あつ た 蓬莱 軒。 あつた蓬莱軒

あつた蓬莱軒の予約や整理券。待ち時間と店舗の紹介。

あつ た 蓬莱 軒

先日、日帰りの出張で名古屋に行ってきた。 ひと仕事を終えた後、まだ少し時間があったので、名古屋名物でも食べてから東京に帰ることに。 こうなったら行くか……! ひつまぶし……!! 創業140年、名古屋市内に3店舗を構える ひつまぶしの老舗 「あつた蓬莱軒」。 言わずと知れた超が付くほどの有名店である。 口コミ等を読む限る凄まじい大行列だそうだが……もう決めたぞ。 私は今日、初の「あつた蓬莱軒」でひつまぶしを食らうッ! ・ひつまぶしの超有名店 市内に3軒ある「あつた蓬莱軒」の中で、今回私が選んだのは名古屋駅からもっとも近い 「松坂屋店」である。 地下鉄で10分程度と出張客も行きやすい立地だ。 駅直結の松坂屋10階に店舗はあった。 いくら行列店とは言っても、平日の夕方でまだオープン前だし余裕やろと思っていたら、店の前では すでに20人ほどが列をなしている。 マジかよ、さすが有名店……! 貼ってあった案内によると並び方はあらかじめ決まっていて、行列がフロア全体に及ぶことも どうやらありそうだ。 ・緊張の初来店 オープン後しばらくしてカウンター席に案内される私。 店内は高級感が漂い、秩序立った非常に良い雰囲気である。 特に理由はないが、 これは飲まざるを得ないだろう。 というわけで、瓶ビールの中瓶(税込750円)を注文し一人乾杯。 本当にありがとうございます。 さて、ひつまぶしは湯葉のお吸い物と漬け物が付いて 税込3990円となっている。 肝吸いに変更する場合はプラス250円とのことだ。 決して安くはない金額のため脳裏に一瞬サイゼのメニュー表がよぎるも、おひつのフタを開けるとそんな考えは彼方へブッ飛んでしまった。 キ…… キ、キキ…… キターーーーーーーーッ!!!! ・歓喜の瞬間 中には、うなぎがギッシリ詰まった至高のひつまぶしが……! くッ、なんちゅう眩しさだ! あまりに眩しすぎる!! このルックスだけでビールをもう1本イケそうではないか。 まだ食ってないけど、名古屋最高ォォォォオオオオ! on Jan 22, 2020 at 1:55am PST うな丼感覚でガツガツかっ込みたくなるのをグッと堪え、ここは正しい食べ方でうなぎに感謝を示していきたい。 はじめにおひつの中をしゃもじで 十文字に4等分します。 ・3通りの堪能法 そう、1杯目はありのままのうなぎの味を楽しむのです。 食べてみるとこれがまた、外はカリッ&中はフワッという完全無欠の仕上がりでして、もうこのまま全部食ったろうかなという気になってしまいました。 ひつまぶしとか関係あらへん。 それを再びグッと堪え、2杯目はねぎ・わさび・のりの薬味三銃士を 心のままバシがけ。 う、うめェ……。 特にうなぎとわさびの相性の良さは異常である。 うなぎの香ばしさ、そして上質なその旨みを、わさびがどこまでも引き立てるのだ。 これなら無限に食べられそう。 ていうか食べる! という衝動をまたまたグッと堪え、3杯目は薬味三銃士の上から出汁をかけて お茶漬けに。 うなぎの脂を出汁と薬味がサラリと洗い流し、上品な余韻だけを残していく。 まるで素晴らしい映画を観終わった後のような気分だ。 アタシ今、人生で一番幸せよ。 ・どうすればいいのか しかし、問題は4杯目である。 この3つの食べ方の中から一人だけを選ばねばならないという、『バチェラー』も真っ青な無慈悲展開。 私は一体誰を選んだらいいのか。 そもそも一人になんて絞れるのか。 果たして、自分はそこまでの男なのか。 選べない……。 こうして何度も何度も自問自答を繰り返した結果、最終的に私が選択したのは4分の1を さらに3等分して12分の1にし、それぞれを3通りの食べ方でもう一度楽しむという掟破りの荒技であった。 ナンバーワンにならなくてもいい。 もともと特別なオンリーうなぎ。 それはもはや食事ではなく、私とうなぎとの ある種の対話だったと言ってもいいのではないか。 ひつまぶしと向き合っている間は他のことなどを考えている余裕はなく、その後の食べ方も含め、常に100%うなぎに集中しなければならない。 周囲を見渡すと、一人客よりも誰かと一緒に来店している客の方が多いようだ。 皆、それぞれに会話をしながら食事を楽しんでいる。 だが私はこう言いたい。 それで本当にうなぎと言葉を交わせるのかと。 生命の力に満ち満ちたうなぎのすべてを受け止めきれるのかと。 ・孤独のグルメ まあ、突き詰めれば食事とはすべてそういう行為なのかもしれないが、特にひつまぶしに関しては うなぎとの対話が必要不可欠。 よって私は、 ひつまぶしとは一人で食べるべきものだと考える。 「あつた蓬莱軒」は、彼らの声を聞くのにこれ以上ない場所だった。 県外の方もぜひ足を運んでみてほしい。 もちろん、一人でね。 ・今回ご紹介した飲食店の詳細データ 店名 あつた蓬莱軒 松坂屋店 住所 愛知県名古屋市中区栄3-30-8 松坂屋名古屋店南館10F 時間 11:00~14:30、16:30~20:30(平日)、11:00~20:30(土日祝) 休日 不定休(松坂屋名古屋店に準ずる) 参考リンク: Report: Photo:RocketNews24.

次の

『あつた蓬莱軒のひぶまぶし弁当』by みるみるる : あつた蓬莱軒 松坂屋地下店 (あつたほうらいけん)

あつ た 蓬莱 軒

概要 [ ] の、の跡地に(明治6年)創業。 そのため本店は「陣屋本店」とも呼ばれる。 現在、本店を含めて名古屋市内に4店を擁する。 蓬莱の名は、昔熱田の地が蓬莱あるいは蓬莱島と呼ばれていた事にちなむ。 当初は単なる料理店であったが、明治末期に現在のひつまぶしに相当する料理を出したところそれが客に好評を博し、以来ひつまぶしが看板料理となった。 なお「ひつまぶし」は同店のである(昭和62年()登録・第1996631号)。 しかし、上記登録は拒絶査定不服の審決 不服2006-25186で拒絶されて有効ではない。 誰でもが「ひつまぶし」という名称の料理を提供でき、これは商標権の侵害ではない。 「ひつまぶしの店」として有名になったため、客の多くがひつまぶし目当てに訪れるが、現在でもあくまで日本料理店としてのスタンスを崩しておらず、ひつまぶし以外の単品メニューや会席料理などのコースメニューも豊富である。 当店における、ひつまぶしの起源 [ ] 鰻丼の出前で、空の丼を下げる帰途に割ってしまう事が頻繁にあったという。 頭を悩ました当時の店主・甚三郎(2代目)が、女中頭お梅の知恵を借りて、割れない木の器と数人分の鰻飯を入れたお櫃(ひつ)で出前するスタイルに切り替えた。 ただ、御飯の上に鰻を載せていると鰻ばかり先にとって、下の御飯が残り易くなってしまった。 そのため、また店主と女中頭が工夫を凝らし、鰻を細かく刻んで、御飯と混ぜるように変えたら、好評を博した。 そこで、出前だけでなく店内の会席料理としても提供し始めたのが、当店における ひつまぶしの起源である。 店舗一覧 [ ].

次の

あつた蓬莱軒 神宮店 (あつたほうらいけん)

あつ た 蓬莱 軒

スポンサーリンク あつた蓬莱軒本店の待ち時間の潰し方 おすすめの時間の潰し方は2通り。 待ち時間がどれくらいかによって、どう時間を潰すかは変わってきます。 熱田神宮に観光に行く(待ち時間:90分〜) あつた蓬莱軒本店〜熱田神宮までは片道徒歩15分ほど。 神宮の中をゆっくり見るためには、待ち時間が1時間半以上ある必要があります。 名古屋の観光スポットにもなっている熱田神宮は、パワースポットと話題の場所が宮中にいくつかあり、待ち時間も有効活用できますよ。 女性に人気の美肌にご利益がある「清水社」もみどころの1つです。 近くの喫茶店でコーヒーを飲む(待ち時間:60分未満) あつた蓬莱軒に電車で来た方で待ち時間が1時間程度の人は、近くにある喫茶店で時間を潰すのがおすすめ。 あつた蓬莱軒本店から歩いてすぐのところにある昔ながらの喫茶店。 ) これぞ、喫茶店!という雰囲気の中美味しいコーヒーがいただけました。 名古屋は喫茶店のモーニングも有名、コーヒーを頼むと「モーニングは食べますか?」と聞かれましたが、この後にひつまぶしが待っているため遠慮しておきました。 モーニングの代わりに、バタピーがついてきました。 (こういうサービスって嬉しい!) あつた蓬莱軒の待ち時間が1時間程度の人にはかなりおすすめです。 あつた蓬莱軒の一半ひつまぶしの量が半端じゃない 喫茶店で1時間過ごし、ついに受付時間になりました。 陣屋を利用しているあつた蓬莱軒本店は、かなり広々としています。 店内は、靴を脱いで上がります。 この色のついた番号札が、受付時に渡されます。 色によって、案内時間が分けられているようでした。 案内時間に行くと店員さんが受付を済ましている人の名前を呼んでくれ席へ案内してくれます。 席は、座敷とテーブル席がありました。 (私はテーブル席。 ) 写真とは全く違う雰囲気の部屋があったりと、どこに案内されるかも楽しみの一つです。 あつた蓬莱軒のメニュー 定食メニュー以外にも、単品メニューも結構ありました。 鰻だけなんかと思っていたら、刺身定食やてんぷら定食もあってちょっとびっくり。 今回は、欲張って注文。 うまき• 一半ひつまぶし をいただきました。 甘めのお出汁が特徴のようで、味もしっかりめ。 個人的には、もう少し甘さ控えめの方が好きかな。 あつた蓬莱軒の一半ひつまぶし 注文後20分くらいで、念願のひつまぶしがやってきました。 わくわくしながら、蓋をあけます。 たっぷり鰻の量にびっくり!さらに下のご飯の量も半端なくたっぷり。 (軽くお茶碗3杯分くらいありそう・・) ちなみに、こちらの写真は一半ひつまぶしをご飯だけ普通の量でお願いしたもの。 これでも、すごいボリュームです。 メニューにある「ひつまぶしの召し上がり方」を参考にいただきます。 補足 「ひつまぶし」という言葉、あつた蓬莱軒の登録商標だそうです。 考えてみると、他店では「櫃まぶし」と表記されているところばかりでした。 細かく刻まれた鰻がびっしりと引き詰められて、食欲をそそります。 ひつまぶし定食には、汁物・お出汁・漬物・薬味がついています。 あつた蓬莱軒の正直な感想 まずはそのまま食べてみました。 美味しい、だけど感動的な美味しさではありません。 タレが結構甘めで食べ進めると結構、味に飽きてしまいます。 (一半ひつまぶしを頼んだからかも。 笑) またご飯が、べちょっとしているのが残念でした。 (丼ものには、固めのお米の方が美味しいと思う。 ) 肝心の鰻は、たっぷりの量でボリューム的には大満足なのですが味的には以前食べたには劣る感じ。 お出汁をかけて、薬味の海苔・ねぎ・わさびをたっぷりかけていただきました。 そのままよりも、こっちの方が美味しく感じました。 まとめ ボリューム満点のひつまぶしは、食べ終えるともう動けないくらいお腹いっぱい。 女性の方はもちろん、男性でも「ひつまぶし」で十分な量だと思います。 また一品料理も食べたいという人は、一半ひつまぶしを1つ頼みシェアするのもおすすめです。 今回は、驚くほどの美味しさとまではいかなかったのが正直な感想。 甘めの味付けが苦手な人にはちょっと合わないと思いました。 ですが、多くの人が訪れる人気店で、雰囲気もいいので一度は行ってみる価値はあるんではないかと。 これから名古屋、あつた蓬莱軒に行く方の参考になれれば嬉しいです。

次の