中学生 お年玉 いくら。 お年玉の相場いとこの子供、小学生・中学生・高校生のお年玉はいく...

お年玉の相場は小学生・中学生・高校生でいくら?

中学生 お年玉 いくら

現在は、お年玉=お金というイメージもありますが、そもそもお年玉とは、新年をお祝いするために贈られる品物のことを指すようで、年末に贈られるお歳暮とは違い、 目上の人が目下の人に贈るのが基本的なマナーのようです。 お年玉という言葉も、神棚に供えていた餅玉を与えていたことから 年玉=お年玉の名前がついたという説があるそうです。 そして昔の人は、神棚に供えた物には神様の分霊が宿るとして、供えた物を頂くことにより新たな生命力を得て、いい一年を迎えられるように備えていたといわれており、室町時代になるとお年玉=金品を贈る言葉として、扇子や茶碗など色々な物が贈られていたといいます。 そんな歴史あるお年玉ですが、現在のお年玉の相場はいくらなのか?小学生や中学生は?高校生は? 詳しくみていきましょう。 お年玉の相場は小学生はいくら? 小学生のお年玉の相場はいくらか?についてですが、まず小学生といっても1~6年生までの学年があり、それぞれの学年に対していくら贈れば良いのか?迷われてしまうかも知れません。 なので、まずは低学年と高学年に分けていくらが相場なのか?みていきます。 そして、お年玉を贈る子供が小学1年生だった場合は、お年玉の他にも入学祝いを贈るのを忘れないようにすると良いそうです。 入学祝いの例として、親戚の場合は5千円~1万円。 兄弟の子供や孫の場合は1万円。 友人や知人は5千円くらいが基本的な金額のようで、お年玉と入学祝いを贈る際は、お金を入れる袋は別々にした方が良いようです。 特に小学6年生の子供には、お年玉の他にも卒業祝いがあるようで、こちらも袋を別々にして渡し、平均金額はいくらか?というと1万円が妥当な金額のようです。 お年玉の相場は中学生はいくら? 中学生のお年玉の相場はいくらなのか?についてですが、こちらは中学1~3年生までは一律の金額となっているようで 5千円くらいが妥当な相場のようです。 さらに中学1年生の子供には入学祝いがあり、いくらが相場なのか?については、親戚の場合は5千円~1万円。 孫や兄弟の子供の場合は1万~2万円。 友人や知人の場合は3千円~1万円くらいが平均的な金額のようです。 そして中学3年生への卒業祝いはいくらか?については5千円~1万円くらいが妥当な金額のようです。 なお、卒業祝いや入学祝いも同様に子供へのお祝いに関するお返しは、子供が未成年であることからもお返しは必要ないそうです。 スポンサーリンク お年玉の相場は高校生はいくら? 高校生に贈るお年玉の相場はいくらか?についてですが、高校生は 5千円~1万円くらいが平均的な金額のようで、親戚関係なら1万円、知人や友人の子供なら5千円くらいが妥当な金額となっているようです。 そして、お年玉の他に高校1年生・3年生には入学・卒業祝いがあり、これらを渡す際の金額はいくらが相場なのか?については、どちらも1万円が一般的な金額のようですが、 中には高校生にはお年玉をあげる必要はないという声も多くあるそうです(笑)。 さらに高校生のお年玉の使い道については、服や福袋を買うという意見が最も多いようで、次に多いのが貯金。 そして化粧品を買うという意見もあるようです。 まとめ お年玉は、子供たちからみれば年に1度のワクワクするイベントではありますが、ふと、お年玉は何歳まであげればいいの?と思われる方もいらっしゃると思います。 お年玉を贈る側としては家族が増えれば増えるほど出費もふくらんでしまいそうですが、それでも毎年の子供の成長を楽しみに素敵な1年にしていきたいですね。

次の

お年玉の相場を子どもの年齢別にまとめました | おせちの通販ならOisix(おいしっくす)

中学生 お年玉 いくら

現在は、お年玉=お金というイメージもありますが、そもそもお年玉とは、新年をお祝いするために贈られる品物のことを指すようで、年末に贈られるお歳暮とは違い、 目上の人が目下の人に贈るのが基本的なマナーのようです。 お年玉という言葉も、神棚に供えていた餅玉を与えていたことから 年玉=お年玉の名前がついたという説があるそうです。 そして昔の人は、神棚に供えた物には神様の分霊が宿るとして、供えた物を頂くことにより新たな生命力を得て、いい一年を迎えられるように備えていたといわれており、室町時代になるとお年玉=金品を贈る言葉として、扇子や茶碗など色々な物が贈られていたといいます。 そんな歴史あるお年玉ですが、現在のお年玉の相場はいくらなのか?小学生や中学生は?高校生は? 詳しくみていきましょう。 お年玉の相場は小学生はいくら? 小学生のお年玉の相場はいくらか?についてですが、まず小学生といっても1~6年生までの学年があり、それぞれの学年に対していくら贈れば良いのか?迷われてしまうかも知れません。 なので、まずは低学年と高学年に分けていくらが相場なのか?みていきます。 そして、お年玉を贈る子供が小学1年生だった場合は、お年玉の他にも入学祝いを贈るのを忘れないようにすると良いそうです。 入学祝いの例として、親戚の場合は5千円~1万円。 兄弟の子供や孫の場合は1万円。 友人や知人は5千円くらいが基本的な金額のようで、お年玉と入学祝いを贈る際は、お金を入れる袋は別々にした方が良いようです。 特に小学6年生の子供には、お年玉の他にも卒業祝いがあるようで、こちらも袋を別々にして渡し、平均金額はいくらか?というと1万円が妥当な金額のようです。 お年玉の相場は中学生はいくら? 中学生のお年玉の相場はいくらなのか?についてですが、こちらは中学1~3年生までは一律の金額となっているようで 5千円くらいが妥当な相場のようです。 さらに中学1年生の子供には入学祝いがあり、いくらが相場なのか?については、親戚の場合は5千円~1万円。 孫や兄弟の子供の場合は1万~2万円。 友人や知人の場合は3千円~1万円くらいが平均的な金額のようです。 そして中学3年生への卒業祝いはいくらか?については5千円~1万円くらいが妥当な金額のようです。 なお、卒業祝いや入学祝いも同様に子供へのお祝いに関するお返しは、子供が未成年であることからもお返しは必要ないそうです。 スポンサーリンク お年玉の相場は高校生はいくら? 高校生に贈るお年玉の相場はいくらか?についてですが、高校生は 5千円~1万円くらいが平均的な金額のようで、親戚関係なら1万円、知人や友人の子供なら5千円くらいが妥当な金額となっているようです。 そして、お年玉の他に高校1年生・3年生には入学・卒業祝いがあり、これらを渡す際の金額はいくらが相場なのか?については、どちらも1万円が一般的な金額のようですが、 中には高校生にはお年玉をあげる必要はないという声も多くあるそうです(笑)。 さらに高校生のお年玉の使い道については、服や福袋を買うという意見が最も多いようで、次に多いのが貯金。 そして化粧品を買うという意見もあるようです。 まとめ お年玉は、子供たちからみれば年に1度のワクワクするイベントではありますが、ふと、お年玉は何歳まであげればいいの?と思われる方もいらっしゃると思います。 お年玉を贈る側としては家族が増えれば増えるほど出費もふくらんでしまいそうですが、それでも毎年の子供の成長を楽しみに素敵な1年にしていきたいですね。

次の

中学の入学準備 費用はいくら?子供の部活や塾、3年間に必要な金額は?

中学生 お年玉 いくら

Contents• アンケート結果からみる、中学生がもらうお年玉の相場は? 中学生に渡すお年玉の相場金額のアンケートが行われていましたので、そちらを参考に見ていきたいと思います。 次の円グラフは、2013年に行われた【中学生にあげるお年玉の金額は?】に対するアンケート結果です。 引用元: 1位が3,000円で38%、2位が5,000円で32%という結果でした。 中学生にあげるお年玉は3,000円以上が約70%を占めています。 次いで2,000円が10%、1,000円が8%。 こうやって見ると私がもらっていた額は一番高いんですね!?親と親戚に感謝です! 一般的には中学生にあげるお年玉の相場は 3,000円から5,000円というふうに考えるとよさそうですね。 しかしご家庭やその親戚の方々と取り決めをされていたりするケースもあると思いますので、 ご身内の方に一度相談せれてみてから決めていただくのが一番無難かもしれませんね。 学年ごとに渡すお年玉は金額を変えるのか? 中学生に渡すお年玉の相場はわかりましたが、同じ中学生でも1年生・2年生・3年生と学年があるわけで、学年ごとにお年玉の金額をわけているのか?と思う人もいるでしょう。 学年が上がるごとにお年玉の金額も上げていくのであれば、1年生から5,000円のお年玉をあげていると、2年生の時にいくらにするのか?3年生ならもっと上げないといけない?となりますね。 ということで、こちらも調べてみたところ、どちらかというと3年間同じ金額というのが多い意見のようですね。 中学1年生から中学3年生まで一律3,000円といった感じですね。 先ほど同じになりますが、やはりこれも 親戚の方と話をしてみて決めておいた方が無難でしょう。 親戚の子にあげたお年玉より親戚からもらったお年玉の方が多かった!?なんてことになると気まずいですからね。 同じ年代の子供にお年玉をあげるなら、同じ金額になるように事前に話し合あておきましょう。 まとめ 如何でしたでしょうか? 中学生にあげるお年玉についてみてきましたが、お年玉の相場としては 3,000円から5,000円で、中学3年間は一律というのが一般的のようです。 しかし、 一番無難なのは親戚の方々と事前に取り決めをしてルールを作っておいたほうが、どちらかの方が少なかったとか、多かったとか、そのようなトラブルを回避できると思います。 もうすぐ2016年も終わり新しい年が始まります。 早めに相談して決めておくように準備しておきましょう。

次の