、祈念を同様に葬儀のあいさつとして使うケースはありませんので、区別して使いましょう。 成功や活躍を祈る際に用いられる 話し言葉と違い、手紙やメールなどで書く場合には、意味をしっかり知っておきましょう。 加えて、祈念の正しい使い方にも注意しなければなりません。 ポイントとしては、心から祈っているかどうかを表しているかどうかです。 基本的に相手の成功や活躍、発展、回復を祈念するというような使い方であれば問題ありません。 祈念は目的の達成を祈る意味で使う 祈念は、なにか目的があって、その目的の達成を祈る意味で使うのが正しい使い方です。 相手への挨拶として、「貴社のますますのご活躍を祈念いたします」という使い方がされます。 また、病気で療養中の相手にお見舞いに行くときに「一日も早いご回復を祈念します」という使い方もあるでしょう。 さらに広い意味で「世界平和を祈念する」という使い方もします。 強い決意を表す意味で用いられる 祈念は、目的の達成に対するより強い決意を表す意味での使い方もあります。 似たような意味をもつ言葉に「祈願」がありますが、こちらは宗教色が強い言葉で、神仏に願をかけるような使い方がされます。 ビジネスなどにおいては、宗教的な儀式でない限りは祈念を使う方が多いでしょう。 「会社の売上達成を記念する」「プロジェクトの成功を祈念する」などの使い方をします。 「祈念」と「記念」は発音が似ているので注意が必要 やや初歩的なミスとして、祈念と記念の使い方を間違えるケースもありますので注意しましょう。 記念の意味や使い方は間違えないと思いますが、発音も一緒ですし似たような場面で使われるケースもありますので、念のため注意すべきです。 「会社の記念行事」と「会社の成功を祈念する行事」は似ているようで違いますよね。 簡単に「記念は思い出、祈念はお祈り」と区別して覚えておくと便利でしょう。 心を込めてお祈りするという意味の祈念は成功や活躍を祈る際に用いるのが正しい使い方 祈念は、日常用語としてはあまり使わない表現ですが、その意味を知れば、正しい使い方でスピーチを行ったり、手紙やメールなどの文章に使えるでしょう。 似たような表現や意味をもつ言葉とうまく使い分けるのも大事です。 同じ発音の「記念」や、似通った意味を持つ「祈願」との使い分けなどは特に覚えておきましょう。

次の

「新天地でのご活躍」は目上に使える?正しい使い方と例文を紹介

益々のご活躍を祈念しております

「ご活躍」をの使い方・注意点 「ご活躍を期待しています」は目上の人には使えない 「ご活躍」は誰に対しても使える言葉ですが、注意したいのが「ご活躍を期待しております」という表現です。 目上の相手に使う場合は、「ご活躍をお祈りいたします」や「ご活躍を祈念しております」を使いましょう。 「ご活躍」は個人に対して使い、団体・組織に対しては「ご発展」を使う 個人向けのビジネスメールでは「ご活躍」が役立ちますが、企業や団体に向けての文書やビジネスメールでは「ご発展」を使います。 「ご発展」は目上の人に使える言葉であり、 「今よりも良い方向へ進んでいく」「どんどん良くなっていく」といったプラスな意味合いで、縁起の良い言葉とされています。 「ご発展」は個人に対しても使うことができます。 「ご発展」の例文 ・貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます。 ・貴社が更なるご発展を遂げられますよう、祈念申し上げます。 「ご活躍」は目上だけでなく同僚や部下にも使える 「ご活躍」は目上の人だけでなく、同僚や部下など同等以下の相手にも使うことができます。 ビジネスメールや文章、スピーチの挨拶文、主に文末の締めの挨拶として使われることが多いですが、文頭の挨拶で使うこともあります。 文末の締めの挨拶では、プライベートであれば相手の健康や幸せを、ビジネスシーンであれば相手の活躍や繁栄を祈る気持ちを記します。 結びの挨拶をしっかり書くことでより良い印象になります。 「ご活躍ください」とは使わない 「ご活躍」を用いた言い回しは多々ありますが、「ご活躍ください」とは言いません。 「今後のご活躍」は相手のこれからを期待する場合に使います。 「ご活躍」を用いたフレーズと例文 目上の人に使える「ご活躍を祈念しております」 「ご活躍を祈念しております」は目上の相手にも使うことができます。 「祈念(きねん)」は「祈り念ずること」「いのり」「祈願」を意味し、「お祈りします」をよりかしこまった表現の言葉です。 ビジネス文書やメールの最後の言葉などでよく使われています。 例文 ・皆様のご活躍を祈念しております。 ・益々のご活躍を祈念いたしますとともに、皆様のご健勝をお祈り申し上げます。 年賀状や手紙で使う「ご活躍を願っております」「更なるご活躍をお祈り申し上げます」など ビジネスで関わっている相手への年賀状にも使えるのが「更なるご活躍をお祈り申し上げます」です。 また、「ご活躍を願っております」とややカジュアルな表現にすることでビジネスの相手でなくても使うことができます。 例文 ・よき新春をお迎えのことと、お喜び申し上げます。 ・昨年はひとかたならぬご厚情を賜り、誠に感謝申し上げます。 ・昨年中は大変お世話になりました。 退職する人には「新天地でのご活躍」「益々のご活躍を応援しています」 「新天地でのご活躍」は「新しい世界、環境、土地での活躍」という意味です。 異動、転職先などでの新しい活動の場所を表します。 主に、別れや送別での挨拶として用います。 ただ、ポジティブな意味合いを持っているので相手を送り出すときに使い、失脚だったりアクシデントによる離脱などネガティブな理由の際は避けましょう。 例文 ・今までありがとうございました。 ・突然のことで驚きました。 寂しくなりますが、新天地でのご活躍をお祈り申し上げます。 ・この度のご栄転、心よりお喜び申し上げます。 今後益々のご活躍を応援しています。 「ご健勝」は敬語になるので、 「(相手の)健康がすぐれていらっしゃる」といった意味になりビジネスシーンや、結婚式などお祝いの席などのスピーチで使われています。 目上や目下など立場関係なく使えますが、個人宛てで使う言葉なので、法人や企業などの会社に対する文書には適しません。 「ご健勝」は単体で使うことが多いですが、「ご活躍」と一緒に使うことも多くあります。 例えば、「皆様のご健勝とご活躍をお祈りいたします」といった場合は、相手がめざましく活動することと相手の健康を同時に祈っていますという意味になります。 例文 ・残暑の候、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 ・末筆ではございますが、今後の皆さまのご健勝とご活躍をお祈りしております。 「ご多幸」はスピーチや手紙などの締めの言葉として用いられます。 結婚式のお祝いの言葉や年賀状の新年の挨拶としても用います。 ビジネスシーンでの「ご多幸」は退職や転職などで別れるときにも使います。 ・新しい年が素晴らしい一年になりますよう、皆様のご健康とご多幸を心からお祈り申し上げます。 本年も何卒よろしくお願いいたします。 「ご活躍」の類語・言い換え 「ご盛栄」は栄えていることを祝う言葉 「ご盛栄」は 「ごせいえい」と読みます。 「盛栄(せいえい)」は、「商売などが盛んになること」「栄えること」を意味しています。 「ご盛栄」は相手方の商売が順調であることや栄えていることを祝うための丁寧な表現です。 「ご盛栄」は、基本的に組織に対して使う言葉ですが、個人であっても商売をしている相手であれば使用しても問題ありません。 例文 ・貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。 ・春暖の候、皆様におかれましては、ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。 「ご清祥」は相手の健康や幸せを願い喜ぶ言葉 「ご清祥」は 「ごせいしょう」と読みます。 意味は 「相手方の健康であることを祈り、幸せに暮らしていることを喜ぶ」言葉です。 「清祥(せいしょう)」は、「手紙文で、相手が健康で幸せに暮らしていることを喜ぶ挨拶の語」です。 手紙やメール、かしこまった場面の挨拶で使われます。 「ご清祥」は団体や組織に使うこともできますが、個人に対して使うことが多い言葉です。 例文 ・貴社ますますご清祥の由、心よりお喜び申し上げます。 ・皆様にはいよいよご清祥にお過ごしのこととお慶び申し上げます。 「ご健闘」は相手を応援する言葉 「ご健闘」は 「ごけんとう」と読みます。 「健闘」は「よく頑張ってたたかうこと」「屈せずに努力すること」を意味します。 「ご健闘」は「頑張ってください」「困難に屈しないで精一杯努力してください」という意味になります。 転職する人や、退職する人、新しい役職に就く人などを応援する言葉として使われます。 例文 ・この度のご就任おめでとうございます。 今後も益々のお力を発揮することかと思います。 ・新しい環境での益々のご健闘を心よりお祈り申し上げます。 「ご隆昌」は相手が栄えいてることを褒め称える言葉 「ご隆昌」は 「ごりゅうしょう」と読みます。 「隆昌(りゅうしょう)」は、「勢いの盛んなこと」「栄えること」を意味しています。 「ご隆昌」には「相手を褒め称える」というニュアンスが含まれるので、取引先とのメールや手紙でのやりとりの際に使うことができる言葉になります。 ただ、「ご隆昌」は「調子の良いこと」を意味しているので、取引先の状況によっては使用するのに相応しくない場合があるので注意しましょう。 「ご隆昌」は「経済的に一層発展し、繁栄している」という意味合いになるので、主に組織に対して使います。 例文 ・貴社ますますご隆昌の趣、大慶至極に存じます。 ・立冬の候、貴社ますますご隆昌のこととお喜び申し上げます。 「ご隆盛」は相手が栄えていることを称える言葉 「ご隆盛」は 「ごりゅうせい」と読みます。 「隆盛(りゅうせい)」は、「勢いが盛んなこと」「大いにさかえること」を意味しています。 「ご隆盛」は「多いに勢い盛んに栄え、経済的に豊かである」という意味合いで、相手方の繁栄している現在の状況を喜び称えるお祝いの挨拶です。 「ご隆盛」は主に組織に対して使う言葉ですが、個人に対しても使うことができます。 例文 ・貴社ますますご隆盛の趣お慶び申し上げます。 ・初秋のみぎり、ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご高配にあずかり、厚くお礼申し上げます。 文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。

次の

新天地でのご活躍を含む目上に使える例文5選|「新天地での」の意味や類語も

益々のご活躍を祈念しております

「新天地でのご活躍」の正しい意味は 「新天地でのご活躍」の意味 「新天地でご活躍」の「新天地」という部分は、「新しい世界」や「新しい環境」を指す意味です。 天と地が世界を表すことにより「今までに無かった新しい世界・様子」を「新しい天地」すなわち「新天地」という言葉で表しています。 この「新天地」に行って活躍するという意味で、「新天地でのご活躍」という表現になっているのです。 この後に続く文として、「新天地でのご活躍」をどうするのか?という内容を後ろに付けて、挨拶や送る言葉としての意味が完成します。 「新天地でのご活躍」を使う場面 ビジネスシーンにおいて「新天地でのご活躍」を使う場面は、新しい世界で活躍する人、今の場所から離れ行て行く人、つまり転勤や転職、異動などによって現在の職場を離れて行く人に送る言葉として使われます。 見送る側からのお別れの挨拶として使うのが一般的です。 「新天地でのご活躍」を使って良い時と悪い時 「新天地でのご活躍」を使っても良い時 ビジネスシーンにおいて「新天地でのご活躍」は、転勤や転職、異動の際に送る言葉として使われますが、次の異動先や、転職先などはっきりと行き先が決まっている人に対して使う事ができる表現です。 稀に結婚や出産を機に家庭に入るために退職される方がいます。 この場合も新しい生活という意味で「新天地でのご活躍」という表現を使う事ができます。 ポイントとしては 「前向きな理由」で 「行き先が決まっている人」に対して使う表現として覚えておきましょう。 「新天地でのご活躍」を使ってはいけない時 それでは、「新天地でのご活躍」を使ってはいけない場合はどのような時なのでしょうか。 退職後のはっきりとした行き先が決まっていない場合や、ケガや病気による退職の場合などには「新天地でのご活躍」を使うのはタブーです。 また左遷や更迭に伴う異動などが明確に周知されている場合には、「新天地でのご活躍」は避けるべき表現です。 「新天地でのご活躍」を目上(上司)に使う場合の注意点 「新天地でのご活躍」という表現は目上に使える まず「新天地」に関しては「新しい世界」という意味なので問題はありません。 「ご活躍」に関しても敬語表現なので問題はないでしょう。 「新天地でのご活躍」という表現自体は、目上の方や先輩に対して使うのには問題はない事がわかります。 「新天地でのご活躍」の後に付ける表現が重要 目上の方や先輩に対して使う場合に注意が必要なのは「新天地でのご活躍」の後に付ける、自分の気持ちを表現する文章にあります。 例えば「新天地でのご活躍を期待します」という表現では、「活躍を期待する」つまり「成果を出すことを期待する」という意味になります。 目上の方に対して「成果を出すことを期待する」という表現は失礼にあたるので使う事はできません。 「お祈り」や「ご祈念」を使って適切に表現する 目上の人に対して「新天地でのご活躍」の後に付ける適切な表現としては、「お祈り」や「ご祈念」などを使うと失礼に当たらずに気持ちを表す事ができます。 「新天地でのご活躍を心からお祈り申し上げます」という表現にすると、「心から」の部分で気持ちが伝わりやすくなり、更に「申し上げます」という謙譲語を付け加える事で、目上の方や先輩に対して使う適切な表現となります。 「新天地でのご活躍」の例文 同僚や目下の人に使う場合• 新世界でのご活躍を期待します• 新世界でのご活躍をお祈り致します• 新世界でのご活躍をご祈念致します 目上の人に使う場合• 新天地でのご活躍をお祈り申し上げます• 新天地でのご活躍を心よりお祈り申し上げます• 新天地でのご活躍ををご祈念申し上げます• 新天地でのご活躍を心よりご祈念申し上げます 「新天地でのご活躍」の類語 「新天地でのご活躍」の色々な表現の仕方• 新しい環境でも必ず活躍すると期待しています• 新しい職場でも頑張ってください• 新たな勤務地でも活躍されることを願っております• 新任地でも頑張ってください• 新境地での活躍を期待しております 「新天地でのご活躍」目上の人に使う場合の言い回し• 新天地でのご発展をお祈り致します• 新しい環境での益々のご健勝とご発展をお祈り申しげます• 新任地でのご活躍とご発展を祈念致します• 新たな勤務地でのご活躍をお祈り申し上げます 自分が異動する場合に使う応用の仕方 送る側としてではなく、送られる側として挨拶をする場合にも「新天地でご活躍」を応用する事ができます。 お別れの場の挨拶の際や、感謝のお礼状、送られた翌年の年賀状などにも使えるので覚えておくと便利です。 新天地でも頑張ります• 新天地でも活躍できるよう頑張ります• 新天地での活躍の応援をよろしくお願いします• 新天地で頑張っています• お陰様で新天地での活躍の場をいただきました まとめ 「新天地でのご活躍」の正しい使い方や言い回しをみてきました。 使って良い時と悪い時の区別としては、転勤や転職など「前向きな理由で行き先が決まっている人」に対して使うという事がポイントです。 目上の方や先輩に対して使う場合や、同僚や部下などに使う場合には「新天地でのご活躍」の後に続く文章に注意して使い分けをしなければいけません。 一方自分が送られる側としても、挨拶やお礼状、年賀状などに応用できる言葉として使えます。 このように「新天地でのご活躍」を使う場合は、送る人の立場、行き先、異動理由を考えて適切に使わなければいけないという事がわかりました。 社会人にとって挨拶は最も重要な仕事の一つです。 適切な表現を適切な場面で使いこなせるよう、日々知識を広げる努力を続けましょう。

次の