スイフト スポーツ マイナーチェンジ 2020。 2020年マイナーチェンジ スズキ 新型スイフト 2021 【新型情報・発売日・スペック・価格】

スズキ 新型 スイフト 一部改良 (マイナーチェンジ) 2020年5月25日発売

スイフト スポーツ マイナーチェンジ 2020

スズキ スイフト マイナーチェンジ 2021 スズキ スイフト マイナーチェンジ 2021 情報更新日:2020年5月17日 新型スイフトになって初めてのマイナーチェンジを実施。 2020年5月25日より発売。 内外装のデザインの変更が実施される予定です。 また新色「レイムオレンジパーメタリック」を追加設定。 主な変更・特長• ハイブリッド車(HYBRID SZ)• 後退時ブレーキサポート• 後方誤発進抑制機能• リヤパーキングセンサー• アダプティブクルーズコントロール[全車速追従機能付]• 車線逸脱抑制機能• 標識認識機能• ブラインドスポットモニター[車線変更サポート付]• 価格:2,087,800円 インプレッション動画 オフィシャル写真 新たにツートンカラーが選べるようになりました。 フレイムオレンジパールメタリック ブラック2トーンルーフ バーニングレッドパールメタリック ブラック2トーンルーフ スピーディーブルーメタリック ブラック2トーンルーフ ラッシュイエローメタリック シルバー2トーンルーフ バーニングレッドパールメタリック プレミアムシルバーメタリック スピーディーブルーメタリック ピュアホワイトパール スーパーブラックパール フレイムオレンジパールメタリック ブラック2トーンルーフ(スイフトスポーツ) バーニングレッドパールメタリック ブラック2トーンルーフ(スイフトスポーツ) スピーディーブルーメタリック ブラック2トーンルーフ(スイフトスポーツ) チャンピオンイエロー4(スイフトスポーツ) 価格 ガソリンモデル 【XG 2WD 5MT】1,535,600円 【XG 2WD CVT】1,540,000円 【XG 4WD CVT】1,697,300円 【RS 2WD 5MT】1,782,000円 【RS 2WD CVT】1,786,400円 【RS 4WD CVT】1,943,700円 ハイブリッドモデル 【HYBRID MG 2WD CVT】1,633,500円 【HYBRID MG 4WD CVT】1,790,800円 【HYBRID RS 2WD CVT】1,879,900円 【HYBRID RS 4WD CVT】2,037,200円 【HYBRID SZ 2WD 5AGS】2,087,800円 ボディーカラー ツートン仕様• バーニングレッドパールメタリック• スピーディーブルーメタリック• ピュアホワイトパール• スーパーブラックパール• スターシルバーメタリック フルハイブリッドの仕様追加 スズキ スイフト 2018 情報更新日(2017年7月6 日): マイルドハイブリッドのほかに、ソリオで採用されているフルハイブリッド仕様が、2017年7月12日登場しました。 ソリオよりも車両が軽いため、燃費はJC08モード 燃費32. オフィシャル写真 ハイブリッド用のメーターパネル。 【HYBRID SL】にはパドルシフトを装備。 発表・発売時期 発売:2017年7月12日 価格 【HYBRID SG】1,668,600円 【HYBRID SL】1,949,400円 エンジン 1.

次の

【スズキ新型スイフト】装備大幅充実!2020年5月25日マイナーチェンジ日本発売!最新情報、スイフトスポーツ、燃費、価格は?

スイフト スポーツ マイナーチェンジ 2020

スズキが、「スイフト」「スイフトスポーツ」のマイナーチェンジ発売を発表しました。 マイナーチェンジにより魅力をアップしたスズキ新型スイフトについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。 スズキ・スイフトは、ブランドの主力グローバルモデルとしてラインナップされ、ハイブリッドやスポーツモデルのスイフトスポーツをラインナップし人気になっています。 マイナーチェンジした新型スイフトでは、大幅に充実した装備や新デザインを採用することにより魅力をアップ。 販売スケジュールは、当初2020年4月16日の日本発売が予定されていましたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響から延期され、2020年5月15日に発表、5月25日に発売されます。 立体感を強めた新意匠の「フロントメッキグリル」、新デザインアルミホイールを採用• 2Lフルハイブリッド車を新グレード「HYBRID SZ」に統合• 1Lターボエンジンを搭載する「RSt」を廃止• 「後退時ブレーキサポート」、「後方誤発進抑制機能」、「リヤパーキングセンサー」のほか、「アダプティブクルーズコントロール[全車速追従機能付]」、「車線逸脱抑制機能」、「標識認識機能」、「ブラインドスポットモニター[車線変更サポート付]」、「リヤクロストラフィックアラート」を全車に標準装備• マルチインフォメーションディスプレイにデジタル車速表示を追加• オートライトシステムを全車に標準装備• 2トーンカラーの新色を設定• WLTCモード燃費に対応• 海外で発表されていた「スイフトスポーツ」マイルドハイブリッドの導入を見送り、1. 改良では、立体感を強めた新意匠のフロントメッキグリルを採用したほか、「XG」「HYBRID MG」グレードにシルバー塗装のアルミホイールをアップグレードパッケージとしてメーカーオプション設定。 ハイスペック!スズキ新型スイフトスポーツもラインナップ! スズキ新型スイフトには、最上位スポーツモデルとなるスイフトスポーツが設定されています。 搭載するパワートレインは、海外で1. 4Lターボエンジンに48Vマイルドハイブリッドを組み合わせた「スイフトスポーツハイブリッド」が発表されていましたが、日本への導入は見送られ、1. 4Lターボエンジンが継続搭載されています。 足回りには専用サスペンションを採用するほか、フロントのブレーキサイズを拡大し安定して高い制動力を獲得。 一体化したホイールハブとホイールベアリング、前モデルからトー剛性を1. 4倍、キャンバー剛性を3倍にアップしたリヤトレーリングアームなどにより、切れ味鋭い走りがつくられています。 ホイールベース:2450mm• 車重:840kg• スイフトスポーツでは、専用のエアロパーツにより全長を延長しているほか、全幅を1700mm以上まで拡大し走行安定性をアップすることで3ナンバーボディとなっています。 上質!スズキ新型スイフトの内装(インテリア)デザインは? スズキ新型スイフトの内装は、グローバルモデルとして質感が高められています。 また、マルチインフォメーションディスプレイにデジタル車速表示を追加することで使い勝手がアップされています。 インテリアはブラックを基調とし、トーンを変更することで落ち着いた空間に仕上げ。 コンパクトカーながらリアシートとラゲッジのスペースも大きくとられ、日常での使い勝手が高められています。 【ガソリン】 直列4気筒1. 0kgm トランスミッション:CVT or 5速MT• 【マイルドハイブリッド】 直列4気筒1. 0kgm モーター出力:3. 1kgm トランスミッション:CVT• 【フルハイブリッド】 直列4気筒1. 0kgm モーター出力:13. 1kgm トランスミッション:5速AGS• 【スイフトスポーツ】 直列4気筒1. 4kgm トランスミッション:6速MT or 6速AT• 3kgm トランスミッション:6速AT スズキ新型スイフトには、1. 2Lガソリンとマイルドハイブリッド、フルハイブリッドのほか、RStには1Lターボ、スイフトスポーツには1. 4Lターボエンジンが搭載されています。 電気モーターだけで走行できるようにすることで変速時におこる動力伝達切れの時間をなくし、クラッチで直接動力を伝達するマニュアルトランスミッションの効率の良さとダイレクト感ある走りを獲得しています。 4Lターボエンジンが搭載されています。 新世代となりあがった走りの質感が高い評価を受けています。 2Lガソリン JC08モード:21. 2Lマイルドハイブリッド JC08モード:25. 2Lフルハイブリッド JC08モード:28. スイフトスポーツ WLTCモード:17. 燃費値は1. 2LフルハイブリッドモデルでWLTCモード値23. 最新装備!スズキ新型スイフトの安全装備は? スズキ新型スイフトの安全装備には、改良された先進安全システム「スズキセーフティーサポート」が全車標準装備されています。 (レスオプションも設定) 「スズキセーフティーサポート」は、「デュアルセンサーブレーキサポート」のフロントガラスに設置されているセンサーとカメラにより、障害物のほか、前方の歩行者や車、走行レーンなども検知。 以前のシステムでは対応が難しかった、オートハイビーム機能も採用されています。 改良では新たに、後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」をはじめ、「後方誤発進抑制機能」、「リヤパーキングセンサー」を搭載。 その他、「アダプティブクルーズコントロール[全車速追従機能付]」、「車線逸脱抑制機能」、「標識認識機能[車両進入禁止、はみ出し通行禁止、最高速度]」も採用。 ハーテクトは、フルモデルチェンジしているアルトやワゴンR、バレーノなどにも採用。 構造や部品の配置を全面的に刷新することでアンダーボディーを理想的な骨格構造とし、基本性能の向上と軽量化を両立。 屈曲した骨格を最短距離で滑らかにつなぐことで、合理的かつシンプルな形状に。 前世代のモデルから曲げ剛性とねじり剛性を約30%向上しながらも、スイフトでは車重を840kgまで軽量化。 足まわりもHEARTECTに合わせて最適化され、前後のサスペンションストロークを拡大して乗り心地を向上。 フロントサスペンションとリアのトーションビーム式サスペンションは高剛性化が施され、操縦安定性が向上しています。 2Lガソリン• 2Lマイルドハイブリッド• HYBRID MG FF:1,633,500円、4WD:1,790,800円• 2Lフルハイブリッド• 4Lターボエンジン• スイフトスポーツ(全車FF) 6速MT:2,017,400円、6速AT:2,088,900 スズキ新型スイフトの価格は、前モデルから3万円ほどのアップになっています。 新型スイフトでは1Lターボエンジン搭載車を廃止したほか、1. 2Lフルハイブリッドモデルが新グレード「HYBRID SZ」に統合され、グレードが絞り込まれています。 XG(1. 2Lガソリン):1,343,520円~• XL(1. 2Lガソリン):1,555,200円~• HYBRID ML(1. 2Lマイルドハイブリッド):1,625,400円~• HYBRID SG(1. 2Lフルハイブリッド):1,668,600円~• HYBRID SL(1. 2Lフルハイブリッド):1,949,400円~• RS(1. 2Lガソリン):1,685,880円~• RSt(1Lターボ):1,704,240円~• HYBRID RS(1. 2Lマイルドハイブリッド):1,691,280円~• スイフトスポーツ(1. 4Lターボ):1,836,000円~ いつ?スズキ新型スイフトの発売日は? マイナーチェンジしたスズキ新型スイフトの発売日は、当初2020年4月16日が予定されていましたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響から延期され、2020年5月15日に発表、5月25日に発売されます。 スズキは、現行スイフトの発売から3年を迎えるのにあわせリフレッシュし、使い勝手の良さや質感を再度ユーザーにアピールする予定です。 「SWIFT」の車名の由来は英語の「軽快・快速」からとなっており、中国市場でも同じ意味を示す「雨燕」が採用されています。 なお、日本国外でスイフトの車名は、1980年代に発表された「カルタス」の輸出名として採用され、日本より長い歴史を持つ名称となっています。 海外向けの車名には、後継モデルが日本でも発売された「イグニス」が使用されました。 2002年にはエントリーグレード「SE-Z」を一律6. 3万円値下げしたことでスタート価格が79万円とされ、軽自動車をも下回る価格をアピール。 一般向けのほか、事業所や官公庁向けの公用車やパトカーとしても全国的に導入されました。 世界ラリー選手権のエントリーカテゴリである「JWRC(ジュニア世界ラリー選手権)」にも参戦したホットハッチ「スイフトスポーツ」は、現行車でも設定されるトップスポーツモデルとなっています。 グローバルで受けいれられる性能を盛り込んだ車体やプラットフォーム、デザインとしてすべてを新設計したことで、世界的人気車になりました。 ホイールベースを40mm拡大しトレッドも拡大したことで、直進安定性や乗り心地が高められました。 パワートレインには1. 2Lガソリンのほか、マイルドハイブリッドモデルを設定し、後に電気モーターのみで走行可能なストロングハイブリッドを設定。 新世代パワートレインとなる1Lと1. 4Lのダウンサイジングターボエンジンも搭載し、初代から一貫してマニュアルトランスミッションを設定していることで、コンパクトカーながら多彩なパワートレインを選択できるようになっています。 新型スズキ・スイフトについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の

【スイフト マイナーチェンジ情報 2020】延期で、5月15日にマイナーチェンジ!変更点は、カラー、グレード、安全装備

スイフト スポーツ マイナーチェンジ 2020

もくじ• 新型スイフトの発売日 新型スイフトの発表 日は、2020年5月15日、発売日は5月25日です。 元々4月に発表されるといわれていましたが、延期されました。 新型スイフト、マイナーチェンジでの変更点 新型スイフト、マイナーチェンジでの変更点は、以下の5点です。 ・グレード構成の見直し ・エクステリアデザインの変更 ・ツートンカラーの設定 ・予防安全装備の充実 ・その他の装備の充実 それぞれの内容について詳しく紹介します。 スポンサーリンク 新型スイフトのグレード構成 新型スイフトは、グレード構成が変更されています。 これまでのスイフトのグレード構成は、以下の7グレードでしたが、 ・XGリミテッド ・XL ・RS ・RSt ・HYBRID ML ・HYBRID SL ・HYBRID RS 新型スイフトのグレード構成は、 ・XG ・RS ・HYBRID MG ・HYBRID RS ・HYBRID SZ の5グレードに再編されました。 XG、RSは非ハイブリッド HYBRID MG、HYBRID RSがマイルドハイブリッド HYBRID SZがハイブリッドです。 0Lターボエンジンを搭載したRStは廃止されました。 新グレード、HYBRID SZ 新型スイフトでは、HYBRID SZグレードが新しく設定されています。 出典 HYBRID SZグレードは、RSグレードのような赤いアクセントラインは入っていませんが、RSグレードと同じアルミホイールが採用されるなど、ちょっとスポーティーなグレードという位置づけです。 <HYBRID SZの主な装備> ・スズキセーフティサポート ・16インチアルミホイール ・メッキフロントグリル ・サイドアンダースポイラー ・ルーフエンドスポイラー ・LEDヘッドランプ ・ハロゲンフォグランプ ・リヤフォグランプ ・フルオートエアコン ・6スピーカー ・運転席シートヒーター ・本革巻ステアリングホイール ・ステアリングスイッチ ・パドルシフト ・カラーマルチインフォメーションディスプレイ ・シルバーステッチファブリックシート ・助手席シートバックポケット スポンサーリンク 新型スイフトのカラーラインナップ 新型スイフトでは、あたらしいツートンカラーの設定など、カラーラインナップが変更されました。 新型スイフトに搭載されている安全装備は、全部で14個になりました。 出典 ・デュアルセンサーブレーキサポート ・後退時ブレーキサポート ・誤発進抑制機能 ・後方誤発進抑制機能 ・車線逸脱抑制機能 ・車線逸脱警報機能 ・ふらつき警報機能 ・標識認識機能 ・アダプティブクルーズコントロール ・ブラインドスポットモニター ・リヤクロストラフィックアラート ・先行車発進お知らせ機能 ・ハイビームアシスト ・全方位モニター用カメラ スポンサーリンク 新型スイフトの価格 新型スイフトの価格は、5~6万円ほど高くなっています。 <新型スイフトの価格> XG・・・1,377,200円~ RS・・・1,782,000円~ HYBRID MG・・・1,633,500円~ HYBRID RS・・・1,879,900円~ HYBRID SZ・・・2,087,800円 全く同じグレード名が引き継がれているものを比較すると、改良前のRSグレードは1,721,500円、HYBRID RSグレードは、1,977,800円でした。 新型スイフトの燃費 新型スイフトは、WLTCモード燃費も表記されるようになりました。 WLTCモード燃費と、JC08モード燃費を紹介しておきます。 搭載エンジン 新型スイフトでは、1. 0Lターボエンジンが廃止されましたが、1. 2Lエンジンのスペックは変わっていません。 1ps モーター最大トルク・・・5. 1kgm <1. 6ps モーター最大トルク・・・3. 全長4,000mm程度が多い他のコンパクトカーに比べると、少し長さが短いです。 スイフトのマイナーチェンジに関して新しい情報が入りましたら、また更新します。 車の買い換えを検討中の方へ お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。 以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。 必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。 スポンサーリンク.

次の