猫用 ウェットフード。 子猫にウェットフードはいつから?安全な商品の選び方とおすすめフード10選

猫用ウェットフード キャットフード 猫缶商品一覧

猫用 ウェットフード

子猫の離乳食にウェットフードをあげよう ウェットフードはいつから食べられる? 生まれたての猫は、栄養をミルクから摂取します。 「いつフードに切り替えたらいいのか分からない」という飼い主もいるのではないでしょうか。 ミルクからウェットフードへ切り替える目安の時期は、生後3週目ぐらいでしょう。 3週目を目安に、子猫の体調を見つつ、少しずつ切り替えていきましょう。 人間と比べると「そんなに早く?」と思いますが、子猫の生後3週目ぐらいからが徐々に身体が大きくなり、どんどんと成長していくポイントの時期となります。 ウェットフードはいつまであげたらいい? 子猫のうちは、「総合栄養食」としてウェットフードから栄養を摂取するようすすめられています。 「ウェットフードはいつまであげたらいいの?」と疑問に思いますが、やめる時期の目安は簡単です。 それは、 「子猫が自力で水を飲めるようになった」かを確認してあげてください。 ウェットフードには多くの水分が含まれているため、自力で水を飲めなくても水分補給の代わりにもなります。 よって、子猫が自力で水を飲めるようになったらウェットフードをやめ、ドライフードに切り替えてください。 大きくなってから、再度ウェットフードをおやつとしてあげてもいいでしょう。 子猫用のウェットフードの種類 ウェットフードには主に3種類あります。 子猫の月齢にもよりますが、成長に合わせて変えてみたり、好みのものを見つけてみましょう。 シチュー・スープタイプ シチュー・スープタイプのウェットフードは、水分量が多めです。 歯が生えていない子猫や泌尿器系の病気の猫にもおすすめで、水分補給をさせたいときにも食べさせてあげましょう。 スープだけ残してしまった場合も、そこまで水分を摂取できるわけではありませんが、具材にスープが絡まり、食べる中で自然と水分を補給することができます。 パテ・ペーストタイプ パテ・ペーストタイプのウェットフードは、具材である肉や魚がすりつぶされ、ペースト状になっているものです。 歯が生えていない子猫や固いものを食べることができない猫、その他にも口腔内に病気のある猫や噛む力が衰えてきた老猫など、固い食べ物を食べることができない猫におすすめです。 ただし、 噛む力に問題がなく、一般のカリカリしたキャットフードに慣れている猫は、パテタイプのものが苦手という場合もあります。 フレークタイプ フレークタイプとは、ツナ缶のような感じで、肉や具材の形が残るウェットフードです。 シチュー・スープタイプやパテ・ペーストタイプのウェットフードに比べると食感があり、食べ応えを強く感じます。 多くの成猫は、このタイプのウェットフードを好みます。 しかし、「総合栄養食」と表示されたもののなかにフレークタイプは種類が少ないので、多くの製品の中から選ぶことはできません。 子猫用のウェットフードを選ぶ4つのポイント 添加物の少ない安全なものを選ぼう ウェットフードを選ぶ際には、 添加物をできるだけ避けて、天然由来の成分を使ったものを選ぶようにしましょう。 数多く存在する添加物の中には、危険性が認められているのに「ペットフードへの使用」という理由で、基準が緩くなり、含まれているものもあります。 全ての添加物がNGというわけではありませんが、 人間の体よりも小さい子猫に食べさせるものは、安心安全の「無添加」を選ぶことをおすすめします。 グルテンフリーのものを選ぼう グルテンフリーとは、穀物類(小麦、米、とうもろこしなど)を含んでいないウェットフードのことです。 本来、猫は肉食獣のため、穀物はほとんど食べず、胃での消化も苦手です。 ウェットフードも、グルテンフリー(穀物不使用)のものを選ぶことで、消化がよくなり、栄養バランスもとりやすくなります。 たんぱく質・脂質が多く含まれているものを選ぼう 子猫のうちは身体が小さいため、一度にたくさんの食べ物を食べることはできません。 そのため、 少量でも栄養価が高いものを選ぶようにしましょう。 子猫のうちは、身体を作る大切な時期です。 動物性たんぱく質である肉や魚、脂質が多く含まれていることを選ぶことで、筋肉や脂肪といった体の根本を作ることができます。 「総合栄養食」と書かれているものを選ぼう 子猫へのウェットフードを選ぶ際、表示に「総合栄養食」と書かれているかどうかをチェックしましょう。 によると、総合栄養食とは 「犬又は猫に毎日の主要な食事として給与することを目的とし、当該ペットフードと水だけで、指定された成長段階における健康を維持できるような、栄養素的にバランスのとれた製品」のことを指します。 総合栄養食のウェットフードを与えることで、子猫が健康に生きていける栄養素が摂取できるのです。 子猫におすすめ!ウェットフードランキング10選 【ロイヤルカナン】マザー&ベビーキャット ビタミン、ミネラルを多く含んだウェットフードです。 無添加、無着色、化学防腐剤フリーで遺伝子組み換え品も不使用です。 イタリアンレシピで、香りと風味が豊かなウェットフードです。 子猫はウェットフードで始めよう 離乳期の子猫にとって、食べやすく消化のいいウェットフードはおすすめの食事です。 ムース状からゼリー状のものまで、さまざまな種類があるので、子猫の成長に合わせて形状を変えていくのもいいですね。 また、肉から魚まで多くの素材から選ぶことが可能なため、飽きないように工夫してあげてください。 おやつにおすすめのウェットフードから、総合栄養食として必要な栄養素が全て詰まったものまで種類が豊富なのも嬉しいですね。 ぜひ、子猫にあったウェットフードを与えてあげてくださいね。

次の

ネスレのピュリナワン猫用ウェットフードが気になる?[レビュー]はこちら!

猫用 ウェットフード

カリカリとしたドライフードとは違い、水分量が多く柔らかいのが特徴的な「ウェットキャットフード」。 子猫や老猫でも食べやすく、食事から水分補給ができるため、水を飲むのが苦手な猫にも適しています。 また、ウェットフードを嗜好品として与えている飼い主さんも多く、普段ドライフードへの食いつきが悪い子でも「ウェットフードなら喜んで食べてくれる」という声を多く聞きます。 そんなウェットフードを購入後、どのように保存していますか?賞味期限が長いと言われているウェットフードですが、きちんと保存しておかないと徐々に劣化していってしまうんです。 そこで今回は、 ウェットフードの保存方法についての情報をまとめていきます。 ウェットキャットフードの保存方法 ウェットフードの保存方法まとめ• 高温多湿の場所は避ける• 開封後はなるべく破棄する• 冷凍も良いが味は落ちる ウェットフードを好んで食べる猫は多いですよね。 柔らかく食べやすいという事もありますが、 高タンパク・高脂質であり、さらに低炭水化物という猫本来の食性にとても近い事が理由として挙げられます。 また、ドライフードと比較したとき、一見ウェットフードの方が高カロリーに思われがちですが、実はたくさん食べても低カロリーな食事なんです。 他にも、ドライフードと混ぜて与えることで「食欲が落ちたとき」や「フードを変えたときに食べてくれない」といった問題を解決する為に与えられるケースも多く聞きます。 種類も豊富で、食感もツナ缶のようなものからスープタイプのものまで様々。 猫の食べる楽しみが増えること間違いないですね! 未開封だと長期保存が可能 そんなウェットフードは飼い主さんにもメリットが多く「一回分がわかりやすい」「持ち運びが楽」という点や、「長期間の保存が可能」などが挙げられます。 特に、長期の保存が可能という点では、 未開封であればドライフードよりも保存が効き、災害時の備蓄品としても活躍してくれます。 ウェットフードには、缶詰・アルミトレイ・レトルトパウチなどの容器に入っているものがほとんどですが、これら容器の形状に関わらず、保存をするときには保管場所の温度に気を付けなればいけません。 そこで、保存場所として避けたい4つのポイントが以下になります。 暖房器具の近く• 温度変化の激しい場所• 直射日光が当たる場所• 湿気が多い場所 これら注意点は、人が食べる缶詰食品の保存方法とまったく一緒なので、自分が食べるものとして考えて扱うと良いですね。 また、湿度が高くなり過ぎないよう、風通しの良い場所を選ぶようにしましょう。 もちろん、人の食品と同様に冷蔵庫で保存しても問題はありませんが、味の低下や缶詰であれば破裂する可能性もあるので、十分に注意しましょう。 ウェットフードの保存で一番気を付けなくてはならないのが、実は開封後の保存方法なんです!ウェットフードは約75%が水分で出来ているため、人間が食べる生ものと同じ扱いをしなくてはいけません。 そのため、開封後そのまま放置しておくと時間を追う毎にどんどん劣化が進んでいきます。 愛猫が食べ残したとき…そのまま置きっぱなしにしていませんか?なるべくなら、食べ残しは一回づつ破棄しましょう。 開封済みウェットフードの賞味期限は1日 とはいえ、「ほとんど手を付けていない」「大量に残したからもったいない」という場合は、ラップをかけて冷蔵庫に入れておきます。 ただし、 開封後の賞味期限は1日程度です。 たとえ冷蔵庫に入れたとしても、1日経過した場合は破棄しましょう。 子猫や老猫の場合、ウェットフード1缶を1食で食べられない場合もあるかと思います。 その際は必要な分だけを与え、残ったものはガラス容器やお皿などに移し替えて保存してください。 そのままの容器で保存すると菌が繁殖する原因になるので気を付けましょう。 こちらも、 冷蔵庫で保管できるのは1日程度です。 それまでに食べきるようにするか、残ったものは破棄してください。 ウェットフードを冷凍保存する 人の食材同様に、 残ってしまったものを冷凍保存する方法もあります。 容器に移し替え冷凍し、解凍の際はレンジで温めるのではなく、冷蔵庫に入れて自然解凍するようにしましょう。 そうすれば、味の劣化をかなり抑えられるようです。 ただ、 開封直後のものと比較すると香りや風味は確実に落ちていますので、猫の食いつき方は悪くなってしまうかもしれません。 ウェットフードを常温で放置しておくと、あっという間に酸化が始まります。 酸化したフードは、お腹を壊し下痢や嘔吐の原因となるだけではなく、脂質が酸化することで猫の細い血管に付着し動脈硬化やガンの原因にもなりかねません。 劣化したものを与えると結果的に猫の老化を早め、健康寿命を短くしてしまいます。 万が一「変な匂いがする」「変色している」というウェットフードがあった場合は、酸化し細菌が増殖している可能性が高いので絶対に食べさせず破棄しましょう。

次の

ウェットのキャットフードは安全?無添加でおすすめは?選び方のポイントは?

猫用 ウェットフード

子猫の離乳食にウェットフードをあげよう ウェットフードはいつから食べられる? 生まれたての猫は、栄養をミルクから摂取します。 「いつフードに切り替えたらいいのか分からない」という飼い主もいるのではないでしょうか。 ミルクからウェットフードへ切り替える目安の時期は、生後3週目ぐらいでしょう。 3週目を目安に、子猫の体調を見つつ、少しずつ切り替えていきましょう。 人間と比べると「そんなに早く?」と思いますが、子猫の生後3週目ぐらいからが徐々に身体が大きくなり、どんどんと成長していくポイントの時期となります。 ウェットフードはいつまであげたらいい? 子猫のうちは、「総合栄養食」としてウェットフードから栄養を摂取するようすすめられています。 「ウェットフードはいつまであげたらいいの?」と疑問に思いますが、やめる時期の目安は簡単です。 それは、 「子猫が自力で水を飲めるようになった」かを確認してあげてください。 ウェットフードには多くの水分が含まれているため、自力で水を飲めなくても水分補給の代わりにもなります。 よって、子猫が自力で水を飲めるようになったらウェットフードをやめ、ドライフードに切り替えてください。 大きくなってから、再度ウェットフードをおやつとしてあげてもいいでしょう。 子猫用のウェットフードの種類 ウェットフードには主に3種類あります。 子猫の月齢にもよりますが、成長に合わせて変えてみたり、好みのものを見つけてみましょう。 シチュー・スープタイプ シチュー・スープタイプのウェットフードは、水分量が多めです。 歯が生えていない子猫や泌尿器系の病気の猫にもおすすめで、水分補給をさせたいときにも食べさせてあげましょう。 スープだけ残してしまった場合も、そこまで水分を摂取できるわけではありませんが、具材にスープが絡まり、食べる中で自然と水分を補給することができます。 パテ・ペーストタイプ パテ・ペーストタイプのウェットフードは、具材である肉や魚がすりつぶされ、ペースト状になっているものです。 歯が生えていない子猫や固いものを食べることができない猫、その他にも口腔内に病気のある猫や噛む力が衰えてきた老猫など、固い食べ物を食べることができない猫におすすめです。 ただし、 噛む力に問題がなく、一般のカリカリしたキャットフードに慣れている猫は、パテタイプのものが苦手という場合もあります。 フレークタイプ フレークタイプとは、ツナ缶のような感じで、肉や具材の形が残るウェットフードです。 シチュー・スープタイプやパテ・ペーストタイプのウェットフードに比べると食感があり、食べ応えを強く感じます。 多くの成猫は、このタイプのウェットフードを好みます。 しかし、「総合栄養食」と表示されたもののなかにフレークタイプは種類が少ないので、多くの製品の中から選ぶことはできません。 子猫用のウェットフードを選ぶ4つのポイント 添加物の少ない安全なものを選ぼう ウェットフードを選ぶ際には、 添加物をできるだけ避けて、天然由来の成分を使ったものを選ぶようにしましょう。 数多く存在する添加物の中には、危険性が認められているのに「ペットフードへの使用」という理由で、基準が緩くなり、含まれているものもあります。 全ての添加物がNGというわけではありませんが、 人間の体よりも小さい子猫に食べさせるものは、安心安全の「無添加」を選ぶことをおすすめします。 グルテンフリーのものを選ぼう グルテンフリーとは、穀物類(小麦、米、とうもろこしなど)を含んでいないウェットフードのことです。 本来、猫は肉食獣のため、穀物はほとんど食べず、胃での消化も苦手です。 ウェットフードも、グルテンフリー(穀物不使用)のものを選ぶことで、消化がよくなり、栄養バランスもとりやすくなります。 たんぱく質・脂質が多く含まれているものを選ぼう 子猫のうちは身体が小さいため、一度にたくさんの食べ物を食べることはできません。 そのため、 少量でも栄養価が高いものを選ぶようにしましょう。 子猫のうちは、身体を作る大切な時期です。 動物性たんぱく質である肉や魚、脂質が多く含まれていることを選ぶことで、筋肉や脂肪といった体の根本を作ることができます。 「総合栄養食」と書かれているものを選ぼう 子猫へのウェットフードを選ぶ際、表示に「総合栄養食」と書かれているかどうかをチェックしましょう。 によると、総合栄養食とは 「犬又は猫に毎日の主要な食事として給与することを目的とし、当該ペットフードと水だけで、指定された成長段階における健康を維持できるような、栄養素的にバランスのとれた製品」のことを指します。 総合栄養食のウェットフードを与えることで、子猫が健康に生きていける栄養素が摂取できるのです。 子猫におすすめ!ウェットフードランキング10選 【ロイヤルカナン】マザー&ベビーキャット ビタミン、ミネラルを多く含んだウェットフードです。 無添加、無着色、化学防腐剤フリーで遺伝子組み換え品も不使用です。 イタリアンレシピで、香りと風味が豊かなウェットフードです。 子猫はウェットフードで始めよう 離乳期の子猫にとって、食べやすく消化のいいウェットフードはおすすめの食事です。 ムース状からゼリー状のものまで、さまざまな種類があるので、子猫の成長に合わせて形状を変えていくのもいいですね。 また、肉から魚まで多くの素材から選ぶことが可能なため、飽きないように工夫してあげてください。 おやつにおすすめのウェットフードから、総合栄養食として必要な栄養素が全て詰まったものまで種類が豊富なのも嬉しいですね。 ぜひ、子猫にあったウェットフードを与えてあげてくださいね。

次の