龍が如く7 久米 その後。 【龍が如く7】低確率で登場!にぎにぎ全制覇の全場所《画像付き》でご紹介♪

龍が如く7のストーリーネタバレ!続編「龍が如く8」発売の可能性はある?

龍が如く7 久米 その後

なんといっても本作のポイントは、主人公が桐生一馬から春日一番へとバトンタッチされ、さらにはゲームジャンルがアクションアドベンチャーからドラマティックRPGへと変わったことだ。 その変化はシリーズのファンはもちろん、しばらくシリーズから離れていた人からも注目されるなど、大きな話題となっている。 なお、ドラマの根幹にかかわるネタバレはないのでご安心を。 ドラマは『龍が如く6 命の詩。 』のその後がしっかり描かれる! 『龍が如く7』は主人公、ゲームジャンル、舞台とあまりにも多くのことが変わっているため「すべてリセットされたのでは?」と思っている方も多いはず。 だが、本作にはシリーズだからこそ生きてくる設定が多数あり、ファンならば絶対にその先が観たくなるドラマが用意されている。 もちろん本作でも関東最大の極道組織・東城会、そして関西最大の極道組織・近江連合がキーであることに変わりはなく、冒頭は春日が東城会系荒川組の組員だった2000年からスタートする。 そして翌年の元日、荒川組組長・荒川真澄の申し出を受けてカタギとなったうえで、殺人を犯した兄貴分の身代わりとして出頭し、その後は18年間収監という流れに。 やがて時代は『龍が如く7』の舞台となる2019年へ。 この間は春日自身の歴史に大きな動きはないが、じつは服役中の2015年から2016年にかけて、東城会は中国系マフィアの祭汪会と抗争が勃発 『龍が如く6』。 そしてその抗争後に警察により行なわれた「神室町3K作戦」という施策により、東城会は崩壊し、神室町の勢力図は一気に近江連合一色に塗り替えられてしまう。 そんななか、出所して神室町に戻った春日は、東城会壊滅の状況を作り出した張本人が荒川真澄であるという事実を聞かされるが、春日はそれを信じることができず、真意を確かめるべく、荒川の元へと向かうことに。 その結果、春日は荒川に撃たれ、目覚めると横浜・伊勢佐木異人町のホームレス街へと流れ着いていた……。 このように、本作のドラマは春日が東城会の組員として活動していた2000年、刑務所に収監されていた18年の間に起きた2015年以降の時代背景が根底にあり、脈々と続く「龍が如く」シリーズの血を継いだドラマだ。 シリーズを追いかけてきたファンならば、春日と同じ目線で「東城会をなぜ荒川は裏切ったのか?」と、その真実を知りたくなるだろう。 そしてその答えにたどり着いたときに、きっと「まぎれもなく本作はシリーズの正統続編だ」と、大きな感動を得られるはずだ。 人間性が高い新主人公・春日一番という男! これまでシリーズの顔であり、まさに「龍が如く」の代名詞と言える桐生一馬。 あまりにも大きすぎる彼の偉業を前に、新主人公の春日一番はかすんで見えてしまうのでは? と心配する人も多いはず。 だが、まぎれもなく彼は主人公を張るだけの人間性を持ち、十分な魅力を持つ男だと断言できる。 春日一番 出演:中谷一博 喜怒哀楽の感情を素直に見せ、巧みな会話術で人々の心を動かしていく春日には、ドラマが進むにつれて好きという感情がグーンと増していくことは間違いないだろう。 春日とともに戦う頼もしき仲間は主人公と同じくらいの魅力あり! 紹介したように、春日と行動をともにする仲間は、春日という男を引き立てるのに欠かせない要素となっている。 ここではそんな仲間たちの魅力をお伝えする。 ナンバ 出演:安田顕 勤めていた病院の薬を闇で横流ししていたことから、看護師免許をはく奪され、「どん底の街」伊勢佐木異人町へと流れついたナンバ。 荒川真澄に撃たれ、意識を失っていた春日一番の命を救ったことをきっかけに、彼と行動を共にするようになる。 <ココに期待!> 春日との絡みでは中年同士の悲哀も感じられるが、その立ち振る舞いにはシビれるはず。 服装はちょっとアレだが、安田顕さんが演じるからこそ出せる色が、あらゆる場面でにじみ出ているので、間違いなく人気が出るだろう。 足立宏一 出演:大塚明夫 刑事課所属時代に担当した事件の真犯人をめぐり、当時の上司で現警視総監・堀ノ内十郎に楯突き、理不尽な左遷をうけた足立。 その後、堀ノ内の身辺を調べるなかで、彼と荒川真澄の賄賂疑惑にたどり着く。 そして、証拠を握っていると思われる荒川真澄に近づくため、春日一番と行動をともにすることに。 <ココに期待!> 足立は春日と出会った当時は刑事だったが、もろもろあって無職に。 彼なりの正義で行なったことが災いして今の立場に甘んじているが、決してあきらめない芯の強さにホレる人は多いはず。 野々宮からの信頼は厚く、店のママ業務も任されているほど。 とある事件をきっかけに、春日一番と知り合う。 <ココに期待!> 登場シーンはなかなかのインパクトながら、暑苦しい中年3人のなかにあっても存在感を出し続ける紗栄子。 精神的強さを持ちながら、ちょっと守ってあげたい女性的な一面を見せてくれるなど、男女問わず支持されるキャラクターだろう。 ハン・ジュンギ 出演:中村悠一 伊勢佐木異人町を牛耳る三大勢力「異人三」のひとつ、「コミジュル」の総帥であるソンヒの右腕として、共に組織を支える男。 理性的で穏やかな一面と、ヒットマンとして邪魔者を平然と排除する冷酷な一面を併せ持つ。 <ココに期待!> 立場をわきまえてけっして出しゃばらないが、総帥のソンヒを確実に支え続ける色男だ。 だが、距離が縮まると「こいつ、いい奴かも?」と、見方がだいぶ変わってくるだろう。 そして『龍が如く6』をプレイした人ならば気になるその正体とは……!? 趙天佑 出演:岡本信彦 伊勢佐木異人町を牛耳る三大勢力「異人三」のひとつ、中国マフィア「横浜流氓 はんぴんりゅうまん 」の総帥。 気さくでありながらも本心が読めない、食えない言動をする策士でもある。 戦闘における青龍刀さばきと、料理の腕前は超一流とのこと。 経営に行き詰まり、会社を閉めようと思っていたところを春日に励まされ、社長職を春日に譲り、秘書というポジションから共に会社の再建を目指すことに。 普段は冷静沈着な性格だが、予想外のことが起こるとテンぱって倒れてしまう一面も……。 <ココに期待!> えりは会社経営のエピソードを進めると仲間になるが、その過程のイベントは笑いあり、涙ありの展開で必見。 彼女の祖母とペットのコケコッ子 ニワトリ もいい味を出している。 なお、会社経営は第五章から解禁される。 春日の成り上がり人生にかかわるさまざまな顔を持つ人物たち! 春日一番には仲間以外にも多くの人物たちがかかわり、それぞれが複雑に絡み合うことでドラマに大きなうねりをもたらしている。 ここでは重要な役割を担う人物を、組織ごとに分類してピックアップ。 重要人物は仲間と同じく見どころも解説するので、こちらも注目してほしい。 近江連合 関西最大の極道組織で、現在は八代目が跡を継いでいる。 沢城丈 出演:堤真一 東城会時代より荒川真澄に仕える武闘派極道。 春日一番を毛嫌いしていて、18年の歳月が流れても、その嫌悪感は変わらない。 荒川が近江連合の若頭代行となってからは、近江連合直参幹部クラスと同等の権力を持っている。 <ココに期待!> なにかと春日にきつく当たるので、プレイヤーのほとんどが嫌悪を抱く憎まれ役。 ただ、それもすべて含めて彼の魅力になっている。 また、ここまで強面な堤真一さんを観られるのはなかなかないので、堤さんファンは乞うご期待! 荒川真澄 出演:中井貴一 かつては東城会の三次団体「荒川組」の組長だったが、東城会の内部情報を警視庁へリークしたことで、結果的に神室町からの東城会の排除と、近江連合の神室町進出に大きく貢献。 その功績が認められ、現在では近江連合内でも実質的なナンバー2である、若頭代行を任されている。 <ココに期待!> ヤクザの親分としてだけでなく1人の人間として、春日にとって憧れの存在でもある荒川真澄。 怖さや強さだけでなく優しさを含めた、とても大きな懐を持つ男だ。 これはもう中井貴一さんでないと演じられないキャラクターだろう。 こんな男、春日でなくてもホレてしまうんじゃないかと! 安村光雄 出演:鶴岡聡 通称・ミツ。 東城会系荒川組若衆時代の春日の唯一の弟分であり、強い絆で結ばれていた存在。 荒川組が東城会から近江連合に鞍替えした今も、荒川真澄に仕え続けている。 天童陽介 出演:田中美央 八代目近江連合若頭補佐直参龍童会会長。 元は名の知れたプロボクサーだったが、不祥事の末に極道の世界へと行きついた。 石尾田礼二 出演:速水奨 八代目近江連合若頭補佐直参石尾田組組長。 欲しいものは力ずくで手に入れようとする、破天荒な言動が目立つ武闘派極道。 異人三 横浜・伊勢佐木異人町を牛耳る「横浜星龍会」「コミジュル」「横浜流氓 はんぴんりゅうまん の三大勢力の総称。 外部勢力の付け入る隙がないその鉄壁ぶりは「肉の壁」と称されている。 【横浜星龍会】 横浜唯一にして最大の極道組織。 昔気質の生粋の極道・星野龍平が会長を務め、古くから横浜の裏社会を牛耳っている。 星野龍平 出演:金尾哲夫 横浜星龍会会長。 義理人情やメンツを重視し、昔気質の任侠道をひたすらに貫く生粋の極道。 この町の裏社会を長年にわたり牛耳り、外敵の侵略から異人町を守り続けてきた門番的存在だ。 高部守 出演:遠藤大智 横浜星龍会の若頭を任されている切れ者。 会長からも右腕として絶大な信頼を寄せられている。 クールな性格だが、敵には一切容赦をしない血の気の多さも併せ持つ。 【コミジュル】 多数の電線が建物に張り巡らされているため、拠点とする要塞は「蜘蛛の巣」とも呼ばれている謎のマフィア組織。 すべてが謎に包まれており、その全貌を知る者は誰もいない。 周囲の施設から膨大な量の電力を盗んでいるが、その用途も目的も一切不明。 ソンヒ 出演:武田華 謎の組織「コミジュル」を束ねる、美しい女性の総帥。 表に姿を見せることはほとんどなく、謎の権力者として伊勢佐木異人町の裏社会でも恐れられている存在。 【横浜流氓】 同胞以外をすべて敵とみなす、鉄の結束を誇る武闘派中国マフィア「横浜流氓」。 巨大飯店や貿易会社の経営などで、多くの利益を生み出しているとの噂だが、その金の用途は一切不明。 馬淵昌 出演:竹田雅則 組織で実質ナンバー2の参謀を務める男。 貿易会社を運営し、組織に潤沢な資金を供給しているやり手。 上昇志向が強く、総帥の趙をライバル視している。 創設者は現東京都知事の青木遼と、現代表の小笠原肇。 小笠原肇 出演:新垣樽助 ブリーチジャパン創設メンバーの1人で、代表の座を青木から受け継いだ男。 最近ではメディア露出も増え、知名度を高めている。 久米颯太 出演:平川大輔 伊勢佐木異人町でブリーチジャパンの活動を主導する男。 団体の理念に心酔し、そのためならば暴力的な行動もいとわないと考えている。 東京都知事 青木遼 出演:鳥海浩輔 NPO法人・ブリーチジャパンの創設者。 リーダーとして同団体を率い、のちに史上最年少で都知事に当選。 着任後は彼の主導で「神室町3K作戦」を実施。 東城会壊滅を成し遂げた、圧倒的人気を誇る政治家だ。 立場不明 荒川真斗 出演:鳥海浩輔 荒川真澄の一人息子。 出生直後に患った低体温症が原因で車椅子生活を余儀なくされた。 日常生活のサポートを任されている春日を下僕のように扱う反面、荒川組若頭・沢城丈には強い信頼を寄せている。 <ココに期待!> 最初の情報で感じた印象と、プレイしたあとのイメージがガラッと変わるであろう人物。 公開されているムービーでは、彼がとある人物であることが示唆されるが、そんなネタばれは前菜に過ぎないほど、彼と春日をめぐるドラマは熱い! 「龍が如く」シリーズを支えたレジェンドたち そして最後は「龍が如く」シリーズで、数々の伝説を打ち立ててきた3人の情報を公開。 桐生一馬 出演:黒田崇矢 元東城会四代目会長。 裏社会では知らぬ者がいない伝説の極道。 届け出上は、2016年で死亡したとされていた。 <ココに期待!> 画面に出るだけで絵が締まる! それくらいバツグンのオーラを放つ桐生。 バトルでは、ラッシュ、壊し屋、そして堂島の龍スタイルに切り替えるのが特徴だ。 衰えるどころか、ますますその強さに磨きがかかっていることを、桐生と対峙したプレイヤーはきっと思い知らされるだろう。 真島吾朗 出演:宇垣秀成 元東城会舎弟頭直系真島組組長。 警視庁の「神室町3K作戦」以降、消息不明だった。 「待っていました!」と声を上げた方も多いはず。 バトルでは足技とドスを組み合わせた怒涛の連続攻撃が持ち味で、狂犬っぷりを存分に味あわせてくれる。 冴島大河 出演:小山力也 元東城会直系冴島組組長。 真島とともに「神室町3K作戦」以降は消息を絶っていた。 <ココに期待!> 真島が出るなら兄弟分の冴島も! というファンの期待にバッチリ応えての登場。 そして真島と一緒にいる意味を、タップリと思い知らされるだろう。 なお、紹介した3人以外にも、東城会六代目会長の堂島大吾、そして近江連合の八代目近江連合若頭直参渡瀬組組長である渡瀬勝の登場も告知されている。 彼らはどのように春日たちの前に姿を現し、そして相まみえることになるのだろうか? その意味を知ることも、本作をプレイする楽しみのひとつであることは間違いだろう。 初回特典情報 『龍が如く7』の初回生産分には、3つの豪華特典が用意されている。 コラボブランドグッズは主人公「春日一番」をはじめとした各キャラクターや『龍が如く7』をイメージしてデザインされた、限定のレアグッズだ。 詳細はにて発表。 販売店別先着購入特典情報 対象店舗で本作を予約・購入すると、先着で店舗オリジナルの特典をもらえる。 DLC ダウンロードコンテンツ の特別衣装は一般配信の予定はなく、先着購入限定の特典。 詳細はで確認してほしい。

次の

龍が如くシリーズにおける年表

龍が如く7 久米 その後

背中には龍(応龍)の刺青。 裏社会では通称『堂島の龍』と呼ばれ、伝説の極道として知られている。 後に『伝説の極道』や『伝説の龍』などとも呼ばれる。 子供の頃は親がいなかったので、養護施設『ヒマワリ』にて錦山彰と澤村由美と共に育つ。 その後、育ての親である風間新太郎に習い、親友の錦山彰と共に極道の道へと進む。 龍が如く0では堂島組・若衆を務めてたが、カラの一坪の事件に巻き込まれて堂島組を破門。 覇権争いが収拾すると、ケジメを付けようと堅気から堂島組へ復帰した。 龍が如く極(龍1)では、関東を牛耳る極道組織『東城会』で、 東城会・直系堂島組・舎弟頭補佐を務める。 澤村由美に手を出そうしていた堂島組組長・堂島宗兵を錦山彰が殺害し、 その場に居合わせた桐生一馬が、親殺しの罪を被って10年間獄中生活を送る。 刑期を終えて神室町に戻って来ると、親友だった錦山彰の性格は変貌し、 消えた100億をめぐった、東城会の覇権争いによる内部抗争に巻き込まれた。 東城会・三代目会長が殺害されて空席となっていたが、会長の遺言状により、 最終的には桐生一馬が東城会・四代目会長に襲名した。 しかし、四代目会長はすぐに辞めてしまい、会長の座は寺田行雄に任せて、 極道から堅気に戻った桐生一馬は、沖縄で澤村由美の娘・遥と共に生活してた。 その後は、東城会や近江連合の抗争には度々巻き込まれた。 武闘派嶋野組の特攻役となる超武闘派の極道で、 身内のものであろうと、容赦なく暴力を振るう事から『嶋野の狂犬』の異名を持つ。 己の欲望に忠実で、そのためなら親の命にも背くこともいとわない。 髪型は七三分けで、蛇柄のジャケットを愛用している。 左目は上野吉春を襲撃しようとした際に柴田組に拉致されて、 ドスで左目を刺されて失っているため眼帯をしている。 背中や肩には『般若と白蛇』の刺青を入れている。 武器はドスを使った素早い動きで戦うのが特徴。 過去には野球バットやダンスをしながら戦ったりもしており、 最終的に踊りながらドスを使ったような、『嶋野の狂犬』のバトルスタイルが完成された。 龍が如く0の頃は、大阪・蒼天堀にあるキャバレー『グランド』のオーナーをしていた。 わずかな期間で人気店に押し上げた手腕のため、人々は真島のことを『夜の帝王』と呼んでいる。 真島吾朗は東城会の組織の意向に逆らった罪で『穴倉』で拷問された後、 極道社会から追放され、行動の自由を奪われ、強制的にグランドのオーナーをやらされていた。 元々はごく普通の性格だったが、龍が如く0で佐川や李、そして西谷誉の生き様に影響を受けて、 己の欲望に対して忠実になり、はっちゃけた性格になった。 桐生一馬を高く買っており、四六時中追い回すような異常ともいえる執着心がある。 予測不能な行動を取ることが多く、身内を混乱させることもしばしば。 真島吾朗の極道社会で世渡りしてきた親は、東城会・直系嶋野組・組長の嶋野太。 嶋野太は龍が如く極(龍1)で、芝浦の埠頭にいた風間新太郎を襲撃するも、 戦いの中で寺田行雄により射殺された。 親分である嶋野太が死んでからは、真島は東城会・直系真島組・組長になり、東城会を支えた。 東城会に入る前は先生になる夢を持っていたが、 血の繋がりはない妹『靖子』の治療費を稼ごうと、15歳で東城会系笹井組に入る。 真島吾朗とは昔からの兄弟分。 20歳の頃に上野吉春を一人で襲撃して組織18人を殺す (実際は弾丸がゴム弾が装填されてて、殺せていなかった)。 龍が如く4では、25年間は刑務所で過ごしたが、自ら起こした襲撃事件の真実を知ると、 刑務所で一緒になった浜崎豪と計画して脱獄。 そして真相を確かめようと神室町へ向かった。 エンディングでは東城会直系冴島組組長に昇格。 龍が如く5では、東城会の体制を盤石なものにしようと若頭就任を受諾したが、 その前にきちんと罪を刑務所で洗い流し、自らケジメを着けようと決意して、 北海道にある網走刑務所へ収監される道を選んだ。 ロン毛だった髪型から坊主刈りになる。 しかし、真島吾朗の死を聞いて、真相を確かめるべく脱獄して神室町へ向かった。 龍が如く6では、龍が如く5で網走刑務所を馬場茂樹と一緒に脱獄したため、 再び収監されている。 釈放後は東城会に復帰。

次の

龍が如く7 攻略

龍が如く7 久米 その後

注意事項 [ ] サブストーリーや、重要でない(人物の)出来事は記載しない事。 1940年代 [ ]• が独断で軍費を横領し全長300mを越える巨大戦艦「超大和級」建造を巌見造船に依頼するも、完成しないままが終結する。 (『』) 1960年代 [ ]• 、誕生。 、誕生。 、誕生。 異人町で偽札の運び屋を行っていた劇団の座長が偽札を持ち出される失態を犯したため、荒川親子が食事を取っていた平安樓に忍び込んでいたに殺害される。 この件によって一座は解散し、息子のは極道の世界に足を踏み入れる。 程なくして偽札を運び出した荒川よう子も愛人と共に始末された。 (『』) 1970年代 [ ]• 、誕生。 冴島大河の両親亡くなる。 その後、冴島大河はの義理の兄になる。 (『』)• 、当時、学生運動指導者を努めていたが警察に逮捕される。 同時期、世良勝とが知り合う。 (『龍が如く』)• 、、誕生。 真斗は荒川真澄に引き取られ春日は神室町のソープランド『』の店長春日次郎に引き取られる。 (『』)• 、内部で兄()がの幹部であることが理由でを受け警察を辞任する。 この事件をきっかけに譲二はへ移籍する。 (『』) 1980年代 [ ]• に所属するが、警察の内情を知るために入校し後に刑事になる。 (『龍が如く4』)• 、東城会による襲撃事件発生。 この事件により、ボスを含む真拳派構成員のほぼ全てが風間新太郎とによりされる。 この際に風間は若き真拳派構成員のとを逃がす。 同日、今回の事件を担当していたは、真拳派ボスの妻・とその息子(後にのとなる)を保護し、同担当刑事のと共に負傷した真拳派構成員・を関西へ逃がす。 (『』)• 、瓦次郎と鄭秀淵が同居。 後に結婚し二人の間に娘(後の)を儲ける。 その後、秀淵は真拳派構成員に殺害され、娘はの元へ預けられる。 (『龍が如く2』)• 、桐生一馬、錦山彰と共に中学校を卒業と同時にへと入る。 (『』)• 堂島組が東城会の直系組織に昇格する。 (『龍が如く』)• 、笹井組を東城会の直系組織とするため笹井組若衆の冴島大河が都内飲食店にて上野誠和会の組員20名を拳銃で襲撃。 直後に警察に出頭し、殺人容疑で逮捕された後、判決を受ける。 同日、真島吾朗が、葛城と繋がっていたに監禁され、構成員に抵抗し左目を刺され隻眼となる。 後日、この事件を調査していた谷村大義(の)が真相に辿り着いたため、杉内順次によって殺害される。 また、この事件で笹井組は解散となり、柴田組が直系組織に昇格する。 (『龍が如く4』)• 真島吾朗、冴島の件で東城会の意向に逆らったとして嶋野によって約1年間拷問を受けた後、のに引き渡され、の支配人として働かされるなど、ほぼ奴隷同然の扱いを受ける。 (『』)• が東城会の直系組織に昇格する。 (『龍が如く』)• 、風間新太郎、自身の賭場が警察によって摘発された影響で逮捕される。 (『龍が如く0』)• 、神室町21世紀再開発計画が始まり、この計画に必要な「カラの一坪」を巡って騒動が起こる。 同時期、桐生一馬が殺人事件の疑惑をかけられ、容疑を晴らすために堂島組を離れ、に勤める。 この騒動で、、などが死亡し、、も警察に逮捕される。 騒動後、世良勝が東城会若頭に就任、桐生は堂島組に、真島も嶋野組に復帰する。 (『龍が如く0』メインストーリー) 1990年代 [ ]• 真島吾朗とが出会い後に結婚する。 その後、子供を授かるも当時アイドルだった朴がアイドル活動を続けていく為に独断で子供をおろしたことが原因で離婚する。 (『』)• 、誕生。 世良勝、東城会三代目会長に就任。 (『龍が如く』)• 桐生一馬、偽造パスポートの交渉に不服であったに誘拐され、助けに来た新太郎が蛇華の構成員の攻撃を受け重傷を負う。 (『龍が如く』)• 、チーム「名古屋ワイバーンズ」に入団、ライバルであったも、「東京ギガンツ」に入団しプロ入りをする。 すぐに一軍登録されエースとなった澤田とは対照的に、品田は4年間生活を送ることになる。 (『龍が如く5』)• 春日一番、育ての親である春日次郎の死などを機に16歳の時に東城会系荒川組に入る。 (『龍が如く7』)• 右京龍也の母親が、働いていた店の経営者らとともににより死亡。 この事件で同じく経営者の父を失った娘(後の)が右京家の養子となり二人は義理の姉弟になる。 (『』)• 、錦山彰による殺害事件発生。 桐生は錦山をかばって警察に逮捕され殺人罪で10年間服役、堂島組からを言い渡される。 この事件を担当したは、事件に固執し過ぎたためからへ、事実上のとなる。 (『龍が如く』)• 堂島組が解散となりに吸収され、風間組が東城会の直系組織に昇格する。 同時期、錦山彰が風間の許可を得てを旗揚する。 (『龍が如く』)• 澤村由美、神宮京平との関係になり、を授かる。 (『龍が如く』)• 品田辰雄、一軍登録後、初打席でを打つも、野球関与事件の疑いでを永久追放され 、生活のために系のとなる。 また当時名古屋ワイバーンズのだったが前述の賭博事件を理由に監督を辞任する。 (『龍が如く5』)• 郷田仁、近江連合四代目会長に就任。 それと同時に郷田龍司に破門をつきつける。 (『龍が如く ONLINE』「黄龍放浪記」メインストーリー) 2000年代 [ ]• 桐生一馬、服役中に東城会の刺客によって襲われるも返り討ちにする。 (『龍が如く』)• 神宮京平が由美とのスキャンダルを嗅ぎつけたフリー記者を殺害、世良と共に証拠隠蔽を図る。 直後に由美と遥の抹殺を図るも風間により阻止される。 (『龍が如く』)• 澤村由美が「澤村美月」を名乗ってが経営するスナック「セレナ」で4年間働く。 錦山組、風間組から独立し東城会の直系組織に昇格する。 (『龍が如く』)• 、荒川組の若衆として活動していた春日一番は、荒川組組長・荒川真澄の申し出を受けてカタギとなった後、殺人を犯した若頭・沢城丈の罪を被り警察に出頭する。 (『龍が如く ONLINE』および『龍が如く7』)• 、近江連合の罠により警察に違反で逮捕され、5年間服役する。 (『龍が如く2』)• 狭山薫、をパスし、その約1年後、からの推薦を受けての(階級は)として採用される。 (『龍が如く2』)• 澤村美月(澤村由美)がセレナをやめ、スナック「アレス」を開店する。 (『龍が如く』)• 、強姦罪で警察に逮捕される。 (『龍が如く3』)• 、上司によって横領の罪を被せられをクビになる。 その後、潔白を証明するため再起を図るも失敗続きで全てを失い、にまで身を落とす。 (『龍が如く4』)• 、東城会の内情調査と乗っ取りを画策するの命を受けて潜入捜査官としてに入る。 (『龍が如く4』)• 、東城会100億円盗難事件発生。 この事件が発端となり、現(三代目)東城会会長・世良勝は錦山彰に暗殺(命じたのは神宮京平)され、100億円を巡る跡目争いが勃発。 風間新太郎、嶋野太、などが死亡し、澤村由美も愛娘・遥を庇い命を落とす。 錦山彰はケジメとしてミレニアムタワーを爆破させ、神宮京平と100億円とともに散る。 事件終結後、桐生一馬、世良勝の遺言及び風間新太郎の推薦を受け東城会四代目会長を襲名し義理を果たす。 同時に引退し、澤村遥と共に神室町を離れ堅気の道へ進む。 東城会五代目会長は、桐生自身の推薦もあり、が就任。 (『龍が如く』メインストーリー)• 12月、秋山駿、ミレニアムタワー爆破により空に舞った100億円の一部(約100万円)を拾う。 一時、そのお金を街のゴロツキに盗まれるが、金村興業の新井弘明に助けられ、以来、彼に一方的に肩入れするようになる。 その後、拾ったお金を元手に増額し「スカイファイナンス」を起業。 (『龍が如く4』)• 12月、100億円事件後、伊達真は警察を辞職し、一人娘・と共に暮らす道を選ぶ(後に京浜新聞社に就職)。 伊達の後輩刑事・は上層部に逆らい伊達に協力したことにより一課から四課への異動を命じられる。 (『龍が如く2』)• 先代を失った東城会の直系組織は、を、錦山組をがそれぞれ二代目組長を襲名。 跡目のいなかった嶋野組は錦山組に吸収された。 (『龍が如く2』)• 、真島吾朗、自身や柏木ら古参の者を排斥し、周りにしか置かない寺田の東城会と袂を分かち、を建設会社に変える。 (『龍が如く2』)• 、狭山薫がに昇進と同時に四課の主任となる。 (『龍が如く2』)• 、一輝がジングォン派に誘拐され監禁される(『龍が如く2』)。 、真拳派と近江連合による神室町侵略事件発生、東城会との抗争が勃発する。 この事件により、郷田仁、寺田行雄、などが死亡し、そして事件を追っていた瓦次郎は警察内部に潜入していたとの銃撃戦で相打ちとなり共に息絶えた。 また東城会・近江連合共に両者のトップの死により、五代目政権は幕を閉じた。 (『龍が如く2』メインストーリー)• 神田強、から出所し、その後、三代目錦山組組長を襲名する。 同時期、、神田からの紹介で東城会に足を踏み入れ、後にを旗揚し、直系組織となる。 (『龍が如く3』)• 、抗争事件終結後、桐生は「」の運営の為、遥と共にへ移住し、真島は桐生からの要請で東城会六代目会長に就任した大吾を支えるために東城会に復帰する。 また、桐生と行動を共にしていた女刑事・狭山薫は新設部署の教育係として米国へ転勤、四課に左遷されていた須藤は一課へ復帰など、今回の事件の内情を知りすぎた二人はそれぞれの希望部署に配属され口封じ的な昇進を受ける。 (『龍が如く3』)• 、桐生とが立ち退きをめぐって対立。 (『龍が如く3』)• 3月、による誘拐事件発生。 この事件を境に桐生と琉道一家が友好関係となる。 同時期、のとが沖縄を巡って対立する。 (『龍が如く3』)• 右京龍也、他校の生徒に重症を負わせ、でに入所。 (『クロヒョウ』)• 3月 、による、堂島大吾銃撃事件発生。 この事件により錦山組や白峯会などが桐生によってほぼ壊滅。 柏木修、峯義孝、などが死亡。 事件終結後、、今回の事件で全てを失い、その腹いせに桐生をナイフで刺し警察に逮捕される。 (『龍が如く3』メインストーリー) 2010年代 [ ]• の息子が賄賂によって順番を操作された生体肝移植を受ける。 同時に、の恋人・は本来受けられる筈だった治療を受けられず死去。 (『』)• 野崎亮がに接触。 阿修羅の急激な拡大と犯罪組織化が始まる。 (『クロヒョウ2』)• 、新井弘明による射殺事件発生。 この事件を巡って上野誠和会と東城会が対立し、警察上層部を巻き込む一大事件となる。 葛城勲、冴島靖子、杉内順次、宗像征四郎などが死亡。 事件終結後、伊達真、捜査一課の刑事に復職、谷村も生活安全課から捜査一課へ異動となる。 冴島大河、桐生と真島の推薦を受けて東城会直系冴島組を旗揚する。 (『龍が如く4』メインストーリー)• 、右京龍也、を裏稼業としている中華料理店「趙楽」を襲撃。 この襲撃後、趙楽オーナーの所属しているに捕まり、で10連勝をかけて戦うことになる。 龍也は、ドラゴンヒートでの戦いを通じてその裏で起こっていた自身にも関わる事件の真相に辿りつき、全てに決着をつける。 (『クロヒョウ』メインストーリー)• 12月、冴島大河、かつて自分の犯した傷害罪の贖罪として、自らに収監される。 (『龍が如く5』)• 鶴見正、に当選しになる。 (『クロヒョウ2』)• 3月、右京龍也、武者修行のため渡米し地下闘技場で戦いの日々に明け暮れる。 後にの大手「剛拳ジム」に目をかけられデビューを約束される。 (『クロヒョウ2』)• 6月、自身の夢を託せる逸材を求め各地を奔走していた、の芸能事務所「」の社長・朴美麗は、沖縄で澤村遥と運命的な出会いを果たし彼女に目を掛ける。 その後、その夢を叶えるため東京に向かい、スカイファイナンスのテストをクリアして3億円の融資を受ける。 (『龍が如く5』)• 12月、、網走刑務所に移送される。 (『龍が如く5』)• 3月、阿修羅による制圧作戦開始。 帰国しプロボクサーデビューを控えていた右京龍也は、ドラゴンヒートを守るためプロボクサーデビューを捨て、阿修羅との戦いに身を投じる。 龍也は、阿修羅との戦いを通じてその裏で起こっていた事件の真相に辿りつき、全てに決着をつける。 鶴見正、この事件を裏で操っていたことが明るみに出た影響で飛び降り自殺する。 (『クロヒョウ2』メインストーリー)• 4月、朴美麗に見出された澤村遥は、を目指し上阪し、ダイナチェアに所属するとともに大阪の高校へ進学。 同時期、遥の夢の妨げとなるため、自らアサガオを去り、福岡に移住していた桐生は、「」の社長・に目を掛けられ、永洲タクシーの社員となる(正体を隠すため「鈴木太一」の偽名を使用)。 (『龍が如く5』)• 6月、、末期のと宣告される。 (『龍が如く5』)• 6月、桐生とが出会い 、半ば強引に桐生のアパートに押しかけて世話を焼くようになる。 (『龍が如く5』)• 12月 、七代目近江連合会長・黒澤翼の危篤の凶報により、東城会と近江連合との均衡が崩壊、五大都市を巻き込んだ「東西全面戦争」へと発展する。 、などが死亡し、朴美麗も近江連合の跡目争いの鍵となる真島(元旦那)からの手紙を狙われ殺害される(警察は自殺と判断)。 事件終結後、馬場茂樹、罪を償う為に網走刑務所に再収監、冴島も贖罪の為に網走刑務所に再収監となる。 澤村遥、全てを打ち明けて芸能界を引退し、黒澤の息子・との死闘で負傷していた桐生一馬の元へ駈け付ける。 (『龍が如く5』メインストーリー)• 6月、桐生一馬、一命は取り留めたものの東西全面戦争の責任を負わされる形で逮捕され、遥やアサガオの子供たちのために過去の清算としてこれを受け入れて自ら刑務所に収監される。 (『龍が如く6』)• 12月、アサガオに戻り元の暮らしに戻っていた澤村遥は、「元極道に育てられた娘」と知られたことで日に日に増えていく誹謗中傷から、アサガオに迷惑がかかることを悟ってアサガオを離れて広島に向かう。 (『龍が如く6』)• 12月、神室町の亜細亜街一帯で火事が発生、そこに中国系マフィア「」がなだれ込み、東城会と勢力争いを始める。 秋山駿、祭汪会に目を付けられた影響で事業を休業しホームレスに戻る決断をする。 (『龍が如く6』)• 6月、東城会は、祭汪会との抗争で一般人にも犠牲者が出た事で警察から責任を負わされる形になり、上層部の大吾と真島が逮捕される。 (『龍が如く6』)• 12月、桐生一馬、出所してアサガオに戻った際に遥の失踪を聞き、探し求めてやってきた神室町で遥の事故と遥の息子だというの存在を知り、その謎を探るために遥が失踪中にいたとされる広島へと足を踏み入れる。 この騒動で、、、などが死亡し、騒動の黒幕であるも警察に逮捕される。 その後、桐生は自ら死を偽装し今回の騒動を収束させる。 (『龍が如く6』メインストーリー)• 12月末、警視庁が決行した『神室町新生計画』、東城会の資金撲滅を謳った浄化作戦でそのまま直系から末端まで容赦なく摘発。 片っ端からの摘発で東城会は資金難に陥る。 そして東城会6代目 堂島大吾の逮捕が決定打となり、東城会は壊滅。 『神室町新生計画』とは、警視庁と近江連合による共謀である『神室町乗っ取り計画』であり、これが事の真相であった。 (『龍が如く ONLINE』メインストーリー)• 極道の未来を憂う大吾と近江連合の渡瀬両名が東城会と近江連合の解散で意見を一致させるが、渡瀬が「使用者責任」の罪に問われ収監される。 同時期に名前を変え都知事となっていた青木遼が『神室町3K作戦』遂行のため実父荒川真澄に協力を要請。 大吾は『神室町3K作戦』を利用することを決め荒川に汚れ役を依頼し、敢えて東城会を壊滅させる。 (『龍が如く7』)• 春日一番、出所後に荒川組が近江のスパイとして神室町新生計画を手引きしたことを知り近江の若頭代行兼直参となった荒川と再会する。 口には出せないが荒川組長自身が何らかの理由から近江に与していると確信した春日は神室町を取り戻す為、そして親父である荒川組長を救う為に桐生の意思を継いだ秋山や協力者と共に近江の直参となり実質神室町を近江連合として支配している荒川組達に立ち向かう (『龍が如く ONLINE』メインストーリー)。 春日一番、出所後に近江連合若頭代行となっていた荒川に撃たれ、横浜伊勢佐木異人町に捨てられる。 どん底から這い上がるためもがき苦しみながら異人町の人々から信頼を獲得し、また自分を撃った荒川の真意に気付いていく。 その後蒼天堀の近江連合本部へ向かい、仲間とともに渡瀬勝の出所祝いの場での大吾・渡瀬・近江連合会長・荒川の連名での東城会と近江連合の解散宣言と、蒼天堀警察署への解散届の提出を手助けし、荒川と和解するも荒川は青木(荒川真斗)の手下に殺される。 騒動の黒幕である青木が死去し、警視総監であるも近江連合との癒着を露見した事で逮捕された後は、蒼天堀で警備会社を立ち上げた大吾の誘いを断り異人町に残る。 (『龍が如く7』メインストーリー) 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 龍が如く7の第9章で星野と荒川が北京ダックを初めて食べる機会があったのは50年前セリフから。 龍が如く3の第9章で田宮が譲二が警察を辞めたのが30年前というセリフから。 龍が如く4公式サイトの杉内順次で「現場一筋30年」という設定から。 使われた弾はゴムスタン弾で実際は気絶していただけで、防弾チョッキを着ていたが後から気絶していた組長以外の組員18名を射殺した。 龍が如く0公式サイトの風間新太郎で「半年前」という設定から。 真相は自身の部下であるが近江連合の幹部を殺害したことへの責任として、近江連合との戦争を避けるために真島組を解散したというものである。 (『』)• 渡瀬が出所するまでの間は青木を欺くために、の元で姿を隠していた。 出典 [ ]• 「龍が如く4 伝説を継ぐもの 完全攻略 極ノ書」 エンターブレイン、2010年5月15日発売• SEGA. 2019年9月16日閲覧。 「龍が如く 完全攻略 極ノ書」 エンターブレイン、2006年1月28日発売• 「龍が如く2 完全攻略 極ノ書」 エンターブレイン、2007年1月24日発売• 参考文献 [ ]• 「龍が如く 探究の書」• 「龍が如く 完全攻略 極ノ書」 、2006年1月28日発売、• 「龍が如く2 完全攻略 極ノ書」 エンターブレイン、2007年1月24日発売、• 「龍が如く3 完全攻略 極ノ書」 エンターブレイン、2009年3月30日発売、• 「龍が如く4 伝説を継ぐもの 完全攻略 極ノ書」 エンターブレイン、2010年5月15日発売、• 「龍が如くOF THE END 完全攻略 極ノ書」 エンターブレイン、2011年7月6日発売、• 「龍が如く5 夢、叶えし者 完全攻略 極ノ書」 エンターブレイン、2013年1月23日発売、.

次の